【グルメ】外国人が選ぶ10大美食国、1位は中国ではなかった!=中国ネット「中国の飲食文化と比べたら外国は原始時代」

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/08/25(木) 20:55:34.45 ID:CAP_USER.net
2016年8月23日、中国のポータルサイト・今日頭条が、外国人が選ぶ世界の10大美食国家について紹介する記事を掲載した。

記事によると、外国人が選んだ美食国家は、1位から順に、イタリア、中国、フランス、スペイン、日本、インド、ギリシャ、タイ、メキシコ、米国という結果になったという。

この結果に対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「この結果は納得できない」
「中国は卓球と同じように料理の方面では優勢」
「中華料理はメニューが豊富で食べ飽きることはない」

「外国人には美食が何かを理解できない」
「中国では1日1種類の中華料理を食べても一生のうちに全部食べ切れない」

「イタリアだって?笑っちゃうな。全世界の美食を加えても中華料理の敵ではない」
「イタリアのピザやスパゲティは中華を模倣したものなのに、これは笑うしかない」

「中国の飲食文化と比べたら、外国は原始時代だ。料理人と比べるまでもなく、うちの母親だって料理のレパートリーは100種類以上ある」

「わが大中華には8大料理があり、味も見た目も千差万別で、数百種類のメニューがあり、満漢全席から庶民の家庭料理まであって、悠久の歴史がある。イタリアは真似できるのか?」

「こんな意味のない記事を出すな。美食国家といえば世の中には2つしかない。中国と外国だ。そして外国の美食は料理というが、中国の美食は文化という」(翻訳・編集/山中)

http://www.recordchina.co.jp/a148556.html



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1472126134

【日中】中国は日本と仲良くしたがっている!理由は中国・王毅外相のあの表情に―中国メディア

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/08/25(木) 20:59:18.95 ID:CAP_USER.net
http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201608/20160825-03557688.jpg

写真は日中韓外相(中国外交部のHPより)。

2016年8月24日、日中韓外相会談に出席するため日本を訪れた中国の王毅(ワン・イー)外相が岸田文雄外相との会談後に笑顔を見せたことについて、中国の専門家は「中国が日本との関係改善を望んでいる証し」と指摘した。澎湃新聞が伝えた。

日本メディアは会談後に王外相が報道陣に対して笑顔を見せた点を指摘しており、
日本問題に詳しい復旦大学の馮●(フォン・ウェイ、●は王偏に韋)教授は「王外相の表情は中国の対外政策の『標識』。笑顔は、日中関係の緊張緩和を望んでいるということ」との見解を示した。
さらに、「日本も現在の関係を改善させたいはず。日本の対中投資の減少は日本経済にとってもデメリットになる。ただ、米国など外部要素にも注意を払わなければならない」とコメント。
このほか、「関係改善の基礎となるのは政治的な互恵、経済の相互メリット、両国民の信頼」と述べ、「最も難しいのは3番目。まずは政治的な信頼を高めて相互協力、交流を促進させるべき」との考えを示した。(翻訳・編集/野谷)

http://www.recordchina.co.jp/a148554.html



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1472126358

【交通】日本で驚き!「日本のドライバーたちは車線変更をしない」=中国

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/08/25(木) 20:19:49.12 ID:CAP_USER.net
 日本を訪れた中国人が驚くことの1つに、日本人の交通マナーが挙げられる。
中国と異なり、日本では街中で車のクラクションを聞く機会は非常に少ないが、これは日本のドライバーたちが交通マナーを守り、無理な割り込みや追い越しなどをせずに運転していることも理由の1つだろう。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本を訪れた中国人の手記を掲載し、
「日本の交通事情を見て思ったのは、日本人は誰もが交通ルールを守っていたこと」だと伝え、数日間の滞在期間中に一度もクラクションの音を聞かなかったと驚きを示し、日本の交通事情は中国と大きく異なっていたと伝えている。

 記事は、日本人が交通マナーを守るだけでなく、交通事情そのものが日本と中国は大きく違うと指摘。特に「気配り」という点で大きな違いがあったと伝え、路線バスのなかには乗客の乗降時にステップの高さを低くするバスがあったと紹介。
こうすることで高齢者や子どもの乗り降りが安全になると伝え、こうした気配りはいたるところに見られたと紹介した。

 また、日本の高速道路では前方で事故があった場合、電光掲示板に事故の情報を掲載することで、後続のドライバーに情報を共有すると同時に、
注意を呼びかけていたと伝え、こうした仕組みはドライバーに対する気配りであると同時に、日本が交通インフラについて深く考えている証拠であるとの見方を示した。

 そのほか記事は、日本では「車線変更をするドライバーが少ないことに気付いた」と伝え、一般道であっても高速道路であっても「日本のドライバーは中国のように車線変更を繰り返しながら先行の車両を抜いていくことはしない」と紹介し、驚きを示している。
中国のドライバーたちの運転が日本人に比べて荒いのは事実だろう。日本人は車線変更をしないというよりも、無理な運転をしないというのが真実ではないだろうか。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1617227?page=1



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1472123989

【中韓】「THAAD」配備に激怒 中国報復に韓国悲鳴 対韓貿易を締め付け

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/08/25(木) 18:09:20.56 ID:CAP_USER.net
 韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権がとった親中、反日の外交戦略が自国を窮地に立たせている。
24日午前、北朝鮮は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を日本海に向けて発射。こうした北の脅威に対処するため、韓国が導入を決定した米国の高々度迎撃ミサイルシステムTHAAD(サード)に中国が不快感を示し、対韓貿易を締め付けているのだ。
東京で同日開催された日中韓外相会談では共同文書が出されない見通しで、中韓の緊張関係が影響した可能性がある。現地事情に詳しい高月靖氏がリポートする。

 「商用ビザが取れない」「イベントが中止された」「投資交渉が打ち切られた」

 活況を呈していた韓国の対中ビジネスを巡り、いまこんな悲鳴が噴出している。原因とされるのは、韓国が導入を決めた米国のTHAADだ。

 韓国国内でも反対論は根強かったが、朴政権は核実験など北朝鮮の相次ぐ挑発を背景にTHAADの導入を決断。これに強硬に反発する中国が経済での締めつけに乗り出したという構図だ。

 韓国での配備予定は2017年末だが、中国はそれまでに総力を挙げて撤回に追い込む方針とも伝えられる。

 「いまはまだ中国政府が公に措置を講じたわけでなく、民間の経済交流に見えない圧力を加えている形。影響はわずかだが、韓国は『中国の報復』に疑心暗鬼となって戦々恐々としている」(現地ジャーナリスト)

 最初の標的となったのは中国で活動する韓流スターだった。
8月に入って「韓国人女優がドラマ撮影中に降板させられた」「韓国人男優がドラマのキャスティング候補から外された」「韓国人タレントのファンイベントが相次いで中止・延期になった」などの事例が次々と報告された。

 「中国当局の公式発表はないが、現地では中国メディアを総括する国家新聞出版広電総局が韓国芸能人の活動を制限する方針だと報じられている」(同)

 今月3日には韓国のSNSでも異変が広がった。「中国の商用ビザ発行が停止された」という噂が急拡散したのだ。一部メディアは「ただの都市伝説」と伝えたが、噂は事実だった。

 原因は、韓国人向けにビザ発行手続きを一部代行していた中国企業が資格停止処分を下されたこと。中国当局としてはそれまで大目に見てきた審査を厳格化した形であり、表向きは韓国への報復措置ではない。だがこれも「中国の報復」として韓国中を動揺させるには十分だった。

 そのほか韓国各紙は、中国資本の対韓投資にブレーキがかかったと報道。15日には中国に進出中の大手損保会社が当局の監査を受けたことも分かり、憶測を呼んでいる。

 「中国の反応を過小評価した」とも非難される朴政権だが、政界の足並みはそろわない。中国共産党機関紙「人民日報」はTHAAD導入に批判的な韓国野党議員の発言を集中的に報じており、「韓国世論の切り崩しを狙っているのでは」ともささやかれる。

 反韓感情の高まりも韓国にとって頭痛の種だ。

 中国国民の間では「安全保障は米国と手を結びながら、中国で金儲けばかりしている」という反感が浮上しつつある。中国の英字紙「グローバルタイムズ」は4日、28万人対象のアンケートで86%が韓国芸能人の締め出しに賛成と伝えた。

 こうしたことから韓国メディアでは、12年の反日暴動が韓国を相手に再現されるのではという懸念まで台頭している。

 「大国という巨大市場は魅力的だが、うまくいかなくなれば、途端に窮地に立つ。反日で国内の人気を取り、親中で経済を立て直すというのは都合が良すぎる。バランス外交をとらなかったツケが回ってきてしまった」(現地メディア関係者)

 政権終盤を迎え、朴政権は重大な局面を迎えている。

 ■高月靖(たかつき・やすし) ノンフィクションライター。1965年生まれ。兵庫県出身。多摩美術大学グラフィック・デザイン科卒。韓国のメディア事情などを中心に精力的な取材活動を行っている。
『キム・イル 大木金太郎伝説』『独島中毒』『徹底比較 日本vs韓国』『南極1号伝説』など著書多数。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160825/frn1608251140001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160825/frn1608251140001-n2.htm



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1472116160

【国際】中国が韓国に「THAADを取るか、韓中関係を取るか」二者択一を要求

1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/08/25(木) 09:28:40.21 ID:CAP_USER.net
登録 : 2016.08.25 00:29 修正 : 2016.08.25 07:04

中国の王毅外交部長、韓中外相会談で言明 
北核問題には容認しない立場を再確認

今月24日、日本東京の首相官邸を訪問したユン・ビョン(左)と中国の王毅・外交部長が、安倍晋三首相を待つ間、会話を交わしている=東京/ロイター聯合ニュース
 中国の王毅部長が24日、韓国のユン・ビョンセ外交長官に在韓米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備方針の撤回を強く要求した。しかし、王毅外交部長は同時に、THAAD配備と関連した解決策を見つけるために韓中による二者会談も提案した。

 王毅部長は24日午前、東京港区のパークタワー・プリンスホテルで開かれたユン長官との韓中外相会談を終えた後、記者団に「中国は韓中関係に関する基本的立場を明らかにし、ユン・ビョンセ長官は主要20カ国(G20)首脳会議がうまくいくよう、中国を支持するという明確な立場を明らかにした」と述べた。王毅部長はTHAADに関する質問が出てくると、待っていたかのように「(会談で)我々はTHAAD問題を議論し、中国は韓国へのTHAAD配備に対して決然たる反対の意志を堅持した」として「我々はこの問題が中韓の友好的協力に全面的な影響を与えるのを見ることを望まない」と腹を括ったように発言した。この日の韓中外相会談は、当初の予定時間をはるかに超えて70分間にわたり続いた。しかし、王毅部長は「我々は、中韓が交渉を進め双方が受け入れられる解決策を見出すことを願う」と付け加えた。

 ちょうど一カ月前の7月24日、ラオスのビエンチャンで開かれた韓中外相会談の時、王毅部長はTHAADについて「韓国の行為は双方の信頼の基礎に害を及ぼした。遺憾に思う」と述べたことがある。この日の王毅部長の発言は、一カ月が過ぎても変化がなく、王毅部長が強度を高めて「全面的影響」を警告したと解釈できる。ただし同時に、解決策のための交渉可能性を残し、さらには事実上中国が韓国にTHAAD配備と関連した二者交渉をしようと提案した点が注目に値する。

 一方、王毅部長はこの日、北朝鮮の「潜水艦発射弾道ミサイル」(SLBM)発射については「事態を一層緊張させ複雑にするので望ましくない」としつつも「米国と韓国の合同軍事演習が北朝鮮を刺激した面がある」と発言したとNHK放送は伝えた。しかし、北朝鮮の核とミサイルの問題が、韓国のTHAAD配備など中国の戦略的利害を侵食する状況を認識してか、この日の韓中日外相会議後には「中国は北朝鮮の核とミサイル開発に反対する。朝鮮半島非核化、対話を通した問題解決、朝鮮半島平和安定の堅持が中国の一貫した立場」という北核に関連したこれまでの見解を再確認した。

東京、北京/キル・ユンヒョン、キム・ウェヒョン特派員、イ・ジェフン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1472084920

アルー!


はてブ数: はてなブックマーク数

相互募集中アルヨ( `ハ´)
ご要望も随時対応するアルー!
あくせすアルー!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRアルー!
QRコード
広告
記事検索アルー!
月別あーかいぶアルー!
最新記事アルー!
逆あくせすアルー!
管理用アルー!
  • ライブドアブログ