NEWSナウ@24

2chまとめブロクです。今知りたい、ニュース、政治、事件、芸能など、ホットなニュースをお届けします。

    2018年07月

    1 風吹けば名無し

    高校時代、白球を追って汗を流した自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎氏(37)。時代の流れによって高校野球にも変化が必要だと力説する。【取材=中山知子、千葉修宏】

     野球人口の減少が顕著になっている。

     小泉氏(以下小泉) うちの地元もチーム編成が大変ですよ。どんどんチームが合併、そして減少している。今まで日本の国民的スポーツっていうのが野球の代名詞だったじゃないですか。そこにあぐらをかいてはいけない。

     何か対策は。

    小泉 この前テレビを見ていたら、ある地域で子どもたちが小学校で野球をやっていても中学に行ったら部活に入ってくれない。
    なんでかと聞いてみたら「丸刈りにするのが嫌だ」と。よく分かりますよ。僕も抵抗しましたもん。1度、大人に聞いてみたいと思ったこともある。
    「丸刈りにしたらうまくなる理由を教えてください」って。


    (出典 www.1242.com)


    【<小泉進次郎さん> 高校野球は、坊主強制を早くやめないと先がない!!..................】の続きを読む

    1 ひかり ★

    All Nippon NewsNetwork(ANN)

     日本大学アメフト部の悪質タックル問題で30日、日大の理事会に田中英寿理事長が出席し、理事長としての対応を問われて「会見はしない」と
    明言していたことがANNが独自に入手した音声データで分かりました。

     日大の第三者委員会は30日に公表した最終報告書のなかで、悪質タックル問題が発覚してから公の場に一度も出ていない田中理事長について
    「適切な事後対応を行っていなかった」などと指摘し、説明責任を果たすよう求めました。一方、日大は最終報告書が公表される前に理事会を
    開いていました。
     理事会の出席者:「理事長としては今後、会見はいつごろ、どのような形で行うのですか?」
     田中英寿理事長:「8月の前半、ホームページで答えを出します。会見はしません」
     31日夜には関東学生アメフト連盟が理事会を開き、日大アメフト部の公式戦出場停止の処分解除について協議します。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180731-00000002-ann-soci


    (出典 biz-journal.jp)


    【【日大・悪質タックル】日大理事長........「会見はしない」....】の続きを読む

    1 muffin ★

    https://www.oricon.co.jp/news/2116631/full/
    2018-07-31 12:13

    2005年に急性骨髄性白血病のため亡くなった歌手、本田美奈子.さん(享年38)の舞台やコンサートで使用していた衣装、写真パネル、プライベートで使用していた貴重なアイテムが展示される『本田美奈子.ミュージアム』プレオープンセレモニーが、3歳から亡くなるまで住んでいたというゆかりの地である埼玉・朝霞市のミュージカルスクールアミティエで31日に行われた。

     同展では「多くの人の心に光を与えられるような歌手に」との思いで活動していた本田さんのメッセージを感じて、楽しんでもらうことをテーマに、コンサート衣装、ライブ映像、直筆メッセージボードなどを展示。「第2の本田美奈子.を」をコンセプトに併設している同スクールに通う、生徒たちを中心に次の世代へとつながるミュージアムを目指している。

     プレオープンセレモニーには、本田さんの母である工藤美枝子さん、BMI代表取締役の高杉敬二氏、ミュージアムの館長である濱田大氏、朝霞市長の富岡勝則氏が出席。工藤さんは「美奈子の誕生日であるきょうに開催できて、ほんとうにうれしいです。朝霞が大好きだったので、本当に美奈子の笑顔が目に浮かぶようです。展示されているすべてのものは大事に愛用したものなので、天国で喜んでいると思います」とかみしめるように語った。

     ミュージアムにドレス6着、写真80点、トロフィーや賞状15点が展示されているが、高杉氏は「まだ4分の1にしか満たない」と、今後も展示物の増量や入れ替えを行っていく予定であるとコメント。「ずっとずっとこれをやりたいと言っていたので、やっと美奈子が表に出てきたという感じです」と天を仰いでいた。

     同展の正式なオープンは9月からで、毎月第2土曜日と日曜日に営業される。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【<本田美奈子.さん> ミュージアムが完成!! .......9月にオープン!】の続きを読む

    1 ほニーテール ★

    元『モーニング娘。』の辻希美が7月27日、自身のブログを更新。
    《お昼ご飯は焼きそばday! ピーマンはたぁくんの畑で採れたピーマンだょー》
    という文章とともに、夫で俳優の杉浦太陽の出ているCMの写真をアップした。

    だが、このブログに批判が殺到。「料理本出すほどのカリスマ主婦なら、もっと他の主婦が作らないような料理作ってよ。焼きそばなんか誰でも作れるし!」「ピーマンだけめっちゃ細切り…」「キャベツと人参大きくない? ピーマン細過ぎるしセンスなさ過ぎだろ」という声が上がった。

    この記事には夫の杉浦太陽が登場しているが、これも批判の対象にされてしまい「いい年してたぁくんて何だよ」「アラフォーの夫に世界発信でたぁくんってやめない? 気持ち悪いよ」という声が届いた。

    ところが、夫の杉浦も26日に更新した自身のブログで、負けず劣らずの“内容”をつづっている。夕食を食べた後に夫婦で「膝枕タイム」をしたこと明かしたのだが、こちらも散々なコメントで埋め尽くされている。

    《膝枕してもらってブログに書くだけのお仕事です》
    《はいはいヤレヤレマイッタネ》
    《いちいち公開すんな。キモい》
    《本気で*じゃねーか》
    《太陽に辻ちゃんが膝枕してもらってるんだよね? でも、太陽は少し避けようとしてない? すごく不自然に見える。ブログのために撮影してたんだろうけど。この夫婦は自分たちで評判悪くしてるよね。普通にしてればいいのに。》


    ■ 何が悪いのか、仲良しアピールも常に逆効果

    杉浦・辻夫妻といえば結婚してからずっと仲の良さをアピールしており、7月21日に11回目の結婚記念日を2人で過ごしたこともブログとインスタグラムで報告したが、「全く憧れの夫婦ではないですがおめっとー」「大嫌い」「ウインナー食って寝ろ」などと、またもや辛辣なコメントを書き込まれている。

    辻もさすがに気にしているのか、杉浦と同じ日に更新したブログでは「豚丼に豚汁」とメニューを紹介。さらにこのメニューに「豚に豚」とツッコミを入れて「豚肉がたくさんありましてね。調理法は違うのでお許しを~」と説明していた。

    芸能人はブログで稼げるのだろうが、いろいろと気を遣うようでなかなか大変だ。
    https://myjitsu.jp/archives/58300


    (出典 i.daily.jp)


    【<辻希美&杉浦太陽>稼ぐための炎上商法なの?........夫婦ブログに・・】の続きを読む

    1 Egg ★

    未成年に対するわいせつ問題でジャニーズ事務所を解雇された元『TOKIO』のメンバー、山口達也の近況を一部女性誌が報道。波紋を呼んでいる。


    女性誌によると、山口は現在、都内の病院に入院中。双極性障害を発症し治療に専念しているという。


    「双極性障害とは、昔でいう『そううつ病』ですね。気分が異常に陽気になったり、逆に沈み込んだり。山口は極度のアルコール依存症で入院したという話はありましたけれど、どうも症状は違うようです」(芸能ライター)


    女性誌は、山口の病状は重く、医療スタッフが数人がかりで治療に当たっていることや、山口が「死にたい」と漏らしていることまで詳報している。


    「不思議なのは、女性誌は山口が心療内科の専門病院に入院していると完全に特定している点。病院が通院を含めた患者の個人情報を守るのは当たり前のことですが、精神的な病となると、より一層厳重な守秘が求められる。それにもかかわらず、病状まで漏れ伝わっている。これが事実だとしたら、山口もとんでもない病院に入院したものです」(同・ライター)


    しかも、山口は事務所に未練があるらしく、事務所の先輩である近藤真彦に「あのころはよかった」と感謝をしているというのだ。


    「病状もバレているし、マッチに感謝していることまで入手しているなんて、常識じゃ考えられない。病院の人間が漏らしていなければ、どうして女性誌はそんなことまで知り得たのか。記事を見る限り、やたら山口寄りでかわいそうだというトーンに仕上がっているのも、どこか変です」(ジャニーズライター)


    この女性誌報道に一部の芸能サイトも疑問を呈した。…

    近藤への感謝話は「怪しい」というのだ。

    ■ 世話になった東山に言及しないのはおかしい

    「山口はマイナーな時代に東山紀之のマンションに居候していたのは有名な話。事務所では東山に一番世話になっている。そのころ、すでにマッチは雲上人で、山口の面倒を見るようなレベルではなかった。だからこそ、東山の話をしていないのはおかしいと見ている芸能サイトがあるのです。説得力のある話です」(同・ライター)


    どうやら今回の記事には裏がありそうだ。


    「ジャニーズ事務所の山口シンパが、事務所序列トップのマッチに『反省しています、戻してください』とメッセージを送ったのだと思います。マッチが許せば、すぐにメリー副社長に話が上がる。そうなれば事務所に戻す算段も出来上がる。女性誌は山口シンパの代弁者ということでしょう」(同・ライター)


    山口は仮病で、要するにただのワイセツ魔であったとしたら――。とにもかくにも、病院は患者のプライバシーをちゃんと守るようにしてほしいものだ。

    まいじつ 2018年07月31日 01:00 2件
    https://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180731/Myjitsu_058249.html


    (出典 pics.prcm.jp)


    【<元TOKIO・山口達也>「詳しい病状」が報道された異常事態の裏側......】の続きを読む

    このページのトップヘ