世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中国からの謎の種



     『購入した覚えのない「謎の種」が、海外から自宅に届く案件が相次いでいるとして、植物防疫所が受け取った場合は同所に相談するよう注意を呼びかけている。

     アメリカでも同様の送りつけ被害が報じられ、一部では詐欺ではないかと言われている。

     横浜植物防疫所の担当者によると、7月29日ごろから「注文した覚えのない植物の種子が海外から自宅に届いた」といった相談が相次いで寄せられているという。

     植物防疫法は、「植物を輸入した者は、遅滞なく、その旨を植物防疫所に届け出て、植物防疫官から検査を受けなければいけない」と定める。

     検査を受けていない海外の植物を郵便で受け取った場合にも、速やかに検査を受けることを義務付けている。

     輸入時に検査を受けた植物は、外装に合格のスタンプ(植物検査合格証印)が押される。

     担当者は「外装に合格証印のない植物の小包が届いたら、そのままの状態で、最寄りの植物防疫所に相談してほしい」としている。また、こうした心当たりのない種子をプランターなどに植えないよう注意を呼びかけている。

    ■「ブラッシング詐欺」の可能性も

     同様の被害は、アメリカでも報じられている。

     ニューヨーク・タイムズによると、少なくとも27の州の農務省当局が、注文していない種子が送り付けられる事案が発生しているとして住民に注意を呼びかける声明を出した。

     これらの種子は、中国から郵送されたとみられている。郵便物の外装には、ジュエリーやイヤホン、おもちゃなどのラベルが付いていたという。

     ホワイトハウス警察署は、公式Facebookで、種子の送り付けはオンライン詐欺の一つである「ブラッシング」詐欺の可能性があると指摘している。

     アメリカの商事改善協会(Better Busibess Breau)のウェブサイトなどによると、「ブラッシング詐欺」は、安価な製品を相手の同意なしに勝手に送り付け、受取人のふりをしてアマゾンなどの通販サイトに高評価のレビューを書き込む手口。

     ネット上で製品の評価や認知度を高める目的がある。受取人に荷物が届くと、注文が完了したとみなされ、レビューをサイトに書き込めるようになる仕組みを利用している。

     受取人は発送した人物を特定できないという。

     アメリカの農務省も、「現時点では、今回の事案が『ブラッシング詐欺』以外の何かであるという証拠はない」との見解を示している。

     ホワイトハウス警察署は「受け取ったとしても直接的な危険はない」としつつつ、種子を適切に処分するため届いた場合は相談するよう呼びかけている。』


      何か変な事件が起こっているね。 勝手に謎の種を送り付けるなんて。
      ブラッシング詐欺じゃないかと言われている。

      ブラッシング詐欺と言うのは、売り手が虚偽のレビューを投稿して売り上げを伸ばす目的で、ユーザーが注文していない商品を送り付ける手口のこと。  

      口コミ評価が大きな影響を持つようになったオンラインビジネス
      その悪用版ということだね。  

      それにしても種というのが不気味。  
      植物検疫の問題もあるし、勝手に植えたらとんでもない品種だったと言うこともあり得るかも。
      大麻とかだったら、知らなくても逮捕になっちゃうからね~。

      しかもこれは日本だけでなく、アメリカでも流行っているらしい。

      現在、米中の激しい覇権争いで、アメリカと中国は真っ向から敵対している。
      中国から送られてきて、差出人不明というのも不気味。

      僕が心底怖いなと思っているのは、種が届いたと言うことではない。

      中国から誰が送ったかはわからないが、確実に届いていると言う点だ。  
      郵便物が届くと言うことは、住所と名前が一致していると言う事だろう。  

      つまり、その謎の差出人は、その人の個人情報を知っていると言うことになる。
      中国から個人輸入でもやっていた人ならまだ理由がわかるけど、そうでなければどこで個人情報を抜かれたのかと言う問題もある。  

      闇サイトで売られていたとかなのか、今はやりのTiktokなど中国アプリから抜かれたとか??   理由もわからなかったら、それこそ不気味だろう。

      これからはサイバー攻撃が目に見えない戦争になると言われているが、ブラッシング詐欺ならどうして中国人に送らず、わざわざ海外に送るのだろうか。

      中国人に送った方が中国国内だから簡単だと思うし、コストだって安く済むはず。

      特に中国からアメリカへ送るとなると郵送料だってかかるだろう。 見つかった時の中国政府の罰則が厳しいのだろうか??

      同じ海外に送るのだって、普通に考えれば隣国や東南アジアの方が安く済むはずだ。 特にマレーシアシンガポール華人も多く、中国語でも問題ないだろうし。  

      個人情報取得が難しかったのかな?
      だとしたら、日本人の個人情報を盗むのは簡単だということになるが・・・。

      そういう色々な観点から見ると、アメリカ日本へ送っている理由が、単なるブラッシング詐欺で片付けられるのかどうか、ちょっと疑問だな。

              

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    AIで笑顔判定



      『「笑顔採用」始めます-。愛知県内で複数の保育園を運営する企業が22日、AI(人工知能)で面接者の笑顔を判定し、採用の評価基準とするユニークな採用活動を始めた。

     「AIは面接用のぎこちない笑顔さえも見抜く。客観的に評価したい」と担当者。
      珍しい取り組みは、人材難などの課題を抱える業界に一石を投じるだろうか。

      愛知県内で保育園など5施設を運営する「グローブ・ハート」(名古屋市)。

      IT企業「バイタリフィ」(東京)とともに、笑顔レベルを数値化するAIシステムを共同で開発した。AIは開発段階で多くの人の笑顔を学習。蓄積されたデータを基に、対象者の笑顔度を判定する仕組みだ。  


      面接官が対面で面接者に質問するなどの形式は従来と変わらない。しかし、その様子はスマートフォンで記録され、面接者の笑顔度は1秒ごとにグラフ化される。

     一定レベル以上の笑顔が続いた時間も計測可能できるという。  

     15分間の面接を100点満点で採点し、対面での評価が50点、残り50点をAI測定分で評価する。  

     「取り繕ったスマイルも見抜く。美人かどうかも関係ない」。グローブ・ハートの小沢清隆代表(33)が力を込める。

     22日朝にはデモンストレーションを行い、受験生役の男性社員をスマホで撮影しながら笑顔レベルを測定した。  

     保育士離職率が高い職種とされる。各種調査では離職理由の上位に「人間関係」が入るため、同社は人材確保・定着の切り札として笑顔の力に着目した。

     ユーザー目線でも同じだ。保育園を選ぶ際、約半数以上の保護者が「園の雰囲気」を重視するとの調査結果もある。保護者側の信頼を得るためにも笑顔は重要と考えたという。


     笑顔採用は、22日から募集を始めた来年度入社の新卒採用で導入する。面接は9月1~3日に実施予定だ。小沢代表は「笑顔あふれる園保育士も辞めにくく、子供や保護者からも選ばれる。

     新型コロナウイルス禍で暗いニュースが多い社会に、明るい取り組みを届けたい」と話していた。


     ■職場や子供に好影響、笑顔の力  

      笑顔をテーマとしたコンサルティングなどを行う「日本笑顔推進協会」(東京)によると、笑顔になれば、脳内にセロトニンという物質が分泌される。

     「幸せホルモン」とも呼ばれ、睡眠の質の向上やストレス軽減につながり、アンチエイジングも期待できるという。


      笑顔の効果を研究する早稲田大の菅原徹招聘(しょうへい)研究員によると、接客業などでは社内教育の一環として、笑顔トレーニングを行う企業がある。ただ今回の保育園のように、AI判定の笑顔を採用基準に取り入れる企業は「聞いたことがない」という。


     「短時間のAI判定で人の笑顔を完璧に判断するのは難しいが、容姿に関係なく、客観性が保てるのが良い点だ」と菅原氏。

     笑顔が乳幼児の成長に好影響を与えるとの調査結果もあるといい、保育園の取り組みを一定評価する。  

     大人の世界でも同様の傾向がある。

     菅原氏らが美顔器メーカーの社員を対象に行った模擬実験では、笑顔と業績に相関関係があることが判明。成績優秀な社員はそうでない社員と比べ、営業活動の際にぎこちない笑顔がなく、状況に関わらず自然な笑顔を出せていた。

     「職場が笑顔なので業績が良い」と、笑顔の効能を語る経営者も多いと菅原氏。

     「(笑顔で)生産性向上や業務効率化にもつながる。保育園のように笑顔を重視する取り組みがもっと広まれば」と話した。(桑村朋)』


      愛知県の保育園が、AI(人工知能)で面接者の笑顔を判定し、採用の評価基準とするユニークな採用活動を始めたニュース。  

      笑顔の印象って面接のときに大きいが、まさかAI(人工知能)で客観的にデータを取る時代が来るとは・・・。 いや~、ビックリだね。  


     確かに笑顔の印象って大きいけど、やっぱりイケメン美人、かわいい子の印象が強くなる。

     このA I(人工知能)笑顔採用が実現したら、職場がどれだけ改善できるのか、非常に興味がある。  
     保育園だから、一般企業よりも笑顔の重要性が大事なのはわかる。
     笑顔がいっぱいだと子供も楽しくなるだろうし、親もそういう保育園に預けた方が気持ち的にも安心だろう。

     でも、最後の方に、できる営業マンは自然な笑顔ができていると書いてある。  

     やっぱり作り笑顔だと相手に心を見透かされているけど、自然に笑顔ができると安心感が出てくるのかな?

      この保育園の試みが成功したら、全業種に波及する可能性だってあるね。

      離職理由で上位に来るのは、職場での人間関係
      これが精神的ダメージを与え、ストレスでいっぱいなってくるとなどの病気にも繋がってくる。  

      そういう意味でも笑顔採用ってありなんじゃないかな?  

      ただ気になるのは、A I(人工知能)を使うことにより、自然な笑顔作り笑顔がどの程度、正確に判別できるのか。  この精度が高くないと、絵に描いた餅だね。

      この保育園の採用基準は、対面50%、残り50%はAI(人工知能)で判断するらしい。

      いや~、AIの目は人間の目と同等の%ではないですか。

      ちょっと2,3年後と経過を追ってほしいニュースだね。

             

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    Gmail刷新の裏側 



     『Googleは米国時間7月15日、「Gmail」の大幅刷新を発表した。

      電子メールサービスの範囲を超えて、プロジェクトを計画したり同僚とチャットしたりするためのハブへと同アプリを拡大することを目指す。

      この刷新により、Gmailは、 SlackMicrosoftなどの競合企業が提供する他の生産性アプリと、より直接的に競合することになる。

      Microsoftはコラボレーションツール「Teams」を提供している。

      その意図は、「G Suite」におけるビデオ通話、チャット、電子メール、タスクなどの機能を1カ所に統合することにより、人々がどこにいても業務を円滑に進められるようにすることだ。

     「Android」および「iOS」向けの新しいアプリでは、画面の最下部に「Mail」「Chat」「Rooms」、ビデオ通話用の「Meet」という4つのタブが表示される。

      Roomsは、Slackのルームに似ており、同一チームのメンバーがリアルタイムにコラボレーションできるものだ。

      Googleでは、チャット、ファイルやタスクの共有、ドキュメントの編集ができるようになる。

      今回の刷新は、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中でリモート勤務への移行が進んでいることを受けたもの。

      企業はオフィスを閉鎖し、生産性ソフトウェアを利用して従業員のつながりを維持している。
      ソーシャルディスタンスも、Google製品に恩恵をもたらしている。

      最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏は4月、「Meet」の利用が急増したことを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で、1日あたりの新規ユーザー数は数週間のうちに200万人から300万人に増加したという。


      Googleは4月に「Meet」タブをGmailに追加しており、今回の刷新によって統合をさらに強化する。  刷新されたアプリには、重要なルームのピン留め、タスクの割り当て、「Do Not Disturb」や「Out of office」といったステータスの適用など、他の機能も追加されている。

      Googleは同サービスをより広い範囲に提供する前に、数社の企業とテスト中だ。』  


      グーグル(Google)がGmailを刷新する。

      電子メールサービスだけではなく、プロジェクトを計画したり同僚とチャットしたりするためのハブへと同アプリを拡大することを目指すという。

     要するに、これまでバラバラでやっていて、あまり統合性のなかった機能をまとめようと言う動きだ。

     ビデオ通話、チャット、電子メール、タスクなどの機能を1カ所に統合することにより、人々がどこにいても業務を円滑に進められるようにすることだ。

     世界的なコロナウイルス流行で、在宅勤務が急激に進み、オンライン会議オンライン授業が一気に増えた。 急激な需要がオンライン会議ツールの良し悪しにも目が注がれるようになってきた。

     SlackZoomなどだけでなく、GoogleのライバルであるMicrosoftMicrosoft Teamをやっている。 それぞれ時間制限やRoom割り、資料をアップ機能などに違いがあるが、ビジネスにターゲットを絞ればITツールの使い勝手が顧客獲得に大きく影響すると言う認識なのだろう。


      Googleもメールはメールではなく、統合的に使い勝手を良くしようと言うことだろうね。

      Google Meetも自分でも使うようになり、周囲でもよく使われるようになったと感じているが、更なるサービス向上が期待できそうだね。それはそれで利用者としては嬉しい。

      それにしても、この10年で一気に社会情勢が変わったね。

      振り返ってみるとYoutuberなる職業が脚光を浴びたユーチューブ(Youtube)インスタグラム(Instagram)、ツイッター(Twitter)、フェイスブック(Facebook)など情報ツールが一気に広がっただけでなく、Lineは支払い機能強化に走ったりしている。

      コロナの影響で、非接触型の支払い形態が注目を浴び始めている。
      中国のウィチャットなどはかなり進んでいる気がする。

      アメリカ発のフェイスブック仮想通貨のリブラをぶち上げたのは記憶に新しい。

      世界的に利用者がいるフェイスブックのリブラは、さすがに政府の金融政策に大きく影響を与えるので、各国政府から横やりが入った感じだが、もう10年すると主要貨幣の1つにかっているかもしれない。


      生活面においても、スマホのアプリウーバーイーツなどで食料を調達する。タクシーを呼ぶ。決済もする。生活習慣も変わりつつある。

      5Gを超えて、6Gになるともっと新しい技術が出てくることは間違いない。

      世の中の変化のスピードが急速に増している。 Googleなど世界的企業でもサービス向上を目指して、ライバル他社と戦っている。

      日本にもそういう革新的なIT企業が誕誕生してほしいな。

              

    このページのトップヘ