世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    これで禁固刑?

    イランで象徴的な場所とされる首都テヘランのアザディ広場の塔の前で、優雅に踊る若いカップル。  男性が女性を抱きしめて回ると、女性の長い髪がなびく――。

     そんな動画が昨年、インターネットに投稿されて拡散した。その後、この若い2人が逮捕され、10年以上の禁錮刑を言い渡されたとして、ネット上で波紋が広がっている。AFP通信などが報じた。

     報道によると、女性(21)と男性(22)は婚約していて、SNS上で共に多くのフォロワーを持つインフルエンサーだという。

     米国を拠点とする人権団体のメディアによれば、2人は動画が広まった後の昨年11月初旬に逮捕された。その後、「不道徳な行為を広めた」罪や「国の安全を混乱させる目的で集まった」罪で10年6カ月の禁錮刑を言い渡された。

      ネットの使用やイランからの出国も禁じられたという。

     一方、米CNNによると、イラン司法府のニュース通信は、後者の罪でのみ5年の禁錮刑を言い渡されたと伝えているという。

     イランでは、女性は髪を隠す布「ヒジャブ(ヘジャブ)」の着用が義務づけられ、男女が公の場で踊ることも許されていない。動画では、女性はヒジャブをつけていなかった。

     昨年9月、マフサ・アミニさん(22)がヒジャブの着け方が「不適切」だとして逮捕された後に急死して以降、イランでは抗議デモが続いている。

        捜査当局は今年1月に入り、着用に対する取り締まり強化を打ち出している。(植松佳香)』


      男性が女性を抱きしめて回ると、女性の長い髪がなびく。 テヘランのアザディ広場の塔の前でカップルで踊っただけで、禁固刑になったというニュース。

        日本や欧米ならごく普通の光景。 しかもカップルは婚約者同士。 それがイランでは、10年の禁固刑になるらしい。

        日本だと仲が良くていいカップルだねと微笑ましい光景だけど、イランでは「不道徳な行為を広めた」罪や「国の安全を混乱させる目的で集まった」罪になるらしい。

     イランでは、女性は髪を隠す布「ヒジャブ(ヘジャブ)」の着用方法で女性が死亡してしまった事件で、大きなデモが発生した。

     つまり、イランの民衆はそんな不自由な社会を望んではいないということ。 だけど、イランイスラム教国家

     イスラムの教えが何よりも優先されるという感じ。

     イランでは、行政府、司法府、立法府の三権のほか、イラン・イスラム共和国軍(国軍)、イスラム革命防衛隊の両軍における最高位である最高権力者は、イスラム法学者(ウラマー)から選出されることになっている。

     イスラム教の法学者トップが、イラン大統領よりも権力を持っている社会システムなのだ。 三権分立を超越する存在。

     だから、イラン民衆の意見よりもイスラム教の解釈が最優先される国。 イラン国民が望んでいることが取り締まりの対象となる。 ネット使用禁止出国禁止の措置が下される。

     国のシステムはその国の国民が選択すればいいとは思うけど、最近は独裁者一党政治がパワーを持っていて、その勝手な方針に従わないと罰せられるというニュースが増えてきた。

     そういう意味では言論の自由、行動の自由がある日本は、かなり恵まれていると言えるかもね。

                 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    国際化する犯罪

     今、全国で強盗事件が相次いでいる。その指示がフィリピンの刑務所から指示が送られていたらしいという衝撃的な事実が出てきた。

     『かつて“ルフィ”と接点があったEXITの兼近大樹

      「僕は、“ルフィ”の子分でしたよ。暴力、根性焼き、食事の取り上げ…彼らの恐怖支配はすさまじいものでした」と語るのは、現在、特殊詐欺に加担した罪で、国内の刑務所に服役するKさんだ。

     昨年から全国で10件以上も発生している連続強盗事件

       東京・狛江市では、大塩衣与さん(享年90)が殴打され、亡くなるという強盗殺人事件にまで発展している。

     「実行犯らは次々と逮捕されており、犯行の実態が徐々に明らかになってきました。彼らは、ネット上で募集される“闇バイト”に応募してきた寄せ集め。黒幕は、フィリピンの入国管理局が管轄する『ビクタン収容所』から指示を出していたことがわかっています。

     警視庁は、すでに特殊詐欺の容疑で逮捕状が出ている渡邉優樹容疑者、今村磨人(きよと)容疑者ら4人を、強盗事件の黒幕だと疑っており、身柄の引き渡しをフィリピン当局に求めています」(社会部記者)

     彼らは身元を伏せるため、コードネームを使っていた。渡邊容疑者と今村容疑者のコードネームは、どちらも人気漫画『ワンピース』の主人公から取った“ルフィ”。この2人組の“ルフィ”こそ、冒頭のKさんの“親分”だった人物だ。

     Kさんの内縁の妻を通じて、本誌はその実態を取材した。

     そもそもKさんは、2019年11月、フィリピンで特殊詐欺グループの“かけ子”として36人が一斉に逮捕された際に、捕まったうちの一人だ。

    「そのグループを率いていたのが、渡邉容疑者と今村容疑者です。僕らが逮捕された際には逃げていましたが、その後捕まり、それぞれ収容所に送られて来ました」

     だが彼らは、Kさんのような“下っ端”とは別格だった。 「指定暴力団に所属していた過去があるという噂で、Sという男とともに、収容所内を支配していました。渡邉容疑者と今村容疑者は、ともに札幌市出身で、地元の友達同士だと言っていましたね。同世代で仲がよさそうでした。今村容疑者は渡邉容疑者のことを『ゆう』と呼んでいたぐらいですから。

     僕は今村容疑者が、日本円にして100万円以上もの大金を収容所幹部に渡すところを目撃しました。お金のある彼らは、看守から優遇され、逆に気に入らない人間を独居房に入れさせたり、トイレやシャワーを使わせないようにしていたんです。彼らに目をつけられると、食事すらできませんでした」

     “力”を手に入れた彼らは、収容所の中で再び悪事に手を染めるようになった。

    「10人ほどの“子分”らに『どうせ悪いことしたんだから、もっと悪いことをしてカネを稼げ』と言って、収容所の中から日本に電話をかけさせ、オレオレ詐欺キャッシュカード詐欺盗などをさせていたんです。僕も加担させられそうになりましたが、これ以上罪を重ねたくないので、かたくなに抵抗しました」

     日本国内で、特殊詐欺への警戒が強まるなかで、思うような成果が上がらなくなってくると、“ルフィ”らは凶悪犯罪にも手を染めるようになった。

     それが、今回の連続強盗事件だ。 「今村容疑者と渡邉容疑者が、日本にいる実行犯らに、強盗の指示を出すところを何度も目撃しました。彼らは特殊詐欺のときも、かけ子たちが逮捕を恐れて逃げようとすると、『日本にいる恋人や母親をさらうぞ』と脅して言いなりにさせていました。今回も、日本で指示を受けていた実行犯たちは、そうやって操られていたのかも…」

     さらにKさんは、渡邉容疑者からとある自慢話を聞かされたことがあるという。

    「『俺は以前、札幌で窃盗をやって逮捕されたけど、そのときに俺に使われて共犯者として捕まったのが、あのEXITの兼近なんだ』と話していたんです。そのときは、まったく信じていませんでしたよ」  
     ギャル男風漫才で人気のEXIT・兼近大樹(31)。ルフィの一味だったとは、にわかには信じがたいが、確かに彼には2度の逮捕歴がある。 「2019年9月に『週刊文春』は、兼近が2011年11月に女子高生に売春の斡旋をしていたとして逮捕されたことがあると報じました。直撃に対して兼近は『やっと話せる』『すべてをさらけ出してほしい』といさぎよく認めました」(芸能記者)

     さらに、2019年10月4日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)では、兼近自身が、もうひとつの逮捕歴についても明かしている。

    「2012年8月、札幌市内で起きた1千万円窃盗事件のことです。兼近さんは逮捕され、10日間の勾留後、不起訴処分になったそうです。実際、当時の新聞では、ホストクラブ従業員の男性宅に侵入し、現金約1千万円入りの耐火金庫などを盗んだ疑いで、札幌市内の『不動産業渡邉優樹容疑者』と『飲食店従業員兼近大樹容疑者』が逮捕されたと報じられています」(社会部記者) “ルフィ”と兼近の意外すぎる共犯の過去…。

     兼近が執筆した自伝的小説『むき出し』(文藝春秋)でも、当の窃盗事件について描かれたと思われる箇所がある。  

     売春の斡旋容疑で逮捕された主人公は、検察庁の待機室で「手首の袖から和彫りをチラ見せしている男」と運命的な出会いを果たす。この男と意気投合した主人公は、すすめられるがままに、バーの経営を始めた。

     そしてある日、男からこんな依頼を受ける。 「女が攫われたっぽいから確認のために、知り合いの家の鍵を開けてきてくれ」

     店をもたせてくれた“ボス”の指示どおり業者を呼んで解錠し、無人であることを確認した主人公。だがその数日後、自宅に警察がやってきて、自分が解錠に立ち会った家で、直後に窃盗があったことを知らされる。「ハメられた」と知った主人公は、札幌を捨て、芸人を目指し上京するのだった――。

     兼近が自伝的小説の中で描いた主人公の姿は、“闇バイト”のために集められた素人たちが強盗に手を染める、今回の事件を彷彿とさせる。

     もちろん、兼近は自ら2度の逮捕歴を明かしたうえで、過去の所業を反省し、立派に更生している。まさか、“ルフィ”と接点があったとは兼近も驚いているだろう。

    「事件は、まだまだ収束しそうにありません。“ルフィ”以外にも複数の黒幕の名が挙がっており、全容解明にはかなりの時間がかかりそうです」(前出・社会部記者)  現実社会で“海賊王”は許されない。』

     連続強盗事件の黒幕が、EXITの兼近と接点があったという点でもかなりインパクトがあるニュースだが、今回の事件を別の角度から見てみたい。

     まず、最近の犯罪は日本国内だけで考えられなくなっていること。

     海外にいた場合は、その国の法律が優先される。逆に言えば、日本の法律は適用されない、もしくは適用にくくなると言っていいだろう。  それが犯人の狙いだ。

     今回はフィリピンだったが、別の特殊詐欺事件ではタイで日本人が捕まったケースもあった。  海外の方が日本のようにきめ細かいルールがなかったりもするのも事実。

     今回のフィリピンの刑務所は、VIPルームがあり、金さえ払えばエアコン付きルームにして、スマホさえ自由に使えるらしい。まあ南米の刑務所でも似たような事例は聞くが、海外の刑務所は金次第ということもけっこうある。

     日本の常識で言えば、刑務所で自由にスマホを操作できて犯罪を指示するなんて信じられないが、実際にできる環境のようだ。  フィリピンの看守を買収するのは簡単らしい。

     いや、そもそも刑務所内にVIPルームを設けて、受刑者から金をとろうという発想するところだからね。受刑者主催の売店もあるようだし、刑を償うというような所とはかけ離れている。

     つまり、そういう金のある奴が刑務所を支配していくということだ。  

     また、今回の強盗事件の指示役の容疑者として挙がっている渡辺、今村容疑者は、わざとフィリピン人に頼んで告訴してもらい、日本に帰れないように操作していたらしい。  つまり、フィリピンでの犯罪事件が片付かないと、日本に送還されない方法を取ったということ。

     独立国家として、自国での犯罪に決着がつかない限り、容疑者を強制送還する国は少ないだろう。  そこを狙ったわけだ。

     日本の刑務所に収容されるよりずっとマシだろうからね。日本へ帰れないような手を打っていたわけだ。

     ところでもう1つ大きな点がある。

     スマホで指示できたとしても実際に動くのは別の人。
     特にフィリピンへの送金は信頼できる仲間、もしくは絶対服従の手下が必要だ。

     最近では日本の金融機関マネーロンダリングにかなり気を付けるようになったしね。そういう絶対服従の組織を作り上げているということだね。

     先ほど海外では金次第って言ったけど、捨て駒の実行役は闇バイトなどから応募してきた面識もない連中。日本も金次第という本質は変わらない。

     それで個人情報を把握し、組織を抜け出せなくしているらしい。  また本人への暴力だけでなく、恋人や家族を襲うなどの脅迫もあるようだ。

     この辺は北朝鮮のような国家もマフィア麻薬組織のようなところも似たような感じだね。この人質作戦は。  

     今回、組織を壊滅できるのか。
     海外にいてもスマホで犯罪を指示し、金を手に入れられる時代。便利だけど、怖い世の中でもある。  
     今回の事件はフィリピンと日本の警察が連絡し、協力関係があったからまだ事件解決に動いている。だけど、これが日本の警察と連携が取れない国だったらどうだろう? 日本の警察は手も足も出ないかもしれない。

     世界の賄賂や金で言うことを聞く連中をなくすことはできないだろう。

     個人的にはもっと個人情報を大切に扱う教育を行い、個人情報を流出させた企業や人物の罰則を厳しくすべきだと思う。

     犯罪組織がピンポイントで家を特定できた理由は何か。
     特殊詐欺にしても強盗にしても、その家に現金があるかどうかが重要になる。

     強盗に入っても金がないと意味がないし、非効率的だからだ。
     その資産情報が犯罪組織にダダ洩れ状態だから、こういう犯罪がしやすくなる。

     過去には年金情報中国の会社に委託していたりという信じられない事件も起きた。組織としての意識の低さも明らかになった。

     データ管理の重要性の教育が必要だろう。そのミスが間接的に犯罪に結びついていっている。

     日本国民全員が、データ管理者のちょっとした操作ミスが何年か後に殺人事件に結び付く時代なのだということを理解しないといけないだろう。

                

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    オランダ   デザイナーブリード禁止   

    『【AFP=時事】オランダのピート・アデマ(Piet Adema)農相は20日、短頭種の犬や折れ耳の猫など、見た目はかわいいが健康に「悲惨な」問題を抱える「デザイナーブリード」と呼ばれるペットの新たな飼育広告・ソーシャルメディアでの写真掲載を禁止する方針を明らかにした。

     アデマ氏は「『かわいい』と思う気持ちが、罪のない動物を悲惨な目に遭わせている」「だからこそ、オランダペットが見た目のせいで苦しまずに済む未来に向けて、大きな一歩を踏み出していく」と述べた。

     デザイナーブリードは見た目のかわいさから、有名人やソーシャルメディアのインフルエンサーの間で人気を集めているが、疾患が多い。

     政府は、対象となる品種のリストの完成には時間がかかるとしているが、オランダ公共テレビNOSは、対象となる犬種にはパグも含まれる可能性があると報じている。

     最近の研究では、パグフレンチブルドッグ、イングリッシュブルドッグのような鼻先が短い犬種は、特に呼吸器の病気を起こしやすいことが分かっている。

     法律で新たな飼育が禁じられた場合でも移行期間が設けられ、既に飼っているペットは寿命を終えるまで飼育できる。』

     オランダの農相がデザイナーブリードを禁止する方針を示した。

     デザイナーブリードって、あまり聞きなれない言葉かもしれない。デザイナードッグと言えば、独自の品種として確立しつつあるハイブリッド犬のことらしい。

     デザイナーブリードは見た目のかわいさから、有名人やソーシャルメディアのインフルエンサーの間で人気を集めているそうだが、一番の問題はそのペットに疾患が多いことのようだね。

     まあ、人間の都合でペットに色々なものを着せたりすると、動物にとっては健康に負担がかかっているということだろう。

     対象となる品種のリストの完成には時間がかかるとしているが、対象になったら飼うことが禁じられるらしい。  

     今、飼っている飼い主はOKらしいけど。 そうなると、駆け込みで人気のペットを買う現象が起こってくるのではないかな?  

     ペットもおしゃれの1つにしか考えられないなら、そういう措置も仕方がないのかなあ。

     さて、オランダの考え方が世界に広がっていくのか。それとも、自分達だけで終わってしまうのか。今後も動物保護の観点からは要注意だね。

               

    このページのトップヘ