【チャイナチョッパー】F35戦闘機の情報、豪防衛業者から盗まれる 中国ハッカーか

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2017/10/12(木) 19:13:19.32 ID:CAP_USER.net
【10月12日 AFP】F35最新鋭ステルス戦闘機やP8ポセイドン(Poseidon)対潜哨戒機に関するオーストラリア軍の重要情報が、ハッキングによって豪防衛請負業者から盗み出されていたことが12日までに分かった。豪当局者によると、中国のハッカーらが利用することが多い「チャイナ・チョッパー(China Chopper)」と呼ばれるツールが使われていたという。

 科学技術系ウェブサイト「ZDNetオーストラリア(ZDNet Australia)」が伝えたところによると、不正アクセスを受けたのは従業員50人規模の航空宇宙企業。被害に遭ったのは昨年7月だが、豪政府機関のオーストラリア通信電子局(ASD)がハッキングに気付いたのは11月になってからだったという。

 ZDNetによれば、ASDのミッチェル・クラーク(Mitchell Clarke)氏が11日に行われた安全保障に関する会議で、米政府の「国際武器取引規制(ITAR)」に基づいてアクセスが制限されていた約30ギガバイトの「慎重に取り扱うべきデータ」が盗まれたと説明した。

 クラーク氏はハッキング被害を受けた企業名は明かさなかった。F35戦闘機やP8哨戒機の情報のほか、豪海軍の新造艦1隻の「艦長席まで拡大表示できる」3次元図面データも盗まれたという。

 ハッカーは「チャイナチョッパー」と呼ばれるツールを使い、インターネットサーバー経由で不正にアクセスしていたとクラーク氏は語った。専門家によると、チャイナチョッパーは中国のハッカーが広く利用しているという。

 アデレード(Adelaide)で取材に応じたクリストファー・パイン(Christopher Pyne)国防産業相は、ハッカーの侵入を許した情報は「商業的」なもので「機密扱いではなく、軍事面での危険はない」と述べた。その上で、総事業費500億豪ドル(約4兆4000億円)に上る「世界最大」の次期潜水艦調達計画を進めるオーストラリアを標的としたサイバー犯罪が増えているとの見方を示した。(c)AFP

2017年10月12日 15:56
http://www.afpbb.com/articles/-/3146446?cx_part=latest_article

https://i.imgur.com/pyDiIRM.jpg

F35ステルス戦闘機(2017年6月29日撮影、資料写真)。(c)AFP/JACK GUEZ



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507803199

【ヒアリ】ヒアリ1000匹超発見、女王アリ1匹を含む 中国海南省からのコンテナで/京都府向日市

1 名前:ばーど ★:2017/10/12(木) 17:57:39.92 ID:CAP_USER9.net
京都府は12日、同府向日市のコンテナから、強い毒性のある「ヒアリ」とみられるアリが1000匹超見つかったと発表した。

女王アリ1匹を含んでおり、業者が殺虫処分した後、府に通報した。

コンテナは、中国海南省の海口港を9月23日に出港、香港を経由して大阪南港に到着した。港からトレーラーで12日朝、向日市の倉庫に到着した。

府によると、環境省が今後、DNA検査など確定作業を進めるが、現地に派遣された同省職員は形状などからヒアリの疑いが強いとみている。京都府でのヒアリ確認は初めてとなる。

10/12(木) 17:49
時事通信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000078-jij-soci



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507798659

【豪】F35戦闘機の情報、豪防衛業者から盗まれる 中国ハッカーか 「チャイナ・チョッパー」が使われる

1 名前:ばーど ★:2017/10/12(木) 19:22:51.64 ID:CAP_USER9.net
F35ステルス戦闘機
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/3/700x460/img_73df2aba862a672f5e764e043c204619132155.jpg


【10月12日 AFP】F35最新鋭ステルス戦闘機やP8ポセイドン(Poseidon)対潜哨戒機に関するオーストラリア軍の重要情報が、ハッキングによって豪防衛請負業者から盗み出されていたことが12日までに分かった。豪当局者によると、中国のハッカーらが利用することが多い「チャイナ・チョッパー(China Chopper)」と呼ばれるツールが使われていたという。

 科学技術系ウェブサイト「ZDNetオーストラリア(ZDNet Australia)」が伝えたところによると、不正アクセスを受けたのは従業員50人規模の航空宇宙企業。被害に遭ったのは昨年7月だが、豪政府機関のオーストラリア通信電子局(ASD)がハッキングに気付いたのは11月になってからだったという。

 ZDNetによれば、ASDのミッチェル・クラーク(Mitchell Clarke)氏が11日に行われた安全保障に関する会議で、米政府の「国際武器取引規制(ITAR)」に基づいてアクセスが制限されていた約30ギガバイトの「慎重に取り扱うべきデータ」が盗まれたと説明した。

 クラーク氏はハッキング被害を受けた企業名は明かさなかった。F35戦闘機やP8哨戒機の情報のほか、豪海軍の新造艦1隻の「艦長席まで拡大表示できる」3次元図面データも盗まれたという。

 ハッカーは「チャイナチョッパー」と呼ばれるツールを使い、インターネットサーバー経由で不正にアクセスしていたとクラーク氏は語った。専門家によると、チャイナチョッパーは中国のハッカーが広く利用しているという。

 アデレード(Adelaide)で取材に応じたクリストファー・パイン(Christopher Pyne)国防産業相は、ハッカーの侵入を許した情報は「商業的」なもので「機密扱いではなく、軍事面での危険はない」と述べた。その上で、総事業費500億豪ドル(約4兆4000億円)に上る「世界最大」の次期潜水艦調達計画を進めるオーストラリアを標的としたサイバー犯罪が増えているとの見方を示した。(

配信2017年10月12日 15:56
AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3146446?pid=19457969



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507803771

【法務省】在留外国人247万人余 過去最高を更新 中国が3割と最も多く、次いで韓国、フィリピン

1 名前:ばーど ★:2017/10/12(木) 18:39:54.88 ID:CAP_USER9.net
日本に在留する外国人の数は、ことし6月末の時点で247万人余りと過去最高を更新する一方、滞在期限を過ぎても不法に残留している外国人の数は2年半ぶりに減少したことが、法務省の調査でわかりました。

法務省入国管理局によりますと、日本に在留する外国人は、ことし6月末の時点で247万1458人と、前回、去年12月末の調査と比べ8万8636人、率にして3.7%増え過去最高を更新しました。

国籍・地域別にみると、最も多いのが中国で71万1486人と全体の3割近くに上っていて、次いで韓国が45万2953人、フィリピンが25万1934人などとなっています。

また、前回の調査と比べ増加が顕著なのは、ベトナムが3万2572人増加し、率にして16.3%増えたほか、ネパールが6830人増加し、率にして10.1%増えています。

一方、ことし7月1日時点で、滞在期限を過ぎても日本に不法に残留している外国人の数は6万4758人で、前回、ことし1月の調査と比べ512人減り2年半ぶりの減少となりました。

法務省入国管理局は、「企業側の環境整備や、住宅などの生活基盤の整備などが進み、日本で働いたり勉強したりする人たちの受け皿が整ってきており、増加傾向は続くと見ている。一方で、不法に残留している外国人に対しては、警察などと協力して厳しい取締りを行っておりその成果が表れている」としています。

配信10月12日 17時26分
NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171012/k10011176021000.html



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507801194

【オーストラリア】大学悩ます「反発する」中国人留学生 授業内容の変更や謝罪要求も

1 名前:ねこ名無し ★:2017/10/12(木) 05:35:49.27 ID:CAP_USER.net
オーストラリアでは多くの中国人学生が学んでいるが、このところ、授業における西洋的な価値観や中国に対する見方に反発する彼らの行動が大学側を悩ませている。特定のグループにより、キャンパスにおける言論の自由が制限されるという不安が、豪の大学で広がっているようだ。

◆物言う中国人学生、教授に抗議

中国人学生と大学側の衝突で、最近多くのメディアに取り上げられたのは、「一つの中国」を巡るものだ。BBCによれば、豪ニューキャッスル大学の授業で「台湾は独立した国」という見解を示した教授に対し、中国人留学生たちが(教授の発言は)不快であり、教授は(クラスにたくさんいる中国人学生に)敬意を示すべきと抗議した。

これに対し教授は、自分の考えでは台湾は別の国だとし、「あなたが私の考えに感化されたくないのであれば、あなたも私の意見に影響を与えようとすべきではない」と反論した。学生の1人が会話を録画しウェブサイトやソーシャルメディアに投稿したことで、注目を集める事態となった。

この事件を受けて大学側は、授業の教材は第三者団体のレポートを参考文献として引用したもので、レポートでは「国(country)」と「地域(territory)」の両方の意味で国という言葉が使用されていた、と釈明している。また、教師と学生双方が文化的差異と敏感さに敬意を表することを期待すると述べ、動画が密かに撮られ表に出たことは残念だとしている(BBC)。

◆行動は政府の支持ではなく学生の意志

豪ニュースサイト『new.com.au』は、このところ中国人学生が西洋的な教授法や考え方に公然と不満を述べ、公に謝罪や授業の進め方の変更を要求するようになっていると述べ、オーストラリアにおける中国の影響力の高まりを懸念している。

BBCによれば、中国政府が学生に行動するよう圧力をかけていると疑う地元メディアもあり、今回の事件もその一つという見方もある。

しかし、豪ローウィー研究所のメリデン・ヴァラル氏は、学生の抗議行動は、彼らが自ら選んだものだとする。1989年の天安門事件以来、中国ではイデオロギーが強化され、学生たちは中国政府におもねる信念を吹き込まれて育っている。

多くの学生が領土や主権には強い意識を持ち、長年に渡り中国は外界の犠牲になって来たと信じているため、外国から「台湾は独立国」と言われれば、非常に感情的になり、客観的な議論は困難だと説明している(news.com.au)。

一方、シドニー工科大学(UTS)の豪中関係研究所のジェームス・ローレンスソン教授は、ローウィー研究所のメディア『Interpreter』に寄稿し、学生の行動を政府のプロパガンダのせいにするのは、事実とフィクションが区別できる中国人の能力を過小評価しているという意見を支持する。

領土的主権に関しては、彼らは全会一致で政府の主張を支持するが、官僚の腐敗、環境汚染、格差といった問題では、多くの中国人が政府を酷評していると述べ、白黒はっきりさせたいオーストラリア人と違い、ほとんどの中国人はより実際的だと述べる。

同氏は、中国人学生は彼らが中国共産党の手先であり人質だという意見を拒絶しているのに、地元メディアが学生達の行動や発言を中国の脅威という狭い既成概念にむりやりはめ込もうとしていると指摘。それによって学生たちが包囲されていると感じることが問題だとしている。

◆表現の自由は双方に大切。問題解決が急務

モナッシュ大学の講師、ジョナサン・ベニー氏は、中国人学生が意見を言うことに問題はないが、彼らが教師や他の学生が批判的意見を言うことを止めようとすることが問題だとする。一部の大学では、中国人学生への差別的な落書きなども見つかっており、反中感情の広がりも心配されている(BBC)。

ローレンスソン教授は、現在オーストラリアには30以上の大学に10万人以上の中国人学生が学んでいると述べる。表現の自由はすべての学生にとっての本質的価値だが、中国人学生はオーストラリアに収入と文化的多様性をもたらす歓迎すべき存在であり、問題は解決するべきだとしている。

http://blogos.com/article/251674/



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507754149

アルー!


はてブ数: はてなブックマーク数

相互募集中アルヨ( `ハ´)
ご要望も随時対応するアルー!
あくせすアルー!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRアルー!
QRコード
広告
記事検索アルー!
月別あーかいぶアルー!
最新記事アルー!
逆あくせすアルー!
管理用アルー!
  • ライブドアブログ