ブログネタ
日本人メジャーリーガー に参加中!
5月25日(日本時間26日)、シカゴで行われたホワイトソックス戦に先発したマー君こと田中将大は、6回2/3を5安打3四死6三振、1失点で7勝目をあげた。

ヤンキース対ホワイトソックス

この日、1回、2回と三者凡退の素晴らしい立ち上がりを見せる。
3回、7番・コネルコにファーボールを与えるが後続を断ち切り無失点。
4回にクリーンナップを迎えてのピンチの場面も粘り強い投球でで無失点に抑える。
5回は先頭のラミレスが三塁への内野安打もコネルコを遊ゴロ併殺、デアザ三振で勝ち投手の権利を得る。
6回に1点を奪われてるが、味方の援護でヤンキースは6点をあげていて6-1。試合の流れは完全にヤンキース。
7回2死一、二塁としたところで降板。118球でマウンドを2番手のワレンに譲り、7勝目となる白星をゲットした。


20日カブス戦の屈辱を見事に晴らしたかたちでの勝利にファンもひと安心だろう。

初黒星を喫した直後に田中将大投手は自身のtwitterで、「次の登板が自分にとって非常に大きなものになると思っています。またしっかりと調整して登板に臨みます」とつぶやいてる。

たとえ連勝不敗記録はストップしても、連敗はしない…
さすがは日本を代表するピッチャー、田中将大だ!



関連記事
マー君 7勝目! 中4日も6回2/3を5安打1失点

スポンサーリンク