ブログネタ
最新ニュース に参加中!
南米の悲惨なクリスマスイブ続報

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00000003-jij_afp-int



   『【AFP=時事】南米のパラグアイ、アルゼンチン、ウルグアイ大規模な洪水に見舞われ、クリスマスイブの24日、3か国で計5人が死亡、計15万人近くが自宅退避を余儀なくされた。

   当局によると、パラグアイだけで約13万人が避難生活を強いられてる。

  オラシオ・カルテス(Horacio Cartes)大統領は非常事態を宣言し、災害対策基金から350万ドル(約4億2000万円)余りの拠出を決めた。

  死者のうち3人は同日未明、パラグアイの首都アスンシオン(Asuncion)ブラジルの国境の町フォス・ド・イグアス(Foz de Iguazu)を結ぶ国際幹線道路を走行中、乗っていた車に倒木が直撃した。

  アスンシオンでもバイクに乗っていた女性が倒木で犠牲になった。

  パラグアイ国内では配電センター17か所が利用不可能となり、アスンシオン一帯で12万5000世帯が停電した。  


  一方、アルゼンチン北東部でも広範囲で被害が伝えられ、地元メディアによると、北東部のコリエンテス(Corrientes)で嵐による自宅の被害を調べようとしていた13歳の少年が電気ケーブルで感電死した。

  今回の洪水は同国を襲ったものとしては過去半世紀で最悪の規模。【翻訳編集】 AFPBB News』


   クリスマスイブというのに、亡くなったり、避難をする羽目になった南米のパラグアイ、アルゼンチン、ウルグアイ。 パラグアイ、アルゼンチン、ウルグアイの3国の多くはキリスト教徒

   因みに現在のカトリックのフランシスコ・ローマ法王アルゼンチンのブエノスアイレス出身だ。 それぐらい、南米ではキリスト教がよく信仰されている。

   そのキリスト教徒の一番大事な日に洪水被害にあうなんて・・・。なんとも皮肉だね。
   日本だと祟りじゃぁ~とか言ってそう。

   せっかくのクリスマスイブが台無しになっただけでなく、来年にも暗雲をもたらしたね・・・。 過去半世紀で最悪の規模というから、南米の状況を考えると、かなり復興が遅れる地域もでてくるだろう。


    その続報がこちら。

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20151227-00000025-ann-int


   『南米では、エルニーニョ現象の影響とみられる大雨が続き、各地で洪水の被害が相次いでいる。

  なかでもパラグアイでは、首都アスンシオンで川の水位が大幅に上昇し、川岸に多く住む貧困層の住民ら約10万人が避難する事態となっている。

  政府は緊急事態宣言を出し、さらなる増水に注意を呼び掛けている。』  


   動画を見ると、もう家のほとんどが浸水している所も。

   エルニーニョ現象と見られる大雨だけど、年を越すどころの騒ぎじゃなくなってくるね。

   クリスマス、新年と災難が続くパラグアイ

    そんな南米の悲惨なニュースを見ていると、無事に年を越せるという事がどれだけ有難い事か、考えさせられるね。