サントラ/映画「大奥」オリジナル・サウンドトラック
 F1・F2層に続いて、中・高校生の調査においてもソフトバンクの「ホワイト家族24」シリーズが、NTTドコモの「DoCoMo 2.0」シリーズに逆転して、現在最も印象の強いCMに選ばれたが、今回この2社を猛追する作品がランクインを果たした。江崎グリコ「ポッキー/メンズポッキー」の最新バージョンである。

新垣結衣の写真/11月度CM好感度ランキング一覧 ※下段に表示

「ポッキー」のCMといえば、以前、仲間由紀恵、柴咲コウ、石原さとみ、松浦亜弥といった人気者を揃え、強烈なインパクトを視聴者に与えたが、昨秋にオンエアしたバージョンでは、新垣結衣を一躍トップ・アイドルに押し上げたことでも記憶に新しい。


タグ:


“極めて浸透度の強い”CMといえるだろう。

 衣替えとともにスタートした今回のバージョンは、前作に引き続き新垣をメイン・キャラクターに抜擢しているが、幅広い層に支持されたコミカルなダンスを封印。文化祭でお笑い芸を見せるため、友人と一緒に練習に打ち込む女子高生の日常を切り取った、同世代にはより身近に感じられる内容となっている。

 また、ポッキーの男性版である「メンズポッキー」のCMには、急成長を遂げている若手俳優・岡田将生を起用。ヒーロー・ショーで怪人の着ぐるみをつけて汗を流す、こちらも若者の爽やかさと躍動感を強くアピールする作品に仕上げている。カラフルな構図、リズミカルな展開と、画面に引きつけるパワーは相変わらず高い。特に学生層には今後も人気を集めるシリーズだろう...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆仲間由紀恵関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆仲間由紀恵関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

紫外線について


紫外線には気をつけて