日本産ウィスキーの凄い人気度



『【ロンドン時事】希少な日本産ウイスキーが16日、香港で競売に掛けられ、1億円に迫る719万2000香港ドル(約9750万円)の超高額で落札された。

 英競売商ボナムズが発表した。世界的に高い評価を集める「ジャパニーズ・ウイスキー」の人気を証明した格好だ。

 競売に掛けられたのは埼玉県のベンチャーウイスキー肥土伊知郎社長)が発売した「イチローズモルト・カードシリーズ」の計54本セット。

 それぞれにトランプにちなんだ名前が付けられ、2005~14年に順次発売された。いずれも限定本数しか販売されておらず、一部のウイスキー愛好者の熱狂的な人気を集めた。

 事前の予想落札価格は450万~600万香港ドル(約6100万~約8100万円)と見込まれていたが、実際は大きく上回った。

 15年にボナムズが実施した別の競売で同様のセットが約380万香港ドル(約5100万円)で落札されており、4年間でほぼ倍増した。

 ボナムズ担当幹部のダニエル・ラム氏は競売前、「日本のウイスキーに対する市場の需要は過去最も強い」と指摘。

 さらに「シリーズ全部がそろったセットは世界に四つしかないとされている」と希少価値をアピールしていた。』


  日本のベンチャーウィスキーが発売した「イチローズモルト・カードシリーズ」の計54本セットが1億円近くでオークションで落札された。

 計算すると、1本約180万円。 限定ウィスキーとはいえ、1本180万円という値が付く人気ぶり。
 熱狂的なウィスキーファンっているんだね~。

 ウィスキー1本が車1台買える価値なんだ~。
 一体どんな味がするんだろう。


 このベンチャーズウィスキー、イギリスの『ウイスキーマガジン』ジャパニーズモルト特集で最高得点の「ゴールドアワード」に選ばれたり、イギリスの「ウイスキーマガジン」主催の「ワールド・ウイスキー・アワード2017」で「シングルカスクシングルモルトウイスキー部門」で世界一に選ばれたりしている。

 イギリスではベンチャーウイスキーはかなり知名度が高いみたい。

 いずれにしても、日本のウィスキーが世界に認められていると言うのは嬉しいニュースだね。