2005年12月03日

I-O-DATAのポータブルHDDにワーム型ウイルス混入の恐れ

11月22日、I-O-DATA(アイ・オー・データ)社は、ポータブルHDD「HDP-Uシリーズ」製品にコンピュータウイルスが混入している恐れがあるとして、該当製品の交換を実施することを発表した。

ウイルス混入の疑いがあるのは、10月に発売した40GBモデルと60GBモデルの3種類で、特定ロットにネット経由で感染するワーム型ウイルス「トンパイ」の混入が確認されたという。

同社は、製品に記載されているシリアル番号で該当製品がどうかがわかるとしており、専用サイトで製品のシリアル番号を入力し検索できるようにしている。

専用サイトは下記です。
https://wssl.iodata.jp/support/2005/hdp/
<<New Lalalalandメインページに戻る>>

newlalalaland at 14:01│ニュース/トピックス