世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    カテゴリ: 芸術関連ニュース

    ループル美術館が予約制へ



     『【AFP=時事】世界的に有名な仏パリのルーブル美術館(Louvre Museum)は2日、今夏の混雑状況を受け、訪問客に対し事前にオンラインで来館予約を取るよう呼び掛けるとともに、年内に予約を義務化する方針を明らかにした。

     レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の絵画「モナリザ(Mona Lisa)」などを所有する同館は世界一の来館者数を誇る美術館で、人気のあまり混雑が問題になってきた。

     今夏は熱波の影響観光客が涼しい美術館内へ避難したことにより、混雑が悪化。

     また、改修工事のために「モナリザ」が別室に移動したことも、さらなる混乱を生んだ。


     ルーブル美術館のバンサン・ポマレード(Vincent Pomarede)副館長補佐は、オンライン予約の義務化により、同館は来館者数に対処しやすくなると説明。

    「(予約の義務化は)10月か11月からになる予定。2020年の年初に開始したかったものを早めた」と説明した。【翻訳編集】 AFPBB News』


     フランスの首都パリにあるルーブル美術館

     あのレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「モナリザ」が見られる美術館としても有名。

     世界中の観光客が訪れるルーブル美術館が、ついに予約制を導入すると言う。 つまり、予約なして行っても美術館へ入れてもらえない。。。

     これは自由旅行をしているバックパッカーなどには痛手だね。

     せっかくパリに行っても、予め準備しておかないとルーブル美術館へ入れないんだから。

     ただあまりに多くの観光客が行っても、ゆっくり美術鑑賞などできないのも事実。

     世界一の集客があるルーブル美術館ならではの悩みかもね。

               

    ブログネタ
    最新ニュース に参加中!
    日本で大コケ、海外で高評価のアニメ

       http://news.livedoor.com/article/detail/10441777/


        『原恵一監督作の長編アニメ『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』が、カナダ・モントリオールで開催されていた「第19回ファンタジア国際映画祭」(現地時間7月4日~8月4日)において、長編アニメーション優秀賞にあたる今敏賞、セカンス賞アジア映画優秀賞、長編アニメーション観客賞の3冠を受賞した。

      原はTVアニメ『クレヨンしんちゃん』シリーズを長く手がけ、"大人も泣ける名作"劇場版『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』や、『河童のクゥと夏休み』の監督を務めたことで知られるクリエーター。

      その原が、これまた名作と呼び名が高い杉浦日向子のマンガ『百日紅』(筑摩書房)を長編映画化。さらに主人公の浮世絵師・お栄を杏、その父である天才浮世絵師・鉄蔵(葛飾北斎)を松重豊が演じることで、アニメ専門誌だけではなく一般マスコミからも注目を集めた。

      さぞ話題になるだろうと思いきや、初週末興行成績(5月9~10日/全国75館公開)は約1720万円と目を疑うほどの大コケとなってしまったのだ。

      「試写を見た関係者の評判はよかったですよ。杏も松重も演技派だけあって、声の演技もなかなか上手にこなしていましたし、浮世絵を組み込んだ美術や演出は"さすが"と思わせるものでした。

      ただ、派手なアクションシーンがあるわけでもないし、杏や松重を起用したことでアニメファンがやや敬遠してしまった。かといって、アニメ映画杏や松重のファンが来てくれるわけでもない。どっちつかずになってしまった印象がありますね」(アニメライター)

      実際、日本国内に比べて海外での評価は高く、今回の受賞は6月のフランス・アヌシー国際アニメーション映画祭での長編コンペティション部門審査員賞に続く、海外の国際映画祭での受賞となった。

      精緻な江戸の町並み、"ジャポニスム"を連想させる浮世絵の描写など、確かに海外で受けそうな要素ばかり。

      「クールジャパン」とか言って、半端なSFやロボットに力を入れるよりも、海外を視野に入れるなら、こちらの路線に舵をきるのもアリかもしれない。』


       杉浦日向子のマンガ『百日紅』が期待はずれの大コケ興行になったのとは裏腹に、海外で高評価を連発しているというニュース。

       なんとカナダ・モントリオールで開催されていた「第19回ファンタジア国際映画祭」において、長編アニメーション優秀賞にあたる今敏賞、セカンス賞アジア映画優秀賞、長編アニメーション観客賞の3冠を受賞をしたのだ。

       アニメ3冠だよ。6月にはフランス・アヌシー国際アニメーション映画祭での長編コンペティション部門審査員賞も受賞している。

      日本人に受けなくて海外で受けるものって?と思ったら、案の定、時代劇風のもの。 海外では日本人がいまだに袴を着ていると思っている人もいるくらい。海外の教科書にも間違った記載があったりね。

      日本のイメージは実際とはちょっと違う。 欧米、特にフランスではジャポニズムとか言って、日本の江戸時代などの浮世絵は憧れの対象だった。

       「精緻な江戸の町並み、"ジャポニスム"を連想させる浮世絵の描写など、確かに海外で受けそうな要素ばかり。」記事にも書いてあるとおり、欧米人受けするものが背景的に多い。

       『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』は、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭とカナダ・モントリオールで開催されていた「第19回ファンタジア国際映画祭」の受賞。 どちらも欧米系の評価と見ていいだろう。

      江戸時代の浮世絵師日本のアニメおたくが食いつくかというと微妙だけど、海外の日本大好きオタクには受けること間違いなしだよね。

       日本で興行でこけたって、海外で興行成功するならそれはそれでいいのではないかと思う。
       これだけ高評価されれば、興行的にいけると判断する国も出てくるんじゃないかな?

       映画の海外評価というと欧米中心だけど、アジアでどう見られるのかも気になるところだ。
      海外進出の日本アニメのヒントにもなったんじゃないかな?

    ブログネタ
    最新ニュース に参加中!
    ペットボトルアート

       http://news.livedoor.com/article/detail/9987405/



       『私たちの多くが頻繁に購入する、ペットボトル入りのドリンク

      飲み終わった後はリサイクル用のゴミ箱に捨てるのが一般的だが、これらで驚くべきアートを生み出しているのが、チェコ人アーティストのVeronika Richterováさん。

      Richterováさんは、さまざまな種類のペットボトルを組み合わせて、植物や動物の彫像を作り上げている。

      どれも一見ペットボトルとは思えないほどリアルかつ繊細で、素材の特徴を活かし、ポップで軽やかな風合いだ。

       数々の作品の中でも、特にこれぞアーティストのなせる業!と評判を集めているのが、サボテンシリーズ。 あのトゲはもちろん、自然がなせるいびつな形や華麗な花まで再現され、なんともかわいらしい。

      そのほか、ワニやカエル、ザリガニ、ペンギンなどバラエティ豊かで、子どもも大人も楽しめる作品ばかりだ。

      ちなみに作り方は、ペットボトルをカットしたり、熱で穴やゆがみを加えたり、パーツを組み合わせたり…特別な工具を揃える必要はないので、何かひらめいた人は、早速制作に取りかかってみては? photo Michal Cihlar』


      個人的にこういうリサイクルできる物で作ったアート作品が大好き。

      ペットボトルを使ったサボテンはなかなかおしゃれ。 ポップで軽やか。 これなら窓際に置いておいて、日光の光を浴びているのを見る。

      光り輝いて、なかなかきれいだろうな。

      誰にでもできそうなペットボトルアートだが、ここまでの域に達する人は本当のアーティストだけ。

      でも、アートとしての完成度(芸術度)では劣っていても、自分で作ったペットボトルアートなら部屋に置いていても愛情が湧く???

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    唇の芸術

       http://news.livedoor.com/article/detail/9468159/


      『アルゼンチンサイト「Infobae」の12日付報道によると、アメリカ・テキサス州に住むナタリさんは自分の唇で絵を描く独特な画家だ。

      彼女の作品の中にはマリリン・モンロー、ジミ・ヘンドリックスなど有名人の肖像画が多い。

       ナタリさんは自身のサイトに「中学校の時に拇印を押すようにして絵を描き始めた。2001年に、ある楽団の公演を見て帰宅し、化粧を落とした時にティッシュ・ペーパーに付いた口紅を見て唇で絵を描くことをひらめいた」と書いた。』


        自分の唇で絵を描く独特な画家がアメリカ・テキサス州にいるという。 その人はナタリさん。

       「2001年に、ある楽団の公演を見て帰宅し、化粧を落とした時にティッシュ・ペーパーに付いた口紅を見て唇で絵を描くことをひらめいた」というから、発想が凄いよね。

        中学校時代にも拇印を押して絵を描いていたということ自体、凄い!
        他の人とは発想が違う。


      最近では完成された絵もさることながら、その描く手法に注目が集まることがけっこうあるね。

       普通の人が口びるでマリリン・モンローなどの肖像画を描くのは先ず無理だから、画家としての芸術的才能はあったのは確かだろうね。

    ブログネタ
    最新ニュース に参加中!
    エアーギター世界No1

       http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140830-00000031-nnn-int


      『ギターを弾くまねをしてそのパフォーマンスを競う「エアギター」の世界選手権が29日、フィンランド・オウルで開かれ、日本から出場した19歳の女性が優勝した。

      エアギター世界選手権は、予選を勝ち抜いた9か国の16人が出場した。

      世界の並み居る強豪を抑えて優勝したのは、日本人の名倉七海さん(19)。

      日本エアギター協会によると、名倉さんは、今年の春までエアギターアイドルユニットのメンバーとして活動していた。

      アメリカ代表との優勝決定戦ではステージ全体を駆け回る演技で、見事、勝利した。この大会で日本人が優勝したのは7年ぶり。  

      優勝した名倉さんには本物のギターが送られた。

      名倉さん「みんな大好き。エアギターが大好き。世界選手権に勝ててうれしい」 』  


      主にロックなどのギターを弾くまねをしてそのパフォーマンスの優劣を競うエアギター。  

      毎年エアーギター世界選手権フィンランドのオウルで開かれている。

       そして、今年は日本人女性、名倉七海さんが優勝し、見事世界No1になった。  

      ギタリストの中には、エアーギターを快く思わない人もいる。本物のギターに拘りがある人達だ。

       でも、エアーギターは全く別のもののパフォーマンスとして見ればいいんじゃないかな?

      エアーギターは何もないけど、いかにもギターを弾いているように見せること。

      まあ、最初はこんなグッズを持って、感覚を練習するんだろうね。
       
     

      とにかく何の世界でも1番になるというのは大変なこと。  

      そして日本人が世界一になったというのも凄いことだと思う。  しかも女性でトップを取ったんだしね。  

      エアギターを快く思わない人もいるかもしれないけど、ここはみんなで祝福してあげようよ!  

        世界No1,おめでとう!

    このページのトップヘ