医療

2017年09月03日

医療の現状.....①

医師不足が叫ばれている中で、現状は、どうなのでしょうか?ネット上のみで、情報を収集してみました。


①求人医師数に対して、応募医師数が少ない。

②診療科目に偏りが 見られる。

③都市部と地方で格差がある。 


①については、全国の病院に勤務する医師数は、1.8万人不足しているそうです。②については、特に命に関わるような救急科や産婦人科、リハビリ科などで医師不足が深刻化しているようです。③についても、地方で医師不足が深刻化しているようです。


基本的には、医師の 絶対数が足りないということでしょうね。そうかといって、医学部の定員を増やすとか医学部の増設というわけにはいかないでしょうね。事はそんなに簡単にはいかないでしょう。"加計学園問題"と同様の問題があるんでしょうね。安易に増設すると医師の質の確保と開業医のマーケティングが崩れるんですよね。いろいろと利害関係があるので難しい。


ただ、各地方自治体等も医学生や研修医に対して、奨学金を設ける(一定の条件・縛りあり)など対策をしているようです。 何とか、自分の県に医師を呼び込もうと必死なわけです。これからも様々な手を地方自治体等も考えるでしょうね。


診療科目の偏りは、一番難しいでしょうね。どこの科目に行けと強要するわけにはいかないですからね。精神科などは、わざわざ転科してくる方が多いくらい人気ですね。まあ"うつ病"や"適応障害"など、トレンドに入るように普通に耳にする言葉になりましたから納得がいきます。


医師の絶対数が足りない上に様々な要因が絡まって複雑化しているようです。今後もこの問題については、記事を書いていきたいと思います。



にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村
東大受験生ブログランキング

医学部・医療系受験ランキング

newhalf52 at 17:00|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • これは便利!!
  • これは便利!!
  • 私に足りないもの
  • 単語集は.......
  • 暑い日が続きますねー!
  • ブログを始めて一週間が過ぎました!!
  • 明日から......
  • 見たいテレビはどうする??
  • 受験勉強の上手い入り方