DzwkesMVsAATOuN




『屋根裏の女たち』(1956年 大映東京)


青線地帯の女たちの間で育った女子高校生は、
そこで何を見、何を感じ、何をしたであろうか、
女の幸福を祈る壺井栄の名作の映画化!



壷井栄の小説「屋根裏の記録」の映画化。

昭和30年前半
ある港町にある小さなうどん屋の女将おきん(望月優子)
は額の小さい商売で食っていくのもやっとだった。
おきんには高校卒業間近のひとり娘おコウ(川上康子)が
いた。おコウは卒業試験で苦手の数学を四苦八苦だった。
港町に来ていたストリップ一座からトラブルを起こして
離脱した踊り子のはるみ(倉田マユミ)がおきんの店に
女給として身を寄せていた。
卒業式が終わった日、おコウは帰って来て
自分の勉強部屋である店の屋根裏の部屋に上がると
はるみが連れ込んだ男との情交を目にしたおコウは
ショックを受けるが、おきんはうどんや酒代以上に
淫売宿の方が確実に金になる事を悟り、
女たちを増やす事になる。
可愛いひとり娘のおコウに花嫁修業をさせる為には
金がかかるのだ。
貧しい漁師の娘、信子(藤田佳子)を女中として
置くが理事長に目を掛けてもらいたいため
男を知らない信子を差し出す。
元芸者の菊江(市川春代)、洋パンあがりのメリー(岸田今日子)
を置いておきんの店は繁盛して離れを建て増すほど大きくなった。
夏も近いある日、女たちを連れて近くの料理屋へ出掛けたおきんは
土地の有力者太田(清水元)の妾におコウを望まれて怒って帰った。
やがて病に伏したおきんのため町へ薬を買いに出掛けたおコウは、
先日料亭へ行った時の自動車運転手の川井(船越英二)に会い
人気のない山中で川井に大事な操を奪われてしまう。
だがおコウは川井にぞっこん惚れてしまい、逢瀬を重ねる。
やがて季節は秋に。女たちの間ではおコウが川井の子供を孕んだと
もっぱらの噂だった。そしておコウは川井に子供が出来た事を告白、
結婚を望むが、「淫売屋の娘の子なんて誰が父親か分かるもんか!」
と突き放しておコウは泣き崩れる。
信子は漁師の幸太郎(浜口喜博)の嫁になる事を決心するが
前途は多難のようだ。おしま(賀原夏子)の告げ口でおコウの妊娠を
知ったおきんはおコウを罵る。しかも川井はひとりおコウを捨てて
逃げた後だった。おコウはおきんに啖呵を切る
「こんな商売をしているから私は不幸になったのよ!」
「誰のためにこんな商売を始めたと思ってるんだよ!親不孝者!」
おきんの店は、菊江が元の主人に見つかり、メリーは逃げ
すま子(村田知栄子)は傷害事件を起こし、
住み込みで女中に来ていた元・看護婦の桃代(八潮悠子)は
殺人ほう助の罪で警察に逮捕されてしまい、
おきんの店ははるみだけが残っていた。
巡航船の船着場に行き川井の後を追うとしていたおコウに
おきんは「もうあんな商売やめるから、またうどん屋に戻ろう」
とおコウに約束して家に戻って行くのだった。


監督は戦前からのベテラン、木村恵吾(1903-1986)
大映では京マチ子の『痴人の愛』(1949)や『愛染かつら』
『牝犬』(1951)『馬喰一代』 (1951)
大映オールスター『初春狸御殿』(1962)代表作。
後期は若尾文子とタッグを組み『瘋癲老人日記』(1962)
『やっちゃ場の女』(1962)を世に出した。

脚本は井手俊郎(木村恵吾共同で執筆)

6065836832_5d302b8e75_b



出演は大映では1950年代に活躍した川上康子。
ショートカットで丸顔で大きな瞳が印象的だが
1959年に女優を引退。
また信子役の藤田佳子は大映女優として活躍した後に
八代亜紀の「なみだ恋」「しのび恋」の作詞で大ヒットを飛ばした
作詞家の悠木圭子だ。


製作は昭和31年だから「売春防止法」(昭和32年施行)の前
だから管理売春は違法ではなかった。
政府公認の売春容認エリアを「赤線」それ以外を「青線」と呼んだ。
大映東京撮影所では巨匠・溝口健二監督の『赤線地帯』(1955)や
『赤線の灯は消えず』(田中重雄監督・1958年)などを製作した。

この作品はある漁村の村の春から秋にかけての半年の物語を
置屋の女将のひとり娘であるおコウを中心に据えて
この店に出入りする不幸な女たちの切実なタッチで描いている。
また脇役も懐かしい俳優ばかりで多々良純、浦辺粂子、
賀原夏子、中条静夫も出ている。

この作品は残念ながらビデオ化されていない。

15489854_cb64c88153ca4e3d941657e7f63721ec_L


監督: 木村恵吾 
製作: 永田秀雄 
企画: 塚口一雄 
原作: 壺井栄 
 「屋根裏の記録」
脚本: 井手俊郎 
    木村恵吾 
撮影: 秋野友宏 
美術: 柴田篤二 
音楽: 團伊玖磨


 川上康子
 望月優子 
 藤田佳子 
 八潮悠子 
 船越英二 
 浜口喜博
 岸田今日子
 倉田マユミ


1956(昭和31年)6月14日公開
87分(10巻 2,380m)35mm 
モノクロ スタンダード(4:3) 
映倫番号:2252(一般)
配給:大映
併映「女中さん日記」

コピーライト:「屋根裏の女たち」1956 KADOKAWA