2016年01月19日

SMAP解散報道は終わってはいない

日本列島を揺るがしたSMAPの解散報道が
2016年1月18日、「SMAP×SMAP」の生放送の冒頭で
謝罪会見がおこなわれ、とりあえず存続というかたちで決着した。

他のジャニーズならともかくSMAPに関しては、
筆者も何とか解散という選択だけは避けて欲しいと願っていた。

世間の反応もグループの存続が決まりホッと胸をなでおろしている方も
多いようだが、あの謝罪会見を見てからずっと感じる
この強烈なモヤモヤ感は何なのだろうか。

今回のSMAP解散報道、TVやネットなどあらゆる媒体で
その経過が報じられているが、とどのつまりはジャニーズ事務所の
「お家騒動」であり、メンバーの誰一人にも責任があるものではない。

実際、会見で彼らが発した言葉や表情、様子などから
今後、キムタクを除くメンバー4人がどうなってしまうのか
気の毒で見ていられないと感じたのは筆者だけだろうか?

これが芸能界の「掟」だといえばいかに理不尽なことでも
それに従わなければならない世界なのかもしれないが、
SMAPというアイドルグループがデビュー以来この25年間の間に
築きあげてきたものがどれほど大きいものだったかということを
ジャニーズのトップは理解しているのだろうか。

光GENJIの衰退後、それまでの単なる歌って踊ることしか
能がないアイドルグループという枠を超えて、
今やバラエティーからドラマ、映画までメディアには欠かすことのできない
マルチタレントとして確固たる地位を確立したのは
紛れも無く彼らSMAPであり、その後、TOKIOや嵐をはじめとする
ジャニーズグループが同じ路線で活躍できているのも
SMAPが道を開いてきたからで、現在のジャニーズの成功も
SMAPの功績によるところが大きく、いわば最大の功労者であり、
これまでに最大の待遇を与えられてしかるべきだったのだ。

一部ではSMAPを育て上げてきた敏腕女性マネージャーの
クーデターが失敗したなどとの報道もあり、実際それも
おおよそ間違いではなかったかもしれないが、
今回の独立騒動もメンバーのことを常に考えてきた彼女が
彼らの今後のことを考えた上での行動だったのかもしれない。

今日も会見の模様を全チャンネルが放送局の枠を超えて
放映されるなど、まるで見せしめであり、このことからも
ジャニーズ事務所の陰湿さが見て取れるわけで、
今後、キムタクを除くメンバーが不遇な扱いを受けるのではないか。

芸能界の掟やけじめだか知らないが、
これが最大の功労者に対する仕打ちなのかと思う。

今から思えば、中居君が昨年2015年大晦日放送の
「笑ってはいけない」に出演したり、先日も「すべらない話」で
近藤真彦のモンスターペアレントぶりに見られた
ジャニーズ事務所の闇の一端を話したことも今回の騒動とは
無関係ではなかったのかもしれない。

今回のSMAP解散騒動はあらゆる世論が彼らを応援して
結果的に最悪の事態は免れたとはいえ、
問題はこれで終わりではない。

彼らは国民的アイドルグループ「SMAP」のメンバーであると同時に、
ひとりひとりの人間である。

これまでと同じように元気な姿を見せてくれるよう
今後もファンや世論が監視するべきだ。

彼らの会見で見せた辛い表情はもう見たくはない。
 
 
ジャニーズ帝国崩壊 [ 本多圭 ]

ジャニーズ帝国崩壊 [ 本多圭 ]
価格:1,080円(税込、送料込)

 
 


news24hours│芸能最新ニュース | アイドル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



あわせて読みたいブログパーツ

ブログランキング

  • seo

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ