NEWSナウ@24

2chまとめブロクです。今知りたい、ニュース、政治、事件、芸能など、ホットなニュースをお届けします。



    1 名無し募集中。。。

    ザ・ドリフターズを愛してやまない30人を超える“ドリフ・ラヴァーズ”の芸能人たちがドリフの名作コントに挑戦するフジテレビ系バラエティ特番『ドリフに大挑戦スペシャル』が、26日(19:00~)に放送される。

    おなじみの “もしもシリーズ”からは「もしもこんな飲み屋があったら」をリメーク。「泥酔飲み屋」のコントではサンドウィッチマンの2人とカンニング竹山が挑戦。
    泥酔した店主役の伊達みきおと、酔いつぶれた客役の富澤たけしに振り回されるサラリーマン役を竹山が演じる。伊達が「受け継いでいかないといけない」と語るそのドリフの笑いは必見。

    また、俳優の遠藤憲一が「もしもこんな子役がいたら」で子役のえんけん君を演じるなど、芸人たちだけではなく、俳優や歌手、アイドルなど多くの芸能人もドリフのコントに挑戦。
    なかでもクリスタルケイや天童よしみら豪華アーティストらが挑戦したのは国民的コントと言っても過言ではない“客前コント”の1つ「少年少女合唱隊」の「早口言葉」だ。観客の前で圧巻のパフォーマンスを披露する。

    さらに、アンミカやIKKO、渋谷凪咲(NMB48)らは「早着替え」に挑戦。めまぐるしく動く“大忙し”コントだが、普段は経験することがないツッコミもノリノリで受けるなど楽しみながら演じる姿が見られる。

    いかりや長介の当時の“前フリ”でコントが始まるなど、ドリフの世界観で構成する同番組。当時のコント映像も登場する。

    ザ・ドリフターズの加藤茶は「長さんがいなくなり、志村もいなくなったドリフターズで、新しくコントをやるってことは、正直、想像もしてなかったです。
    そのくらい、当時の僕らがやってきたことを超えるってことは難しいと思うし、マネできる訳がない、という自信もあった。
    でも、今回、そんな難しいことを、小さい頃にドリフや志村のコントを見て、笑ってくれていた芸人さんや役者さん、歌手の方々が、
    僕らと一緒にコントにチャレンジをしてくれることを聞いて、不安もあるけれど、すごくワクワクしています」とコメント。
    https://news.mynavi.jp/article/20210917-1974687/


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 www.rbbtoday.com)


    【ドリフターズを愛する芸能人30人が、『ドリフの名作コントに挑戦するリフに大挑戦スペシャル』がフジテレビで放送決定wwwwwwwwww】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★

    9/18(土) 8:44配信
    スポニチアネックス

    無期限活動休止を発表したGACKT

     重度の発声障害のため、無期限活動休止することを発表した歌手のGACKT(48)が18日、自身のインスタグラムを更新。お笑いコンビ「ダウンタウン」浜田雅功(58)とのメッセージのやり取りを公開し、反響を呼んでいる。

     日々更新する、映像や写真をバックにした恒例の一言メッセージ“ガク言”として投稿。「『ガクちゃん、待ってるで』この言葉にどれだけ背中を押されたか『はい、頑張ります』必ず帰ってきます、浜田さん GACKT」と2016年のライブツアー「LAST VISUALIVE 最期ノ月」で「泡沫の夢」を演奏した映像とともにアップした。

     GACKTは浜田が司会を務める、毎年元日恒例のテレビ朝日系「芸能人格付けチェック」で、個人で65連勝と記録を更新し続けていることで知られており、無期限活動休止を発表したことで、同番組への心配の声も出ている。

     今回の投稿に、ファンも「私も、待ってる 浜ちゃん、ありがとう」「胸がギューっとなりました。この短い会話に、お二人の長く深い関係がつまってる気がして。。ゆっくり治してください。ずーっと待ってます」「浜田さんと同じく皆んながガックンの帰りをずっと待ってますよ」「浜田さんの愛が伝わりますね」「浜田さん最高です。私達もずっと信じて待ってます」と多くのコメントが寄せられている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9f12879d589c04f8bebbd7c782b201b4d40ec73


    【<活動休止中のGACKT>格付け出演を危惧する声も.....浜田雅功からの言葉に「必ず帰ってきます」.......】の続きを読む



    1 muffin ★

    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/Q1iQAFcWxB.html?showContents=detail

    (出典 tfm-plus.gsj.mobi)


    お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。9月11日(土)放送のお客様は、お笑いタレント・コロッケさん。ここでは、「ものまね王座決定戦」を降板した理由、今後の活動への思いについて語りました。

    1980年に「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ系)でテレビデビューしたコロッケさん。「ものまね王座決定戦」(フジテレビ)で優勝後は、清水アキラさん、栗田貫一さん、ビジーフォーとともに「ものまね四天王」の1人として、ものまねブームの中心的存在に。2014年に文化庁長官表彰、2016年に日本芸能大賞を受賞された、ものまね界のレジェンドです。

    ◆人気絶頂期に「ものまね王座決定戦」を降板した理由

    川島:1992年、コロッケさんが32歳のときに「ものまね王座決定戦」を自ら降板されたそうですね。なんでですか?

    コロッケ:視聴率は30パーセントを超えていましたね。

    川島:絶頂期ですよね?

    コロッケ:そうですね。やりたいことが、やれなくなってきたんですよ。

    川島:と言いますと?

    コロッケ:だいたいそうだと思うんだけど、番組っていうのはプロデューサーとか、いろんな人から言われたことをやらなきゃいけない空気になっていくんですよね。なので俺は、「このままだとものまねの壁にぶち当たるな」と思ったんです。自分はエンターテインメントをしたかったけど、「ものまね王座決定戦」では1分しか時間がもらえないんです。自分のエンターテインメントを伝えるためには、3分から5分は欲しかったんですよね。

    それでいろいろと揉めたし、「このままいても“ぬるま湯”だな」と思ったんです。「ものまね四天王」としていい扱いは受けているけれど、2、3年経ったらものまねブームはなくなると思ったから、プロデューサーと話し合って。半分ケンカのような感じで辞める形になりましたけどね。

    川島:当時32歳でしょう? よくそんな冷静に分析できましたね。

    コロッケ:俺ね、昔からなんだけど仕事が多いと「ヤバい」って思う人だから。

    川島:「いつか終わってしまう」って思っちゃう?

    コロッケ:そう。だから「終わらないためにはどうすればいいか」って、次のことを考えている。特にものまねは1、2回見る分にはいいけれど、3回目になると「他にはないの?」「もう見たよ」って言われてしまう芸風だから。ものまねは、芸能界で一番飽きられやすい芸風だと思ってる。

    川島:消費されるのが早いと。「ものまね王座決定戦」を辞めるとき、「ものまね四天王」の他の3人は何も言わなかったんですか?

    コロッケ:「辞めて自分のことをやりたい」って言ったら、みんながみんな「お前はバカか?」って言われましたね(笑)。

    川島:だって、やっと夢が叶ったってときだったんでしょう?

    コロッケ:人気絶頂のときでしたしね。グッチ裕三さんが、最後まで俺を説得してくれたんですよ。

    川島:「考え直せよ」と。

    コロッケ:ええ。グッチ裕三さんは笑い話にしてくださったんですけど、そのとき僕が言った言葉は「船は出たのよ」だったんですよ(笑)。

    川島:ほう! どういう意味ですか?

    コロッケ:荒波のなか、あえて自分から漁に出るというか。俺はそういうことを伝えたかったんですよ。

    川島:なるほど。自分のなかでは答えが既に決まっていたんですね。

    コロッケ:決まっていた。だから、「船は出た」って言ったんですね。それで、「こいつには何を言っても無駄だな」って感じたと思います。

    川島:違うところに行くんだろうなっていうのは伝わったでしょうね。とは言え逆境じゃないですか? そういう辞め方をすると、視聴者側は勝手に「ものまね四天王不仲説」を考えちゃいますよね。

    コロッケ:不仲説は、ずっと言われていましたよ。「コロッケはみんなと仲が悪い」ってね。

    川島:僕も当時そう思ってました。

    コロッケ:(笑)。でも、いまだに「ものまね四天王」のみんなとは電話で話したりしますよ。仲が悪いわけではないです。やっぱり、一緒に戦い合った“戦友”なので。お互いの好きなところも言い合えますしね。

    続きはソースをご覧下さい


    【<コロッケ>人気絶頂期に.....「ものまね王座決定戦」を降板した理由とは?...「ものまね四天王不仲説」も語る】の続きを読む



    1 Anonymous ★

    長澤まさみが、ヒロインを務める映画『マスカレード・ナイト』(9月17日公開)の完成イベントに〝全身密着穴あきドレス〟で登壇。主演の木村拓哉も目のやり場に困る一幕があった。

    同作は、2019年1月に公開され、46.4億円の興行収入を叩き出した『マスカレード・ホテル』の続編。ホテルを舞台に、警視庁捜査一課刑事役の木村と、ホテルのコンシェルジュ役の長澤が難事件を解決していくストーリーだ。

    9月7日に行われた完成披露試写会に、長澤は上半身も下半身も肉感ボディーにピッタリ密着したタイトな黒い長袖のロングドレス姿で登場。〝超悩殺〟ドレスでエロチックな体のラインを浮かび上がらせていた。

    「推定〝F級〟のバストはもちろん、ウエストのくびれもはっきり分かる密着セクシードレスでした。それなのに、下着の線が全く見えなかったため、*疑惑も出ているほど。目をこらすと、山の頂上に突起物が透けて浮かび上がっているようにも見えましたからね」(映画ライター)

    さらに関係者を驚かせたのが下半身だ。床まで届くロングドレスでありながら、両ひざの部分だけ、ひし形の大きな穴があいて生脚を露出させていたのだ。

    「セクシー過ぎる穴あきに、登壇した沢村一樹が〝ひざしか見てなくて…〟とこぼしたほどでした。木村も、長澤との久々の共演について聞かれて、おそらくドレスに引っ掛けて〝やっぱ最高っスよ〟と即答。長澤のドレスは、ムッチリしたヒップや股間の〝丘〟の稜線も浮かび上がらせていたのですが、こちらも下着のラインが見えなかった。*だったに違いない」(ワイドショースタッフ)

    ライバル女優が次々結婚する現状にアセって…
    長澤は今年3月に『第44回日本アカデミー賞』で最優秀主演女優賞に輝き、4月期には連ドラ『ドラゴン桜』(TBS系)第2弾に出演してヒットさせている。

    「7月には映画『唐人街探偵 東京MISSION』が公開され、来年は『コンフィデンスマンJP』第3弾の公開も控えています。女優界では頂点に君臨する一方、私生活では14年ごろに伊勢谷友介と破局した後、男の話が聞こえてこない。こうした背景もあって、新垣結衣らライバル女優が次々結婚する現状にアセっていると聞きます。5月には、一部でマネジャーへのパワハラ疑惑も報じられた。今回のドレス姿は、そうしたモヤモヤを吹き飛ばす意味を込めた〝暴走〟だったのでは」(スポーツ紙記者)

    長澤は、8月5日に約9年ぶりの写真集『ビューティフルマインド』を発売したばかり。一方、フリーアナウンサーの鷲見玲奈も同4日、初写真集『すみにおけない』を発売し、売り上げバトルが注目された。

    「発売直後の『オリコン週間BOOKランキング』では鷲見の写真集が1位、長澤の写真集は3位だった。それで長澤の女優魂に火がついた可能性もある。今後、映画の濡れ場などで、さらなるセクシー露出が期待できるかもしれませんよ」(同・記者)

    次の〝穴あき〟はドコだ?

    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/32397


    【<長澤まさみ>肉感ボディー密着ドレス!...... “F級”の頂上に“突起物”も!? ノー○ラ疑惑も浮上 ........】の続きを読む



    1 ひかり ★

     現在、TBSラジオにて、月曜深夜や月~木午前中の2時間半の帯番組を任される人気パーソナリティーの伊集院光(53才)に“パワハラ疑惑”が浮上した。伊集院は、『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)で月曜アシスタントを務める元TBSの新井麻希アナ(39才)に対して、トーク中や本番以外の場面で度々厳しいダメ出しをすることがあった。そして、決定打となったのは、8月23日のこと。

    「伊集院さんが『いま新井は降板スレスレのラインだからな!』と怒鳴ったんです。フリーアナウンサーにとって“降板”は、仕事を失うと同じ意味で、これ以上ないほど重い言葉。積み重なったストレスが頂点に達し、新井さんが番組関係者に相談をしたのです」(ラジオ局関係者)

     そして、8月30日放送から新井アナが2週にわたって夏休みに入ることが発表された。また、その後、伊集院も入れ替わりで2週間の夏休みを取り、その間に新井アナが番組に出演、そこで最後のあいさつをして、9月20日の放送をもって降板することが決まったという。

     飄々とした語り口、目尻の下がった笑顔、人を安心させるふくよかな体形、どれをとってもパワハラとは縁遠く見える伊集院だが、番組関係者の間では、彼の厳しい顔も知られていた。

    「彼は賢くて、理論武装に隙がありません。仕事への情熱がそうさせるのですが、逆に、そのレベルに達していないと思うや叱咤激励の意味を込めて論破してしまうところがあります。実は、若手局員も、『育休する社員の穴埋めで』という名目で伊集院さんの番組から離れることになっています」(前出・ラジオ局関係者)

     今年3月には“LINE事件”も起きていた。番組スタッフが伊集院への愚痴を、伊集院本人も見られるLINEグループに誤って投稿してしまったのだ。伊集院はこのエピソードをラジオで暴露した。

    「本人は笑い話にしようと彼なりの気遣いでオチを付けていましたが、スタッフ側にしてみれば“公開処刑”と取る人もいて、笑いがひきつっていた。今回のパワハラ騒動についても、彼自身、どこまで重く考えているのかはわかりません」(前出・ラジオ局関係者)

     一方で、伊集院に同情的な見方をする人物もいる。

    「最近の伊集院さんは、かわいがっていた犬を亡くしたペットロスもあり、精神的に不安定なようでした。だからこそ、若いスタッフはどう接していいのかわからないのでしょう。最近は、いつにも増して腫れ物に触るような空気が漂っていました」(芸能関係者)

     今回の顛末を知る別の芸能関係者は、こうつぶやく。

    「落語家修業時代の師匠による厳しい指導や徒弟制度が染みついているのかもしれません。でも、いまの時代、本人は“指導”のつもりでも、相手の受け取り方次第で“パワハラ”になります。伊集院さんと新井アナの間にも師弟関係に近いものがあった時期もありました。しかし、いつからか、新井アナが伊集院さんの指導についていけなくなった。こうなったらいまの時代、変わらないといけないのは師の方なんです」

     解剖学者の養老孟司との共著『世間とズレちゃうのはしょうがない』(PHP)のなかで、伊集院は落語家修業時代を振り返りながら、以下のように語っている。

    《僕も自分のした我慢はたまたま自分にあっていたからといって、次に続く人もそうだと決めるのは間違っていると思います。僕の我慢は大きな目で見れば、『したくてした我慢』ということで、自分の選択だったんだと自覚しなければいけないんでしょうね》

    ※女性セブン2021年9月30日・10月7日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a8cb121e0355b65991b8bdfcc2ed5212db8d24b?page=2

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1631845302/

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1631859617/


    【<伊集院光>パワハラ騒動.....若手スタッフは「腫れ物に触るような空気」 ......】の続きを読む

    このページのトップヘ