世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ホエザルの熱中死

     『記録的な熱波が続くメキシコで、野生のサルが脱水症状などで木から落ちて死んだとの報告例が相次いでいる。

       AP通信によると、メキシコ湾岸沿いの南東部タバスコ州では5月16日以降、少なくとも138匹のホエザルが死んでいるのが見つかった。

     ホエザル中南米の熱帯の森林に生息する。ほえるような大きな鳴き声が特徴で、樹上で生活する。地元の生物学者はAP通信に、死んだサルは「重度の脱水症状」で「リンゴのように木から落ちていた」と証言。

     高温や干ばつ、森林火災による水や食料の不足など、サルの生息環境を脅かす複合的な要因を挙げた。

     タバスコ州は、地元の大学や獣医師らと協力して、ホエザルの生息地に飲み水のおけや食料を置くなどの救助作戦を展開している。

     メキシコは3月半ばから厳しい熱波に見舞われている。気象当局によると、同州を含む13州では今後、最高気温45度を上回る日も予想される。

     メキシコ全土で干ばつによる水不足も深刻化し、6月の大統領選挙では水へのアクセスも争点の一つになっている。【ニューヨーク八田浩輔】』

     メキシコの南東、メキシコ湾に面したタバスコ州の森林
     そのタバスコ州の森ホエザルが木から落ちて死亡しているのが多く発見された。

     このホエザル絶滅危惧種に指定されているマントホエザル

     メキシコでは記録的な熱波が続き、野生動物も熱中症や脱水症状になって死んだようである。

     しかし、野生動物が脱水症状や熱中死するなんて、ビックリだよ。

     森なのに、そんなに水がなくなっているのか?
     ホエザルは木の上で生活し、敵から身を守っている。

     だから熱波で余計水分を取るのが難しくなったのかな?

     それにしても、野生のホエザルなら木から落ちて死ぬまでに地上に降りて水飲み場を探すのではないかと思うんだけど。

     それだけ急激に体調悪化になる状況なのだろうか。
     ホエザルは名前の通り、大きな鳴き声でコミュニケーションを取る。 喉のあたりにのど袋を持っており、これが拡声器の役割を果たしている。

     だから、かなり遠くの仲間ともコミュニケーションが取れると思うんだけど。
     どこかで仲間が水飲み場を見つけたら、コミュニケーション能力が高いホエザルだから熱中死なんてありえないと思っていたんだけど。

     ましてや、ホエザルは元々が高温多湿の熱帯雨林に住んでいる動物。 暑さに強い動物と言っていいだろう。 もしかして熱波で多湿が変わっているのだろうか。

     いずれにしても野生動物が大量死するくらいのメキシコの熱波、恐るべし。
     ホエザルの生息地に飲み水のおけや食料を置くなどの救助作戦が功を奏すといいね。
                    

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ロスで大谷翔平の日

    メジャーリーグ・ドジャースの大谷翔平選手は、本拠地のあるロサンゼルス市が「大谷翔平の日」と制定した5月17日に、市議会を訪問し感謝を述べました。サプライズ登場に、議員たちが興奮する一幕もありました。

      市議会議長 「皆さん、アメリカで最も偉大な野球選手、大谷翔平選手です」

     ドジャース 大谷翔平選手(29)
    「本日は本当にありがとうございます。きょうこの日を迎えられたことが私自身すごくうれしいですし、私自身にとってすごく特別な瞬間です」  

     ドジャースの本拠地ロサンゼルス市は、大谷の背番号「17」にちなんで5月17日を「大谷翔平の日」に制定しました。

     この日、大谷が市議会を訪問することは事前に発表されておらず、サプライズでの登場に議員たちも興奮した様子です。

     前の日の試合を見に行ったという議員は、無料で配られた大谷のボブルヘッドと“本物”を見比べていました。

     市議会議員 「僕のボブルヘッドの本物がここにいる。あなたのような野球選手は100年に1度しかお目にかかれない。ドジャースを選んでくれて本当にありがとう。あなたは信じられないほど特別な選手だ」』  

     ドジャースの本拠地のロサンゼルス市が5月17日を「大谷翔平の日」と制定したというニュース。

     アメリカ国民でもない、日本人の一野球選手を個人名を関したロスの日に制定するなんて、大谷翔平が凄すぎて意味が分からない状態。

     アメリカのロスと言えば、日本人街リトルトーキョーがあることでも有名な日本人とは縁の深い街

     だけど外国人の個人の名前を冠にした日を市が制定するなんて、日本人からしたら信じられない。  

     ドジャースメジャーMLB)で名門チームではあるけど、ロサンゼルス市民がみんながみんな野球に興味を持っているわけではないだろう。  

     いくらMLBのスーパースターになった大谷翔平とは言え、アメリカの有名な市から自分の日が設けられるなんて想像しただろうか。

     5月はアジアの月で、17日は大谷の背番号からとられたようだけど凄すぎる。

     考えてみれば、大谷翔平は去年までエンゼルスに所属していた選手。
     エンゼルスロサンゼルスと同じカリフォルニア州とはいえ、アナハイムという別の市のチーム。  

     ドジャースに移籍したのは今年からで、まだ2か月ぐらいしか実質ロサンゼルスとはかかわりがないことになる。

     それがロサンゼルス市議会で「大谷翔平の日」が承認されたのだ。
     そして、大谷翔平ロサンゼルス市議会にサプライズ登場すると、議員達が興奮したという。

     いや~、どれだけスーパースターなんだよ。

     大谷翔平と言えば、今年は最悪のスタートだった。
     ドジャース移籍して韓国での開幕戦で公私ともに一緒だった通訳の水原一平が賭博でドジャースから解雇。しかも、大谷翔平選手の口座から黙って送金していた事実も発覚。

     それだけでもドジャース新人の大谷選手にとっては、常に一緒だった水原一平通訳の裏切りはショッキングな出来事だったに違いない。人を信じられなくなるような出来事だろう。

     ある意味、ここで結婚していて本当に良かったと思う。

     だけど、新人ドジャースの大谷選手としては、名門ドジャースの有名選手との信頼関係も揺らす出来事だったはずだ。  

     大谷選手の口座から莫大な金が賭博に送金されていた事実は、大谷選手も賭博に一緒に関わっていたのではないかと疑われても仕方がない状況であった。

     選手大谷翔平としては絶体絶命のピンチで、ドジャースでの活躍にも暗雲が垂れ込めた。

     そんな状況下、誰もけちのつけようがない打撃成績を残していて、大谷翔平、どれだけメンタル強いんだよと、僕なんか驚かずにはいられない。

     運動能力はもちろんだけど、強靭なメンタルがなければ、あれだけ全米、いやに日本を含めた世界中の野球ファンが注目する中で期待通りの成績は残せない。いや、期待以上と言ってもいいかもしれない。プレッシャーだってハンパないはず。僕なんか想像さえできないね。

     そんなドジャース移籍1年目で、地元ロスでの「大谷翔平の日」設定
     どれだけアメリカ人に信頼されているんだよと、驚きを通して呆れるしかないくらいの状況だ。

     その「大谷翔平の日」に、自ら祝うかのように大谷翔平は13号ホームランをかっ飛ばした。
     もう漫画のような出来事が続いているね。
     日本人としては本当、大谷は誇りでしかない。

     日本企業もドジャースと次々に契約して、高額年棒もドジャースとしてはあっという間に回収できているんじゃないかな?

     大谷翔平の注目度は日本でも抜群に高く、日本人にアピールできるだけでなく、日本企業としては自社の名前をアメリカ人に宣伝できるまたとない機会だ。

     グローバル化を考えている企業にとっては、ドジャースとの契約大谷翔平個人との契約はメチャクチャ広告宣伝メリットがあるよね。

     今年は二刀流を封印して打者専念なんだから、3冠王と取るくらいの大谷選手の活躍を期待したいな。
                

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    北朝鮮のPOPなプロパガンダ曲

    北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長を称賛する独裁体制宣伝用の曲が2週間前に発表されてから、TikTok(ティックトック)などオンライン上でチャレンジ動画などに編集されて流行のように広がっている。

     体制に対するメッセージが意図的に入っていることから専門家の間では扇動性を懸念した。

     7日、TikTokなど各種ソーシャルメディア(SNS)では『親近なる父母』というタイトルの動画と、この曲に合わせて踊るチャレンジ動画が拡散している。

     この曲は2021年に正恩氏の父親である金正日(キム・ジョンイル)総書記の生誕日記念行事に歌われた『親近なる名前』とタイトルや歌詞の構成が似ている。

     正恩氏を称賛するこの曲は「歌おう、金正恩。偉大な領導者を称賛しよう、金正恩…」という一節から始まる。

     映像では子どもを抱きしめて満面の笑みを浮かべる正恩氏、女子学生に囲まれて称賛を受ける正恩氏の姿が登場する。続いて軍人や男子学生、小学生と母親、会社員、工事現場作業員、女工、路上を歩く市民、バス乗務員、医療スタッフ、サッカーチームなどが一斉に正恩氏に対する賛辞を力強く歌う様子が続く。

     皆一様に集団でダンスを一糸乱れず踊りながら「母のその懐のように暖かい。父の懐のように慈愛深い」と合唱する。

     特に李春姬(リ・チュニ)を含む朝鮮中央テレビのアナウンサーがサムアップしながら画面に向かって明るく笑ってみせる場面も登場する。

     このような宣伝用動画が広がってから、オンライン上では該当の曲に合わせて踊る『親近なる父母』チャレンジ動画が登場した。「金正恩がK-POP歌を発表した」と題する動画は現在再生回数200万回を突破した。

     動画の中の男性は『親近なる父母』の曲に韓国アイドルグループILLIT(アイリット)の『Magnetic』の振り付けをあわせて踊っている。また別の掲示物では曲を聞いて感想を伝えるリアクション動画で「テイラー・スウィフトの新アルバムの陰を薄くしてしまうほど」と好評を伝えたりもした。

     ただし英国メディア「BBC」は5日(現地時間)、体制宣伝用歌の流行を警告した。

     メディアは「(この曲は)軽快で明るいテンポなうえに危険なほど耳にすっと入ってきて離れない。西洋ポップのヒット曲と大きく変わらない」としてメロディもまた意図的に多くの人が簡単に歌うことができる音域帯に留まっていたと分析した。

     北朝鮮音楽を研究しているケンブリッジ大学の学者、Alexandra Leonzini氏は「北朝鮮のすべての芸術的産出物は市民が階級教育に奉仕しなければならず、なぜ彼らが党に対する感謝、忠誠心を感じなければならないのかに対して具体的に教育する」とし、プロパガンダに対する懸念を示した。また「すべての作品が彼らの思想的種になり、芸術を通じてこのようなメッセージが伝播する」とした。

     実際、北朝鮮音楽とユーチューブ等を通して体制宣伝に注力している。曲にはいつも体制に関連したメッセージが入っていて、毎朝の町の広場に宣伝用の歌が鳴り響くという脱北者の話も伝えられている。

     特に北朝鮮はユーチューブチャンネル「オリビア・ナターシャ」(ID Olivia_Natasha)を運営し、今年1月まで「平壌(ピョンヤン)に住むユミ」と紹介するある女性が北朝鮮遊園地でアトラクションを楽しんだり、乗馬やバレエを学ぶなど日常を英語で紹介する動画を公開した。現在該当チャンネルは削除された状態だ。』

     北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長を称賛する北朝鮮の独裁体制宣伝用の曲が発表されてからバズってる。

     今までの北朝鮮の曲は首領の賞賛や軍事のお堅いイメージだったが、今回の曲はPOPなノリノリの曲。  

     これまでと大きく違うのは、歌詞で「金正恩」と呼び捨てにしているところ。
     同志や将軍などの呼称なしに北朝鮮人民が歌っているのは、これまでの常識からすると驚愕の変化だ。

     金正恩銅像や絵どころか、新聞の写真の取り扱いにも細心の注意を払わないといけないのが北朝鮮。  それが北朝鮮人民が歌う歌詞で「金正恩」と呼び捨て。

     確かにPOPな曲で呼称を使うのはイメージが違うけど、それを覆してきたのがこれまでの北朝鮮という国だった。

     恐らく北朝鮮国内向けというより、世界のYoutubeやTikTokの視聴者への洗脳戦略だと思う。

     実際に韓国のドラマや映画を視聴するだけで、韓国の髪型をまねるだけでも逮捕されるような北朝鮮において、K-POPばりの曲設定。

     しかも、出演者がみんな親指を立てる演出。
     普通だったら、極悪非道の米国の影響を受けた輩とみなされ刑務所行きのようなレベルではないか。  
     それを敢えてミュージックビデオでやらせたということは、情報の少ない北朝鮮世界の若者向けに洗脳に入ったと言っていいのではないだろうか。  

     実際に『親近なる父』のミュージックビデオでは笑顔の金正恩を何度も見せられ、曲ののノリで心を掴む仕組みがいっぱい。その裏にある北朝鮮の戦略など気にしない、いや、わからない若者をにダイレクトにメッセージを届ける策略だ。

     世界の若者の傾向を分析し、テレビなどのマスコミなどよりも直接響くからね。
     テレビなどでは、それを放映するかどうかはわからないが、面白ければTikTokYoutubeなどに流せば、勝手にバズる仕組みがSNSでは出来上がっている時代だ。

     だから、北朝鮮のプロパガンダとして煌びやかな部分を切り取り、金正恩に親しみを持たせる内容になっている。

     実際に見てみたが、確かに曲のノリがよく政治的な部分を除いてエンターテイメントとしてみれば面白いと思った。

     かなりよく練られたSNS戦略だと思う。

     人間には接触頻度が親しみを与えるザイオンス効果というものがある。
     マーケティングにも応用されている手法だが、SNS北朝鮮礼賛の『親近なる父』を何度も見ていると金正恩に親しみを覚えることだろう。

     これは人間の性だ。

     北朝鮮は貧困国ではあるが、ITレベル,特にハッカーなどは世界トップレベルの水準を誇る。核開発だって着実に進めおり、世界の貧困国でありながら大国のアメリカとの対談を実現したりと北朝鮮の戦略は侮れない。

     実際に『親近なる父』を聞くだけではなく、それに合わせたダンスなどがTikTokで流行っているのだ。チャレンジ企画で北朝鮮の曲がバズるとはビックリ・・・。

      北朝鮮は音楽とユーチューブ等を通して体制宣伝に注力しているが、世界の若者がまんまとその策略にはまってしまったわけだ。

     テロリストと名をはせた「イスラム国」もSNSを通じて自分達のメッセージを伝えて、世界各国の若者が戦闘に加わったという事実もある。

     これからは政治家同士の話し合いだけでなく、SNSに通じた戦略も重要になってくる。 親近感を覚えた若者や子供達が大人になれば、その国の政治的戦略にも大きな影響を与えるからね。

     日本ももう少しSNSの活用方法を考えた方がいいな。
                

    このページのトップヘ