すぐ教えたいニュースがあるの❣

忙しい貴方に見逃しニュース発信します。

    カテゴリ:芸能 > 落語家


    山本 (やまもと ゆたか、1974年9月1日 - )は、アニメーション監督。山本寛事務所代表取締役、有限会社山本建装取締役。愛称は『ヤマカン』。 大阪府箕面市出身。大阪教育大学附属高等学校池田校舎を経て京都大学文学部哲学科を卒業後京都アニメーションに入社、アニメーションDoに移籍し2007年に退
    27キロバイト (3,237 語) - 2019年7月27日 (土) 12:25



    (出典 kaigo-kagami.com)


    あなたも狂気です!

    1 サーバル ★ :2019/07/30(火) 10:00:47.55

    ヤマカンこと山本寛氏、京アニ放火事件に持論 「狂気との共犯関係」「今までやってきたことに対する代償」
    BIGLOBEニュース編集部
    7月29日(月)19時22分
    京都アニメーションを襲った放火事件をめぐり、かつて同社に在籍していたアニメーション監督のヤマカンこと山本寛氏がブログを更新した。

    山本氏は「僕と京都アニメと、『夢と狂気の12年』と『ぼくたちの失敗』」というエントリーを29日に公開。まず、自身が2007年に京都アニメーションを去ったことを、「匿名掲示板の『狂気』と結託し、僕をアニメ制作の最前線から引きずり降ろした」と回顧。ここで重要なことは、同社が「『狂気』と結託」したことで、この時から「ネットの「狂気」との共犯関係」が始まったとしている。

    山本氏によると、同社は「共犯関係」を歓迎し続け、「アニメは『狂気』をも数の力として都合良く吸収し」発展を遂げてきたという。しかし、「どうしようもなく犯罪的なまでに異形の人間の存在を防御し、峻別することに、皆あまりに無頓着」で、既に火種が混じっていたとのこと。そして、火種が爆発したことは、「『ぼくたちの失敗』に対する『代償』だと、敢えてここで断言する」と持論を展開した。

    また、自身が12年間代償を払ってきた一方で、同社は「今、いっぺんに払うこととなった」とのこと。「いっぺんにしてもあまりに多すぎないか?僕は奥歯をギリギリ噛みしめながら、そう思う」としながらも、「彼らにも遂に『年貢の納め時』が、来たのだ」と述べている。

    山本氏は、「表現する者は、もはやいつ何時でも襲い来る『狂気』に対する『自衛』の方法を、自分たちで必死に考えるしかない」と提言。最後は、「あなたは今までアニメを壊したことはなかったと、自信を持って言えますか?」とのファンへの問いでエントリーを締めくくった。
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0729/blnews_190729_9127750787.html


    (出典 justnews.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【狂気】山本寛(ヤマカン)「放火事件は京アニの自業自得」】の続きを読む


    師の春風亭柳昇は、自身の身体的特徴もあり(落語の道に入る前、兵役中の負傷で手の指を数本欠いていた)、新作落語専門で大成した人物であったが、弟子たちは新作派(昔昔桃太郎)、古典派(9代目春風亭小柳枝、瀧川鯉)とバラエティに富む。昇太
    45キロバイト (6,389 語) - 2019年6月30日 (日) 11:17



    (出典 trend0107.com)


    素敵な女性ですね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/01(月) 10:30:44.61 ID:EgxjZT3G9.net

    落語家春風亭昇太(59)が6月30日、40歳の一般女性と結婚することを発表した。

    この日、一部生放送された日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時30分)などに出演して報告した。相手の女性は妊娠しておらず、今後、婚姻届を提出し同居する。

       ◇   ◇   ◇

    昇太は「笑点」の最後に「ついに、ついに結婚することになりました。還暦前になんとかなりました!」と満面の笑みで報告した。続いて「真相報道バンキシャ!」(日曜午後6時)でも結婚について語った。

    2番組出演後に取材に応じた昇太は、ぱっちりした目でショートボブの女性の似顔絵を披露しつつ、相手は現在40歳であること、知人の紹介で14年前に出会ったことなどを明かした。
    最初の出会いから約10年間会っていなかったそうだが、3年ほど前に昇太が出演する舞台「熱海五郎一座」を観劇に来てくれたことがきっかけで、2人で食事に行くようになったという。

    19歳差婚。交際は今年に入って始まり、結婚は1~2カ月前に決まった。昇太は「『付き合ってみますか』と言ったら『ハイ』と。結婚の時も『しますか』と言ったら『ハイ』と」と照れくさそうに語った。

    結婚の決め手について「そろそろしないと*じゃう。第1発見者」と笑ったが、相手の好きな点を聞かれ「いつもにこやかにしているところ。
    和な人が好きなんですけど、和なことをしてくれる。梅干し作りましたとか漬物漬けましたとか言っている。着物も好きでよく着ている」とした。

    照れ隠しで包んだ結婚報告で、自ら「遅すぎ婚」と名付け「春風亭昇太の結婚とかけまして、焼き肉でいろんなお肉が出てきた時とかけます。そのこころは、モツ(持つ)かな?」
    と笑わせたが、「幸せで普通に暮らせればいい」という言葉に、落ち着いた大人同士の結婚を思わせた。

    日刊スポーツの取材によると相手は元タカラジェンヌ。約4年間娘役で活躍した。
    その後ドッグプロデューサー、トリマーとして活動し現在、老舗ペットショップとペット関連学校の役員。
    犬関連著書がある清楚(せいそ)な美女という。披露宴は夏にも都内ホテルで予定している。

    先月27日に落語芸術協会会長に正式決定した時には「人生は勢いなので、この波に乗っていきたい」と話していた昇太。
    独身キャラを卒業し、公私ともに勢いに乗っている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16702960/
    2019年7月1日 4時0分 日刊スポーツ


    (出典 i.daily.jp)


    【【判明】春風亭昇太 お相手40歳は元宝塚の娘役】の続きを読む

    このページのトップヘ