刑法ニュースのブログ

刑法関係のあらゆることの話題を提供したいと思います。 刑法ニュース、刑法総論、刑法各論、刑法学習など様々なことについてとなります。どうそよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いいたします。

永井真太郎

故意に白骨化か「電動ノコ切断バラバラに」 資産家女性死体遺棄(刑法190条 死体損壊等)2

★ 永井真太郎容疑者は窃盗未遂ということで逮捕されたのですが、警察がその行方不明の女性の事を追及したところ、自供は得て、その結果遺体が山中から発見されたとのことです。しかし、その人が殺害されたとされる女性なのかどうかという特定はまだできていないとのことです。
 実際に「殺人罪」で起訴するとなると何が必要なのかと言いますとその白骨化した遺体が、殺害した女性に当たるのかどうかという事になります。
もし立件されれば、刑法第199条殺人と刑法第190条の死体損壊等 に当たるのかと思います。つまり殺人をしたあとに電動ノコギリでバラバラにしたということ。
 もしくは殺人の方法で電動ノコギリでバラバラにした可能性も否定できません。
 



続きを読む

不明女性のカードで現金引き出し未遂、男を送検

★ 「窃盗罪」は犯罪の中で最も多いひとつです。小さいものは近所のお店で値段の小さいものや、大きいものは、銀行の金庫を破って現金を盗んだり、パワーショベルを使ってATMごと持っていいってしまうという大変幅広い手口のある犯罪です。また免除されるものではありますが、同居の親族の中で行う窃盗も窃盗といえます。

 ところで、今回の事件では、窃盗をしようと試みましたが、何らかの都合でそれを達成することができなかった。つまり「未遂」も窃盗罪として成立します。
 ここで窃盗「未遂」とされる因果関係になるのですが、この人物その女性名義と知人でもないということであればどうしてこの人が引き出す必要があるのか。ということでこの人の目的が現金引き出しという不正の手段を明らかに得ているということで、窃盗「未遂」が適用されるのです。
 ここで一つ議論が始まるのですが、この容疑者が引き出そうとしてパスワードを知らなかったということであればどうであろうかというと、現金は結果的に引き出せないとなっていても、これもやはり、「未遂」にあたります。話の筋から、この容疑者が行方不明の女性がどこに行ったのか気になるところです。

 
続きを読む
googel1
g2
livedoor プロフィール

newikenblog

Categories
TagCloud
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ACR20110706
ping20110713
人気ブログランク公式20110719
人気ブログランキングへ
ACRre_plus3ページランク表示20111129
ACRtojin269gPageRank表示20111222
tojintwittar速報20120205
g3右20110219
  • ライブドアブログ