すぐ教えたいニュースがあるの❣

忙しい貴方に見逃しニュース発信します。

    カテゴリ: いろいろランキング



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 フォーエバー ★ :2019/02/16(土) 13:24:23.80 ID:V26N0uKz9.net

    格差という言葉はたった2文字の中に非常に深い意味を持ちます。
    比較による優劣、コンプレックス等々。
    それは彼ら自身が1番感じているのかもしれませんよね。

    そこで今回は格差がありそうだと思う二人組のアーティストとは誰か、ランキングにしてご紹介いたします。

    ■質問内容

    格差がありそうな二人組アーティストはどれですか。3つ以内でお選びください。

    ■調査結果

    1位:CHAGE&ASKA 23.0%

    2位:テゴマス 13.0%

    3位:ポルノグラフィティ 11.0%

    3位:ゆず 11.0%

    4位:KinKi Kids 11.0%

    4位:Every Little Thing 11.0%

    7位:B’z 8.0%

    8位:DREAMS COME TRUE 7.0%

    8位:東方神起 7.0%

    10位:コブクロ 6.0%

    10位:WaT 6.0%    

    ●これはどう捉える?!第1位は、、

    第1位はCHAGE&ASKAさんとなりました。

    「SAY YES」「YAH YAH YAH」等、数々のヒット曲を連発した彼ら。
    抜群の歌唱力と、バラードからポップな曲まで幅広い表現力のある彼らは一躍人気者となりましたよね。

    そんな彼らの格差。
    それはASKAさんの方が華やかな印象が強く、見た目に惚れ込む人が多かったことが理由でしょうか。
    また、どちらも作詞・作曲をするものの、これまで世に認められた「ヒット曲」が全てASKAさん発信だったことも関係しているのかもしれません。
    その背景から世間的には何となくCHAGEさんが不遇の時を過ごしているのではないかと心配してしまったようです。

    とはいえ、ASKAさんが薬物で逮捕された現在あえて格差として優劣をつけるとしなら、間違いなくCHAGEさんに軍配があがると言えるでしょうか。 

    2位にはテゴマスがランクイン。

    ジャニーズ事務所出身で、手越祐也さんと増田貴久さんで組んだユニット。
    これは素行が悪く、自由きままに生きている手越さんの方が、なぜか増田さんに比べてメディアに出演する機会が多いからと言えるでしょうか。

    2018年にはNEWSのメンバーがこぞって週刊誌に取り上げられ、増田さんを除いた全員がイメージを落としました。
    が、結局のところ現在でも増田さんの露出は極端に少なく、「真面目に頑張っているのに何故!?」と世間が疑問を抱いていることがわかります。

    3位のポルノグラフィティ、ゆずはアーティストとしての活躍は去ることながら、いずれのグループも片側がアイドル顔負けのルックスなんですよね。
    そういったことから、ついつい人々は華やかな彼らに目を向けてしまうからこその得票でしょうか。

    ■格差も原動力に!?

    今回の調査を見て、彼らの格差も実は活動に対しての原動力になっていることがわかりますね。
    とは言えアーティストですから、この格差は音楽活動にはさほど影響しなさそうとも言えます。

    HORANE調べ 2019年1月 調査対象:10~40代の男女
    2019年2月16日 エンタメウィーク 
    https://ent.smt.docomo.ne.jp/article/1845301


    【【芸能】格差を感じる二人組アーティストは?】の続きを読む



    (出典 sharetube.jp)



    【【芸能】男性が「友達になりたい男性芸能人」トップ3は・・・?】の続きを読む



    (出典 static.curazy.com)



    1 フォーエバー ★ :2019/02/02(土) 10:41:31.30 ID:R6G37MwO9.net

    90年代、様々なアイドルが生まれ、そして消えていきましたね。大好きだったあのアイドル、今は何しているだろうか…。そこで今回は「完全に消えたと思う90年代アイドル」を聞いてみました!

    ■質問内容

    完全に消えたと思う90年代アイドルはどれですか。3つ以内でお選びください。

    ■調査結果

    1位:裕木奈江 16.0%
    1位:相原勇 16.0%
    1位:一色紗英 16.0%
    4位:葉月里緒奈 15.0%
    5位:山田まりや 13.0%
    5位:田村英里子 13.0%
    7位:桜井幸子 12.0%
    7位:持田真樹 12.0%
    9位:小田茜 11.0%
    9位:佐藤藍子 11.0%
    9位:知念里奈 11.0%

    ◆1位!裕木奈江、相原勇、一色紗英

    1位にランクインしたのは裕木奈江さん、相原勇さん、一色紗英さんの3名です!

    裕木奈江さんは現在48歳。1988年に『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』という映画に当時の芸名である田沢奈江として出演したのがデビュー作でした。今でいう「困り顔」で垂れた目が可愛い女の子。

    『北の国から’92巣立ち』では妊娠した子どもを中絶するという衝撃の役を演じ話題になりました。現在ではそういう役も増えましたが当時はタブーに増える役で社会現象にもなったそう。歌手としても役者としても注目を集めるアイドルでした。2004年に海外留学し、それから海外に拠点に活動されているそうです。日本での活動は少なかったので「消えた」と判断されたようですね!

    相原勇さん、現在は51歳になります。「ちょっとHENSHIN」で歌手デビューを果たした相原さんですが、実はおニャン子クラブのオーディションにも受かっていたのだとか!ヌードを疲労するなど可愛いながらも色気のあるアイドルでしたね。元横綱の曙太郎さんと交際を宣言したことで人気が下がり、その後芸能活動をお休みしアメリカに渡ったことで日本のテレビにはまったく出る機会がなかったのです。現在はハワイで幸せに暮らしているそうです!

    一色紗英さん、目鼻立ちがはっきりとして美しい彼女でしたが「ぶっちゃけ発言」も多く、今でいうところの「炎上芸能人」でした。特に「木村拓哉さんに口説かれた」と番組で言ったしまったそう…。真相はわかりませんが、ジャニーズの人気アイドルの話題を軽々しく口にしてしまうあたり芸能界では生きていけなさそう…。結婚を機に第一線を離れ、現在は3人の子どものお母さんとして忙しい毎日を送っているそうです!

    ■逃げるが勝ち!?

    いかがだったでしょうか? 「消えた」とされる方の中には拠点を海外に移し、役者として活躍されている方お多いようですね。また違う分野で活躍され大成されることも…。またスキャンダルを起こしてしまった人はささっと「活動休止」を選ばれることも! どちらにせよ、結婚して幸せに暮らしている方も多いようなので、時間は優しいですね!

    HORANE調べ 2019年1月 調査対象:10~40代の男女
    2019年2月2日 エンタメウィーク
    https://ent.smt.docomo.ne.jp/article/1800079


    (出典 image.space.rakuten.co.jp)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 im10-a.mbokimg.dena.ne.jp)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 www.suruga-ya.jp)



    (出典 www.suruga-ya.jp)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 beamie.jp)



    (出典 c-sf.smule.com)


    【【画像】完全に消えた?90年代アイドル10位の顔ぶれ】の続きを読む



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 フォーエバー ★ :2019/02/01(金) 13:48:33.68 ID:R6V6+q4p9.net

    悲しいかな、成長による変化はどれだけ愛らしい子役でも訪れるもので、場合によってはそれを「劣化」と表現することもありますよね。

    そこで今回は子役時代がピークだったと思う元子役は誰か、ランキングにしてご紹介いたします。

    ■質問内容

    20代以上に質問!子役時代がピークだったと思う元子役はどれですか。3つ以内でお選びください。

    ■調査結果

    1位:内山信二 23.9%
    2位:加藤清史郎 19.6%
    2位:えなりかずき 19.6%
    4位:鈴木福 17.4%
    5位:芦田愛菜 16.3%
    6位:安達祐実 13.0%
    7位:黒田勇樹 9.8%
    8位:山崎裕太 7.6%
    9位:鈴木杏 6.5%
    9位:須賀健太 6.5%    

    ●現在の姿に世間も同情!第1位は、、

    第1位は内山信二さんとなりました。

    明石家さんまさんの冠番組「あっぱれさんま大先生」(フジテレビ系)は1980年後半から2004年頃まで放送された人気番組で、さんまさんと子役たちの絡みに笑いあり涙ありと世間から高い評価を得ましたよね。

    その生徒役の出世頭として現在もタレント活動を続けている内山さん。
    ふくよかな体を生かした癒し系&コミカルな子役から、現在は食いしん坊キャラとして活躍しています。

    とはいえ、世間から「子役時代が絶頂だったな、、」と評価されてしまう理由として一旦地に落ちた彼を世間が目の当たりにしたからでしょうか。
    あれだけ出ずっぱりだった彼が、中学~高校辺りには一切仕事が来なくなるという不遇の時を経験。
    非行に走ることもあったといいます。

    また、現在でも「ぽっちゃり」を生かした「デ*レント」の枠で活動している彼は、番組内で人間ドッグを受けて「余命宣告」されてしまう事態にまで発展してしまいました。

    これには世間も彼へ同情。
    子供の頃から求められていた自身のキャラを無意識のうちにキープしようとする気持ちが、彼の最低最悪な生活習慣へ繋がっているのだとしたら「子役時代はよかったのに」と思わずにはいられませんね。

    2位には加藤清史郎さんがランクイン。

    トヨタ自動車のCM「こども店長」として社会現象を巻き起こした加藤さん。
    顔の可愛さも去ることながら、バラエティー番組に出た際にはコメントが利発だったりと可能性を感じる子役でしたよね。

    彼は現在も俳優としての活動を続けていますが「劣化知らずの美少年」へ成長したと話題になっています。
    ですが、当時の露出を考えると活動が激減しており、「あの頃がピーク」なんて思う人々の声には納得です。

    同率でえなりかずきさんは「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)出演時から個性的な子役として活躍していましたが、当時の人気がスゴすぎて少し色褪せてしまう現在と言えるでしょうか。

    ■一世風靡した子役がズラリ

    今回の調査から、今に問題があるというよりも一世風靡したことで今の活躍がビミョーになってしまうことがわかりますね。

    HORANE調べ 2019年1月 調査対象:20~40代の男女
    2019年1月27日 エンタメウィーク
    https://ent.smt.docomo.ne.jp/article/1770893
    ★1:01/31(木) 21:22:55.11 前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548937375/


    (出典 kyun2-girls.com)



    (出典 media-groove.com)



    (出典 d2dcan0armyq93.cloudfront.net)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 shinbishika-guide.com)



    (出典 trendbykouhei.blog.so-net.ne.jp)



    (出典 up.gc-img.net)



    (出典 myfavoritetopics.net)



    (出典 travel-life-magazine.com)


    【【画像】子役時代がピークだった10位までの顔 覚えてる?】の続きを読む

    このページのトップヘ