【中国】「解放軍報」:米国から島嶼奪還の「コツ」教わっても、日本の勝利は夢の話 

1 名前:ウィンストンφ ★:2012/10/18(木) 23:25:18.35 ID:???
「解放軍報」18日付け記事 11月5日から16日にかけて、日本の九州と沖縄県において、日本と米国は大規模な合同軍事演習を実施することを予定している。
演習計画によると、日本の自衛隊と米軍による「離島奪還訓練」も行われる。

ここ数年、日本は西南方面の島嶼攻防における作戦能力の向上に絶えず努めてきた。
その一環として、日本は頻繁に公に、或いは秘密裏に米軍を訓練に引き込み、長距離機動能力と作戦能力を如何にして向上していくかを米軍から学び、
「島嶼奪還」に必要な戦闘力を引き上げることを目指してきた。日本は「防衛力を保有する」ことから「防衛力を応用する」ことを実現している。

第2次世界大戦以来、米軍は島上陸作戦に関する豊富な経験と知識を積み上げてきた。2006年1月、日米両国が米国で初めて島上陸訓練を行った際
、日本から派遣された人員はわずか10名であるのに対し、米国は数千人規模で訓練に当たった。訓練の主な目的は「日本が米国の訓練を見学する」というものだった。
2012年8月から9月にかけて、日米はグアムとサイパンの近くに位置するテニアン島で島嶼奪還を想定した合同演習を行った。
両国が合同で島嶼奪還訓練を行ったのはこれが初めてで、規模は大きくないものの、輸送の連携・作戦の連携・防空作戦・対艦攻撃・基地の防衛・島上陸作戦などを中心に実施された。
そして、11月に実施される今度の演習では、場所を日本本土に移し、参加人員の規模も数万人に拡大される。
演習が順調に成功すれば、日本は島上陸作戦で米国から「独り立ち」することができる。

しかし、日本が米国を引き込んで、威張っているにしても、米国が日本を利用して中国をけん制しているにしても、米日の「島嶼奪還」を想定した軍事演習によって、
地域の相互信頼関係は著しく損なわれ、地域の平和な安定に深刻な悪影響が及ぶだけである。仮に領土主権の問題に関して、中国に譲歩することを迫るつもりであるとすれば、
それは現実離れした話であり、全く筋違いな考えである。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年10月18日
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2012-10/18/content_26835960.htm
依頼ありました◆◆◆スレッド作成&継続依頼スレ★155◆◆◆
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1348927951/464



引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1350570318

【尖閣問題】「日中台で資源を3割ずつ分け合ってはどうか」、鴻海理事長の提言に馬総統が「すごく賛成」―台湾

1 名前:水道水φ ★:2012/10/18(木) 23:32:57.19 ID:???
∞<尖閣問題>「日中台で資源を3割ずつ」、鴻海理事長の提言に馬総統が「賛成」―台湾

2012年10月17日、台湾紙・旺報によると、尖閣諸島をめぐる問題で、台湾の電子機器受託製造サー
ビス(EMS)大手、鴻海集団の郭台銘(グオ・タイミン)理事長が「中国本土、日本、台湾の3者で共同
開発し、資源を30%ずつ分け合うというのはどうか」と提案した。18日付で環球時報(電子版)が伝えた。

17日に開催された台湾最大の民間経済団体「三三会」(三三企業交流会)の例会で発言した。この日、
初めて例会に招かれた馬英九(マー・インジウ)総統の演説後、8月に総統が提言した「東シナ海平和
イニシアチブ」を実現させるための具体案として、「中国本土、日本、台湾の民間経済団体が主体とな
り、共同開発を行う。資源は3割ずつ分け合い、残る10%は保留とするのはどうか」と提案、リーダー役
には中国本土とも日本ともパイプを持つ江丙坤(ジアン・ビンクン)・海峽交流基金会(海基会)前会長
が適任だと推薦した。

郭氏の提案に、馬総統は「すごく賛成だ」と述べた。「東シナ海平和イニシアチブ」には、「資源の共同
開発」のほか「対立行動の自制」「問題の棚上げ」「対話の継続」「国際法の遵守」「行動規範の策定」
などが盛り込まれている。(翻訳・編集/NN)


ソース:Record China 2012年10月18日 17時33分
http://www.recordchina.co.jp//group.php?groupid=65629&type=0



引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1350570777

【中国/軍事】艦載戦闘機「殲15」の破壊力は世界トップクラス

1 名前:特亜の呼び声φ ★:2012/10/18(木) 22:10:05.88 ID:???

http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20121018/001ec949c2cd11e9fa6401.jpg


中国初の空母「遼寧艦」の訓練と試験航行の様子を写した写真がインターネット上に
流れ、広く注目を集めている。最近の試験航行で、中国第1号の艦載戦闘機と目される
「殲15」が同艦上で模擬着艦とタッチアンドゴーを繰り返し行っていることが写真から
確認できる。

専門家によれば、殲15は第三世代または第三世代を上回る戦闘機で、作戦性能に
卓越、優れた艦載機の特徴を有し、空母上での正確かつ効率的な運用が可能で、
これで中国海軍の海・空一体の作戦力が形成されるという。中国軍事科学院の
杜文竜研究員は、「殲15は大型艦載機で、航続距離が長く、弾薬搭載量、燃料
搭載量が多い。その制御範囲と破壊能力は世界でもトップクラスに入る」と紹介。
また、基本設備の配備をみると、各種弾薬を揃え、例えば空対空、空対海、
電子妨害など海外の標準的な艦載機が備える機能はすべて揃えている。中国製の
戦闘機が空母上で正確かつ効率的に運用されることも、中国海軍の現時点での
海・空一体作戦戦力の重要なシンボルといえる。

▲チャイナネット(2012/10/18 15:57)
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2012-10/18/content_26835651.htm

▼関連スレッド
【中国/軍事】空母「ワリャーグ」 殲-15艦載機の模型で昇降テストを実施[08/20]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1345466405/
【中国】「J-15(殲15)」が試験飛行に成功 中国の空母建設は最終段階に?―チャイナネット[07/04]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1278223172/
【中国】 将来の航空母艦に搭載する国産戦闘機「殲15」の試作機を製造していた、とカナダ専門誌 [05/10]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1273487451/



引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1350565805

【ツアー】旅行大手4社、中国韓国への旅行が去年の50%減 10~12月の予約

1 名前:おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2012/10/18(木) 18:50:45.68 ID:???0

日本と中国、韓国との関係悪化が響き、主要旅行会社4社が実施する
10~12月に出発して両国を訪れるパッケージツアーの予約人数が、
それぞれ前年の半分以下に激減していることが18日、分かった。

JTBと近畿日本ツーリスト、日本旅行、ジャルパックの予約数は全体で、中国ツアーが
53%減の約2650人、韓国ツアーが51%減の約4万2340人と大きく
落ち込んだ。4社の予約数を、ことしと前年の9月下旬時点で比較した。

 特に尖閣諸島の国有化で関係が悪化した中国への旅行について業界では
「観光需要の落ち込みが当分続くだろう」(旅行大手幹部)と低迷の長期化を心配する声が多い。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012101801001351.html



引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350553845

【経済】 "世界経済の先行きは一段と不透明感を増してきた" 中国、輸出不振で景気減速傾向に歯止めかからず

1 名前:有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2012/10/18(木) 11:46:01.06 ID:???0 BE:654783629-PLT(12066)

【北京=幸内康】中国国家統計局が18日発表した2012年7~9月期の国内総生産(GDP)の速報値は、
物価の変動を除いた実質で前年同期比7・4%増だった。

伸び率は4~6月期の7・6%より0・2ポイント低下し、7四半期連続で前期を下回った。欧州の財政・金融危機の長期化で、
輸出が引き続き伸び悩んでいるためだ。中国の景気減速が改めて確認され、世界経済の先行きは一段と不透明感を増してきた。

1~9月期のGDP伸び率は7・7%となり、政府が目標とする年7・5%成長は達成できそうだ。
ただ、10月以降の景気急回復は難しいとみられており、12年通年の伸び率は、1999年以来、13年ぶりに8%割れとなる公算が大きい。

輸出は1~9月で前年同期比7・4%増えたが、1~6月の9・2%増から減速し、11年通年(前年比20・3%増)の水準には遠く及ばない。
欧州向けが5・6%減で足を引っ張っている。

個人消費の動向を示す「社会消費品小売総額」は1~9月、14・1%増と底堅く推移している。ただ、金額が大きい自動車の伸びが鈍い。

景気のけん引役を果たしてきた輸出が振るわず、内需がそれをカバーできていないことで、景気減速傾向に歯止めがかからない。
世界銀行は今月8日、中国の12年の成長率見通しを7・7%と発表し、前回予測(5月時点)から0・5ポイント下方修正した。

(2012年10月18日11時19分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20121018-OYT1T00501.htm?from=top



引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350528361

アルー!


はてブ数: はてなブックマーク数

相互募集中アルヨ( `ハ´)
ご要望も随時対応するアルー!
あくせすアルー!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRアルー!
QRコード
広告
記事検索アルー!
月別あーかいぶアルー!
最新記事アルー!
逆あくせすアルー!
管理用アルー!
  • ライブドアブログ