【台湾】台湾人が日本に行きたがり、韓国には行きたがらない理由

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/06/26(月) 06:29:12.49 ID:CAP_USER.net
http://news.searchina.net/id/1638453?page=1

 日本を訪れる中国大陸の観光客はこの5年で爆発的に増えたが、同じく台湾からの観光客も激増している。台湾メディア・東森新聞雲は23日、「台湾人の旅行、日本はブームで韓国は好まず 5つの残酷な真相」とする記事を掲載した。

 記事は、台湾・交通部観光局が発表した2011ー16年の出国目的地別人数統計のデータを紹介。16年に日本へ出かけた台湾人が延べ429万5000人だったのに対して、韓国は80万8000人と5倍以上の差が開いていることを伝えた。

 日本を訪れた台湾人観光客は04年に100万人を突破して以降11年までは100万人台前半を推移していたが、その後6年間でほぼ4倍となる急増を見せている。一方韓国は15年の50万人から1年間で30万人ほど増えたが、日本はそれ以上のペースで増加した。

 記事はこの統計について台湾のネット上で「日本と韓国ではフライト時間はあまり変わらないのに、どうして5倍もの差がついたのか。韓国はつまらないのか、それとも他の理由があるのか」という疑問があるネットユーザーから投げかけられたことを紹介。これに対して、ほかのユーザーから様々な意見が寄せられたと伝えた。

 そして、ユーザーから寄せられた意見をまとめた結果「多くの人が、韓国と台湾がとても似ていること、文化的な特色が不鮮明であること、遊べる場所が少ないこと、行く目的がショッピングに限られていること、韓流スターの追っかけだけが目的になっていること」という「5つの真相」が浮かびあがったとしている。

 韓国を目的地にする台湾人観光客も増えていることから、決して「台湾人は韓国が嫌い」という訳ではなさそうだ。現状として、それ以上に日本旅行に注目が集まっているということだろう。ただ「魅力に欠ける」という台湾ネットユーザーの意見をしっかり汲み取って、台湾人が魅力に感じるコンテンツ開発やPRに取り組む必要があるのは、言うまでもない。



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1498426152

【中国】中国の潜水艦AIP出力は日本の「そうりゅう」の2倍以上、導入も4年早かった―中国メディア

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 09:06:00.31 ID:CAP_USER.net
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=182134&ph=0

中国メディアの新浪網は22日付の記事で、中国は潜水艦への非大気依存推進(AIP)システム導入を日本より4年早く行い、出力は日本の「そうりゅう」の2倍以上に達していると主張した。

記事は、自国の通常動力(非原子力)潜水艦として039A型と039B型を取り上げた。039A型1番艦の就役は2005年で、039B型は2013年までには就役を始めたとされる。その上で、中国の潜水艦でAIPを導入したのは039B型が初めてとする見方があったと紹介。ただし、039A型がAIPを採用していたのは確実と主張した。

証拠としたのは、新華社が14日付で掲載した記事だ。同記事は、中国における潜水艦AIPシステムの第一人者として海軍潜水艦学院の肖海生(シャオ・ハイション)教授について、「わが国初のAIP潜水艦が就役して以来、彼は10年以上にわたり、1度の失敗もエラーもしなかった」と紹介している。

新浪網の記事は新華社の記事の「就役して以来」、「10年以上にわたり」の部分に注目し、2005年就役の039A型がAIPシステムを搭載していたのは明らかであると主張した。

新浪網の記事は次に、中国潜水艦のAIPと日本が「そうりゅう」型で採用したAIPとを比較。まず、日中両国とも、最初からAIPを自主開発したのではなく、スウェーデンの4-275型スターリング発電機の技術を導入したと指摘した。

記事はさらに、4-275型スターリング発電機は、出力75キロワットと110キロワットの2種があり、輸出しているのは75キロワット版と紹介。日本は1990年代初頭に75キロワット版をそのまま導入しているとした。

一方の中国は80年代に4-275型スターリング発電機を導入し、さらに自国の711動力研究所が2005年に、改めてスターリング発電機の改良研究に着手したと論じた。

記事は、2015年に人民日報が発表した記事の分析結果として、中国の潜水艦用の新型AIPの出力は163キロワットから239キロワットに達しているとの見方を示した。その上で中国の潜水艦は今後、日本の最新鋭潜水艦の「そうりゅう」型の2.17倍から3.18倍のAIP出力を持つようになると主張した。



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1498349160

【旅行】韓国人が中国旅行をボイコット?日本旅行が増加―米メディア

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 09:09:08.43 ID:CAP_USER.net
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=180840&ph=0

2017年6月23日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「韓国人観光客、中国制裁を開始=日本旅行に転換」を掲載した。

高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に伴う中韓の対立が続いている。中国による韓国への制裁が話題となってきたが、「ここにきて韓国市民も自発的な中国“制裁”を始めたようだ」と記事は伝えている。韓国MODE旅行社の統計によると、今年5月、中国に向かう韓国人旅行者の数は前年同月比マイナス42%と大きな落ち込みを示しているそうだ。

その代わりの旅行先として浮上したのが日本だ。日本政府観光局(JNTO)の統計によると、今年5月に日本を訪問した韓国人旅行客は約56万人。前年同月比85%増という急成長だ。中国人を上回り訪日観光客の国別トップの座に就いた。MODE旅行社関係者は「THAAD問題の影響で、人気の訪問先は中国から日本に変わった」とコメントしているという。



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1498349348

【今日頭条】中国が起源なのに中国人はすでに忘れてしまった行事(お盆)が、日本で盛大なイベントに成長していた!

1 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 20:53:48.10 ID:CAP_USER.net
6月も終わりが近づき、いよいよ夏がやって来る。ご先祖を家にお迎えするお盆のシーズンも、もうそう遠くはない。

中国メディア・今日頭条は23日、「起源は中国にありながら中国人が忘れ去ってしまった祭日が、今では日本の伝統ある祭日に姿を変えている」として日本のお盆を紹介する記事を掲載した。

記事は「中国では清明節を利用して死者を祭る風習がある。日本にも先祖を祭る祭日があり、それは中国が起源になっているのだ。毎年旧暦7月15日の盂蘭盆がこれにあたる。道教で言えば中元節だ。盂蘭盆というとみんな日本の伝統祭日と認識しているが、実は中国の梁の時代を起源とするのだ」と紹介した。

そして、毎年この祭日を迎えるころになると日本のあらゆる会社や組織が休暇を与え、従業員たちは帰省して家族で集まったり、先祖祭りを行ったりすると説明。

さらに、お盆には様々なイベントが行われ、人びとが集まって伝統的な盆踊りも繰り広げられるとした。

記事は「盂蘭盆の風習は1400年ほど前に中国から日本に入ったが、長い時間をかけて日本本土の習俗や特色を帯びるようになり、日本国内で盛大に行われる祭日となった。実際、中国の文化や風習で日本に伝わり、日本本土の習俗となったものは多いのである」と伝えている。

日本人からしてみると、清明節に中国のお墓の前で人びとが金品を模した紙細工を盛大に燃やす様子は実に不思議なものである。

それと同じように、日本のお盆にキュウリやナスと割りばしで牛や馬を作る光景は、中国の人にとっては奇妙に映るものだろう。

根源が同じであったとしても、日本と中国はやはり似て非なる文化や風習を持った国と考えるべきだろう。

http://news.searchina.net/id/1638451?page=1



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1498391628

【中国】習近平主席が孤立化…血で血を洗う権力闘争

1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 21:22:28.41 ID:CAP_USER.net
学校法人『森友学園』と『加計学園』についての問題で揺れる安倍晋三内閣だが、アメリカのドナルド・トランプ大統領、中国の習近平国家主席、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領にくみしていけるのは、結局、安倍首相しかいないだろう。
習主席とプーチン大統領には、選挙というものがない独裁体制を権力のよりどころにしているし、トランプ大統領には強大な大統領権力というものがある。

自民党一党独裁でも、この三国の前にはあまりにひ弱だが、それでも民主党政権時代よりましだ。
見掛けは勢いのいい習主席だが、現在“そして誰もいなくなった”状態にある。

「習主席の盟友だった王岐山が離反しました。
王は習主席が頼りにする右腕であり、共産党の事実上のナンバー2といわれる実力者で、妻の姚明珊が元副総理の姚依林の娘であることから、『太子党』の系譜に連なる人物です」(中国ウオッチャー)

王岐山というのは、一体どんな人物なのか。

「2012年秋の党大会で最高指導者の座についた習主席は、その直後に王を中紀委のトップに指名し、王は習主席が発動した“反腐敗キャンペーン”の陣頭指揮をしました。
その結果、胡錦涛政権時代に石油閥および公安のドンとして君臨した周永康(前党中央政治局常務委員)や、胡の腹心で党内人事を牛耳っていた令計画(前党中央弁公庁主任)、人民解放軍の制服組トップだった郭伯雄(前党中央軍事委員会副主席)ら、大物を次々に牢獄送りにしています。
しかし、いまは習主席との共闘関係から離れたことで“中南海仲良しクラブ”は事実上、空中分解しています」(同・ウオッチャー)

■裏切りと復讐が続く中国権力闘争

習主席は恩人の曾慶紅も裏切っている。
曾が党内および長老に根回しをして、習主席を総書記に押し上げたのに、いまやその恩人を敵視し、曾や江沢民の人脈を“汚職追放”と称して、次々と失脚させた。
そのため、曾は忘恩の行為だとして袂を分かったのだ。

「曾の復讐戦は任志強事件や郭文貴事件、そして令完成事件に飛び火しました。
防御策を講じる習主席は、江沢民派の金庫番だった肖健華を、香港から拉致拘束しています。
裏切られた怨念が次の復讐への執念を生むわけで、習主席は中国特有のあまりに醜い権力闘争の真っただ中にあり、現実は北朝鮮圧力どころではありません」(同・ウオッチャー)

今後の中国は一体どうなるのか。

「おそらく全党融和策を採らざるを得なくなり、李源潮や王洋、胡春華、孫政才ら、共青団を大量に政治局常務委員に登用せざるを得なくなるのではないでしょうか。
あるいは対外闘争、つまり紛争や戦争に打って出るしか残るシナリオはないかもしれません」(同・ウオッチャー)

朝鮮半島よりも中国周辺の方が危険になる日も近い。

http://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2017/06/shutterstock_600762872-20170624151513-600x400.jpg

https://myjitsu.jp/archives/24676



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1498393348

アルー!


はてブ数: はてなブックマーク数

相互募集中アルヨ( `ハ´)
ご要望も随時対応するアルー!
あくせすアルー!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRアルー!
QRコード
広告
記事検索アルー!
月別あーかいぶアルー!
最新記事アルー!
逆あくせすアルー!
管理用アルー!
  • ライブドアブログ