すぐ教えたいニュースがあるの❣

忙しい貴方に見逃しニュース発信します。


    骨だけで発見!野生の子熊をペットとして飼っていた結果www 


    ギャーwwwwwwwww!

    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ロシアの男性が野生の子熊を飼い始める
    ・男性と連絡が取れなくなる
    ・警察が捜索すると骨だけになっていた

    セイルゲイとクマ

    野生の子熊を家につれて帰り育てていたロシア人男性がとんでもないことになっていた。

    ロシアのチェリャビンスク州オジョルスクで狩りをしていたセルゲイ(41)さん家の前で骨だけになって発見された。

    セルゲイは、4年前に森の中で野生の子熊一匹を捕まえ、その子熊を犬と一緒に飼い始めた。セルゲイはクマに「メンブラー」という名前を付けてペットのように育てた。

    しかし、子熊はどんどん成長し野性味を見せ、たまに主人であるセルゲイさんを攻撃するようになった。これに対して周辺の人々は「熊を避難所に送れ」と勧めたがセルゲイさんは忠告を無視した。

    ある日セルゲイさんは、家族の電話にも出ず、近所の人も全く目撃しないようになった。行方不明の通報を受けた警察は、セルゲイさんの家に行くとクマの檻の近くに刻まれた血痕と骨だけが残っている遺体を発見した。

    一緒に飼っていた犬の2匹も骨だけが残った状態であり、クマは檻から脱出した痕跡が残っていた。
    警察セルゲイさんと犬がクマに捕まり捕食されたと見て、血痕の跡をたどって一帯を捜索してクマを見つけた。警察は現場で銃で熊を射殺した。

    警察は「檻は開いていて、クマが逃げた経路にも男性の物と思われる血と骨を発見した。発見したクマは攻撃しようとした」と説明した。また「住民の安全のためにクマを射殺した。これ以上の住民に脅威にならない」と述べた。

    一度人間の味を知ってしまったクマはその味を求めて人を襲ってしまうために即射殺しないといけないという。

    しかもセルゲイさんが飼っていたクマはヒグマでクマの中でも最も巨大で凶暴なクマ。北欧やロシアなどに多く生息する。

    セイルゲイとクマ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【骨だけで発見!野生の子熊をペットとして飼っていた結果www 】の続きを読む



    (出典 www.sora-ten.com)



    1 れいおφ ★ :2019/01/16(水) 17:35:02.63 ID:B/xI988d9.net

    歌舞伎俳優の市川海老蔵が15日にブログを更新。
    歌舞伎俳優の中村獅童とその息子の陽喜(はるき)くんとの2ショットを公開した。

    現在、海老蔵が出演中の新橋演舞場1月公演『初春歌舞伎公演』に獅童も出演している。
    海老蔵と獅童はプライベートでも家族ぐるみで交流している様子が公開されており、
    昨年6月30日に更新したブログでは、息子を抱っこする獅童に「顔が同じ過ぎて感動してます笑」とコメントしていた。

    この日海老蔵は「どっちが中村獅童さんでしょうか?」というタイトルでブログを更新、
    陽喜くんを抱っこする獅童の写真を公開し、
    「どっちだろ?笑笑。」とそのそっくりさを茶目っ気たっぷりに紹介した。

    これに対してファンからは「そ、そ、そっくりー!!笑笑笑」「ありゃ!?ホントどちらでしょ??笑」
    「本当に瓜二つとは…この事でしょうね~(笑)」「獅童さんも お元気そうで安心です。。。」
    「二人とも可愛いです」などのコメントが寄せられている。

    https://news.ameba.jp/entry/20190115-802/

    画像

    (出典 stat.ameba.jp)


    【【芸能】中村獅童と「本当に瓜二つ・・・?」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/01/18(金) 13:48:52.47

    ◆ 英議会内でライダイハン問題集会 ノーベル平和賞のムラド氏も訴え

    ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士による現地女性への性的暴行などで生まれた「ライダイハン」と呼ばれる混血児の問題を追及する英民間団体「ライダイハンのための正義」は16日、英議会内で集会を開いた。

    イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の性暴力を告発してノーベル平和賞を受賞したクルド民族少数派ヤジド教徒、ナディア・ムラド氏(25)は「性暴力に対して団結し、正義の実現まで行動を」と訴え、 韓国の戦争性犯罪である同問題への連携した取り組みを訴えた。

    「ライダイハン」の男性、トラン・ダイ・ナットさんは「学校で『犬の子』といじめられ続け、就職もできなかった。韓国政府は謝罪はもちろん母を*したことも一切認めない」と憤り、「慰安婦問題で日本を攻撃する韓国政府は、韓国人がベトナム人女性に行った行為(性暴力)に頬被りするのは許せない。日本政府に助けていただきたい」と述べた。

    ナットさんの母親で、77歳になるトラン・ティ・ンガイさんは、「24歳から3人の韓国兵士に3度も性的暴行を受けた。ライダイハンは現在も苦しみ続けている。韓国政府はベトナムの女性にしたこと全てに謝罪すべきだ」と涙ながらに語った。

    (写真)ライダイハン像を持つストロー元英外相(中央)と、ノーベル平和賞受賞者、ナディア・ムラド氏(右)

    (出典 special.sankei.com)


    産経新聞 2019.1.17
    https://special.sankei.com/f/international/article/20190117/0001.html


    【【国際】ライダイハンの男性「慰安婦問題で日本を攻撃する韓国政府は、韓国人がベトナムで行った性暴力に頬被りするな」】の続きを読む

    このページのトップヘ