2010年02月14日

ロマンティックに春の風邪。

昨日と今日、37度を超える熱を出して、家でじっとしていた。

昨日は、昼に速読のセミナー、夜にバッグデザイナーの友人達との食事の約束があったのに、どちらにも出かけることが叶わず残念。

さて、「春の風邪」は季語である。単に「風邪」と言った場合は冬の季語となり、なんだか事実そのままという響きがあるが、「春の風邪」と言った瞬間になんとなくロマンティックな雰囲気が伴う。

春の風邪を使った句で好きなのはこの作品。

ぬばたまの闇に灯消して春の風邪 中村汀女

ちなみに「ぬばたまの(射干玉の)」は枕詞。もともと「黒」にかかるものだが、黒に関係の深いものとして「夜」「夕」「こよひ」「髪」などにもかかる。

ぬばたま(射干玉)とは、黒い珠、またはヒオウギの実のことといわれるが、実ははっきりとはわからないらしい。

掲句、汀女が風邪を引き、床に入る前に灯を消す様子が伺える。夜にしか床に入れなかったのは、一家の主婦だからだ。

以前、私の主宰する俳句サイト「俳句ニューデリー」で、1999年から2000年にかけてオンライン句会を行っていたことがある。その時に「春の風邪」を兼題(前もって出された題)にしたことがあり、自分がどんな句を投句したか調べてみると、

春の風邪シーツの皺の聖衣めく 美樹

という、なんともふわふわした句が出てきて、若かったのだなあ、とちょっと微笑した。

ちなみに「夏の風邪」も季語だが、「秋の風邪」という季語はない。通常、作句の時はその季節の歳時記しか見ないが、ひとつの季語に着目して横断的に調べてみるといろいろな気づきがあっておもしろい。



newdelhi at 23:49│clip!俳句