1:振り返ると。の続きです。

まぁ、今更しのごの言っても仕方無いけど
とにかく
以前は会社が休日の日も朝早く起きて
作業場へ行っていた。
ウチにいる日なんて正月とお盆くらいだった。

昔は長女次女とはアチコチ出かけたが
三女とは何処も出かけなくて
申し訳ないなぁ、罪悪感を感じるほどだったのに
去年の春頃からかなりサボってると思う。
逆に遊んでばっかだ…

ただの建売だけどバブル時代に
俺が学生の頃に
ウチのおじいちゃんが買った自宅の住宅ローンと生活費で
(家も土地もローン金利7.?%って今じゃあり得ないほど高い…
借換など試みたがジジの年齢的に出来なかった)
ウチの世帯で考えると60万は決まって毎月出ていっていただろう
それにプラス食費だ何だかんだ…
作業場を買って仕事も増やして
所得を増やそうと躍起になっていた。

ただ…
毎月現金を渡してオヤジに住宅ローンの返済を任せていたが
オヤジが払っていた光熱費を俺らが支払うようにしても
新聞代を払いようにしても
渡す現金を増額しても足りないという話になり

コレはマズイ…
オカシイじゃねえか…

お世話になってる労金の方に相談して
返済計画を練り直して

オヤジの所得
オフクロの所得
嫁の所得
俺の所得

オヤジのプライド
オフクロのプライドもあったろうけど
最初はシブシブだったが理解してくれて
(全部持ってかれりゃ嫌だよな)
4人の所得を年金と給与
100%まとめて俺が管理した。

オヤジとオフクロは こずかいゼロ❗️
娘たちにお金が使えなくて
ジジババ支払いの心配がなくなって
こずかい付きなんて許さねー
そんな事を言って
年金とバイト代を搾取。

オヤジはバイトをして
自分とオフクロのこずかいを作った。
俺もオヤジのバイト代までは搾取しなかったが
オフクロのバイト代のほとんどは頂いたが
オヤジとオフクロの
必要なものは集めたみんなのお金から捻出した。

嫁も俺の方の仕事の都合などで
仕事をしたり辞めたりしたり
その都度転職したりしたが頼もしかったし
嫁も今の仕事を大変だけど楽しく頑張っている。
飲み会も多いし…
実際嫁の我が家への貢献度は高い
ウチの事も確かに間違いなく頑張っている。

長女はバイトをよくしてくれたが
長女からバイト代をもらう気は無かった
2世代で何とかするべき事だった。
娘なんかに甘えられない。

が自分が満足にやってあげられない分
そのお金で自分の身の回りのことだけは
頼むと思っていたが
想像以上にシッカリ貯めて
シッカリ自分に投資してくれた。
長女には教習所のお金¥5万だけ渡してあとは
自分のバイト代で自動車免許を取った。
短大もウチから通えたので純粋に学費だけで済んだし
その他にその都度ポツンポツンと
いくつもあった資格受験代とかテスト費用など
長女が自分で支払った。
たまには家族にお金を使ってくれた嬉しかった。

次女は県外の専門学校に行った。
長女同様に学費のみ親負担で
生活費は奨学金を借りることになってしまった。
ホントは俺としては
借りさせたく無いからという事で
進学したかったら高校生のうちにバイトして
新幹線の定期代貯めといてくれっと言うのにも
一向に動かず、新幹線で通えって言うのに
嫁とクーデター起こして
突然ボンゴに布団積んでアパート探しに行って
そうして結局一人暮らしする資金
新幹線代以下で暮らす分だけ奨学金を借りた。

定期代の5万5千円以下で
アパート代から光熱費に食費なんて
絶対無理❗️と俺は主張したが
学校付近に暮らせば時間も有効に使えるし
月5万の奨学金で暮らせるという嫁と次女。
(返済月8千円←ココまでならイイと思っていた)
確かに十分暮らせてみせた。

何とか長女も次女も
行きたいところに行って
今は就職もした。

オヤジもオフクロも
毎月支払いで悩む事は無くなったが
俺がその とばっちりを感じるようになった…

それもようやく25年ローンも終わって
(最初から付き合わされてた…
まぁ、済んでしまえば35年でなく
25年で良かった…)
オヤジとオフクロの年金は返した。
まだ俺と嫁だけは一緒。
そもそもそこは最初からまとめている。
最初は嫁が管理だったけど
今は俺が管理というか把握してるカンジ。

長女が社会人になって
次女も今は社会人だが
次女が専門学校2年になった頃
作業場の改造が足踏みしてきた…

その頃、デカイ支払いは遂に終わって
ジジババに年金を返して
長女次女も経済的に
ひとり立ち出来るかもねーくらいまで来たが
ウチを出る事を止めている。
お金貯めとけって。
俺らもやっとコレからかなー❓

貯まっていくことで
仕事のモチベーションも維持出来るだろうと。

そんなカンジに
それぞれが個々にパワーを貯めてけるようになって
俺が早急に何とかしなきゃって
思わなくても実際大丈夫なんだねぇ…
って事になり

昔みたいに
崖っぷちから這い上がる為に
いろいろ考えたりってのが
そん時は少々シンドくても
今思うとおもしろかった。

人によると思うけど
俺の場合はいろいろ足りてない時の方が
時間を使い切ってるカンジだ。
今は時間を潰してるカンジだ。
それが嫌なんだけどそうしてしまっている。

さて、いずれにしても
ここで終わる訳にはいかない。
前みたいに躍起になっていたい。
なのに今はな〜

燃えたいのに終えていない
くすぶってるカンジだな。

で、どうする…

(3:)につづく…
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

にほんブログ村