宇多田ヒカル

2010年11月22日

宇多田ヒカルが芸能活用休止の理由をまさに本音の言葉で明かした。

2010年11月21日、東京、六本木で行われたJ―WAVE「TOKIO HOT 100」の
公開生放送にゲスト出演した宇多田ヒカルが、8月9日に年内での芸能活動休止を発表して以来、
初めて公の場に姿を見せ、「人間活動に専念するため」とした休止の真意を詳しく説明した。

「音楽に専念できるように、15歳から周りが守ってくれるようになり、
自分のことが分かってなかった。得意なことばかりやってるとバカになった気がする。
50歳くらいになって、マネジャーなしでは何もできない“イタい”オバサンになりたくなかった」

これまでは住居の家賃も知らず、自分がお金をいくら使ったのかすらも把握していなかったという
宇多田ヒカルは「イカレてた時期とか、変な物を衝動買いしちゃったりしてた」と、
金銭感覚のずれを告白、「光熱費を考えたり帳簿をつけたり、月何万円で生活したり…とか、
そういうことからちゃんと考えたい」と話した。


同様に父親の音楽プロデューサー宇多田照實氏と母親で歌手の藤圭子との関係も
通常の親子の感覚とはかけ離れていた。
「親とは大事な話をしてない。特に父は仕事の時しか会わないし、そういうのを変えたい」と語った。
「親の真実は亡くなってから知ることが多いというけど生きてるうちに知っておきたい。
人間活動中の課題」と、ほころびたきずなを結び直す意向だ。
復帰時期については「自分のことをクリアに見られるようになってから」とした。

やや深刻なトーク内容だが、口調は明るく、前向きな笑顔も見せ、
放送終了後は報道陣の声かけに最近お気に入りの言葉だという「ボンジュール」とフランス語で一言。

宇多田ヒカルらしいといえばらしい。
しっかり人間活動に専念してもらいたいものだ。

宇多田ヒカル“親子関係、金銭感覚を修正したい”(スポニチ) - livedoor ニュース

news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月25日

宇多田ヒカルのベストアルバムをめぐっては
レコード会社の企業的な思惑がありそうだ。

「人間活動に専念しようと思う」として2010年8月、
歌手活動の年内での無期限休止を発表した宇多田ヒカルが
11月に発売される"Utada"としてのベストアルバム『Utada the best』について
Twitter上で「予約を考えている人は、少し待ってください」と真逆の発言をおこない
騒然となっているという。

宇多田ヒカルのベストアルバムは2010年11月24日に
EMIから"宇多田ヒカル"名義の「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」、
ユニバーサルから"Utada"名義の『Utada the best』が同日発売される予定になっている。

こちらが宇多田ヒカルお墨付きの
「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」だ。


そのうち、ユニバーサル盤について宇多田は
自身のTwitter上で以下のように発言した。

"Universal Japanから発売が発表された「Utada the best」ですが、
私の意志とは全く無関係であり、EMIの宇多田ヒカルのベストと同日に発売をぶつけてきた
彼らのやり方にもあまりいい印象を持てません。予約を考えている人は、少し待ってください。"

自身の"生の声"を発信することで数多くのアーティストが
プロモーションに活用しているTwitterだがアーティスト自身がファンに直接
「お金を出させたくない」(原文より)と訴えるのは異例中の異例だ。

一方でEMI盤については"「シングル・コレクションvol2」は誠意ある作品です。"としており、
EMIのスタッフも同じくTwitter上で"宇多田ヒカルがツィートしていることがすべてです。"と
共闘体制を打ち出している。

日本語版には新曲が入っているが、英語版にはないことも納得がいかない様子で、
ブログで「発売日をずらすとか、内容をもっと良くしてファンが喜ぶような出し方をするとか、
必死に働きかけてみましたが、今のところ、どうにもなりません」と告白。
父でプロデューサーの宇多田照實氏もツイッターで「ヒカルの意見、もっとも」と同調した。

音楽関係者は以下のように話す。

「宇多田は1998年にEMIから国内デビューしていますが、
2003年の海外進出にあたってユニバーサル傘下のレコード会社と契約し、
以来"宇多田ヒカル"としてはEMI、"Utada"としてはユニバーサルという2重契約の状態が
続いていました。今のところ海外ではセールスを残せていないものの、
ユニバーサル盤の全編英詞アルバム『EXODUS』は日本国内でミリオンを達成するなど、
ユニバーサルにとってもドル箱であることは確かです。
今回の宇多田の発言が及ぼす影響は少なくないと思いますよ」

音楽活動の休止を発表している宇多田ヒカル、まだまだ話題は尽きないようだが、
ただ、これまでこのような経緯のあったベスト盤は後に廃盤となることも多く、
ネットオークションでは軒並み高値で取引されている皮肉な現象も起きていることも事実。

こちらが宇多田ヒカル自身が10月25日のツイッターで
「全く心のこもっていないモノ」と酷評したユニバーサル・ジャパンから発売される
「Utada the best」だ。


「『Utada the best』は買わないで!」宇多田ヒカルがTwitterで異例の"逆プロモーション"(日刊サイゾー) - livedoor ニュース
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月24日

2010年はJポップ界を代表する「歌姫」がさまざまな理由から
活動休止に追い込まれる当たり年となっているようだ。

2010年10月21日には中島美嘉が持病の耳管開放症が
「納得できる歌が歌えないほど悪化した」として活動休止を発表、音楽業界に衝撃が走った。

デビュー10周年を記念して今月10月30~31日に大阪城ホール、
11月5~6日に日本武道館で行われる予定だったライヴも中止が決定、
あるレコード会社関係者によれば、「会場のキャンセル費、チケットの払い戻しも含め、
現段階で億単位の損害が予想される」という。


またベテランの大黒摩季も11月から子宮疾患の治療に専念するため、
歌手活動の休止を決めた。
大黒は自身のファンクラブサイトで、体外受精を行っていたこと、
ハードワークがたたり流産を繰り返していたことを明かしている。

このように女性シンガーが持病の悪化から活動休止に
追い込まれるケースが増えている背景をある音楽プロダクション関係者はこう分析するのだ。

「CDが売れない今、幅広いリスナーに支持され、固定ファンを抱える女性シンガーは
まさに音楽業界の"ドル箱"。それゆえスケジュールは過密になり、売り上げへのプレッシャーも
大きくなっています。心身ともに疲れ果て、多くの女性シンガーが生理不順など体調不良を
訴えていますが、1年以上先までのリリーススケジュールが決まっていれば、
休みたくても休めないんです」

病気療養でなければ大塚愛のように結婚・妊娠を発表するなど、
やむにやまれぬ理由によってしか休養を取ることができない。

そんな中で、8月には宇多田ヒカルが、「人間活動に専念する」という不可解な理由で
無期限の活動休止を宣言したが、彼女のハードワークとプレッシャーを考えれば、
単純に「休みたい」とは言えない苦悩が伝わってくる。

前出のプロダクション関係者によれば、
「西野カナ、JUJUなど、携帯ダウンロードをきっかけにヒットを飛ばした新たな歌姫たちにも、
過労による体調不安説がささやかれている」という。

過去に歌姫と呼ばれた中森明菜なども
自身の家庭トラブルや近藤真彦との熱愛などが原因で
急激にその人気に陰りが出たのは有名な話だが、
そう思えば数々の恋愛遍歴やスキャンダルをものともせず
活躍を続ける松田聖子こそ最強といえるのかもしれない。



「億単位の損害も!?」宇多田ヒカル、中島美嘉......Jポップ界から「歌姫」が消える裏事情(日刊サイゾー)
- livedoor ニュース
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月17日

宇多田ヒカルがJASRAC(日本音楽著作権協会)にガクブルだというが、
彼女ほど実績もある実力派の歌手が恐れるとはどんなことなのだろうか?

宇多田ヒカルが2010年10月17日、自身のツイートをめぐって
「(((( ;゚Д゚))) ガクガクブルブル」とつづっているという。

宇多田が恐れている対象は日本音楽著作権協会(JASRAC)。

歌手がブログやツイッター上でJASRACを話題にするのは珍しいことだが、
宇多田は同日午前のツイートで、自身が23歳の時に作詞した「日曜の朝」の歌詞を引用しながら、
「現在27才の大人のレディーでござる!(`∇´ゞビシッ」と、自身の成長ぶりをアピール。
だが、その3時間半後に、思い直したように

「じ、自分の作詞した歌詞でもこういうとこで引用したら
JASRACから請求くるんだろうか(((( ;゚Д゚))) ガクガクブルブル」

とツイート、さらには

「確かに権利は私だけじゃなくて出版社とかいろんなとこに分けられてるけど…」

と困惑している様子だというが、
宇多田ヒカルの人間性が垣間見えるようで微笑ましい。


宇多田ヒカル、JASRACに「ガクガクブルブル」(J-CASTニュース)
- livedoor ニュース


news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月13日

宇多田ヒカルのツイッターが盛り上がりを見せているようだ。

期間限定でのツイッターを始めた宇多田ヒカルがフォロワーからの質問に答えて
カラオケで演歌やシャンソンを歌うことを明かしているといい、かつて一世を風靡した
演歌歌手の藤圭子を母に持つ宇多田はその母の影響を明言している。

先月末からツイッターを始めた宇多田のフォロワーは早くも15万人を突破しそうな勢いで
増加中(10月12日午後5時現在)で、米国デビューもしている宇多田には外国のフォロワーからも
多く質問が寄せられており、カラオケでのおはこを問われると「カラオケでよく歌うのは、
ディズニーの歌や演歌、シャンソンですね」と明かした。

また、外国では宇多田の家族があまり知られていないことを受けて、
「あまり知られていないでしょうけど、わたしの母は演歌(日本のブルース)歌手なんです。
パフォーマーとして尊敬しますし、娘から見ても美しいです!」と紹介すると、
「母の『面影平野』や美空ひばりの歌はよく歌います。でも、母がこのことを知ったら、
殺されるかもしれませんね。演歌はすごく特殊な形式で、歌詞は暗いものが多いのです。
そして、母はそのことがわたしの歌や人生に影響するのではないかと不安に思っているので……」
と続く複数のツイートで今まであまり明かされることのなかった母子関係にも言及した。

ほかにも、「カラオケで自分の歌を歌うこともあるけど、中には難しいものもあります」など
いろいろな質問に答えている。
もちろん、日本語でのツイートも多く、アルバムの制作風景などもうかがわれる。
今年限りでの活動休止を発表し、今回のツイッターは最後のファンサービスの意味合いも強いはず。
宇多田と触れ合う貴重な機会だといえそう。


http://news.livedoor.com/article/detail/5068582/


news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月30日

今年限りで音楽活動の休止を発表した宇多田ヒカルがツイッターに登録、
2010年9月30日23時現在、フォロワー数は約4万9,000を超えているという。

9月28日に自身のブログで「期間限定twitter始めました!!」と告知した宇多田ヒカル。
「さっそく今朝からぼそぼそやってるけど、忙しい時この形式は楽でいいかもね」
とツイッターを楽しんでいる様子。

ツイッターの背景画像は宇多田自筆のクマの絵となっており、
初ツイートは「やっべーこの背景まじかわいくないっすか?」。
その後もレコーディングの進捗状況などをまめにツイートしている。

今回のツイッターは11月に発売されるアルバム
「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」を記念しての期間限定。

同日には2DAYSライブの開催も発表され、
宇多田の精力的な活動は加速するばかり。

来年以降の復帰予定も現在はアナウンスされていないだけに
ファンにとってはこれが最後のプレゼントになるかもしれないという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100930-00000028-flix-movi
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年08月25日

日本国内ではとても言えないヤバイ話を台湾メディアが報じている。

日本の人気男優・織田裕二が2010年8月21日に一般女性との結婚を
自身の公式サイトで発表したが、日本でも突然の結婚報道に驚きを隠せなかったが、
台湾の各メディアも電撃婚と一斉に報じたという。

日刊紙「聯合報(ユナイテッド・デイリー・ニュース)」は

「結婚を機に、今まで以上に頑張る」と宣言した織田裕二は42歳の現在まで
スキャンダルとは無縁で、女性との交際のうわさもなくゲイ疑惑がささやかれるほどであった。
だが12歳年下の一般女性と、16日に入籍。今後は家庭を持ち、ますますクリーンなイメージで、
勝負できるだろう。代表作『踊る大捜査線』の映画第三弾も7月から好評上映中で、
“主演作は確実にヒットを飛ばす、数少ないスター”として日本芸能界の代表的人物に上りつめた」

としている。


続いて、「2011年以降は、歌手活動を無期限休止する」と宣言した宇多田ヒカルの
レズビアン疑惑も掲載、親友の深田恭子とレズビアンバーに通う姿が目撃されており、
仲良く手をつないで歩いているという。

“人気者の2人が店に行くと騒がれるため、人目を避けてなじみのレズビアンバーに行っている”
と証言する関係者がいるが、“ミュージシャン活動に行き詰まりストレスのたまった宇多田は
女性を好きになったのではないか?”」と憶測記事を掲載したという。

たしかに台湾メディアといえば、
日本のマスコミなど足元にも及ばないような強烈な記事を
さも平然と掲載することで有名だが、今回のウワサについては
“火の無いところに煙は立たず”といったところだろうか。

ゲイにレズ…最近話題の日本スターの疑惑を台湾メディアが報道(サーチナ)
- livedoor ニュース


news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年08月16日

宇多田ヒカルの突然の音楽活動休止は今だ業界を騒がせている。

すでにご存知の通り、宇多田ヒカルは
「これ以上進化するためには、音楽とは別のところで、人として、成長しなければなりません」
と語り「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』は止めて、
『人間活動』に専念しようと思います」と独特の表現で休業理由を語った。

休業する理由である「人間活動」については宇多田ヒカルにとって
絶対に譲れないことだったのだろうが、デビュー当時や絶頂期の宇多田を知る関係者の間では
こうした宇多田の反応に違和感を覚えているというのだ。

さらにワイドショー関係者は
「ここ数年彼女の様子がおかしいように見えるんですよね。感情の起伏が激しくなったというか」
とコメントを寄せている。

またあるスポーツ紙デスクは「お母さんの影響もあるのでは?」と指摘。
宇多田の母親は「夢は夜ひらく」で人気絶頂だった往年の人気歌手、藤圭子だが
最近は相次ぐ奇行で注目を集めている。

なかでも記憶に新しいところが、同デスクが「この事件の前後から藤圭子はおかしくなった」と
断言するのが、2006年3月にニューヨーク空港で所有していた現金5,000万円を現地の警察に
差し押さえられた件。なぜそんな大金を藤が持っていたのかはいまだ不明のままだが、
結局、5,000万円は藤に返却され、その後藤には奇行が目立つようになったという。

芸能プロ関係者によると、

「携帯電話は勝手に解約しちゃうし、誰も連絡が取れない。北海道のすすきのや、
四国の山中で目撃されたこともあった。娘の宇多田も母親の所在を把握しておらず、心配していた」

という。

さらに、ある関係者は衝撃の事実を語った。

「当時、あの5,000万円とそれが入っていたスーツケースに当局が重大な関心を寄せていたんです。
特にスーツケースは念入りに調べられたとか。
それは5,000万円で買おうとしていたモノに関係があると言います。これ以上は言えませんが」

宇多田の言う「人間活動」とは母親の奇行を目の当たりにし、
それが日常化していることに危機感を募らせたことから出てきた言葉なのかもしれないというが、
彼女の身辺が静かになるのはまだまだ先のことになりそうだ。


普通の家族じゃない! 宇多田ヒカル"休業"の背景には母の奇行が――!?(日刊サイゾー) - livedoor ニュース
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年08月11日

宇多田ヒカルがスポーツ誌などに書かれている活動休止とされた
理由について激怒したという。

2010年8月9日、歌手の宇多田ヒカルが来年以降の音楽活動休止を
自身のブログで発表したが、11日早朝には、「これは言っておかねば」と題して
活動休止の発表後最初のブログを更新。

宇多田の活動休止を報道した「スポーツニッポン」の記事に対し、
「それを見て私は『なんじゃこりゃ!』と大変驚きました」と
その報道内容を真っ向から否定した。

「要約すると、15で有名になった私はマックにも渋谷109にも行けなくなった、と。
得たものもあるけど失ったものも大きい、と感じているようだ。っていうような内容なんだけどね」
と綴る宇多田ヒカル。

記事の中には宇多田のプロデュースを手がける三宅彰氏のコメントも掲載されているが、
このコメントについても、「彼が話した内容をちょっといじられて、プラス、10年前くらいの取材で
話した内容を混ぜられてしまってああいう風になってしまった」としているのだ。

また、ブログの後半には「っていうかファストフード店だって入るしコンビニのトイレだってかりるし
普通に電車乗るし」「『失ったものが多い』だなんて感じてない!『失う』ってなんだ?!
生きてりゃ得るもんばっかりだ」と怒り心頭の様子で反論したという。

わずか15歳からトップアーティストとして活動してきた彼女を
マックにも109にも行けなくなって失ったものが大きいと騒ぐレベルと
いっしょにしてはいけないのかもしれない。


宇多田、スポーツ紙記事に怒り心頭「なんじゃこりゃ!」(Entame Watch) - livedoor ニュース
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年08月09日

大物アーティストの突然の活動休止が発表された。

2010年8月9日、宇多田ヒカルが自身の公式サイトの中で
年内でアーティスト活動を休止することを発表した。

宇多田は「久しぶりの大事なお知らせ」と題し、
20時に投稿された文章で、「この12年間、アーティストとしては色んなことにもチャレンジしたし、
少しは成長できたと思います。でもこれ以上進化するためには、音楽とは別のところで、
人として、成長しなければなりません」と心境をつづり、「来年から、しばらくの間は派手な
『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」と
年内でアーティスト活動を休止する意向を明かしたという。

引退については否定したものの、

「ファンのみんなが、この私の決断をどう受け止めるかは、
一人一人違うと思うけれど、私を信じて、待っててください。2年になるか、5年になるか、
わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください」

とファンに向かってメッセージを送った。

10代半ばという年齢からずっとトップアーティストとして
走り続けてきた宇多田ヒカル。

アーティスト活動を休止する理由が「人間形成のために」とは
ひじょうに心強い気がするのは私だけだろうか。

数年後、さらに大きなアーティストとなって
復活する日が楽しみだ。


宇多田ヒカルがアーティスト活動休止へ「人間活動に専念」(livedoor) - livedoor ニュース
news24hours  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



あわせて読みたいブログパーツ

ブログランキング

  • seo

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ