1 :風吹けば名無し 2020/01/21(火) 16:06:48 ID:J4C1ATRR0.net
https://www.afpbb.com/articles/-/3262558
フランスで相次ぐアジア系襲撃 「アジア人は金持ち」の固定観念か



【1月20日 AFP】フランス・パリ郊外でミン(Ming)さん(41)は、バスから降りるときに覆面の男に襲われた。
ハンドバッグをひったくられそうになり、抵抗すると、地面に押し倒されて殴られ、意識を失った。
2か所を骨折し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんだ。仕事は3週間、休まざるを得なかった。

 活動家らは、ミンさんが襲われたような事件を世間はあまり知らないが、アジア系フランス人を狙った暴力事件は相次いでおり、その理由は、人種差別的な固定観念とアジア人は皆「裕福な」観光客という思い込みによるものではないかと懸念している。

 身元が分からないよう仮名で取材に応じたミンさんが襲われたのは、パリ南東部のバルドマルヌ(Val-de-Marne)県だ。
男に襲われて失ったのは、金額にすると数十ユーロ分とIDカードが入っていたハンドバッグだ。
だがそのことよりも、無力感と怒りがいつまでも消えず、立ち直れない。
「なぜ私だったのか。現金も宝石も何も持っていなかったのに。なぜあんな暴力を?」

 アジア系住民に対する襲撃が最初に注目を集めたのは2016年、パリ北部で紳士服店を営んでいた張朝林(Zhang Chaolin)さん(当時49)が襲われ、死亡する事件が起きたときだ。

 2人の子どもの父親だった張さんは、パリ郊外のレストランに向かう途中、10代の若者たちに襲われ、死亡した。
奪われたのは、携帯電話の充電器と菓子数個だけだった。犯人らは2018年に刑務所に入れられた。

 被害者による裁判を支援しているバルドマルヌの団体「全ての人に安全を(Securite pour tous)」の広報担当者サンレイ・タン(Sun-Lay Tan)氏は、「私たちは、張さんが亡くなった事件についての問題は理解していたが、規模までは把握していなかった」と語る。

 フランスでは人種別の統計が禁じられているため、こうした襲撃に関する公式のデータは存在しない。だが活動家らは、特定のパターンが見えてきたと指摘する。

■アジア人襲撃がゲームに

 犠牲になるのは、たいてい女性や高齢者だ。通りで目を付けられ、後をつけられる。そして、人通りのない場所まで来て襲われる。

 タンさんは、「狙われるのはアジア人だからだ」と言う。
「『非力で、いつも現金を持ち歩き、自衛するすべを知らない』。こういったアジア人に対する固定観念が襲撃に関係している」
16 :風吹けば名無し 2020/01/21(火) 16:10:33 ID:ScZ227CB0.net
来月パリ行くのに
17 :風吹けば名無し 2020/01/21(火) 16:10:36 ID:elNAvF4C0.net
アフリカ中東難民がアジア人を襲う