2007年10月15日

亀田大毅追放か?親子で反省もJBCは許さない!

亀田家に厳罰!? 「亀田3兄弟」の二男・大毅(18)=協栄=がボクサーライセンスを停止される可能性が12日、急浮上した。⇒ranking

大毅は前日、WBC世界フライ級王者・内藤大助(33)=宮田=に挑み、大差の判定負けを喫したが、レスリング行為などの反則行為を繰り返した。これを問題視した日本ボクシングコミッション(JBC)は15日に倫理委員会を開き、厳しい処分を決める。⇒ranking

 自ら犯した乱行が、自身の首を締める。自業自得。聖域のリングを汚した大毅に、衝撃の厳罰が下される可能性が出てきた。⇒ranking

 内藤に完敗し、一言も発しないまま会場(有明コロシアム)から引き揚げた大毅はこの日、都内の自宅に引きこもり、所属する協栄ジムを通じてコメントを出した。

 「今回は完敗やった。それは素直に認める。これからは精神面を鍛えて、また世界の舞台に立ちたい」⇒ranking

 再起の意向を示したが、ことはすんなり運びそうにない。⇒ranking

 JBCはこの日、倫理委員会を15日に開催して処分を検討することを決め、安河内剛事務局長は大毅や父・史郎トレーナー(42)らにファイトマネーの没収、ライセンス停止などの重い処分を科す可能性を示唆した。⇒ranking

 大毅は前日、初の世界挑戦で、12回に内藤を抱え上げて投げ飛ばす行為を2度はたらき、異例の3点減点をされたほか、レフェリーの死角に入ると反則を繰り返した。判明しているだけでも(1)ローブロー(2)ホールド(3)頭突き行為(4)レスリング行為(5)サミング(6)スリップダウン後の加撃−を犯している。

 倫理委員会では大毅の反則行為などについて、5人の委員がビデオで検証し、明確に故意であると認定した場合には、大毅らからの事情聴取は行わず、即刻処分を下す方針だ。

 過去、1年以上のライセンス停止処分を受けたボクサーは、いずれも刑事処分を受けた者ばかり。試合中の反則で、ライセンス停止の処分を受けることになれば、きわめて異例のケース。安河内事務局長は「3点の減点なんて記憶にない。(相手を持ち上げて投げた)反則がボクサー生命にかかわる影響があったかを一番問題視する。重大な処分が出る可能性がある」とした。⇒ranking

 大毅だけではない。協栄ジム・金平桂一郎会長(42)、史郎トレーナーも大毅の反則を止めなかった監督責任を問われ、厳重処分を受ける可能性が高い。

 とくに史郎トレーナーはこれまで、ファンとの乱闘を扇動したり、レフェリーへの抗議などで「厳重戒告」を受けており、3度目の処分となれば、セコンド・ライセンス停止は確実となる。同トレーナーは協栄ジムを通じて「反則行為は故意ではない。セコンドについたトレーナーとして大毅の反則行為を止められなかったことは反省している」とコメントした。⇒ranking

 さらに、セコンドに入って試合途中に「ひじでいいから目に入れろ」と大毅に反則行為を促したとされる長男・興毅(20)=協栄=にも処分が及ぶ見込みだ。興毅はこの日、「亀田家のボクシング用語」と反論したが、テレビ中継で流された音声が“証拠”として残っており、苦しい弁明となった。⇒ranking

 史郎トレーナー、興毅は反省の気持ちを表したが、肝心の大毅は反則について口をつぐんだまま。波紋も広がりそうだ。⇒ranking

大毅追放か!?親子で“反省”もJBCは許さない!(Yahoo!スポーツ総合ニュース)


ブログパーツ

My Yahoo!に追加
↑My Yahoo!に追加できます↑

■ニュースを毎日記録するのTOPページ■

news_news23 at 18:25│Com(0)TB(0)clip!スポーツ ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
■ニュースを毎日記録するCategories■
ニュースページを表示 スポーツ ニュースを表示 芸能ネタ ニュースページを表示 エンタメ ニュースページを表示 自動車 ニュースページを表示 競馬ニュースページを表示 呉服たけうち自己破産ページを表示 YouTube 動画ページを表示 Rankingページを表示

ニュースを毎日記録するTOPへ戻る


Profile
ニュースを毎日記録する広告
Web検索
Google
お目当てのニュースは見つかりましたか?世界最大の検索サイトGoogleでさらに検索できます。

My Yahoo!に追加
↑My Yahoo!に追加できます↑
Add to Google
CM
AdSense