2008年04月

2008年04月27日

自己マネジメントの彼方

先日、仕事で、今をときめく経済評論家の勝間和代さんにお目にかかってきた。著書を何冊か読ませていただいていたので、直接お話しできる機会があって光栄だった。

無駄のない、“効率”のいいライフスタイル。彼女の著書を読み、話を聞いていると、印象はそれに尽きる。

仕事は時間通りに済ませ、プライベートの時間はきちんと確保する(3人の娘さんの母という顔もお持ちなので)。19歳で史上最年少の公認会計士になったときも、「弁護士は2000時間、公認会計士は1000時間勉強すればいい。だから1000時間の勉強時間を確保して、公認会計士になったのだ」という。

若い女性にとっての仕事と育児の両立について聞くと、「仕事の時間を決めて、それ以外は育児、とはっきり分ける。それが、将来、管理職になるためのマネジメントの勉強にもなる」と即答。

「仕事か、結婚か」という、よくある選択の話にならなかったのがおもしろい。また、いまの若い女性が将来、管理職になる可能性があるという前提に立っての話だったことも興味深かった。

休暇に入ったからと言って、眠気の差すままだらだらと昼寝をしてしまった我が身を振り返っていたら、そのことを思い出した。自己マネジメント不足なり。

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド


newdelhi at 20:47|Permalinkclip!日記 

2008年04月25日

長すぎる休暇

本日から7日まで12日間のゴールデンウイーク休暇。

こんな長い休み、恥ずかしくて対外的には言えたもんじゃない。しかし我が部署の、これが伝統なのです。

許されよ。

newdelhi at 09:02|Permalinkclip!日記 

2008年04月21日

江戸時代へひとっ走り

今朝、タクシーに乗って伊皿子という交差点まで行こうとしたとき。タクシーの運転手さんが女性、しかもかなりの年配だったので、内心驚いていると、「私は83歳だよ」と語り出した。

伊皿子かね、あのあたりは江戸時代にはね……

って、相槌を打ちながら聞いていたけど、姉さん、江戸時代にはまだ生まれていなかったのでは??

と、いうことに気がついたのは車を降りてからだった。

女子も、ある程度の年齢を超えると、逆に年齢自慢をするようになるんだなあ。その境地に到達するにはまだまだ時間がかかりそうだ。

newdelhi at 22:52|Permalinkclip!日記 

2008年04月20日

いま、ここにいる

今日は日曜日。ほんのちょっと微熱、少々頭痛。一日ひきこもることを決めて、現役の若き僧侶である小池龍之介さんという方の『「自分」から自由になる沈黙入門』(幻冬舎)という本を読んだ。

人は意識せずして「自分、自分」と思っているもの。“自分濃度”を薄めて、楽に上品に生きていくことができますよ、という仏道の基本を、やさしくかみくだきながら教えてくれる、上品な本。

若い著者らしい、わかりやすい語り口で読みやすい。著者自身の手によるかわいいイラストも好きだなあ。

「今、ここ」に集中すること(身随念)が、仏道瞑想の基本。あっ、これって、俳句の基本と同じじゃないか!

ためしにほんのちょっと頭痛に意識を集中させてみたら、すっと楽になったよ。

私も今日から「念」「定(じょう)」「捨(しゃ)」を意識して生活してみようっと。

「自分」から自由になる沈黙入門


newdelhi at 21:15|Permalinkclip!書評 

2008年04月17日

わずかに増えたもの

徳竹のふきのとう月に一回、同じ人と行くことにしている、とある小料理居酒屋。若い主人がきびきびと料理を作り、どれも気が利いてて美味。昨年「不揃ひな菜箸春の来てをりぬ」という句を作ったのもここでだった。

一月半ぶりにその小料理屋に行ってみたら、あら、ちょっとお値段が上がっている感じ……。

いつもと同じくらい食べて、いつもより少なめに飲んだのだけど、支払額は約2割アップ。物の値段がちょっとずつ上がっているという昨今、肌で実感したのは今日が初めてだった。

好きな店なんだけど、行く回数、なんとなく減っちゃうかもなあ。どうかなあ。

newdelhi at 22:25|Permalinkclip!日記