【国際】北朝鮮「朝鮮半島で有事の場合、最大の損失は日本だ」=中国報道

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/04/23(日) 18:29:07.83 ID:CAP_USER.net
http://news.searchina.net/id/1634229?page=1

 2016年2月、日本政府は北朝鮮に対して、人道目的の船舶を含むすべての北朝鮮籍船舶の入港を禁止するとともに、北朝鮮に寄港した第三国籍船舶の入港を禁止するなどを柱とした日本独自の制裁措置を科した。

 この措置について首相官邸は、当時北朝鮮が国際社会の制止を無視して4回目の核実験を行ったこと、その後さらに弾道ミサイルの発射を強行したこと、また安倍政権が全ての拉致被害者の帰国を求めてきたにも関わらず解決に至っていないことなどを独自の制裁措置の理由としている。

 また、日本政府は16年12月にも北朝鮮に対する独自の制裁強化案を閣議決定したが、中国メディアの海外網が19日付で掲載した記事は、北朝鮮側はこうした制裁措置を解除するよう日本に呼びかけていると説明している。

 記事は、北朝鮮のソン・イルホ日朝国交正常化担当大使が日本メディアの取材を受けた際に、もし朝鮮半島で戦争が勃発した場合、最大の損失が生じるのは日本だと警告する一方、日本が北朝鮮に対する制裁措置を解除すれば、北朝鮮も日本人の遺骨問題について対応する用意があるという姿勢を示したことを紹介した。

 また、ソン大使は日本政府が要求していた拉致問題調査に関して「全く関心がない」とし、むしろ日本政府が北朝鮮に対して制裁措置を科したことにより一方的に合意を破棄したと見ている点も紹介した。これら北朝鮮側の主張や行動が国際社会のルールまた人類に普遍的に存在する良識から全く外れているのは明らかではないだろうか。



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492939747

【 CNN 】米朝衝突に備え?中国軍が爆撃機に厳戒態勢指令

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★@\(^o^)/:2017/04/23(日) 18:43:23.84 ID:CAP_USER.net
緊迫する北朝鮮情勢に関連して、注目すべき情報が飛び込んできた。米CNNテレビは20日、米国防当局者の話として、中国空軍が爆撃機に「厳戒態勢を取らせている」と報じたのだ。北朝鮮と米国との軍事衝突などの緊急事態に即応できるようにするためという見方を示した。中国の習近平国家主席による北朝鮮説得工作は失敗したのか。

 ロイター通信も同日、中国爆撃機の動きが活発化しているのを米政府が把握していると報じた。訓練も含めてさまざまな可能性があると指摘し、取材に応じた複数の米政府当局者が必ずしも懸念を示したわけではないとしている。

 中国軍の爆撃機としては、東シナ海や日本海上空でも活動が確認されている「H-6」爆撃機などが知られている。同機は、ロシアの「Tu-16」爆撃機を国産化したもので、巡航ミサイルや大型爆弾、対艦ミサイルなどを搭載できる。

 CNNによると、爆撃機のほか「並外れた数の中国軍機」が即応準備を整えているという。

 北朝鮮情勢をめぐっては、中国のインターネットで7日、「中国人民解放軍旧瀋陽軍区(現北部戦区)の部隊が、北朝鮮との国境、鴨緑江に進軍中」という情報が、映像つきで拡散した。中国政府当局が直後に削除したとされる。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170422/frn1704221700004-n1.htm



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492940603

【今日頭条】お茶の起源は中国なのに! なぜ茶道となると日本を連想するのか

1 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/04/23(日) 19:02:16.60 ID:CAP_USER.net
「道」という言葉には、人や車などが往来するために整備された所という意味のほかに、芸術・技芸などのそれぞれの分野、また、その精神真髄という意味がある。そのため剣道・柔道・空手道など「道」という言葉がつく武術では、実際の技術や身体の鍛錬よりも、精神面における修養をさらに重要なことと見る。

日本には武術以外にも道という言葉が付く芸術・技芸が存在するが、中国メディアの今日頭条が18日付で掲載した記事は、お茶そのものの起源は中国にあるにもかかわらず、「茶道」となると、なぜ世界の人びとは日本を思い浮かべるのかと疑問を投げかけている。

記事は「お茶を飲むこと自体はすでに重要なことではない」と指摘し、重要なのはお茶を飲む形式であると指摘。茶道においては、お茶の色、香り、味、水質、火加減、また、茶道具のほかに、お茶をたてる動作、姿勢、表情などすべてに厳格な規定があると説明した。

さらに茶室では腕時計をすることは禁じられているうえに時計も存在せず、また、金銭、性、ビジネスを話題にすることは許されておらず、その話題は自然や芸術に限られていると紹介した。

さらに客人には茶室に入る前に「茶庭」で心を浄めることが求められていると紹介、茶庭に存在する石の1つ1つ、木の1本1本は「和敬清寂(わけいせいじゃく)」の精神を客人に感じさせるものであり、これによって茶会の雰囲気を清浄に保つのだと指摘。

お茶そのものの起源は中国にあるにもかかわらず、「茶道」となると、世界の人びとが日本を連想するのは、「茶を飲む」という行為を体系的に発展させ、「道」の1つに昇華させたのが日本だからだと論じた。

和敬清寂の「和」は平和な関係、「敬」は互いに敬いあうこと、「清」は見た目も心も清い状態、「寂」は動じない精神を表すと説明しており、この4つの文字には茶道の心が表現されているとされる。

茶道が世界的に有名であるのは、茶道が体現するこうした精神が国境や民族の違いを超えて人びとの心を打つからなのかも知れない。

サーチナ(編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1634224?page=1



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492941736

【経済】中国車は本当に日本車から50年も遅れているの? 見えないところで遅れている!

1 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/04/23(日) 19:06:45.01 ID:CAP_USER.net
中国の自動車業界の急成長により、技術的に日本などの先進国に間もなく追いつくという声が出ている。一方で「まだ50年は遅れている」という意見もある。中国メディア・今日頭条は21日、「中国の国産車は本当に日本車より50年遅れているのか」とする記事を掲載した。

記事は「差があるかと言えば、間違いなくある」としたうえで、消費者の目に見える部分の差はあまり大きくない一方、目に見えない部分に大きな差が存在すると説明。自動車自体の差、部品供給メーカーの差、そして、企業管理の差の3点を挙げて解説している。

まず、自動車自体の差についてだ。エンジンは技術や設備、技術者のレベルといった様々な要素により、自動車全体のデザインと国産エンジンとの発展の足並みが揃っていない状況であると説明。

変速機では中国メーカーでの主力はなおもMTであるうえ、変速のフィーリングが今一つであるほか、自動変速機では技術の蓄積が不足しているために先進技術を追い求めるも質が伴わないことを伝えた。

また、サスペンションやボディの構造設計、材料においても日本メーカーとは大きな差があると論じた。

続いての部品供給メーカーについては、日本企業が世界で圧倒的なシェアを持っているという時点でその差が明白、というスタンスだ。

そして、企業管理に関しては、かつての国有企業が管理が雑、コネ重視で利益の有無が幹部の出世に影響しないという体質が蔓延していたことで技術の蓄積や品質の向上がないがしろとなっていたことを指摘。

現在の企業は体制改革に努めているが、日本企業との差はやはり明らかであると伝えている。

良い自動車を作るには技術が必要なのは当然だが、技術は然るべき環境がなければ育たない。中国の自動車生産が「50年遅れている」と言われる根本には、良い自動車を生産する技術を育む企業、社会の環境が整っていなかったことがあるのだ。

その環境を整えなければ、いくら先進技術を追い求めても消費者に信頼される自動車を作ることはできない。

サーチナ(編集担当:今関忠馬)
http://news.searchina.net/id/1634231?page=1



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492942005

【軍事】中国軍、北朝鮮を仮想敵として警戒=中朝国境に最新兵器配備―台湾メディア

1 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/04/23(日) 20:56:46.89 ID:CAP_USER.net
2017年4月21日、RFI中国語版サイトは、中国が北朝鮮を昨年から仮想敵としていると報じた。

台湾の通信社、中央通訊社は著名軍事評論家として知られる平可夫(ピン・コフ)氏のコメントを掲載した。同氏によると、中国軍は2016年から北朝鮮を仮想敵とみなしているという。北朝鮮の核ミサイルは中国の東北地方、河北地方を射程に収めており、中国に対しても脅威だ。

中国軍は北朝鮮に対する警戒、対空攻撃態勢を強化している。2016年には北朝鮮に近い吉林省延辺朝鮮族自治州延吉市にJ10戦闘機を配備した。また内モンゴル自治区呼倫貝爾市の基地にはH6爆撃機が配備された。最新鋭兵器によって北朝鮮に対する攻撃力を確保した格好だ。

Record china  配信日時:2017年4月23日(翻訳・編集/増田聡太郎)
http://www.recordchina.co.jp/b175991-s0-c20.html



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492948606

アルー!


はてブ数: はてなブックマーク数

相互募集中アルヨ( `ハ´)
ご要望も随時対応するアルー!
あくせすアルー!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRアルー!
QRコード
広告
記事検索アルー!
月別あーかいぶアルー!
最新記事アルー!
逆あくせすアルー!
管理用アルー!
  • ライブドアブログ