CD・DVD・BRAY

2010年12月20日

2010年の音楽業界をまさに象徴する出来事だ。
オリコンランキング2010の1位、2位をAKB48と嵐の2大人気グループが独占した。

AKB48が2010年12月20日に発表された「第43回オリコン年間ランキング2010」の
シングル部門1、2位を独占、1位「Beginner」(10月発売、累計95.4万枚)と
2位「ヘビーローテーション」(8月発売、71.3万枚)をはじめ、
TOP10に計4曲を送り込んだ。

CD+DVD 10% OFFAKB48 / Beginner (Type-B) 【CD Maxi】

CD+DVD 10% OFFAKB48 / Beginner (Type-B) 【CD Maxi】

価格:1,441円(税込、送料別)


そしてTOP10の内、残りの6曲は全て嵐がランクインするという、
1968年から始まった同ランキング発表開始以来初めて2組だけで年間シングルTOP10を占めた。

この記録は1989年にプリンセス・プリンセス、長渕剛、光GENJI、Wink、工藤静香の5組で
TOP10を占めた年を大幅に上回る異例の記録という。

【女性アーティストのシングル1、2位独占 全3例】
2010年:AKB48・・・1位「Beginner」/2位「ヘビーローテーション」
1989年:プリンセス・プリンセス・・・1位「Diamonds」/2位「世界でいちばん熱い夏」
1978年:ピンク・レディー・・・1位「UFO」/2位「サウスポー」



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000316-oric-ent
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年12月16日

さすがはカリスマ的な人気を誇るMr.Childrenという快挙達成の話題だ。

メディアへの露出はなく、発売直前までアルバム情報もまったくゼロ、それに
シングルもなしという前代未聞のアルバムでありながら、圧倒的な初動売り上げを
記録したMr.Childrenの16枚目のニューアルバム「SENSE」が12月20日付の
オリコンアルバムウィークリーチャートで先週に続いて、2週連続1位という快挙を達成したという。

Mr.Childrenのアルバムでの首位は2001年7月発売の
ベスト盤「Mr.Children 1992−1995」から数えて8作連続で
通算でも13作目ということになり、これはまさに驚くべき数字だといえる。

さらに出荷も100万枚を突破、自身のミリオンアルバム記録を
「15」(オリジナル13枚・ベスト2枚)に更新するというおまけつき。

日本を代表するアーティストの1組としてこれまでも数多くの名曲を生み続け、
今もなお日本音楽シーンのトップを走り続けるMr.Childrenの作品の中でも
今回のアルバムは最高傑作との呼び声が高い。

ニューアルバム「SENSE」の内容は以下のとおり。

01.I
02.擬態
03.HOWL
04.I'm talking about Lovin'
05.365日
06.ロックンロールは生きている
07.ロザリータ
08.蒼
09.fanfare
10.ハル
11.Prelude
12.Forever

【送料無料】Mr.Children / SENSE

【送料無料】Mr.Children / SENSE

価格:3,059円(税込、送料別)



[記事参照元]
http://news.livedoor.com/article/detail/5211016/
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年12月12日

やはりスーザン・ボイルの底力はすごかったということか。

スーザン・ボイルのセカンド・アルバム「ザ・ギフト~夢の贈りもの」が
ビルボード・アルバム・チャート(2010/12/18付)で1位に返り咲き、全米3週1位を達成。

クリスマス・シーズンの激戦区において3週1位獲得というのは極めて異例で、
全世界では400万枚を突破、さらにセールスを伸ばしている状況だというのだ。


2010年11月30日、スーザン・ボイルはABCテレビの「The View」に出演、
「オー・ホーリー・ナイト(さやかに星はきらめき)」を歌ったものの、
緊張で声が詰まってしまい演奏を止めてしまうというハプニングが。

また先日発表された第53回グラミー賞では全世界で1000万枚のセールスを記録した
デビュー作「夢やぶれて」がベスト・ポップ・ヴォーカル・アルバム部門でノミネート。
同部門にノミネートされた他の作品は、ジャスティン・ビーバー『マイ・ワールズ2.0』、
レディー・ガガ『ザ・モンスター』、ジョン・メイヤー『バトル・スタディーズ』、
ケイティ・ペリー『ティーンエイジ・ドリーム』というモンスター作品がずらりだというから驚きだ。


スーザン・ボイルは、「レディー・ガガ、ケイティ・ペリーのような素晴らしいアーティストと並んで
私のデビュー・アルバムがノミネートされるなんて、まったく予想もしていませんでした。
でもそのように認めていただけるなんて、何てファンタスティックなことでしょう。」
と喜びを語っている。

最近では自慢の歌以外での話題も多かったスーザン・ボイルだが、
さすがはオーディション番組からの成功を果たした元祖歌姫という人気は健在だった。
来年2011年2月13日にロサンゼルスで行なわれる授賞式での発表が楽しみだという。


[記事参照元]
http://news.livedoor.com/article/detail/5201990/

news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年12月05日

「また君に恋してる」が今だに根強いヒットを記録する中、
坂本冬美が今度は郷ひろみをカバーする!?

2010年12月8日、坂本冬美がカバーアルバム「Love Songs II ~ずっとあなたが好きでした~」
とビデオクリップ集「Clips ~ずっとあなたが好きでした~」を同時にリリースするという。

昨年大ヒットを記録した「Love Songs~また君に恋してる~」に続きシリーズ2作目となる
今回のカバーアルバムは郷ひろみ「哀愁のカサブランカ」、安全地帯「ワインレッドの心」、
オフコース「さよなら」、山下達郎「クリスマス・イブ」などのカバーに加えて、
彼女自身の最新ヒット曲「ずっとあなたが好きでした」も収録される。

またPV集には「ずっとあなたが好きでした」「また君に恋してる」「アジアの海賊」といった近年の楽曲や、
代表曲「夜桜お七」などの演歌のビデオクリップを計8曲が収録され、DVDオンリー仕様のほか、
「ずっとあなたが好きでした」の3D映像が収録されたBlu-ray付きの2枚組仕様も用意されるという
ファンには聞き応えのある作品に仕上がっているという。


収録曲は以下のとおり。

「Love Songs II ~ずっとあなたが好きでした~」収録曲 / オリジナルアーティスト

01. 安奈 / 甲斐バンド
02. 哀愁のカサブランカ / 郷ひろみ
03. ずっとあなたが好きでした / 坂本冬美
04. 白い冬 / ふきのとう
05. さらばシベリア鉄道 / 太田裕美(大滝詠一)
06. オリビアを聴きながら / 杏里
07. ひとり上手 / 中島みゆき
08. 想い出まくら / 小坂恭子
09. 神田川 / かぐや姫
10. ワインレッドの心 / 安全地帯
11. さよなら / オフコース
12. クリスマス・イブ / 山下達郎

「Clips ~ずっとあなたが好きでした~」収録曲

01. ずっとあなたが好きでした
02. また君に恋してる
03. アジアの海賊
04. 夜桜お七
05. 螢の提灯
06. 紀ノ川
07. 雪国 ~駒子 その愛~
08. 羅生門


坂本冬美カバー集第2弾で郷ひろみ、安全地帯、山下達郎熱唱(ナタリー)
- livedoor ニュース


news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年11月18日

ここでもアラサー女優が一肌脱いだ?

女優の熊切あさ美(30)が5年ぶりとなる自身のイメージDVD「記憶 mind」を
2010年11月20日にリリース、セクシーショットが満載の妖艶なDVDに仕上がっていると話題だ。

熊切あさ美といえば、かつての「崖っぷちアイドル」。
その彼女も見事に熟成、B85・W58・H84のナイスボディーをギリギリに、
そしてたっぷりと披露している。

熊切は「これが最後の作品になるかもしれないので、多くの方に見ていただきたい」と
メッセージ、まさにお宝場面の連続だという。

NHKでは大河ドラマの「龍馬伝」が佳境を迎える中で11月18日から
東京・新宿シアター・サンモールで上演される時来組の舞台「改訂版!そして龍馬は殺された」に
竜馬の恋人、お竜役で出演する。


http://news.livedoor.com/article/detail/5146670/


news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年11月16日

プロレスラー・アントニオ猪木もデビュー50周年だそうだ。

異種格闘技戦というと珍しくもなくなったが、1976年6月におこなわれた
今や伝説となっているボクシング世界ヘビーチャンピオン、モハメド・アリとの
世紀の対決と称された一戦には当時子ども心にも胸が熱くなったものだ。

格闘技戦の内容としては決して迫力満点でオモシロイというものではなく、
地味な一戦だったが、その後、アリ・キックと呼ばれる技を多用したあの戦法で、
実際に猪木はアリに勝っていたと評価された。

なぜなら、アリ・キックを執拗に浴びたモハメド・アリの足はパンパンに腫れ上がって
あの試合後、歩くことすらままならなかったのだから。

そんなアントニオ猪木だが、2010年11月16日に都内でDVDを劇場用に特別編集した
「燃える闘魂 アントニオ猪木50年の軌跡」の上映を前に猪木本人が取材に応じた。

始めに猪木は、「中身については何も聞かされていない。自分の試合はあまり見たことがないので、
仲間やファンの方がよく知っている」と淡々と話したのだが、自身が選ぶベストの試合を問われると、
日本プロレス時代のドリー・ファンク・ジュニアとの一戦を挙げ、「お互いに若かったからなあ」と語り、
アンドレ・ザ・ジャイアントとタイガー・ジェット・シンの名前も挙げてしばし感慨に浸ったという。

たしかに当時のプロレス中継は凄まじかった。
本当かどうかは定かではないが、因縁の対決といわれた悪役タイガー・ジェット・シンの
腕をテレビの中継でへし折ってしまったこともあり、今では考えられないゆるさだったのだ。

「50年はあっという間だったが中身が濃かった。
プロレス以外にもスキャンダルとかいろいろあったし…。
でも、イラクや北朝鮮に行ったり、人ができないことにチャレンジしたから楽しかった」

とアントニオ猪木は振り返る。

最後にファンへの一言を求められると、「バカヤロー!」と絶叫。
「ファンほど薄情な者はいない。リングに上がった時は教祖みたいな気持ちで観客を引っ張っていた」
と複雑な心境を吐露、「元気があれば何でもできる。迷わず買えよ。見れば分かる!」と締めくくった。

アントニオ猪木、「50年はあっという間だった」(共同通信) - livedoor ニュース


news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月25日

宇多田ヒカルのベストアルバムをめぐっては
レコード会社の企業的な思惑がありそうだ。

「人間活動に専念しようと思う」として2010年8月、
歌手活動の年内での無期限休止を発表した宇多田ヒカルが
11月に発売される"Utada"としてのベストアルバム『Utada the best』について
Twitter上で「予約を考えている人は、少し待ってください」と真逆の発言をおこない
騒然となっているという。

宇多田ヒカルのベストアルバムは2010年11月24日に
EMIから"宇多田ヒカル"名義の「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」、
ユニバーサルから"Utada"名義の『Utada the best』が同日発売される予定になっている。

こちらが宇多田ヒカルお墨付きの
「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」だ。


そのうち、ユニバーサル盤について宇多田は
自身のTwitter上で以下のように発言した。

"Universal Japanから発売が発表された「Utada the best」ですが、
私の意志とは全く無関係であり、EMIの宇多田ヒカルのベストと同日に発売をぶつけてきた
彼らのやり方にもあまりいい印象を持てません。予約を考えている人は、少し待ってください。"

自身の"生の声"を発信することで数多くのアーティストが
プロモーションに活用しているTwitterだがアーティスト自身がファンに直接
「お金を出させたくない」(原文より)と訴えるのは異例中の異例だ。

一方でEMI盤については"「シングル・コレクションvol2」は誠意ある作品です。"としており、
EMIのスタッフも同じくTwitter上で"宇多田ヒカルがツィートしていることがすべてです。"と
共闘体制を打ち出している。

日本語版には新曲が入っているが、英語版にはないことも納得がいかない様子で、
ブログで「発売日をずらすとか、内容をもっと良くしてファンが喜ぶような出し方をするとか、
必死に働きかけてみましたが、今のところ、どうにもなりません」と告白。
父でプロデューサーの宇多田照實氏もツイッターで「ヒカルの意見、もっとも」と同調した。

音楽関係者は以下のように話す。

「宇多田は1998年にEMIから国内デビューしていますが、
2003年の海外進出にあたってユニバーサル傘下のレコード会社と契約し、
以来"宇多田ヒカル"としてはEMI、"Utada"としてはユニバーサルという2重契約の状態が
続いていました。今のところ海外ではセールスを残せていないものの、
ユニバーサル盤の全編英詞アルバム『EXODUS』は日本国内でミリオンを達成するなど、
ユニバーサルにとってもドル箱であることは確かです。
今回の宇多田の発言が及ぼす影響は少なくないと思いますよ」

音楽活動の休止を発表している宇多田ヒカル、まだまだ話題は尽きないようだが、
ただ、これまでこのような経緯のあったベスト盤は後に廃盤となることも多く、
ネットオークションでは軒並み高値で取引されている皮肉な現象も起きていることも事実。

こちらが宇多田ヒカル自身が10月25日のツイッターで
「全く心のこもっていないモノ」と酷評したユニバーサル・ジャパンから発売される
「Utada the best」だ。


「『Utada the best』は買わないで!」宇多田ヒカルがTwitterで異例の"逆プロモーション"(日刊サイゾー) - livedoor ニュース
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月26日

新垣結衣のアカペラアルバムに大注目だ。

iTunes Storeで世間の男性陣誰もが思わずキュンキュン悶絶してしまうような、
そんなものすごい音源が独占配信されている。
新垣結衣の最新アルバム『虹』のNaked Voice Version、
つまり「アカペラ」のアルバムだ。

1年3カ月ぶりとなった新垣結衣のフルアルバム『虹』は
一青窈「ハナミズキ」のカヴァーやCMソングとなった「小さな恋のうた」、
アニメ映画『昆虫物語みつばちハッチ』の主題歌「WALK」、
そして新垣結衣が作詞作曲に挑戦した表題曲「虹」などが収録され、
2010年9月22日のリリース後、オリコンデイリーチャート2位を連取する好調ぶりとなっている。


iTunesで独占配信されているのはそんなファン待望のアルバム『虹』収録全11曲を
ガッキーがアカペラで歌った「虹(Naked Voice Version)」で収録されているのは
ブレスを多めに含んだガッキーのウィスパーヴォイスのみ。

厳密に言うとガッキーのウィスパーヴォイスとブレスの音、
かすかに歯と歯が当たる音やリップノイズ、そして衣擦れの音など
アカペラバージョンが専用に録音されたものか、それともヴォーカルレコーディングの音源を
そのまま使っているのかは不明だが、いずれにしてもバックのオケはもちろん
リバーブなど空間系エフェクトも極小、まさに生のガッキーの声がダイレクトに耳元に届くという。

このアカペラアルバム、ファンならダウンロードしたら、
まずはヘッドフォンを装着して聴いてほしい。
そうするとガッキーの生々しい歌声がこれでもかとあなたの脳幹をビンビン刺激してくれる。
また、防水スピーカーなどを使ってお風呂の中で流してみてもいいかもしれない。
そうすると今度は何となくガッキーが湯船で鼻歌を歌っているかのようなのだ。

いずれにしても、ガッキーの透明感ある優しい歌声があなたの耳元を心地よく撫でてくれる。
そんな、心の奥底から幸せな気分になれる作品だ。

新垣結衣のアカペラアルバムに、思わずキュンキュン悶絶(BARKS)
- livedoor ニュース
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月15日

1993年に大ヒットした高橋ジョージが歌うロードの印税が
高橋自身の口から明らかになった。

歌手でタレントの高橋ジョージが2010年9月14日に
都内でプロデューサーのテリー伊藤が初監督した映画「10億円稼ぐ」(11月20日公開)の
キャンペーンイベントに出演、ヒット曲「ロード」が約220万枚売れ、印税を中心に
「16億円入りました」と語った。

映画「10億円稼ぐはテリー自身がライセンスビジネスに挑む様子を追ったドキュメントで、
テーマにちなんで高橋は実体験を学生に講演、「皆さんがカラオケで1回歌うと7円入りますし、
今でも(テレビの二次使用料などで)年間1200万円ほどは入る。
テレビに出なくても大丈夫なんです」と話したという。

通常ならレコード会社や事務所の取り分となる出版権や原盤権も自身で持っていたため
利益がばく大になったといい、その16億円は2年で使い切ったとのこと。

“何でもないようなこと”が大きな利益を生んだロックンローラーに会場はどよめいたというが、
ヒット曲を数曲持っていれば安泰といわれる理由がわかるというものだ。


高橋ジョージ「ロード」の印税2年で使った(デイリースポーツ) - livedoor ニュース
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年08月29日

24時間テレビの合間に放送されるCMに
AKB48が歌う「ヘビーローテーション」のPVにわずか2.5秒だけ
登場するという「さしこ」という女の子をご存知だろうか?

ファンなら誰でも知っているのだろうが、
彼女は指原莉乃というらしい。
今回24時間テレビ放送中という「絶妙のタイミング」で
改名したというのだ。

しかしこの宣伝手法。
音楽PVで「2.5秒だけ登場する」といわれて
心霊映像のように赤丸付きで彼女の姿がクローズアップされるのだ。
否が応にも注目せざるを得ず、PVを流すだけなどの
単純な宣伝ではないところが斬新。

さしここと、指原莉乃。

視聴率の高い時間帯の放送だけに
今後注目されることは必至か?

 
[参照]
http://netallica.yahoo.co.jp/news/138369
http://news.livedoor.com/article/detail/4975091/
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



あわせて読みたいブログパーツ

ブログランキング

  • seo

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ