2005年11月23日

イーヤマが民事再生法を申請

11月7日、イーヤマは、東京地方裁判所に民事再生の申請を行い、同日中に保全命令を受けた。負債総額は178億7800万円。

イーヤマは1973年創業で、1981年からCRTディスプレイの生産を開始し、パソコンの需要増加にともなって、低価格ディスプレイで業績を伸ばした。自社ブランド「iiyama」は国内外で高い知名度があり、1995年にはパソコン市場にも参入した。

2001年3月期には614億1600万円の売上高を計上していたが、パソコンや周辺機器の低価格化競争のあおりで業績が悪化。2003年には新しいブランド「e-yama」を立ち上げたり、大型液晶テレビ市場にも本格参入したが、2005年3月期の売上高は119億5300万円まで落ち込んでいた。

イーヤマは今後、裁判所の監督の下で事業を継続し、事業再建に向け、MCJ(マウス・コンピューター・ジャパン)がスポンサー支援する協議が進められているという。
<<New Lalalalandメインページに戻る>>

newlalalaland at 23:04│ニュース/トピックス