ループル美術館が予約制へ



 『【AFP=時事】世界的に有名な仏パリのルーブル美術館(Louvre Museum)は2日、今夏の混雑状況を受け、訪問客に対し事前にオンラインで来館予約を取るよう呼び掛けるとともに、年内に予約を義務化する方針を明らかにした。

 レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の絵画「モナリザ(Mona Lisa)」などを所有する同館は世界一の来館者数を誇る美術館で、人気のあまり混雑が問題になってきた。

 今夏は熱波の影響観光客が涼しい美術館内へ避難したことにより、混雑が悪化。

 また、改修工事のために「モナリザ」が別室に移動したことも、さらなる混乱を生んだ。


 ルーブル美術館のバンサン・ポマレード(Vincent Pomarede)副館長補佐は、オンライン予約の義務化により、同館は来館者数に対処しやすくなると説明。

「(予約の義務化は)10月か11月からになる予定。2020年の年初に開始したかったものを早めた」と説明した。【翻訳編集】 AFPBB News』


 フランスの首都パリにあるルーブル美術館

 あのレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「モナリザ」が見られる美術館としても有名。

 世界中の観光客が訪れるルーブル美術館が、ついに予約制を導入すると言う。 つまり、予約なして行っても美術館へ入れてもらえない。。。

 これは自由旅行をしているバックパッカーなどには痛手だね。

 せっかくパリに行っても、予め準備しておかないとルーブル美術館へ入れないんだから。

 ただあまりに多くの観光客が行っても、ゆっくり美術鑑賞などできないのも事実。

 世界一の集客があるルーブル美術館ならではの悩みかもね。