1 サムライアリ ★ [PT]

不登校の小中学生は、全国に13万人以上いると言われている。
自身も約10年の不登校を経験し、8月19日に全国100カ所で開催された不登校の当事者が集まるイベント「#不登校は不幸じゃない」の発起人を務めた小幡和輝さんは、不登校そのものを肯定し、全国の子どもたちの不登校支援を行っている。
小幡さんに、「不登校支援をする理由」と「学校の在り方」を聞いた。

(インタビューは7月31日に行いました)

◆ ◆ ◆

■文科省の通知で「ルールが変わった」

――小幡さんは、「学校に行かないことも一つの選択肢」として、不登校を肯定していますね。

2016年には、文部科学省が「不登校を問題行動と判断してはならない」と通知を出し、不登校への認識が大きく変わりつつあるのを感じています。
昨年、小幡さんはクラウドファンディングでパトロン228人、129万6000円を集め、初めての著書『不登校から高校生社長へ』を自費出版しました。
不登校を肯定し、「正しい不登校のやり方」を紹介する新しい切り口に驚きましたが、これは文科省の通知を受けてのことだったのですか。

小幡 もともと、自分の体験談として講演会やブログで、「辛かったら学校に行かなくても良い」という話はしていたんですね。

学校に行くのが「ルールとして当然」だと思っていたので、不登校はあくまで最後の、消極的な選択肢だと思っていました。
でも、文科省の通知を見て、「ルールが変わってるぞ!」と衝撃を受けました。
今までは感情的に、当事者に対して「不登校は一つの選択肢」と言っていたけれど、論理的に考えて、社会に対しても「不登校が一つの選択肢」であることを訴えかけられるんじゃないかと思ったんです。
「不登校は不幸じゃない」という考え方は、社会に投げかける問いとして、十分なんじゃないかと思うようになりました。

■義務教育の「義務」は子どもの義務じゃない

――学校に行きたくない子どもも、親に対して「文科省の通知って知ってる?」と言えるようになったわけですもんね。

いわば武器を得たような。

小幡 そうです(笑)。

義務教育の「義務」というのは、市町村が区域内に学校を作るという「義務」であり、親が子どもに教育を受けさせる「義務」があるという意味ですよね。
そもそも「子どもが学校に行く義務」ではないんです。
だから子どもが学校に行きたくないならば、行かなくてもいいし、親が子どもに教育を受けさせる義務を果たすには、学校でなければならないという理屈はないんです。

■学校に合わない子がいるのは当たり前

――小幡さんは、不登校になってからも、引きこもりにはならず、不登校の子供たちなどを支援する適応指導教室に通ったり、ゲームや囲碁を通して友達を作り、社会との接点を常に持ち続けていました。

学校の外では友達ができる小幡さんが、学校では馴染めなかったのはなぜなんでしょうか。

小幡 学校って、コミュニティとして考えると不思議な場所だと思うんです。

同じ年に生まれ、同じ地域に住んでいるという理由で約30人が一つの教室に集められる。
共通点は「年齢」「住んでいる場所が近い」というだけで、好みも考え方も違う。

それはそれで価値があることなのですが、そういう事情で集まっているのだから、合わない子がいて当たり前です。
例えば、大人でもその地域の30人で集まって同じ仕事をしてくださいと言われたら無理じゃないですか(笑)。
子どもは大人よりも柔軟かもしれませんが、その“ひずみ”が13万人という不登校の子どもたちの数に現われているんじゃないでしょうか。

僕は、実際には「不登校」の子は、13万人よりももっとたくさんいると思っています。
現在の定義では年間30日以上休まなければ不登校に該当しないのですが、保健室登校など、学校に行きたくないけれど無理をして行っている子を入れると相当な数にのぼるはずです。

http://bunshun.jp/articles/-/8654


(出典 www.mag2.com)



4 名無しさん@お腹いっぱい。

自宅で授業受けられるようにしろよ


5 名無しさん@お腹いっぱい。 [US]

学校くらい行けないのが社会に適応できるわけないだろ

日本総引籠もり計画は某国と某国の陰謀だ


6 名無しさん@お腹いっぱい。

社会にも合わない物はいるからな
今は規定も変わり、校区外でも特例で認められるから
不登校を肯定するのはどうかと思うが
大体、親が常に見ていられる環境って早々一般的には無理だと思うがな

学校とは勉強以外に、そのような一般的な社会適合する為の準備でもあるんだし


7 名無しさん@お腹いっぱい。 [EU]

日の丸の国の世情と合わなくて引きこもりになるのも当たり前


8 名無しさん@お腹いっぱい。 [CH]

不登校も虐めの問題も、
嘘で作ってたら解決ができるわけなしw
これが当たり前でしょ。
世界の日本の常識w


9 名無しさん@お腹いっぱい。 [SE]

イジメられて自殺するくらいなら
学校なんて行かなくて良いよ


13 名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ]

学校が合わない奴は確かに居る
学校に行かない選択肢は確かに有って良い

だが学校に順応しない道を選択するなら今の日本で生きていくのは相当困難だと覚悟がいる
覚悟があるなら良いんじゃね
あとで社会のせいだとかサカウラミしないならな


16 名無しさん@お腹いっぱい。 [CN]

>>13
日本社会を恨むとなると左翼、パヨクの玉子になるのかな
まあ学校も左翼、パヨクだけどね


18 名無しさん@お腹いっぱい。 [JP]

>>13
いや、日本だけじゃなく全ての社会で適応出来ないと思うが。

まず、学校と言う物が何の為に存在するのかを考えるべきじゃね?
それを考えた時点で、不登校を容認する事自体が間違えだと気付くはずだが。
いくら勉強が出来ても、人と接する事が出来なければ社会に出ても仕事一つ満足にする事なんて出来ない。
たった一人で仕事をすればいい?一人で会社を作って*まで一人で成功した人なんて一人としていないはずだが?


20 名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ]

ガキの頃から何でも買い与え、我慢、忍耐を知らないからな
欲しいオモチャが欲しくて家事を手伝うとか、小遣いを御菓子を我慢してコツコツ貯めるとか

兎に角我慢がきかないから学校ごときでつまづく


21 名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ]

自然淘汰w

その人の生まれた国のその時代の社会システムに沿って行かなければ、
生涯が地獄となるw

両親は正しい事を言ってたと思うよw
自分で決めたんだ、覚悟してくれ(´・ω・`)


22 名無しさん@お腹いっぱい。 [CH]

都合のいい言いわけの為に、
アメリカのフリをするなってw


28 名無しさん@お腹いっぱい。 [FR]

学校に行かなくても、学力証明試験通れば良い、しかし、社会性無い人の人を、雇ってくれる
会社どれくらいあるかだよ。