タカラトミーグループ株式会社タカラトミーアーツ(代表取締役社長:宇佐美 博之/所在地:東京都葛飾区)は、カルビー株式会社(代表取締役社長:伊藤 秀二/所在地:東京都千代田区)とコラボレーションし、同社から発売されている「ポテトチップス」を手を汚さずに食べることができる専用デバイス『スマートポテトチップス』<希望小売価格1,280円/税抜>を2019年6月29日(土)から発売いたします。

ポテトチップス専用デバイス『スマートポテトチップス』

ポテトチップスを食べられるタッチペン
 『スマートポテトチップス』は、2010年に発売されたポテトチップス専用マジックハンドポテチの手』を現代風にリニューアルした商品です。『ポテチの手』は手を汚さずにポテトチップスを食べられると人気を集め、当時累計30万個以上を販売する大ヒット商品となりました。

 今回のリニューアルにあたっては、スマートフォンの普及にともなって画面を汚さないよう箸でスナック菓子を食べる人が増えているという背景をもとに、ポテトチップスをつまめるマジックハンドに、スマートフォンタッチペンの機能を新たに追加し、“ポテトチップスを食べられるタッチペン”をコンセプトに開発しました。ボタンを押して本体の指を動かしポテトチップスをつまんで食べます。食べたあとは本体を逆さにして左右にある金属プレート部をにぎると、底面に付いているタッチペン部分でそのままスマートフォンを操作することができます。

タッチペン部分でそのままスマートフォンを操作

 さらに、カルビーとのコラボレーションにより、同社から発売されている「ポテトチップス」のデザインを本体に取り入れ、人気のフレーバー4種の商品パッケージイメージしたカラーリングを施し商品ロゴをあしらいました。

『スマートポテトチップス』には、タッチペン機能に加えて、ポテトチップスを快適に食べるための3つの機構が搭載されています。

1)対象物破損防止クラッチ機構
体のボタンを押すと、指の部分が閉じてポテトチップスをつまむことができます。その際にポテトチップスを割れにくくするため、本体にクラッチ機構を内蔵しています。

1)対象物破損防止クラッチ機構

2)疑似指先クリーニング機構
本体のボタンを押しながら前にスライドすると、指が左右に動き、指先に付いた粉を落とすしぐさをします。

2)疑似指先クリーニング機構

3)指先机上非接触機構
本体の指先が机や床などに直接付かないように、手首にあたる部分にスタンドが設けられています。これにより衛生的に使用することができます。

3)指先机上非接触機構

 スマートフォンタブレットを見ながら、読書やゲームをしながら…、生活の様々なシーンで手の汚れを気にせず気軽にポテトチップスが食べられる新デバイス。『スマートポテトチップス』が、現代人のモバイルライフをスマートにサポートします。

≪製品概要≫

コンソメパンチVer.
のりしおVer.
ピザポテトVer.

配信元企業:株式会社タカラトミーアーツ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.photolibrary.jp)


そこまでして食べたいのぉwwwwww

<このニュースへのネットの反応>

すげー!!! ほしい


結論「箸で良い」


割り箸の方がよくね?


これ塩が画面上に落ちるんじゃ?


で良いというか、勝てないな。まず太すぎる。挟みにくい。はさむ部分が固定だから1枚ずつとかは無理くさい。洗うのも面倒。よくある見た目面白いけど1回使ったらゴミ箱ってアイテムかと


で、持ち替えるの忘れて画面タッチして油つけちゃうんでしょ?