ニュースセンターっち

気になる〜!を集めてます。

岡田彰布監督

阪神の後任監督、真弓明信氏が最有力候補

ブログネタ
話題の情報 に参加中!
阪神の後任監督、真弓明信氏が最有力候補

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081016-00000061-yom-base

10月17日0時2分配信読売新聞阪神タイガースは、今季限りで退任する岡田彰布監督(50)の後任として、OBで元近鉄ヘッドコーチの真弓明信氏(55)を最有力候補に挙げていることが16日、わかった。真弓氏は阪神が1985年に日本一となった時の主力選手で、近鉄でヘッドコーチを務めるなど、指導力と野球理論に優れていることが評価されている。真弓氏は福岡県出身で太平洋(現西武)から79年に阪神へ移籍。95年に引退した。岡田監督は巨人に逆転されてリーグ優勝を逃した責任を取って辞意を表明。阪神は15日から後任人事を本格化させ、坂井信也オーナー、南信男球団社長らが複数の候補の中から人選を進めていた。星野仙一オーナー付シニアディレクターや、元阪神監督の吉田義男氏らの意見も聞いたうえで、最終調整する。最終更新:10月17日0時31分

[引用元:Yahoo[野球(読売新聞)]]

11月から新監督でスタートするため急いで新監督を決めないといけないんですよね

ここで新監督に有力だと言われている人が出てきました

元近鉄ヘッドコーチの真弓明信氏ですよ

真弓明信氏いいじゃないですかぁ〜
江川達也 源氏物語 江川達也 源氏物語 田辺聖子 源氏物語

オーナー明言!条件はオカダ野球継承者

ブログネタ
プロ野球全般 に参加中!
オーナー明言!条件はオカダ野球継承者

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081014-00000023-dal-base

10月14日9時40分配信デイリースポーツ阪神・坂井信也オーナー(60)が13日、今季限りでの退任を表明した岡田彰布監督(50)が作り上げた「投手中心の守りの野球」を、来季以降も猛虎の基本戦略に置く方針を示した。14日にも岡田監督への慰留会談に直接出馬するが、辞意は固く、即座に次期監督人選に移行するのは確実。このため後任監督は“オカダ野球”の継承者となることが条件となりそうだ。◇ ◇次期監督は全くの未定。だが、猛虎総帥は明言した。誰が指揮官になろうとも、09年以降も猛虎は“オカダ野球”のスタイルで戦う-。14日にも岡田監督と面会し、最後の慰留を行う坂井オーナーは、この日「モヤモヤした状態で、クライマックスシリーズには臨めませんからね」と、面会後には今後の方向性を出す方針を示した。辞意は固く、慰留は困難な状況だが、球団として最低限、監督の労をねぎらい、ケジメをつけてから新監督人選に移りたい考えだ。このため新監督に絡む話題には慎重だったが、来季以降の戦略については、きっぱり言い切った。「甲子園を本拠にするわけですから。阪神の伝統でもありますし、岡田監督の“守りの野球”は、間違いじゃないと思っています。(来年も)基本線はそうなります」3年ぶりリーグ優勝は逃したが、シーズン82勝。特に本拠地・甲子園では41勝19敗1分けと強さを発揮した岡田野球。投手力を前面に押し出し、中盤までにリードを奪い、終盤は盤石救援陣で逃げ切る。岡田監督が「タイガースの野球は、投手中心の守りの野球ですから」と何度も胸を張った、5年間の監督稼業で作り上げたスタイルだ。辞任表明後も「ほぼ、勝てるチームを作り上げることはできたと思う」と語っている。近日中に選考を開始する新監督の条件も、このスタイルを継承できるかがポイントとなる。次期監督の筆頭候補として浮上しそうなOB・真弓明信氏も、評論家として岡田野球を見続けてきた。また、内部昇格の場合は、ベンチで岡田野球を支えた木戸克彦・作戦兼バッテリーコーチも有資格者となる。ただし、坂井オーナーは「今年、足りなかったものを分析する必要はある。打ってかえすのも野球の魅力。岡田監督からも意見を聞く機会もあるでしょう」と、打撃面の強化が必要とも指摘した。早期に後任監督を決定し、岡田野球をベースに、さらに強化された猛虎スタイルを確立する。

[引用元:Yahoo[野球(デイリースポーツ)]]

阪神タイガースの岡田監督が辞任されますね

阪神ファンとしてみればかなり寂しいです

岡田監督の野球好きだったのになぁ〜

源氏物語 系図 源氏物語 系図 源氏物語 藤壺
Categories
フィードメーター - ニュースセンターっち
  • seo
livedoor プロフィール

newschi

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ