世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    水草の活用術  


     『琵琶湖で夏場に繁茂し、生態系や水質に悪影響を及ぼすとされる水草を活用した商品開発が、活発になっている。水草をガラスや革製品の染色材料にしたり、堆肥化させ農作物の栽培に役立てたりと、幅広い分野で取り入れられている。

     関係企業は「琵琶湖の厄介者と扱われがちの水草の可能性を知ってほしい」としている。琵琶湖では、1994年の大渇水以降、南湖を中心に水草が増加。

     水面が水草に覆われると、水中に酸素が行き渡りにくくなったり、湖水が滞留することで悪臭が生じたりするなど、環境への悪影響が指摘されている。

     県によると、ここ数年は年間1万トンが発生しているとみられる。県は年間5千~6千トンを除去し、約2年かけて自然発酵させ堆肥化し、無料配布している。

     ただ、処理時間の長さや新たな活用策が課題で、県は民間企業の技術開発支援に取り組んでいる。  

     大津市の環境関連会社「WEF技術開発」は昨秋、汚泥の処理技術を応用し、破砕処理した水草に活性酸素を加えて分解、乾燥させる装置を開発。処理した水草に炭や米ぬかを加え、発酵させて堆肥化を可能にした。

     今春から本格的に堆肥化事業に取り組み、地元農家がトマトやサツマイモの栽培に使うほか、自社のイチジク農園に導入した。

     来年からは、山田漁協(草津市)や造園会社と合同で、年間2千トンの水草を堆肥化する新たな事業も予定する。

     同社の技術で処理された水草は、ガラス工芸や革製品にも活用されている。

     大津市のガラス工房では、粉末状の水草を燃やしガラスに混ぜることで、淡い緑の色彩の作品づくりに役立てる。

     姫路市の皮革製造会社は、水草の炭を煮出してブラックバスの皮を赤茶色に染色。大阪市の会社などと一緒に、バスのうろこを生かした財布やキーケースを売り出す。

     WEFの青山章社長(73)は「思いもよらない活用策があって驚いた。水草を有効利用し、作物の地産地消で広まればうれしい」と期待を込める。

     長浜市の明豊建設も水草に自然由来の菌を入れて発酵させる手法を用いて、約3カ月で堆肥化する技術を確立した。

     「湖の恵」と名付け、2019年から販売。土壌環境が豊かになり植物が病気になりにくいという。今年2月には発酵過程で出る排水を2次発酵させたスプレータイプの植物活力液も発売。

     果樹園や家庭の鉢植えなどで利用されている。  

     同社は「水草はごみではなく有用な資源であることを示したい。琵琶湖の環境改善につなげていきたい」としている。』

     琵琶湖の害と思われていた水草。

     その水草を農業の堆肥に変えて有効利用するような研究が進められている。 年間1万トン。経費をかけて半分の5000トンぐらいを琵琶湖から取り除いている。

     来年からは、山田漁協(草津市)や造園会社と合同で、年間2千トンの水草を堆肥化する新たな事業も予定しているらしい。

     取り除く材料費は費用がいくらかなのかはわからないが、水草自体はタダだろう。 水草肥料が他の肥料よりいいとなれば、事業としても十分期待できるだろう。

     ましてや琵琶湖の水草は有害と思われていたんだから、お金を払ってもでも処理してほしいもの。
     
     ガラス製品革製品にも利用ができるらしい。こういうコラボっていいよね。

     地産地消ができて、農産物の改善に寄与できれば理想だ。 これからは環境問題も企業に求められる資質だ。

     こういう水草事業が軌道に乗れば、他の所でも大いに参考になるモデルケースになるかもしれない。 これからも要注目だね。
          

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    バンクシー・オークション



    『【AFP=時事】英覆面ストリートアーティストバンクシー(Banksy)が手掛け、2018年にオークションで落札直後に一部がシュレッダーで細断された作品が来月再び競売にかけられることが分かった。

       競売大手サザビーズ(Sotheby's)が3日、明らかにした。

    Girl with Balloon(風船と少女)」から「Love is in the Bin(愛はごみ箱の中に)」に改題された作品は、10月14日にサザビーズのオークションに出品される。

     予想落札価格は400万~600万ポンド(約6億1000万~9億1000万円)とされている。  

     作品は、落札された直後に額縁に仕込まれていたシュレッダーで一部が細断され、美術界を驚かせた。仕掛け人は、一握りの友人しか正体を知らないと言われているバンクシーだ。

     出品者は匿名のコレクターで、2018年10月にサザビーズで104万2000ポンド(現在の為替で約1億6000万円)で落札していた。

     出品者はサザビーズのプレスリリースで、「3年前の現実とは思えない夜、私はたまたま、非常に恵まれたことに『Love is in the Bin』の所有者となった」と述べ、「世界で最も有名な芸術作品の一つが生まれた物語に参加できたのは夢のような旅だったが、今、この絵を手放す時が来た」と続けている。 【翻訳編集】AFPBB News』

     覆面画家バンクシー

     以前のサザビーズのオークションで落札後に、隠しシュレッダーで半分絵が細断された。
     実は全部細断予定だったらしいけど、途中で詰まったのが真実らしいけど、ポイントはそこじゃない。

     このイタズラ心で、なんと絵の価値が下がるどころか上がってしまったのだ。

     バンクシー、すげ~。

     「Girl with Balloon(風船と少女)」から『Love is in the Bin』と名称まで変わった。 普通に考えれば名画に傷をつけたら、大きく価値が落ちるのが一般常識だろう。

     それがバンクシーの場合、絵の名前が変わり、オークション予想価格も3,4倍。

     3年持っているだけで、実質5億円ぐらい増えるなら、投資案件としてもメチャおいしいよね。 配当率を考えたら、凄すぎ。

     今の日本のように銀行にお金を預けていても、ほとんど利息が増えない状況なら尚更だろう。

     バンクシーが顔を出して自分で売ったとしたら、価値は上がるのだろうか、下がるのだろうか。ミステリアスな部分で評価が上がっているのかどうかだけど。

     いずれにしても、単位が何億ということであれば、多少価値が下がったとしても本人は大金持ちだよね。

     天才的な才能がある人の考えは、凡人の私たちにはわからないところを重要視しているんだろうね。
        

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    トライアスロンで銀
      

     『<東京パラリンピック:トライアスロン>◇男子(運動機能障害PTS4)
     ◇28日◇お台場海浜公園 初出場の宇田秀生(34=NTT東日本・NTT西日本)が、トライアスロンに新しい歴史を作った。

      男子PTS4(運動機能障害)に出場した宇田は苦手のスイムで8位と出遅れたものの、バイクで3位に浮上。最後のランでさらに1人を抜き、銀メダルに輝いた。

      16年リオデジャネイロ大会から採用された同競技で日本勢初のメダル獲得。

      五輪競技とともにパラリンピック競技も統括する日本トライアスロン連合(JTU)にとっても、五輪、パラリンピックを通じて初の表彰台で「メダル競技」の仲間入りを果たした。

      ゴール直前、宇田は関係者が座るスタンドに向かって、手を振った。「これまでやってきたことを、見てもらう。発表会にしたい」という思いで、満面の笑みをみせた。

      それでも、ゴール直後には号泣。「いろいろな気持ちが込み上げて」と言って目を腫らした。

      13年5月、宇田は就業中の事故で右腕を切断した。わずか5日前に結婚したばかり。新妻亜紀さんのおなかには第1子もいた。周囲の支えで何とか前を向き、半年後にはリハビリで水泳を始めた。

      これが、トライアスロンへの第1歩だった。 子どもの頃からサッカー一筋、滋賀・水口高では県選抜で1学年下の野洲高・乾貴士ともプレーした。

      基礎体力と根性はあった。 ランもバイクも得意だった。15年に本格的にレースに出場すると、すぐに世界レベルになった。

      世界選手権シリーズW杯を転戦して結果を残し、パラリンピックのメダル候補になった。

      新型コロナ禍の昨年は、健常者のトップ選手と沖縄で長期合宿を行った。五輪を目指す若手が練習パートナーを務めてくれた。

      だからこそ「障がい者としてではなく、アスリートとして見てほしい」と話す。「健常者と同じ量と質のトレーニングをしてきた。競技力を評価してほしい」。自信を込めて、力強く言った。』

      いや~、凄いの一言。
      パラリンピックって、ある意味、自分がしてきた言い訳を表に出してくれるよね。

      障碍者でありながらトライアスロンに挑戦する、そのチャレンジ精神が先ず凄い。

      トライアスロンって、水泳、バイク、ラン。つまり、泳いで、自転車乗って、最後に走る。 健常者でも僕は1つだけでも体力なくなってしまいそう。

      特に銀メダル獲得の宇田秀生さんは、右腕の根元からない。通常だとバランスを取るのにもかなり慣れないといけない気がする。

      片腕で泳ぐ選手というのは、順位に関係なく僕は尊敬の眼差しでしか見れない。泳ぐときのバランスもそうだが、推進力を片腕と足でカバーしなければいけないのだ。

      自分が片腕だけでどれだけ泳げるのか、想像できない。相当きついのは確かだ。 もう一本の腕と足のキック力を鍛えあげないとできないだろう。

      自転車だって片腕で操作となると、やはり気をつけなければいけないことは両腕のある健常者の非じゃない。何かあっても、左腕一本でバランスを取り、操作し続けなければいけないのだ。

      サッカーでプロを目指してた体力と精神力って、凄いんだなと改めて思わされた。

      宇田秀生さんが障碍者の競技としてというじゃなく、純粋にアスリートとして評価してほしいというのは、理解できる。

      健常者の多くが宇田秀生さんに挑戦しても、トライアスロンで勝てないだろう。
      宇田秀生さんは、そこが言いたいんじゃないかな?

      ハンディのある身体障碍者の競技パラリンピック)だから、ちょっと下に見る人もいるかもしれないけど、実際は普通にやっても勝てないくらい鍛えているんだよと。

      逆にハンディがある分、健常者以上の努力が必要だよ。

      3つの要素を組みわせたトライアスロンなら、尚更だ。
      僕は宇田秀生さんの言うように、素直にアスリートとして評価したいと思ったな。

      なんだか、勝手に限界を作っていた自分に喝!を入れててくれたような感覚。

      銀メダル、おめでとうございます!

           

    このページのトップヘ