すぐ教えたいニュースがあるの❣

忙しい貴方に見逃しニュース発信します。

    カテゴリ: ドラマ


    【あなたの番です】予想のななめ上展開を徹底検証!


    第1章推理反省会「あなたの番です」田中圭は本当に回復したのか? 原田知世は本当に? 予想のななめ上展開を徹底検証 - ねとらぼ
    日曜ドラマ「あなたの番です」は、6月16日放映の10話で第1章終了、来週30日から第2章「反撃編」へ)、今夜は特別編(よる11時から)。“菜奈と翔太の出会いからプロポーズ ...
    (出典:ねとらぼ)


    原田 知世(はらだ ともよ、1967年11月28日 - )は、日本の女優、歌手。長崎県長崎市出身。ショーン・ハラダ所属。原田貴和子は実姉。バンド・pupaではボーカルを担当。 出身地の長崎にて、2歳の頃より姉の貴和子とともに鳳洋子に師事してバレエを習う。 1982年、中学3年生の時に「角川映画大型新
    47キロバイト (5,234 語) - 2019年4月18日 (木) 16:16



    (出典 i.ytimg.com)


    怖すぎるwwwwww

    【【あなたの番です】予想のななめ上展開を徹底検証!】の続きを読む


    鈴木 杏樹(すずき あんじゅ、1969年9月23日 ‐ )は、日本の女優、司会者。本名、山形 香公子(やまがた かくこ)。 大阪府箕面市出身、兵庫県神戸市育ち。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。身長161cm、血液型はAB型。 マリスト国際学校高等部中退、東京都立上野高等学校卒業。
    20キロバイト (2,425 語) - 2019年3月21日 (木) 20:26



    (出典 www.officiallyjd.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/21(木) 09:23:44.63 ID:q0LahFRv9.net



    テレビ朝日の人気シリーズ『相棒』で、小料理屋「花の里」の2代目女将月本幸子を演じる鈴木杏樹(49)が、20日で最終回を迎えたシーズン17を最後に『相棒』から卒業する。

    鈴木が初めて『相棒』に登場したのは、2006年のシーズン4で放送された「ついていない女」が初めて。
    その後、シーズン6の「ついている女」「狙われた女」にゲスト出演し、シーズン10の「つきすぎている女」から、
    水谷豊(66)演じる右京が通う小料理屋の2代目女将(初代は高樹沙耶)としてレギュラー出演するようになった。以来、事件解決後の右京を癒す存在として、13年間にわたり出演し続けていた。

    「『相棒』は、もともと水谷豊と寺脇康文(57)のコンビで始まったのですが、寺脇はシーズン7の9話で降板。
    その後、水谷の相棒は、及川光博(49)、成宮寛貴(36)、反町隆史(45)とコロコロ変わっています。

    彼らの降板理由のほとんどは、番組のすべてを仕切る水谷についていけなくなったからという説がもっぱらです。
    今回の鈴木の降板も、同じ理由なのではないかとささやかれていますね」(芸能記者)

    水谷は、今や『相棒』の絶対君主的な存在。ドラマ制作会社関係者はこう話す。

    「演出や他人の演技にも口を出すだけでなく、場合によっては台本そのものを変えてしまう。監督もプロデューサーも水谷には逆らえないので、現場は戦々恐々としているようです」

    そんな中、鈴木は水谷に非常に気に入られており、水谷は「シリーズが存続する限り今の役を続けてほしい」と望んでいたといわれるのだ。

    「2015年3月に女性セブン(小学館)が報じていましたが、それまで“寒さを出すのもリアリティ”と共演者に語っていた水谷が、
    鈴木に対しては“風邪をひくといけないから出番まではストーブの近くにいなさい”と声をかけていたことがあったそうですよ。
    家族ぐるみのつきあいだそうですが、鈴木が大のお気に入りだったのは確かでしょう。
    水谷が鈴木を構いすぎて、それが彼女には重かったのかもしれませんね。それに耐えきれなくなったための降板、といわれていますね」(前出の芸能記者)

    鈴木が『相棒』降板とほぼ同時に、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ)金曜メインパーソナリティを卒業することから、
    一部では「重病説」も出ていたようだが、4月から始まる広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』への出演が発表され、ファンはひと安心している。

    「『相棒』で鈴木が演じていた女将は、過去に何度も事件に巻き込まれる“ついていない女”でした。
    もしかしたら鈴木は、そんな “ついていない女”というイメージを払拭したかったのかも。
    朝ドラで心機一転、新しい鈴木杏樹が見られるなら、それはそれで喜ばしいことかもしれませんね」(前同)

    鈴木が去った『相棒』だが、次のシリーズではまた新しい「癒しの女将」は登場するのだろうか。
    今度は逃げられないように気をつけて!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1740349/
    2019.03.21 07:30 日刊大衆





    (出典 post.tv-asahi.co.jp)


    【鈴木杏樹が逃げ出した!? 水谷豊『相棒』からwwwwww】の続きを読む



    (出典 www.tv-asahi.co.jp)



    1 湛然 ★ :2019/02/13(水) 05:38:31.49 ID:IrgLqdgg9.net

    2019-02-13 05:14 オリコン
    沢尻エリカ、『白い巨塔』岡田准一の愛人役 印象は「思っていたよりチャーミング」

     女優の沢尻エリカが、テレビ朝日の開局60周年を記念し、5夜連続で放送予定のスペシャルドラマ『白い巨塔』に、主演の岡田准一演じる主人公・財前五郎の愛人・花森ケイ子役で出演することが発表された。

     原作は、1965、69年に新潮社より刊行された、作家・山崎豊子氏の同名長編小説。大阪の大学病院を舞台にした同作は、医療ドラマの枠を超えて人間の本性に迫り、山崎豊子作品の中でも“最高傑作”と言われている。

     財前の愛人でバー「ラディゲ」でホステスをしているケイ子。自立したひとりの女性として、大きな包容力をもって財前を支える彼女は、財前が心を許せる唯一の存在。医者を志していたケイ子は関西女子医大に入学するものの、医学界の封建制と矛盾だらけの人間関係に辟易(へきえき)とし、大学を中退。その豊富な知識と美貌、そしてホステスとして得た幅広いネットワークを駆使し、教授選を戦う財前を陰ながらバックアップしていく。

     正妻でもなく、同僚でもない、まして患者と医師という関係でもないケイ子は、財前のことを唯一“五郎ちゃん”と呼ぶ人物。呼称ひとつにも“愛人”という立場における強い信念がうかがわせる。そんなケイ子という役について沢尻は「世の中的には批判される立場にあるかもしれないですが…」と前置きをした上で、「ある意味、自分に正直に生きている人」と分析。

     役の設定上、岡田との共演シーンが圧倒的に多いようで、「撮影現場はすごく良い雰囲気です。今回共演してみて、思っていたよりもとてもチャーミングで面白い方なんだなと再発見しました。シリアスな方なのかな、という印象があったんですけど、ギャグを話されることもあり、『そういうことも言われるんだ!』という驚きも多いです(笑)」と印象を話していた。

     さらに『白い巨塔』という作品は「大人たちの黒い部分が渦巻く世界観がすごく印象的」と話し、「作品のいちファンとしても、この作品が今回どんな新たな形になって放送されるのか楽しみです」と、期待を寄せている。


    テレビ朝日『白い巨塔』主演の岡田准一演じる財前の愛人・ケイ子役は沢尻エリカ(C)テレビ朝日

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    https://www.oricon.co.jp/news/2129432/full/


    【【ドラマ】沢尻エリカ『白い巨塔』岡田准一の愛人役がチャーミング!】の続きを読む

    このページのトップヘ