すぐ教えたいニュースがあるの❣

忙しい貴方に見逃しニュース発信します。

    2019年03月


    【パワハラ?】「バイキング」芸人大量卒業の訳・・・?

    確かに見ててハラハラしてた~~~!

    NO.7365158 2019/03/31 15:19
    「バイキング」芸人に厳しい 大量卒業の一方、好評価な芸人とは
    「バイキング」芸人に厳しい 大量卒業の一方、好評価な芸人とは
    フジテレビ系ワイドショー『バイキング』から、人気者が次々と姿を消している。

    月曜日のIKKO、火曜日のサンドウィッチマンとYOUが、この3月をもって曜日レギュラーを卒業したのだ。

    「以前はゲストとレギュラー合わせて、コンスタントに5〜6人のコメンテーターが出演していた『バイキング』ですが、最近は4人くらいになることも多く、スタジオがちょっと寂しく感じる日もありますね」(テレビ誌記者)

    坂上忍の歯に衣着せぬ意見が持ち味の『バイキング』だが、レギュラーコメンテーターにとっては少々難しい点もあるようだ。

    「普通のワイドショーなら、比較的素直にコメントをしていれば問題ないのですが、『バイキング』の場合は、坂上さんから無茶振りをされることも多い。特に芸人さんに対しては、デリケートな事件なんかへのボケを求められることも珍しくない。そこでうまく返せればいいのだけど、仮にスベってしまったら、不謹慎な発言にもなりかねない。正直言って、芸人にとっては相当シビアな番組です。生放送だから、そのまま電波に乗ってしまうし、サンドウィッチマンなんかは卒業でホッとしている部分もあるのではないでしょうか」(制作会社関係者)

    高度なボケを必要とするうえに、炎上する可能性も高いということで、芸人にとってはリスクが高い『バイキング』。

    だからこそ、過去にも何人もの芸人たちがレギュラーを卒業しているという。

    「たとえば、雨上がり決死隊や小籔千豊さん、ケンドーコバヤシさん、友近さんなどは、芸人への負担が大きい番組の方向性と折り合いがつかなかったがゆえに卒業となったといわれています。坂上さんとの関係性がどうということよりも、生放送でこのスタイルの番組に出演するということに対する考え方の違いがあったのではないでしょうか」(同)

    そんななか、坂上からの無茶振りにもしっかりボケで返しているのが、おぎやはぎ・小木博明、フットボールアワー・岩尾望、ブラックマヨネーズ・吉田敬の3人だ。

    ある構成作家は、こう評する。

    「小木さんは飄々とした感じで、本音をズバッと言うタイプ。岩尾さんは、例え話なんかを交えつつ、ボケっぽい感じで正論を言うタイプ。そして、吉田さんは多少不謹慎になりながらも、自分の本能的な意見を言うタイプ。三者三様だけど、それぞれちゃんと笑いにつなげるコメントをしています。決して目立つものではありませんが、3人とも芸人としての高いスキルを確実に見せていて、本当に脱帽です」

    厳しい現場『バイキング』で、しっかりと仕事をこなす芸人たちは、もっと高く評価されるべきなのかもしれない。
    【日時】2019年03月31日 12:00
    【提供】日刊サイゾー


    【【パワハラ?】「バイキング」芸人大量卒業の訳・・・?】の続きを読む


    【えっ】今日(3月31日)が平成最後の日・・・?


    え? きょうが「平成最後の日」? 勘違いする人続出、Twitterトレンド1位に(岡田有花) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
    3月31日朝、「平成最後の日」がTwitterのトレンドトップになっている。実際は、平成最後の日では「ない」が、勘違いしている人が多いようだ。
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 www.omichiseikei.com)


    元号発表になるから勘違いしたwwwwww

    【【えっ】今日(3月31日)が平成最後の日・・・?】の続きを読む


    太田 (おおた ひかり、1965年5月13日 - )は、お笑いタレント、漫才師、作詞家、文筆家。 田中裕二との漫才コンビ爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。タイタン所属。 1965年5月13日、埼玉県上福岡市に生まれる。父親の三郎は建築士で、書道も嗜んでおり文
    57キロバイト (7,815 語) - 2019年3月20日 (水) 09:26



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    かなりヤバそうだ~~~!

    1 王子 ★ :2019/03/31(日) 10:17:09.07 ID:20/rbJmR9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000319-oric-ent
    3/31(日) 10:14配信

     お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が31日、レギュラー出演するTBS系『サンデー・ジャポン』(前9:54)生放送を欠席した。きのう30日放送のフジテレビ系『ENGEI グランドスラム』放送中に転倒し側頭部を打ったことを相方の田中裕二が報告。検査の結果、大事には至っていないが、大事をとってこの日の放送をお休みしたという。


    【【画像あり】太田光 『ENGEI』放送中に転倒wwwwww】の続きを読む


    千葉 真一(ちば しんいち、JJ Sonny Chiba , 1939年1月22日 - )は、日本の俳優・体操選手・空手家・歌手・芸能プロモーター・アクション監督・映画監督・映画プロデューサー・作詞家・作曲家・ナレーター・声優。 日本を代表する映画スターとして海外ではSonny Chiba (サニー
    207キロバイト (22,744 語) - 2019年2月8日 (金) 16:51



    (出典 portal.st-img.jp)


    この時代の人達は本当にスター性が満載でした!

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/03/31(日) 07:42:01.61 ID:5IFVOQo29.net

    2019年03月31日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/31/kiji/20190330s00041000624000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    92年、映画「いつかギラギラする日」試写会での(左から)奥山和由プロヂューサー、多岐川裕美、荻野目慶子、木村一八、萩原健一さん、深作欣二監督

     萩原健一さんが主演した1992年の映画「いつかギラギラする日」(監督深作欣二)で共演した千葉真一(80)は「随分若いよね。まだまだやれる人だった。仲間がどんどんいなくなっちゃうなあ」と寂しげに語った。

     「傷だらけの天使」の1、3話を演出した深作監督に請われて参加した萩原さんと、同監督と盟友だった千葉の初共演作。2人は現金強奪グループの仲間という関係性で北海道でカーチェイスなど大規模なロケが行われ「彼も燃えていて撮影は盛り上がった。個性の強い男で常に地で演じているような独特の雰囲気を持っていた」と振り返った。

     その個性が暴走することもあり「勝手なところもあって“このクソガキ”と思うこともあったけれど、すっと謝られると許しちゃうんだよ。そこが面白く魅力的だった」と苦笑。監督を交え3人で酒を酌み交わした際には「深作さんも“おまえやりすぎだぞ。もうちょっと抑えてやれ”とよく言っていましたよ」と懐かしそうに話した。「役を膨らませるというより“ショーケンだったら、この役”と合わせて使う監督が多かった気がしますね。面白いキャラクターでしたよ」としのんだ。

     ≪鬼気迫る雰囲気忘れない≫▼荻野目慶子(女優、「いつかギラギラする日」で共演)あの鬼気迫る雰囲気は忘れられません。映画のエンドロールで流れた、萩原さんが歌う「ラストダンスは私に」の歌も大好きでした。おしゃれで唯一無二の魅力を常に放っていらして…心より御冥福をお祈りいたします。

     ▽「いつかギラギラする日」 北海道を舞台に、現金輸送車を狙ったギャングたちと、その仲間割れや警察からの逃走を描く。銃撃戦やカーチェイス、破格の分量の火薬を使った爆破シーンなどド派手なアクションを盛り込んだ。当初予定していた3倍にあたる11億円の製作費がかかったといわれる。萩原さん、千葉、荻野目のほか、木村一八(49)らが出演した。


    (出典 pbs.twimg.com)


    【千葉真一 「萩原健一」の暴走に“このクソガキwwwwww”】の続きを読む


    西内 まりや(にしうち まりや、1993年12月24日 - )は、日本のファッションモデル、歌手(シンガーソングライター)、タレント、女優。福岡県福岡市中央区出身。 デビュー以来ライジングプロダクションに所属していたが、2018年3月31日付で退所し、以降はフリーで活動している。
    44キロバイト (4,974 語) - 2019年3月14日 (木) 04:03



    (出典 i.ytimg.com)


    ビンタはまずかったわ!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/31(日) 09:13:52.44 ID:EPcjao+e9.net

    モデル、歌手、女優として人気者だった西内まりやが「引退」の危機にあるようだ。彼女は一昨年、仕事上のトラブルから所属事務所A社内で社長の顔をビンタし、逃走。
    昨年3月には西内側が一方的にA社との契約満了を発表していた。

    「どんな契約かは分かりませんが、いくら自分で契約が終わったと言い張っても、芸能界はそんな甘いものではないでしょう。
    トラブルを起こして出ていったというだけで、待っているのはいばらの道。実際、彼女は画面から消えたままです」(芸能ライター)

    西内は昨年7月に活動再開を発表。洋酒ブランドのアンバサダー就任などイベントも行っていたが、最近ではパタッと“仕事”が聞こえなくなった。

    「今年2月、自身のツイッターでオフィシャルブログを開設したことを報告したのですが、そのブログを見ると仕事の予定はなし。
    しかもツイッター自体も、その報告以後は更新せず、止まったまま。いまSNSで動いているのはインスタグラムだけです」(同・ライター)

    このままキャリア消滅か…
    小規模ながらこなしていたイベントの類いは自費だったことも多かったらしく、「撮影費が厳しい」と周囲に漏らしていたという。

    「彼女には実姉でモデルの西内ひろがいるのですが、姉は個人事務所で活動。大手プロと提携しているのです。
    ですから、西内のイベント活動などを助けていたのですが、ひろ自身が妹に肩入れし過ぎると提携を切られてしまう。
    業界内の圧力もあって、西内に徐々に手を貸せなくなってきたのです」(芸能プロ関係者)

    当然ながら西内の所属事務所だったA社の影響力も否定できないところだろう。

    「最近の西内はインスタで日々の報告しているのですが、それが『韓国行ってきました』とか『今日もとある撮影をしてました』など、私的なのか仕事なのかハッキリしないんですよ。
    ファッション通販サイトがスポンサーで付いているようですが、どうも明確に宣伝もできないようです。そんな宣伝もままならないほど芸能界の圧力があるなら、スポンサーが手を引くのも時間の問題。このまま引退でしょう」(同・関係者)

    モデルとして『二コラ』や『Seventeen』で活躍、歌手として日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞、女優としてフジテレビ“月9”ドラマの主演も果たした西内。まだ25歳と若いだけに、このまま“自滅”はあまりにも惜しい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1753297/
    2019.03.31 07:31 まいじつ


    【【悲報】西内まりや 仕事ちょうだい~~~!】の続きを読む

    このページのトップヘ