じゃあ、どうするか?

記事を更新してないのにも関わらず、見に来てくれている人に感謝!(2日ほどですが^^)

検索キーワードを見ていると、やはり気になる人が多いのだと思います。

でも、知っただけ、それだけでは、心配は消えない。

で、本題。

じゃあ、どうするか?


仕方ないと諦める。これもひとつの方法ですね。意識から消し去る。
精神を安定させるには、これが一番だと思います。


「諦める?忘れる?そんな馬鹿な!」

そんな方も、特にお子さんをお持ちの方は、そう思うはず。


じゃあ、どうするか?を考えましょう!


ほとんどの人は、考えているだけ、考えるふりをするだけ。



このあたりは、危険地帯。

じゃあ、引越ししましょう。

そう提案(したことないけど)すると、「お金が無い、学校が。。。」とくるはず。

ということは、お金が無いほうが、学校のほうが、危険より、重きを置いているということ。


お金が無いなら、どうやって収入を増やすか?そこまで考える人はあまりいません。


僕の友人もお金欲しい、って人は多い。でも、どうやって増やすか?考える人はほとんどいない。それが、現状なんですね。

将来が不安?⇒じゃあ、どうするか?です!



報道ステーションで、福島に住んでいる人のインタビューでも出ていた人がいました。

「家族が多いので、引っ越しは無理」

それを見て、感じたのです。


そういった人は、気にしないで、自分で防げることは防ぎながら、生活するのが一番だと思います。不安だらけでは、放射能より、精神的におかしくなってしまいます。


政治は変わりません。

世の中もそうそう変わりそうもありません。


でも、自分や自分の周りはある程度は、意識で変われるはずのような気がします。


思考停止、諦める、ちょっと危険ですよ。


自分自身も、じゃあ、どうするか?それをするために手段、方法は何か?を常に考えています^^


タイトル変更(笑)

今日はこれで仕事終わり。

タイトル変更しました。

ネガティブではなく、ポジティブに!変更。


毎日の日記は、他のブログに書いています。


気の向くままに楽しく行きましょう!!

地デジ化は失敗したほうがよい

地デジ化を推進している総務省、これも便利なところと電波が足りない、ということで大々的に放送されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110717-00000001-fsi-bus_all

7月24日の地上デジタル放送移行まで残り1週間を切った。東日本大震災の被害が大きかった岩手、宮城、福島の3県を除き、24日でアナログ放送が終了す る。政府は地デジコールセンターの受付を24時間対応として駆け込み相談に備える一方、総務省テレビ受信者支援センター(デジサポ)の人員を約1割増員す るほか、地域ボランティア要員も増やして移行支援態勢を強化する。

ヤフーニュースより


あまり詳しくないが、僕の知っていることはひとつだけ(汗)。


地デジになると、時報が遅れる(2~3秒)。

これだけだと、な~んだ。

そういうふうに思われるかも知れない。


時報が遅れるということは、地震速報も遅れると言う事。


これも、政府や東京電力と同じく、いいこと(利点)は報道されても、デメリットは隠されるということ。
もちろん、報道側も丸め込まれている。


そんなもんか~

タグクラウド
月別アーカイブ

国産ゼオライト配合の浄水器



浄水器の粉末活性炭が、放射性ヨウ素を吸着除去



  • ライブドアブログ