刑法ニュースのブログ

刑法関係のあらゆることの話題を提供したいと思います。 刑法ニュース、刑法総論、刑法各論、刑法学習など様々なことについてとなります。どうそよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いいたします。

第36章 窃盗及び強盗の罪/235-245条

強盗傷害:現金輸送車襲われ1人重傷 埼玉・川越のJA/刑240条 強盗致死傷4

●強盗傷害事件が埼玉県川越市で発生しました。最近銀行強盗というものは以前に比べて少なくなったように思えますが、拳銃を使用したり、怪我をさせるのは、非常に罪が重いです。下記にあるように刑法240条に該当し、強盗をしたことにより怪我をさせたり死に至らしめた場合の条文が掲載しています。

 ただこの条文と今回の事件を照らし合わせると、強盗致死傷 というのは、強盗をしたことによって生じてしまった副産物なので、傷害の意志がなくても対象者が転んで怪我をしたりその因果関係で外に逃げたら車に引かれたということであっても他の関係ない刑法の「●●致死傷」からはそのようになるので、
 今回のものは標題にあるとおり、「強盗と傷害」をやったということになるので、「強盗傷害」という条文があるのが妥当なところだと考えます。
 また「強盗」という意味は、暴行などもセットになっているから、「強盗傷害」という条文がないからだと思いますが、積極的な傷害と、副産物で一緒に出てきた傷害がこの条文で一緒に扱われるのは疑問点です。
 早めにつかまって、現金を取り戻し、傷害を被られた方はいち早い回復をしていただきたいものです。








続きを読む

郵便局強盗、栃木の男逮捕 局長切りつけ800万円奪う/刑240条 強盗致死傷2

●最近は「銀行強盗」などの報道があまりないようです。実際強盗を行なってもかなり捕まる率が高く、非常にリスクが高いと判断しているのでしょうか。現在ではそのような事件はあまりありません。
 そうなると、静かな地域での郵便局(銀行と同じくお金を扱っているため)やコンビニ強盗という方向に移るのかもしれません。
 こういう事件は、未然に起こさせないような体制を取るのが最も必要なのかと思います。
この罪の罰則は、強盗により怪我に至れば、無期懲役か6年以上の懲役、死亡させた場合は、死刑か無期懲役という、当たり前ですがかなり重い罪になります。「致死傷」ということで、強盗するものが怪我をさせようとする意志は全くなくてもこの罪は成立します。






続きを読む
googel1
g2
livedoor プロフィール

newikenblog

Categories
TagCloud
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ACR20110706
ping20110713
人気ブログランク公式20110719
人気ブログランキングへ
ACRre_plus3ページランク表示20111129
ACRtojin269gPageRank表示20111222
tojintwittar速報20120205
g3右20110219
  • ライブドアブログ