ちょっと変な人が書いた最新ニュースブログ3.8

ニュースを1.5倍面白おかしく、限りなく真実味を帯びるかのように しっかりお伝えします。

部屋をきれいにすると厄払いになる?

ブログネタ
旬なニュース速報 に参加中!




あなたのお部屋はきれいでしょうか?
それとも相当汚かったりしていませんか?

部屋をきれいにすると運気がアップする
ということを聞いたことはあると思います。

仕事や恋愛、健康など、最近ついてない
なと思ったことはありませんか?

部屋が汚いのが、運が悪くなる原因かもしれ
ませんよ。

そんな時はご自分のお部屋をチェックした
方がよいかもしれません。

部屋が汚い人の特徴としては、このような
ことが挙げられます。

流行ものが好きで、物があふれ返っている。
趣味が多く、様々な物がある。

時間やお金の浪費癖がある。すぐに何かを
壊してしまう。自分の部屋のものを他人に
触られるのが嫌なので、片付けをされるの
も当然嫌。  

部屋が汚い人の最大の特徴は物を捨てる
ことができないということです。

もしかすると、低所得者というのも当てはまる
かもしれません。

不動産業界では、競売物件になるような家は、
ゴミであふれ返っている、まさにゴミ屋敷と
いうのが、業界の常識のようです。

ゴミ屋敷の人で、お金持ちであるというのを
聞いたことがありません。

一つのものの見方として、ゴミという不要な
物が発する悪い気によって、良い運気が逃げて
いく、というのもあるようです。

部屋の汚いゴミ屋敷だと、健康運にしても、
ほこりやダニによって害するでしょうし、

恋愛においても、恋人、友人など呼べる
でしょうか。

金運・仕事運についても、整理整頓の行き届いて
いない部屋ですと、現金・カードといった大切な物
を無くすでしょうし、以前に買ったものと同じもの

を買ってしまったとか、仕事の準備に遅れ、遅刻が
頻繁でクビになるとか、時間やお金に対してルーズ
になり、金運も悪くなるのは想像できます。

このようなことからも、部屋の掃除をしたりして、
部屋がきれいだと、運気も上昇するでしょうし、
厄払いにもなるのかもしれません。

お部屋の厄については簡単にチェックできますよ。
            ↓↓↓↓↓

今年、厄年の人がやってはいけないこと、やって良いことは?

ブログネタ
季節の話題 に参加中!


今年も残りわずかですが、新年を迎えるにあたり
、気になることと言えば、今年の運勢ですよね。

その中でもやっぱり気になるのは、厄年に当たる
人の過ごし方だと思います。

そこで、2015年に厄年の年齢を調べてみました。

以下の年齢が厄年に当たるようです。

本厄をご参考にしていただければよいかと思います。

男性の場合

数え年で25歳、42歳、61歳が本厄で、その前後1年
ずつが前厄と後厄とのことです。

本厄:25歳 1991年(平成3年)
本厄:42歳 1974年(昭和48年)
本厄:61歳 1955年(昭和30年)

女性の場合

数え年で19歳、33歳、37歳が本厄で、その前後1年
ずつが前厄と後厄とのこと。

本厄:19歳 1997年(平成9年)
本厄:33歳 1983年(昭和58年)
本厄:37歳 1979年(昭和54年)

ちなみに、前厄、後厄とは警戒が必要な時期の
ようです。

7万人が感動のあまりに涙した驚異の実力派占い

数え年については、母の胎内から出たその時
から1歳と数えます。

例えば12月1日に生まれた人を1歳とすると、
1年たってはじめての誕生日を迎えた時
には2歳と数えます。

厄年とはそもそも何なのか?、本当に悪い事なのか?
逆に良いこともあるのでは?との疑問から調べてみます
と以下のようなことがわかってきました。

平安時代には存在し、科学的根拠は不確かであるが、
信じられている風習とのこと。

昔の男性の42歳は、隠居する年齢。
女性の33歳は子育てを終える年齢。

個人的なことを終えて、
社会的に、大きな役割を担う年、

「役年」となり、それを務める年齢に
なると肉体的・精神的なことにも変化

が起こりやすく、そのことから人生の節目
と考えられているようです。

無事に「役」を務めるため、役についた者は行いを慎み、
「厄」を祓うために厄祓の儀式を行ったようです。

現代にも当てはめてみますと、健康的な意味で無理
をしやすく、体に変化や不調が起きやすい時期。

社会的にも環境が変化したり、責任が上がったりで、
ストレスがたまりやすい時期のようです。

このようなことことから、一般的には厄年と言われて
いるのではないでしょうか?

健康には注意が必要かもしれませんが、それ以上に
変に臆病になったり、不安になる必要はない。

というのが私の結論です。

新年を迎えるに当たっての参考に、
運が逃げるようなことは避けたほうが
よいかもしれません。
           ↓↓↓↓↓

厄年に転職や結婚、引越し等、やってはいけない のでしょうか?

ブログネタ
お役立ち情報 に参加中!



今年、厄年の人にとっては大きな問題ですよね。
社会的に認知され、新聞やテレビ等のマスメディア、
周囲の友人家族、職場からの情報など、
この話題がでてくるものです。

しかしながら、男性の厄年で言えば、
25歳、42歳と結婚、転職、引越し等
あってもおかしくありません。

女性の厄年にしても、33歳、37歳と
縁談に恵まれ、ラストチャンスかも
しれないとあせる方もいらっしゃる
でしょう。

そういったチャンスを、厄年だから
やめるというのはいかがなものかと
思います。

なぜなら、厄年というものは、科学的
根拠もない、昔から信じられているだ
けの風習だからです。

ただ、厄年にあたる年齢が、肉体的、
精神的に不調を起こしやすいとのこと
のようです。

心と体が不安定な時には、急激な環境の
変化が、思わぬ災いを呼んでしまうとの
ことではないでしょうか?

もちろん、厄年をどう受け止めるかは、
あなた次第です。

7万人が感動のあまりに涙した驚異の実力派占い

厄年を信じてお祓いを行ってから、
転職や結婚、引越し、家の新築等を
行うのもよいでしょう。

お祓いをしたので、大丈夫だろうと、
心の不安は和らぐでしょう。

ちなみに、お祓いの時期については、地方で
変わりますが、およそ、年明けから節分の間に行
われているところが多いようです。

値段は神社やお寺によって異なりますが、
5千円~1万円のようです。

厄年について、ある程度理解した方は
、どうでもよいということで、日々の
心と体の健康に気を使い普段通りに過ごし
のもよいでしょう。

厄年だからと言って、様々なご縁である、
転職や結婚、引越し、家の新築等を取りやめる
のはもったいないと個人的には考えます。

厄年について、正しく理解し、対処をすること
によって、新しい世界を創っていきたいですね。

もちろん、これらを信じない、信じるはあなた
が決めることです。

運が悪くなることは避けたいですよね。
あなたのお部屋もチェックです。
            ↓↓↓↓↓

厄年に男の子を産むと厄が落ちる!?

ブログネタ
神社・仏閣・パワースポット巡り に参加中!




厄年にも、前厄、後厄といって警戒すべき時期と
本厄がありますが、噂では地方によっては違いが
あるでしょうが、厄年に子供を産むと厄落としになる。

というのを聞いたことはないでしょうか?
仮に子供を産むことによって、厄落としに
ならないにしても、お祓いに行くべきか?

気になるところかと思います。
厄年というのは、年齢的に体調や環境の変化
の大きい時期に当たることから、何らかの

不調が起こりやすいと信じられていることです。
科学的な根拠はないようです。

出産によって、厄落としになるという考えは、
妊娠すると、無理な行動ができないため、日々を
謹んで生活することから、厄を除けるという
風になったのかもしれません。

お祓いを受けるかどうかは、本人の厄について
、どう受け止めるかということになるでしょう。
厄年について、信じて不安になるなら、お祓いも
効果があるのかもしれません。

信じられないのなら、体に気をつけて、謹んで
生活すればよいでしょう。

7万人が感動のあまりに涙した驚異の実力派占い

また、厄年じゃない時でも厄払いって、行っていいのか
気になる方もいらっしゃるでしょう。

これは結論から申しますと、行ってもよいでしょう。

仕事面や体力面、他、何かしらの不運続きで、不安に
なってしまった場合、厄除、除災招福などの祈祷を受けても
よいでしょう。

病は気からという言葉があるように、本人の気持ちの
持ち方、考え方が大切です。

お祓いによって、心が晴れるなら、本人にとって、効果
のあることかもしれません。

お祓いを受けることによって、気持ちが前向きになり、
運も好転する場合もあり得るでしょう。

2015年、運気アップのために、まずはコレ!
         ↓↓↓↓↓

七夕を楽しむ前に天の川伝説を確認ですね。

ブログネタ
星に願うとしたら? に参加中!



7月7日は新暦の七夕ですが、七夕は年に一度、おり姫星
と、ひこ星が天の川をわたって会うことを許された特別な日
とされているのはご存知かと思います。

短冊に願い事を書いたら、それでおしまいという方も
いらっしゃるでしょう。願い事が叶うといいですが、
せっかくですから、空を見上げていただきたいですね。

おり姫星、ひこ星の見つけ方としては7月7日前後の
21時過ぎに東の空を見上げれば、星を見つけることが
できるでしょう。

特に明るい2つの星がおり姫星とひこ星です。
文字での表現では限界がありますので、画像な
どを検索していただいても良いかと思います。

この特に明るい2つの星である、おり姫星とひこ星
の間には天の川が流れているのですが、街の中では
空の明るさにかき消されてしまうので見ることが難しい
ようです。

【送料無料】あの人との相性がわかる!幸運と魔法の月星座占い [ 小泉茉莉花 ]

七夕とはお盆行事の一環だそうで、中国での行事で
あったものが奈良時代に伝わり、日本に元からあった
棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた言葉
だそうです。

全国的には、短冊に願い事を書き、葉竹に飾ることが一般的に
行われていますが、短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から
始まったもので、日本以外では見られないそうです。

短冊の五色は、五行説にあてはめた五色で、緑・赤・黄・白・黒
を表しているそうです。五行説(ごぎょうせつ)とは、古代中国に
端を発する自然哲学の思想のようで、全てのものは、木・火・土・金・水
の5種類の元素からなるという説だそうです。

【送料無料】あの人との相性がわかる!幸運と魔法の月星座占い [ 小泉茉莉花 ]

このような由来のあるらしい、短冊ですが、7月6日に飾り
海岸地域では7月7日未明に海に流すことが一般的な風習として
あるようです。ところが、最近では飾りつけにプラスチック製の
物を使用する例があり、海に流すことは少なくなったようです。

七夕は天の川伝説や由来も面白い発見がありましたが、
現代に生きる私達は七夕祭りを楽しみたいですね。

ちなみに、日本三大七夕祭りというのがあるらしく、
仙台七夕(宮城県仙台市)、 平塚七夕(神奈川平塚市)、
安城七夕(愛知県安城市)の三つが日本三大七夕祭りだそうです。

その他、毛織物生産で栄えた一宮市(愛知県)
のもの「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」を三大七夕祭りに数える
場合もあるらしいです。

では、早速願い事を書いて、楽しい七夕を過ごしたいですね。

【送料無料】あの人との相性がわかる!幸運と魔法の月星座占い [ 小泉茉莉花 ]
QRコード
QRコード