沖縄戦は沖縄にとって如何なる意義があったか。
私は沖縄県人として、沖縄戦とは、アメリカ軍という解放軍が、沖縄を日本による支配から解放した戦いであったと定義する。
アメリカ軍は解放軍であった。
沖縄県の設置から沖縄戦までの日本による沖縄政策はどうであったか。
一つ象徴的な歴史的事実を上げる。
大東亜戦争時、日本政府はなんと首里城を神社に改造し、「沖縄神社」とした。
琉球王府は一般の民たちにとって良い統治者ではなかったかもしれないが、首里城は沖縄にとっての一つの遺産であることは間違いない。日本本土とは一風違った歴史的背景と意匠がある首里城を、神社という日本本土の側の様式で簡単に改造してしまう、というのは先進国のすることだろうか?
沖縄戦の結果、沖縄はアメリカの統治下となり、上で上げた事実に象徴されるような日本による統治は終了した。
テレビにうつる「基地に反対する沖縄県民」からは想像できないかもしれないが、沖縄県民、特にお年寄りは基地には反対でも親米的な者が多い。米国統治時代の沖縄もまた「古き良き時代」だったのである。
米国統治時代を知らない私ですら、沖縄県中部の雰囲気やA&W、米国統治時代から営業してるようなステーキハウスを見たら何となくノスタルジーを覚えるのである。
私は、日本側の戦死者も含めて沖縄戦のすべての戦没者に哀悼と敬意の念を抱いていることは最後に記しておく。
私がこのブログで記すようなビジョンは、ここで記したような歴史観を基礎としている。




沖縄ランキング