ブログネタ
神社・仏閣・パワースポット巡り に参加中!




厄年にも、前厄、後厄といって警戒すべき時期と
本厄がありますが、噂では地方によっては違いが
あるでしょうが、厄年に子供を産むと厄落としになる。

というのを聞いたことはないでしょうか?
仮に子供を産むことによって、厄落としに
ならないにしても、お祓いに行くべきか?

気になるところかと思います。
厄年というのは、年齢的に体調や環境の変化
の大きい時期に当たることから、何らかの

不調が起こりやすいと信じられていることです。
科学的な根拠はないようです。

出産によって、厄落としになるという考えは、
妊娠すると、無理な行動ができないため、日々を
謹んで生活することから、厄を除けるという
風になったのかもしれません。

お祓いを受けるかどうかは、本人の厄について
、どう受け止めるかということになるでしょう。
厄年について、信じて不安になるなら、お祓いも
効果があるのかもしれません。

信じられないのなら、体に気をつけて、謹んで
生活すればよいでしょう。

7万人が感動のあまりに涙した驚異の実力派占い

また、厄年じゃない時でも厄払いって、行っていいのか
気になる方もいらっしゃるでしょう。

これは結論から申しますと、行ってもよいでしょう。

仕事面や体力面、他、何かしらの不運続きで、不安に
なってしまった場合、厄除、除災招福などの祈祷を受けても
よいでしょう。

病は気からという言葉があるように、本人の気持ちの
持ち方、考え方が大切です。

お祓いによって、心が晴れるなら、本人にとって、効果
のあることかもしれません。

お祓いを受けることによって、気持ちが前向きになり、
運も好転する場合もあり得るでしょう。

2015年、運気アップのために、まずはコレ!
         ↓↓↓↓↓