December 31, 2006

禁煙

Written by Sana

禁煙、4人に1人が挑戦、過半数が失敗。


 たばこ増税や禁煙を進める施策が目立った06年、喫煙者の4人に1人が禁煙に挑戦しながら、「仕事のストレス」などからほぼ2人に1人は途中で断念したことが、製薬会社「ノバルティスファーマ」のアンケートで分かった。禁煙の方法は「気合と我慢」など精神力で挑むケースが目立つ一方、禁煙外来が今年度から保険適用が認められたことを知らない人も多く、受診例は50人に1人にとどまった。
 同社が06年10月、20〜50代の喫煙者(過去に喫煙していた人を含む)7091人を対象に、インターネットで調査した。

 06年に一度でも禁煙に取り組んだ人は23.8%(1689人)。このうち1209人を対象に禁煙の動機などを尋ねたところ、3年ぶりのたばこ増税に伴う06年7月の値上げを機に約6割は禁煙を決意していた。だが、回答時にすでに禁煙を断念した人は636人と過半数に上った。
 断念した理由(複数回答)は、「仕事のストレス」が54.6%で最も多かった。禁煙の方法(複数回答)は「気合と我慢」が49.5%、次いで「水などで紛らわした」(42.7%)、「たばこを捨てた」(20.3%)。「ニコチンガムを利用」は12%、「禁煙外来を受診した」は2.2%だった。

 禁煙を断念した人の95%は「いずれは禁煙に挑戦したい」と意欲的で、このうち4割以上は医療機関での「禁煙指導」を「ぜひ受診したい」「どちらかと言えば受診したい」と回答。同社は「過去の失敗を教訓に、より効率的な方法を模索しているようだ」としている。(毎日新聞より引用)


 意外に禁煙にトライしている人って多いんですね。
しかも多くの禁煙方法が『気合と我慢』って言うのもちょっとびっくりです。

 しかし、それよりも驚いたのは、禁煙外来に保険が適用されるようになっていたこと。恥ずかしながら、全然知りませんでした。

 やはり、このことを多くの人が知っていれば、もっと禁煙に成功した人は多かったのではないでしょうか。

 それでは、なぜそんなに知られていないのか?

 さっそく厚生労働省のホームページに行って調べてみましたが、たばこの項目のところにも保険適用などの話は全然出てませんでした。
 オレが気付かなかっただけかもしれませんが、それでも分かりにくいという事は国民に知らせる義務を怠っているような気がします。

 たばこの増税が進む中、禁煙にトライしようという人を支援するならもっときちんと支援して欲しいものですね。


 ランキング

  続きを読む
Posted by news_today at 19:49Comments(0)TrackBack(0)社会

November 02, 2006

公正取引委員会に調査求める

Written by Sana

公正取引委員会に調査求める

 KDDIは2日、ソフトバンクモバイルが「通話0円」などと宣伝している広告表示について、景品表示法違反の疑いがあるとして、公正取引委員会に調査を求める申告書を提出した。
 KDDIは「他社の携帯への通話などは0円ではなく、消費者に誤解を与える恐れがある。基本料金の割引き契約の受け付けも、1月16日以降に継続すれば、実態のない価格と比較した二重価格表示にあたる可能性がある」などと指摘している。
 公取委は、すでに30日にソフトバンクモバイルに説明を求め、調査に着手している。KDDIは「これまで公取委に相談してきたが、正式な手続きを踏むことにした」としている。NTTドコモは、「今のところ申告する予定はない」という。 (読売新聞より引用)


 番号ポータビリティ制度が始まって、ソフトバンクはチャンスと思い出てきたが、うまく行かない。

 まず、システム障害で契約の処理が出来ない状態になった。簡単に予期できていた処理能力の問題についてのことだけに、意外だ。
 しかし、さすがにこれは不手際と言わざるを得ないと思う。

 次いで、今回の公正取引委員会の調査。たしかに0円と大々的に表記するのはどうかと思う。人によっては勘違いすると思うし、他者への料金が不明確で信頼性にかける。
 やはりこれもソフトバンクの不手際だろう。

 携帯電話に新規参入し、料金に革命を起こすと言ってるだけに、個人的には期待してるんだけど、やっぱりしっかりとした態度を取って欲しい。
 ということで、ソフトバンクのこれからに期待したいと思う。


 ランキング!

  
Posted by news_today at 22:34Comments(0)TrackBack(0)政治/経済

October 21, 2006

日本の教育問題について考える

Written By ユウ

日本の教育問題について考える。

というか、一方的に俺の考えについて、書きたいように書く。


◆教師の質の低下への嘆き
福岡のいじめ自殺問題。教師の不適切な発言も露見。
しかもその事実をはっきりと公表しない学校。
学校って閉鎖的な空間だから、よほどのことがない限りは外には漏れない。隠そうと思えばいくらでも隠せる気がする。
今回の事件は氷山の一角。まだ助けを求めている子供は日本中にいる。
教育の現場が信頼できるものではなくなってしまっている。
人を育てるべき教師の質が低下していて、その中で良い人間が育つわけない。
教員免許の更新制はぜひ議論して、実現してもらいたい。
教師失格の烙印の重さを実感させるべきだと思う。

◆小学校での英語教育の是非
英語はこれから必要なスキルだと思うし、小さい頃から触れてた方がいいとは思うけど。
でもどっかのお偉いさんが言ってたように、英語がどうこう以前にまず国語、日本語をしっかり学ぶべきだと思う。
母国語の基礎がしっかりあってこそ、他の言語が活きると思う。
というわけで、俺は英語教育は肯定するけど、週一くらいでいいと思う。
だいたい言葉って勉強するものじゃなくて、自然と身につけるべきものだと思うんだけど。


◆ゆとり教育って意味あんの?
ゆとり教育を取り入れておいて、学力低下が問題になったらやめるって。
子供で実験するのはやめてほしい。
もともとは知識詰め込み型の教育の行き過ぎに歯止めをかけるために行ったはずなのに、学力の低下が起こり、それが塾へ行く子供の増加につながったのは皮肉としか言いようがない。
授業時間を戻せば学力が上がるかというと、そんな単純な問題でもなく、根本的に教育体制を見直す時期にきているんじゃないかな。
勉強して、良い大学に入って、良い会社に就職すれば幸せになれるという神話は崩れた。
勉強に意味を見出せない子供に押し付ける教育は不要だよ。


なんか問題ばっかり浮かんでくる、、、


昔は教師を目指していた。
今、教師になりたいとは思わない。

教師という職業に魅力をもたせることって大事だと思う。
一人の教師が育てる生徒数は相当なものになる。
子供の教育をどうこうするより、教師の教育を改革するほうが近道じゃないのかなぁとちょっと思った。

  
Posted by news_today at 02:00Comments(2)TrackBack(0)社会

October 20, 2006

最高速度見直し

Written by Sana

最高速度見直し

 警察庁は20日、車両の規制速度の見直しなどを論議する検討会を27日に発足させることを決めた。現行の法定最高速度の上限は一般道が時速60キロ、高速道路が100キロだが、63年以降見直されておらず、規制速度を決める方法も89年以降、変わっていない。
 検討会はこの間の交通事故の実態や道路事情の変化を踏まえ、規制速度のあり方について今年度から08年度までの3年かけて調査をする。委員会は同庁や国土交通省幹部、学識者で構成する。 (毎日新聞より引用)


 どの様な見直しがされるのか?これから調査されるわけだけど、交通事故の防止の観点からは制限速度を抑え、速度超過を取り締まるという見方ができる。

 でも、道路事情やドライバーの観点からすれば、制限速度はもっと緩めるべきで、その調整を考える必要があると思う。

 つまり、速度超過やそれにかかわる事故の重点区間においては制限速度を抑え、速度超過の取締りを厳しくする。これにより、取り締まり強化区間での事故の減少が図られると思う。

 そして、高速道路で区間が著しく長い場合には速度制限を緩めても事故の危険が高い地区を除けば特に問題が無いように思える。

 どの様な調査結果が出るか、ドライバーは気にかけておいた方がいいかも知れない。


ランキング!

  
Posted by news_today at 23:31Comments(2)TrackBack(0)社会

October 17, 2006

発明対価1億6千万円

Written by Sana

発明対価1億6千万円

 光ディスク読み取り技術を開発した日立製作所(東京都千代田区)の元社員・米沢成二さん(67)が、発明の対価として同社に2億8000万円の支払いを求めた訴訟の上告審判決が17日、最高裁第3小法廷であった。
 那須弘平裁判長は、「海外で登録された特許についても発明の対価を請求出来る」との初判断を示した上で、日立側の上告を棄却した。
 これにより、発明の対価を約1億6500万円と算定し、支払い済みの報奨分を差し引いた約1億6300万円の支払いを同社に命じた2審・東京高裁判決が確定した。
 発明の対価を巡る訴訟の判決で確定した賠償額としては、過去最高という。 (読売新聞より引用)


中村さんの件で発明の対価に関する問題が社会で関心を集めた。
今回は光ディスク読み取り技術の発明の対価として以前より争ってた事件。

裁判要旨2の『従業者等が特許法(平成16年法律第79号による改正前のもの)35条にいう職務発明に係る外国の特許を受ける権利を使用者等に譲渡した場合における対価請求については,同条3項及び4項の規定が類推適用される』(最高裁判所HPより抜粋)から米沢さんの場合、海外で登録された特許だったけど、技術提供を基礎として考えて、その場合でも発明の対価は提供先の企業に請求できるという解釈だ。

過去最高額ってのにも驚いたけど、外国に申請された特許でも、発明の対価として請求できることが認められたという、研究者にとって新たに権利が確定されたと言える裁判だった。


ランキング!

  
Posted by news_today at 22:13Comments(2)TrackBack(0)社会

October 14, 2006

自動暗号化機能搭載

Written by Sana

自動暗号化機能搭載

 富士通は13日、世界初のデータ自動暗号化機能付きハードディスクを搭載したなど、企業向けノートパソコン「FMVライフブック」(6シリーズ18機種)を同日から順次発売すると発表した。
 B5ファイルサイズのBシリーズは、データの書き込み時やプログラムのインストール時などに全データを自動的に暗号化するハードディスクを搭載し、安全性を高めた。
 またBシリーズと超軽量型「Qシリーズ」で、省電力で高速読み込みが可能なフラッシュメモリーディスク搭載タイプも用意した。
 希望小売価格は、40ギガ(1ギガは10億)バイトのハードディスクドライブ内蔵型で暗号化機能を搭載したBシリーズ「FMV−B8230」が18万8000円。
(フジサンケイ ビジネスアイより引用)


 自動暗号化されるということは、おそらくそのパソコン独自の情報(例えばシリアルナンバー)によってしか復号化できないということ。

 復号化できないというのは語弊だが、現在の暗号システムでは複合に早くても2週間以上はかかると言われている。

 つまり、産業スパイなどに企業秘密の情報をハードディスクごと盗まれても、そのハードディスクの内容を解読するのに時間がかかるので、その間に製品化や特許取得の申請の迅速化などの対策を打てるということ。

 パソコンへのログインの方法等(指紋認証など)で情報のセキュリティを強化しようとするも、ハードディスクを盗まれた場合の対処はさほどされていなかったので、安全性は従前よりは強化されたと言える。

 

ランキング!

  
Posted by news_today at 21:04Comments(2)TrackBack(0)政治/経済

October 12, 2006

日本ハム25年ぶり優勝

Written by Sana

日本ハム25年ぶり優勝


プロ野球パ・リーグのプレーオフ第2ステージが11日から行われ、レギュラーシーズンを1位通過した北海道日本ハムファイターズが1勝のアドバンテージを与えられ、11日・12日と連勝し、25年ぶりにリーグを制覇した。
ソフトバンクはダイエー時代を含め、3年連続プレーオフ第2ステージ敗退。


北海道に初めてのチャンピオンフラッグ。
また、初めてのレギュラーシーズン1位通過チームの優勝。

ホークスは3年連続で目前で胴上げを許すことになった。

セ・リーグでは10日に中日ドラゴンズが優勝しており、北海道日本ハムファイターズと日本シリーズを争うことになる。

日本シリーズを制したものはアジアシリーズ。
まだまだ両球団の戦いは続く。


ランキング!

  続きを読む
Posted by news_today at 21:14Comments(2)TrackBack(0)スポーツ

August 04, 2006

オシム ジャパン

Written By ユウ

オシム ジャパン発表!しかし、・・・

日本サッカー協会は4日、オシム監督就任後初の試合となるキリンチャレンジカップ2006のトリニダード・トバゴ戦(9日)に臨む日本代表メンバー13名を発表した。ワールドカップ・ドイツ大会のメンバーからは川口、三都主ら4名のみが引き続き選ばれ、我那覇、小林大、闘莉王ら新戦力が入った。


ごぶさたです。7月8月は忙しくて更新もままなりません。
がんばって合間を縫って書きます。はい。

とりあえずランキング☆

  続きを読む
Posted by news_today at 23:59Comments(0)TrackBack(0)スポーツ

July 18, 2006

マックスエアーサービス倒産

Written by Sana

マックスエアーサービス倒産

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の観戦ツアーを企画しながら、入場券を確保できずにツアーを中止した東京都内の旅行会社「マックスエアサービス」が18日、東京地裁に自己破産を申し立てた。

 同地裁は同日、破産手続きの開始を決定し、破産管財人を選任した。

 同社代理人によると、ツアー代金を支払った顧客約800人に返済しなければならない額は約2億5000万円に上り、銀行などからの借入金を含めると負債は約4億円に達している。

 同社側は、ツアー代金の返済は行っておらず、「ツアー参加予定者に公平に返済するために破産を申し立てた」と説明している。債権者集会は、10月16日に開かれる。 (読売新聞より引用)


 まさに社運を賭けた計画だったW杯観戦ツアー。チケットを入手できずに倒産とは何ともあわれな…って感じです。

 債権者としては何が何でもお金を返して欲しいところですが。

 でも、一度信用を失った会社、特に信頼が求められる旅行というジャンルで再建を目指すというのは余りにも酷で、倒産というのは仕方がなかったんじゃないかなと思います。

 しかし、実現性の低い契約を結ぶなんてのは前提として間違っていると思いますけど。色々とご利用は計画的にってことですね。

 

ランキング

  
Posted by news_today at 23:54Comments(2)TrackBack(0)社会

July 17, 2006

少子化の原因は所得格差?

雇用改善で少子化対策を…労働経済白書「格差」に警鐘 

written by ます
 
 厚生労働省の2006年版「労働経済の分析」(労働経済白書)の原案が15日、明らかになった。少子化の主因を20歳代を中心に非正規雇用が増え、収入格差が広がったことで若者の結婚が大幅に減った点にあると分析し、若年層の雇用対策の重要性を強調した。

 また、親との同居が多い若年層が、今後、独立していくことで、社会全体の所得格差や格差の固定化につながる懸念があると警鐘を鳴らしている。

 白書によれば、2002年の15〜34歳の男性に配偶者がいる割合は、「正規従業員」が約40%だったのに対し、「非正規従業員」や「パート・アルバイト」は10%前後にとどまった。

 また、アルバイトなど非正規雇用の割合を1997年と02年で比較すると、20〜59歳まですべての年齢層で増加傾向がみられたが、特に20〜24歳の年代で増加率が高く、02年は97年からほぼ倍増し、30%を超えていた。
2006年 7月16日 (日)  読売新聞より抜粋)

久しぶりの投稿です。ご、ごめんなさい・・・

この記事の論調はフリーターやニートが増えたから少子化が進むということですが、本当にそうでしょうか?だって近くの激安スーパーに行ってみれば、まだ10代?みたいな男女が子供1人2人連れて闊歩しているのがイヤでも目に付きます。彼らの多くが正規従業員だとは考えにくいよ?

それに正社員なら子供たくさん生んでるかっていうと、きっとそうでもない。

ところで上記事では

2002年の15〜34歳の男性に配偶者がいる割合は、「正規従業員」が約40%だったのに対し、「非正規従業員」や「パート・アルバイト」は10%前後にとどまった。

とあるけど、15〜34歳を正規従業員と非正規従業員に分けたら、年齢の分布はかなり前者の方が高齢寄りに、後者の方が若齢寄りになるだろうから、それで単純に結婚率を比較するのはおかしいのでは?とも思います。

正社員だろうとパートタイムだろうと今の日本人が子供を生まない理由は、「養育・教育費がかかりすぎる」が一番じゃないかと私は思うんですが、どうでしょう。だって子供が生まれたらすぐ学費等の貯金・保険を始めないと間に合わない時代ですよ?

昔は安くて親孝行といわれた国立大学だって今は安い私立と同じくらい。

少子化を改善するには学費タダにするのがイチバンだとおもうんだけどなぁ・・・

ランキング☆!

 

  
Posted by news_today at 20:46Comments(3)TrackBack(2)ます著