ブログネタ
日中関係のニュース に参加中!

真の国際交流の意味

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140113-00000000-rcdc-cn


 『2014年1月8日、中国のゆがんだ愛国主義教育が、純粋な子供の心をねじ曲げてしまったことを如実に示すエピソードを、中国人ユーザー軍事関連ネット掲示板・米尓社区に投稿した。

 以下はその内容。 日本人男性と結婚した従姉が、夫と彼の親戚の男の子を連れて中国に里帰りした。

 男の子は俊夫という名の小学校1年生。見知らぬ国で言葉の通じない人々に囲まれて、とても緊張している様子だったが、一生懸命カタコトの中国語で私たちに挨拶し、深々とお辞儀をした。その姿がとても愛らしく、私たちはいっぺんで俊夫のことが大好きになった。

  だが、その従姉の一番上の姉の子、小学3年生の鵬鵬(ポンポン)だけは違った。最初から敵意むき出しの顔で俊夫をにらみつけ、こぶしを振り上げると「打倒小日本(ちっぽけな日本をやっつけろ)!」と叫んだのだ。

 これには俊夫も周りの大人もビックリ。鵬鵬の父親が彼を叱ると、「だって、日本人中国人の敵じゃないか!学校の先生もそう言ってたもん。パパたちは中国を愛してないんだ!」と言って泣き出した。

 そこで、「先生が言っているのは歴史だ。今は日本と仲良くしなきゃ。それに俊夫は私たちの大切なお客さんなんだから」と言い聞かせると、「じゃあ、パパやママはなぜ毎日、日本が中国の土地を奪ったから日本製品をボイコットするなんて言ってるんだよ?学校で見せられた教育アニメでも、日本帝国主義を打倒しろって言ってたよ!」と反論した。

  幸いなことに、中国語の分からない俊夫に鵬鵬と父親の会話の中身を知られることはなかった。

 俊夫は本当にいい子で、自分でできることは自分で全部する。礼儀正しく、大人を敬い、食事の際は全員が箸をとり、従姉が日本語で「いただきます」と言ってから、自分の箸をとる。

 それに比べて、鵬鵬はどうだ。部屋は汚い。自分では何もしない。食事は当然のように自分が好きな料理を一人占めし、彼を溺愛する大人たちもわざわざ好物を取り分けてやる。

  私たちは「鵬鵬が俊夫みたいだったらいいのに」と心から思ったものだ。そんな鵬鵬もだんだん俊夫に打ち解け、2人で遊ぶことも多くなった。お互いに日本語中国を教え合っている姿を見て、「やっぱり、子供は子供同士だ」と安心した。

  最後の晩、従姉とその夫は買い物に出かけていて、私たちはみんなでテレビを見ていた。そこへ鵬鵬が得意げな顔で俊夫を連れてきて「俊夫がみんなに言いたいことがあるって」と言った。

 俊夫は顔を赤くしながら恥ずかしそうにほほ笑んで、たどたどしい中国語でこう言った。

 「僕は死んで当然の日本人です。僕は中国人に謝ります」 俊夫のこの言葉にその場の大人たちは全員凍りついた。

 鵬鵬の父親はすぐさま彼をトイレに引きずって行き、中から「パン!」と引っぱたく大きな音が聞こえた。

 真相はこうだ。鵬鵬は俊夫に「みんなが喜ぶ言葉がある」とだまして、あの言葉を覚えさせたのだ。 こんな小さな子供がここまで日本を憎むとは、あまりにもおかしい。

 鵬鵬の愛国観はすでにゆがんでしまっている。善良で純粋で友好的な日本の子供を前にして、中国の子供がどれほど恐ろしい敵意と憎しみを日本に抱いているかを私たちは思い知らされた。

 中国の愛国教育はもっと客観的で冷静であるべきではないのか。(翻訳・編集/本郷)』


  中国の愛国教育は日本のマスコミでも再三取り上げられている。

 現在、残念ながら日中関係尖閣諸島の領土問題から関係悪化の一途と辿っている。日中首脳会談は開かれず、貿易額も落ち込むばかり。経済にも支障をきたしている。

 日本のマスコミ反日の話題を大きく取り上げる。政治の潮流や国際関係を分析し、国民に知らせてくれるマスメディアは大切な役割を担っていて第4の権力とも呼ばれる。

 しかし、マスメディアといえども、利益集団だ。本当に大切な情報を選択して優先順位をつけているわけではないと思う。

 売れる話題かどうかで取り上げるかどうかを判断し、取り上げるにしても話題になっているかどうかで取り上げ方(スペースの割き方など)も変わっているのが現状だろう。

 民間企業である以上、それは仕方のない面である。

 日中関係のニュースで言えば、中国人日本人が嫌いだという話題がかなり多くの割合を占めている。一方、日本人中国人は嫌いという割合が増えている。 

 こういったニュースが日中国民は互いに反感や憎しみを増幅させている面があり、日中友好関係を築こうという流れになかなかならない。

 日本人中国人は文化も考え方も大きな違いがあるのは事実。

 しかし、兵器業者など一部の人間は別かもしれないが、一般の日本人中国人も実際に戦争したいと思っている人はいないだろう。

 憎しみが湧くのは相手のことをよく知らないから、マスメディアの意見や論調に振り回されている面が多大にある。はっきり言っておくが、それらのニュースはマスメディア(テレビや新聞、雑誌等)の記者の目で書かれたものなのだ。

 専門的知識など我々一般人よりも持っているのは事実だが、全ての面をわかっているわけではない。大局的な視点で論じる時も、上から見た場合なのか下から見た場合なのかで違ってくるとかね。

 このニュースは中国人家庭の人が、日本人の子供と会って初めて中国の愛国教育に目を向けた時の感想だ。

 これが日本人から「中国の愛国教育はおかしい、おかしい」と言われたとしても、中国人は反発するだけで素直な気持ちにはなれなかったのではないだろうか?

 ここで僕が一番言いたいのは、実際に具体的な出会いが大事という事だ。

 この中国人がこのように考えるようになったのも、マスメディアが流すニュースの目で日本を見たのではなく、実際に自分の目で身の回りに起きた事から日本や中国の愛国教育について深く考えさせられたからなのだ。

 この「真の出会い」が非常に大事だと思う。

 実際、僕は中国人と何人も会っているが、日本人と仲良くしようという気持ちを持った人も多い。

 こういった日中の民間レベルでの友好交流が進めば、例え日本で中国の、中国で日本の悪意あるマスコミ記事が出たとしても、自分の身に置き換えて正しい判断をする可能性は高まるだろう。

 日本人中国人もお互いに会って話してみれば、理解できる部分も広がり、誤解だったことも解ける可能性が高まるのだ。

 この中国人家族はこれまで何の疑問も抱かなかった中国の愛国教育にも目を向けるようになった。

 このように今まで自分達が当たり前だと思っていた事も、比較する事によって、一度立ち止まって正しいのかどうかを考えるようになるのだ。

 これは中国人だけでなく、日本人にとってももちろん有効だ。

 固まった中国人のイメージは大幅に変わるだろう。
 中国人と一言で言っても、北と南、都会と田舎といった具合に育った生活環境が全く違っているのだ。

 当然、考え方だって違う、同じ中国人といってもね。また、中国の方言は別の言葉と言っていいくらいだ。

 上海語広東語など北京の中国人は理解できない。中国人と言っても広東語は基本的にその広東地域の人にしか理解されない。

 また、中国人と言っても漢民族ばかりでなくチベット族、ウイグル族をはじめ、少数民族が数多く暮らしている。このように中国12億人の人間を一括りにしようとする事自体、無理な要求だと気付くだろう。

 日本のマスコミで書かれている中国関連ニュースは果たして本当なのかどうか?

 数多くあるマスコミの記事やニュースの中には、事実と違ったものも含まれている。中には自分の意見や利益に合致するように、意図的に事実を捏造している場合だってあるだろう。

 事実と違ったものが事実として一人歩きする怖さだってあるのだ。

 最初は小さな誤解だったとしても、大きな流れになれば政府でも抑えきれない事態になるかもしれない・・・。

 日中関係が不安定な時こそ、日中友好活動が益々重要になってきているのである。

 
 僕が中国にいた時、本当に凄いなと思った「内山完造」の精神が今こそ必要だろう。

 内山完造横光利一、林芙美子、武者小路実篤など日本の文豪と親交があっただけでなく、魯迅を始め中国人の文豪とも交流した。

 戦時中でも内山完造自身が経営していた書店で行われていた日中文化サロン

 今よりももっと日中関係が悪化していた時代に中国の上海日中友好の架け橋となった人物が内山完造だ。

 あまり知られていないが、上海には日本人である内山完造の銅像だってあるのだ。
 中国日本人の銅像があることの意味はわかるだろう。

 僕は今こそ内山完造の功績にスポットを当て、我々が進むべき日中関係の道の参考にすべきものだと思うな。

【送料無料】花甲録 [ 内山完造 ]

【送料無料】花甲録 [ 内山完造 ]
価格:3,465円(税込、送料込)