1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:07:21.43 ID:???.net
台湾の国家安全会議の元研究員である蘇紫雲が、4月14日付タイペイ・タイムズ掲載の論説で、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は中国の地政学的戦略、
特に、鉄道戦略を推進する手段であり、それに台湾が参加することには慎重であるべきである、と述べています。

 中国は、外交、経済、海外市場進出を含む、3つの柱からなる戦略目標の一部として、AIIBを設立しようとしている。AIIBは、中国の札束外交の強化に役立つ一方、中国のビジネスが世界に浸透する助けとなり得る。

 AIIBの加盟国には、鉄道、道路、発電所、水利施設を建設できるよう、融資されることになろうが、中国以外の国々は、中国の低コストのために、建設業の分野で中国と競争することの困難さに気づいている。
これが、日米等がAIIBに参加したがらない理由の一つである。台湾にとり、加盟により得られる利益はごく限られており、政府は軽々に資金を出す前に熟考すべきである。

 中国は、ありうべき海上封鎖を突破すべく「一帯一路」構想を打ち上げたものと判断される。これは、ランド・パワーがシー・パワーに対抗するとの考え方である。

 大陸間高速鉄道が、中国と欧州、インド亜大陸を結ぶ「ニューラル・ネットワーク」として新シルクロード経済ベルトに貢献し、インド洋における新たな港湾の確保は、中東からの原油の直送、東南アジアの市場や資源との結びつきに繋がる。
それにより、日米に対する中国の競争力が高まろう。

 経済的には、AIIBの主たる業務は鉄道建設になろう。高速鉄道を外交及び経済問題と結びつけようとする中国の努力は、既に実を結びつつある。トルコ初の高速鉄道が昨年7月に開業したが、その主たる事業者は国営の中国鉄道建築総公司(CRCC)である。

 中国の高速鉄道に関心はあるが莫大な建設資金を払う余裕のない国に対して、中国はこれまで、しばしば高速鉄道と資源の交換をしてきた。それは、今後60年以内に中国の天然鉱物資源の産出が枯渇しそうだからである。

 中国は、取引に融資を与えることでロシア初の高速鉄道建設を勝ち取り、「日中鉄道戦争」の第1ラウンドで勝利した。これは、AIIBのビジネスモデルとなろう。

 100年前、ドイツが初めて「鉄道戦略」を提案し、鉄道の機動性に頼って、東のロシア、西のフランスに対抗しようとした。1世紀後、中国は、鉄道戦略を、外交、経済、資源安全保障と統合し、この戦略を強化しようとしている。

 中国の「高速鉄道外交」がAIIBの中核に置かれ、AIIBは、鉄道網を他国に拡大する際の主たる資金源となろう。

 台湾は、限られた資金を、中国が支配する、機構と利益の不明確なAIIBに投ずるべきか、それとも、日米によるアジ開銀のような成熟した多国間開発メカニズムに投ずるべきか。答えは自明であろう、と指摘しています。

出典:蘇紫雲‘Rejecting the AIIB is a no-brainer’(Taipei Times, April 14, 2015)
http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archives/2015/04/14/2003615870/1

* * *

 AIIBの設立にあたって参加国メンバーにはどのような資格、条件が必要か、という点はいまだ極めて不透明です。台湾の場合はその典型的な例です。

 台湾の馬英九政権は3月の締切日の直前に、創始国メンバーとなる意図があることを中国側の準備委員会に内報し、それに対し、中国側は台湾を創始国メンバーとは認めず、いずれ「適当な名称」による参加を検討したいと回答したと公表されています。

 他のメンバー国は、複雑な台湾の参加資格などの問題に関わりたくないのでしょう。中国が独断で一方的に決めたことに対し、異論をさしはさむ様子はありません。
こうした状況は、今日のAIIBの設立に当たり、如何にその決定過程やメカニズムが曖昧かつ不透明であるかを如実に示すものとなりました。

 本論評は、AIIBの参加について、台湾が得られる利益は「出資額に比し、ごくごく限られている」として慎重であるべきである、と述べており、その通りなのですが、
今後の焦点は、参加の際の名称としてオリンピックやAPECで使用されているのと同一の名称を用いるかどうかの問題に移っていく可能性があります。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4977?page=1
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4977?page=2

(>>2以降に続く)


2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:07:47.50 ID:???.net
(>>1の続き)

 本論評は、中国がAIIBを設立する狙いを「鉄道拡張戦略」と結び付けています。しかし、中国の鉄道建設技術は、かつてメキシコ政府が中国の落札した鉄道建設を取り消したことが示すように、世界のレベルから見てそれほど高いものではありません。
それよりも、今回のAIIB設立は、中国にとっては、アジアおよび周辺地域における勢力拡張、さらには、急速に減速する中国経済の結果から生じる過剰生産力を中国企業に利用させることにあるのではないかと推測されます。

 今後、新たにAIIBという国際金融機関が設立されても、ADB(アジア開発銀行)から多額の融資を受けてきた中国自身がどのようにこの借金を返還・処理するか、設立後のAIIBの「格付け」が国際的に見て如何なるものとなるか、
などによって同銀行の運営能力はより具体的に試されることとなるでしょう。

 日本としては、米国と緊密に連絡を取りつつ、少なくとも当面、事態の進展を静観することが適当と思われます。

(おわり)



引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1432228041

4 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:09:21.55 ID:9m3Xx0vQ.net

せいぜい日本の地銀レベルの資本力なんだろ?
それが回収不可能な融資をガンガンやろうってんだから
先が知れてんな


6 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:12:52.34 ID:cIJ7Jgx+.net

馬の道化っぷりはすごかったな
嬉々としてAIIBに申請して自称拒否権を放棄した中国に断られる
AIIBの全てをあからさまにした馬鹿


42 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 09:44:14.80 ID:naMjivET.net

>>6
まあ中国のホンネを早々に露わにした貢献はしているw



7 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:12:56.64 ID:N/vT44a/.net

鉄道じゃ船の代わりは厳しいんじゃねえかなぁ
海洋国やシーレーンの沿岸国と仲良くした方が安上がりだろうに


9 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:16:27.90 ID:cIJ7Jgx+.net

>>7
タイに運河とかぶちあげてるじゃん



8 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:15:25.54 ID:fP2wyFuH.net

問題は、投資してもリターンは直ぐには入ってこないのよね。


12 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:17:04.74 ID:4c2uIPP7.net

大陸間高速鉄道って需要あるのかねえ?
遠距離ならば何だかんだ言って飛行機の方が速いしな
日本みたいに人口密度が高くて500キロ圏内で大都市を結ぶとかなら
有用性高いけど、ユーラシアなんかを高速鉄道で結ぶメリットが分からん


16 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:22:43.17 ID:9dCykmET.net

>>12
重量物の輸送や駅の設置で内陸の過疎地を有効活用できたりするし
鉄道の方が有利な点はたくさんある



13 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:18:20.74 ID:kQQm5T6h.net

AIIBに出資する国々は
自国の通貨で出資するの?
それともドルで出資?
それとも元で出資?


14 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:20:24.91 ID:zesotEfO.net

この前RICs銀行に名前変わったんだろ
鉄道持ち出す以上アジア関係ねーし


15 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:22:23.26 ID:cIJ7Jgx+.net

なんか知っらんけど、米による海上封鎖を異様に恐れてるのよね
そのときにEUとのルートを作りたい模様
米帝って米に利益さえもたらせばサウジみたいな圧政でも容認する国なんだけどねえ
米が海上封鎖レベルの本気で怒った時にEUがそれに逆らう前提ってのが中国の謎の欧州信仰が見れて面白い


21 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:39:02.76 ID:YRXr/lkr.net

馬が食いつかなかったっけ?
初期メンバーとしては拒否されてたけど


22 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 02:58:50.95 ID:+0oHCoU8.net

いくら中国製とはいえ採算取れる事業あんのか


23 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 03:02:28.13 ID:TXOYf4Os.net

線路引いて高速列車が走り埋設する
土木は2度おいしいな


24 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 03:02:31.43 ID:f9ewXkx9.net

第一次大戦の時の時のノリだよな

3B政策とか、アフリカ縦断なんとかとか


25 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 03:10:02.64 ID:7p7Z6plU.net

集金兵「私の事は嫌いでもAIIB57の事は嫌いにならないで下さい!」


26 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 03:10:46.29 ID:oc9E7+vE.net

人民元は国際通貨ではないから、他の通貨と自由に交換する事が出来ない
AIIBはドルで融資するのに、国際通貨を持たない中国がどうやって
この銀行を運営していくんだろうか?とても無理だろう


27 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 03:10:48.97 ID:x3WlPXUN.net

どうせ人の金
採算なんて度外視で他国のインフラ整備をし生命線を握るんですよ


31 名前:(,,゚д゚)さん 頭スカスカ@\(^o^)/:2015/05/22(金) 04:35:34.42 ID:u9y2DKGw.net

さっそく金盾強化に資金流用するつもりらしい


32 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 04:38:16.72 ID:/ulra3Lf.net

アハハ台湾は門前払い食わされたもんだから悔し紛れにいろいろへ理屈
ひねり出してるわけか。ご苦労なこった。
それにのってちまちまなんか言ってる日本人もお里が知れるね。


36 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 07:22:58.69 ID:JlgAwrsJ.net

共産党がシルクロードに立てこもって戦争継続をするための一帯一路なんだな


37 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 07:32:13.20 ID:L7qnyWMZ.net

鉄道目的だったのなら
急に笑顔で日本に近づいて来たのが理解できるわ
日本が参加しなければ鉄道技術を盗むことができないからね
流石に新幹線の件で日本は学習したよね?


38 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 07:49:50.79 ID:Kd0XTZqS.net

誰も乗らない赤字路線をバンバン作っても経済効果なんぞ殆ど無いぞ


40 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 09:40:48.99 ID:JmyeFzc2.net

馬英九は中共そのものですから、当然支援しますよ。

中国の権益を中央アジアやインドシナに広げるのが目的ですから、鉄道事業

としての採算なんて、無関係ですよ。

嘗ての南満州鉄道の再来ですよ。


41 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 09:43:14.03 ID:JmyeFzc2.net

僅かな投資で、鉄道沿線が支配下に入り、満州国の建国に至るのなら、十分に

採算が取れると思いますよ。

中国人民解放軍としては。


44 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 09:47:16.49 ID:jvNlVnB0.net

たしかシナ本土の鉄道の債務って偉いことになっていたはずなんだけど?もしかして懲りないでまたやるの?

45 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 09:48:35.42 ID:JmyeFzc2.net

欧州諸国にも新満州国の権益を分けてやるから、資金を出しなさいと言うこと

ですよね。


46 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 09:51:18.88 ID:eqiSSLDC.net

在庫セール

日本も在コセールしたい


48 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 09:58:14.79 ID:JmyeFzc2.net

お前の国は俺の国。俺の国は俺の国。

ジャイアンの論理が、中国共産党と人民解放軍の本質です。

チベットとウイグル(東トルキスタン共和国)は、この方法でモノにしました。

満州国建国と同じ方法で。


51 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 10:04:10.16 ID:JmyeFzc2.net

日本陸軍も、満州国を建国した辺りから、中国の軍閥の論理、大陸の陸軍の論理に

毒されてしまいましたから。

人民解放軍は、今もなおその論理の中で生きています。

人民解放軍は、国民国家の法制度に基づく国民の軍隊ではありません。

今もなお中国共産党という名の、巨大な軍閥の軍隊ですよ。


52 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 10:07:40.11 ID:JmyeFzc2.net

日本陸軍が、二次大戦まで、児玉源太郎や大山巌の指揮下にあったら

あんな事にはなっていなかった。

少なくとも、ロコウキョウ事件なんて。


53 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 10:12:23.36 ID:JmyeFzc2.net

戦前の日本も、いつの間にか日本陸軍という名の大陸軍閥の支配下に置かれて

しまっていましたから。

海洋国家としての日本が、大陸軍閥化した日本陸軍の統帥権下に置かれてしまって

いましたから。


54 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 10:18:16.65 ID:jvNlVnB0.net

>>53
それというのもチョン半島に入れ込んで東北が疲弊しつくし、そこの兵隊さんが思い悩んだ挙句なんですけどねww



56 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 10:28:35.78 ID:JmyeFzc2.net

AIIBから引き出した資金で、大いに採算の合わない鉄道建設を

推し進めて、資金が枯渇したところで解散に持ち込み、出木田赤字経営の鉄道会社を中国

国有企業が買収し、実質人民解放軍関連企業として運営して支配下に置く予定です。

AIIB?えっ、そんなの有りましたっけ。

今は中国の企業が、しっかり運営していますからって。


57 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 10:33:39.09 ID:JmyeFzc2.net

中国としては、「えっ、それ当然でしょう。」っていう感覚だと思いますよ。

「何か問題でも???」って。


58 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 10:37:07.61 ID:JmyeFzc2.net

当然中国の資産となった鉄道会社の資産を守るために、人民解放軍が出動することもありますよ。

そんなの当然のことでしょう。

アメリカだって、やっていることだから。


59 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/05/22(金) 10:40:26.02 ID:JmyeFzc2.net

欧州諸国って、中国が手のひらを返したとき、米国との同盟の力もなく、

自分たちの力だけで、中国に契約を履行させる力があると、思って

いるんですかね。

英国人って、未だに自分たちを米国から自立した大英帝国だと

思い違いしていませんか。