世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    カテゴリ: ちょっといいニュース

    日本産ウィスキーの凄い人気度



    『【ロンドン時事】希少な日本産ウイスキーが16日、香港で競売に掛けられ、1億円に迫る719万2000香港ドル(約9750万円)の超高額で落札された。

     英競売商ボナムズが発表した。世界的に高い評価を集める「ジャパニーズ・ウイスキー」の人気を証明した格好だ。

     競売に掛けられたのは埼玉県のベンチャーウイスキー肥土伊知郎社長)が発売した「イチローズモルト・カードシリーズ」の計54本セット。

     それぞれにトランプにちなんだ名前が付けられ、2005~14年に順次発売された。いずれも限定本数しか販売されておらず、一部のウイスキー愛好者の熱狂的な人気を集めた。

     事前の予想落札価格は450万~600万香港ドル(約6100万~約8100万円)と見込まれていたが、実際は大きく上回った。

     15年にボナムズが実施した別の競売で同様のセットが約380万香港ドル(約5100万円)で落札されており、4年間でほぼ倍増した。

     ボナムズ担当幹部のダニエル・ラム氏は競売前、「日本のウイスキーに対する市場の需要は過去最も強い」と指摘。

     さらに「シリーズ全部がそろったセットは世界に四つしかないとされている」と希少価値をアピールしていた。』


      日本のベンチャーウィスキーが発売した「イチローズモルト・カードシリーズ」の計54本セットが1億円近くでオークションで落札された。

     計算すると、1本約180万円。 限定ウィスキーとはいえ、1本180万円という値が付く人気ぶり。
     熱狂的なウィスキーファンっているんだね~。

     ウィスキー1本が車1台買える価値なんだ~。
     一体どんな味がするんだろう。


     このベンチャーズウィスキー、イギリスの『ウイスキーマガジン』ジャパニーズモルト特集で最高得点の「ゴールドアワード」に選ばれたり、イギリスの「ウイスキーマガジン」主催の「ワールド・ウイスキー・アワード2017」で「シングルカスクシングルモルトウイスキー部門」で世界一に選ばれたりしている。

     イギリスではベンチャーウイスキーはかなり知名度が高いみたい。

     いずれにしても、日本のウィスキーが世界に認められていると言うのは嬉しいニュースだね。

    地下鉄ドアの開閉に〇〇



    デンソーウェーブは2019年5月22日(水)、新型のQRコード「tQR」を用いたホームドアの開閉制御システムが初めて都営浅草線で採用されたと発表しました。

     東京都交通局と共同開発したもので、車両にはQRコードラベルを扉に貼るだけ。ホームドア制御のための機器を車両に搭載する必要がないため、安価で、かつ車両の改修工期が短いのが特長といいます。

     QRコードには列車の編成両数や扉数の情報が格納されており、列車が駅ホームに入ると、ホーム上部に設置されたスキャナーが、このQRコードの動きから車両扉の状態を検出します。

     車掌は、車両扉の開閉操作のみでホームドアの連動開閉が可能。そのため、ホームドアを別途操作することで駅停車時間が延びることを抑制するメリットもあるといいます。

     このシステムは、浅草線の大門駅で2017年11月から約1か月間行われたホームドアとの連動検証を経て実用化されました。

     東京都交通局によると、6月8日(土)の終車後、新橋駅2番線ホーム(押上方面)からこのシステムのホームドアが順次設置され、10月ごろから同駅で運用が始まる見込みです。

     その後、2020年の東京オリンピックまでに都営浅草線新橋駅、大門駅、三田駅、泉岳寺駅へ、2023年までに浅草線全駅へ設置される計画です。』  


     新型のQRコード「tQR」を用いたホームドアの開閉制御システムが初めて都営浅草線で採用されたというニュース。

     車掌は、車両扉の開閉操作のみでホームドアの連動開閉が可能になり、時間短縮になると言う。
     これが成功すれば、他の路線にも広がっていくでしょうね。

     QRコードって、そもそも日本の自動車部品メーカー、デンソーが作ったもの。 
     QRコードQRは「Quick Response」の略。  

     最近では、テレビ局が放送画面上にQRコードを提示して、異なるメディアインターネットに誘ったり、雑誌などの紙媒体にQRコードを提示してインターネットに誘う手法がメジャーになってきている。  

     決済にも応用されたりしているのはご存知の通り。

     そのQRコード地下鉄のホームドア開閉に、連動検証を経て実用化されることになったんだから、社会への浸透は速いものがあるね。

     将来はスマホのQRコードがないと生活に困ると言うくらい社会に浸透しているんじゃないかな?      
     QRコードと未来の社会。  

     想像もできないくらい、QRコードの可能性が広がっている気がするね。

    コロンビア元ゲリラ兵士の再就職先



     『[ミラバジェ(コロンビア) 12日 ロイター] - 南米コロンビアで、かつて左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」に所属していた元兵士ら9人が、現在はアマゾンのジャングルで観光客を相手にラフティングのガイドをしている。

     コロンビア政府とFARCは50年以上にわたる内戦の終結に向けた和平合意を2016年に締結。

     合意の一環として、元戦闘員など1万3000人近くが社会復帰プロセスに参加している。

     FARCに13年所属し、現在はラフティングのガイドを務める男性(34)は「内戦中はこの地域には銃弾や爆弾が常にあったが、今では大きく変化した。たくさんの人が滝や山、川を目指してやって来る」と語った。

     この男性と他の元戦闘員8人は、200時間のガイド研修を受け、国際ラフティング連盟のガイド認定を取得した。


     国連コロンビアミッションの幹部は元ゲリラの社会復帰について、「こうした取り組みの支援を続ける必要がある」と述べた。

     またコロンビアのドゥケ大統領は、観光業が経済の新たなけん引役になる可能性があるとの見解を示している。』


      かつてのコロンビアは危険な国として南米でも有名だった。

      左翼ゲリラ、右翼ゲリラ、コロンビア政府軍など色々な勢力が入り混じって内戦を繰り広げてきた。

      ゲリラはメデジン・カルテルなど麻薬組織とも繋がっていて、問題は複雑だった。

      最近は右翼左翼とも政府との停戦に合意するようになってきて、少しは落ち着いてきた。

      反政府勢力の中で左翼のコロンビア革命軍(FARC)と名をはせた組織がある。
      コロンビア政府との和平合意を経たのちのそのFARCの元ゲリラ兵士の再就職先をニュースにしている。

      再就職というか、コロンビア社会への復帰というか。 それがなんとラフティングガイドを言うからビックリ!

      かつてコロンビアゲリラと言えば、外国人などを誘拐して身代金を取るなどのイメージがあったが、今や観光客相手に仕事をしているというんだから。

      変われば変わるもんだね。 時代の変化は恐ろしいくらいだ。

      でもゲリラ兵であれば、アウトドアスポーツなどはある意味、お手の物だろう。


      観光は日本でも注目されている通り、経済効果が高い。
      こういうゲリラ兵コロンビア社会に絶望して、再び銃を持たないように支援する必要性はあるね。


      結局、更生したくてもコロンビア社会で受け入れられず、再び反政府活動をしたり、犯罪に手を染めたのでは意味がない。

      まだ完全にコロンビアからゲリラがいなくなったわけではないのだから。
      社会復帰を支援することは、直に自分達の安全にもかかわってくることだよ。



    2000年前のワイン


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000036-jij_afp-int


    『【AFP=時事】中国・河南(Henan)省で、およそ2000年前のものとみられるワインが入った青銅製のつぼが発掘された。つぼは封がされた状態で墓に埋められていた。

     国営新華社Xinhua)通信の報道によると、つぼに入っていた約3.5リットルの黄色がかった液体を注ぐと中国ワインの強烈な香りがしたという。

     どのように封をして蒸発を防いでいたのかについては詳しく報じられていないものの、ワイン前漢時代(紀元前202~西暦8年)のものとみられている。

     新華社によると、中国ではコメやモロコシといった原料から造られた前漢時代の酒が他にも見つかっている。酒は精巧な青銅製の入れ物に保存され、儀式などにおいて大きな役割を果たしていたという。

     また有名な兵馬俑(へいばよう、Terracotta Warriorsがある西安(Xianでは2010年、空港の拡張工事に伴う墓の発掘で2400年前のスープが入ったつぼが見つかっている。【翻訳編集】 AFPBB News


     

    中国の河南2000年前のワインが見つかったというビックリニュース


    ワインは古いほど値段が高い面もあるけど、2000年前となると気が遠くなるような年月だね。


    実際にそんなにワインとして長期間保存できるのかという疑問があるけど、大丈夫みたいだ。


    それにしても、中国って改めて歴史を感じさせる国だね。


    酒は精巧な青銅製の入れ物に保存され、儀式などにおいて大きな役割を果たしていたというから、これも当時の儀式に使われていたんだろうね。


    それにしても、2000年産のワインって、飲んでも大丈夫なんだろうか???


    2000年と一言でいうけど、奈良や京都に都があったのが8世紀ごろ。

    日本で1世紀ごろの記録ってあるんだろうか?


    今回中国で発見されたワインは、それぐらいの時代のワイン。

    いや~、本当に凄いね。




    世界であった運のいい人



       【AFP=時事】フランス人男性が1年半の間に宝くじで2度、100万ユーロ(約1億3000万円)を当てた。仏メディアが6日、報じた。

      数学者によると、16兆分の1の確率の偉業だという。

      仏大衆紙パリジャン(Le Parisien)によると、東部オートサボア(Haute-Savoie)県在住のこの男性は2016年11月11日と今年5月18日の2回、宝くじ「マイミリオン(My Million)」に当せんした。  
      マイミリオン欧州12か国で週2回販売されている宝くじ「ユーロミリオンズ(Euromillions)」とリンクしており、フランスユーロミリオンズを購入すると、自動的にマイミリオンの抽選にも参加することになる。  

      ユーロミリオンズの当せん金は莫大で、1億ユーロ(約130億円)を超えることさえある。
      マイミリオンの当せん金は100万ユーロとなっている。

      ユーロミリオンズは数字選択式だが、マイミリオンの数字は自動生成される。

      パリジャン紙数学者の話として報じたところによると、マイミリオンの当せん確率は1900万分の1で、ユーロミリオンズの当せん確率は1億4000万分の1だという。

      同じ宝くじで2度の高額当せんを果たしたのはこの男性だけではない。

      オーストラリア人男性も先月、1週間のうちに同じ宝くじに2度当せんしている。

      このシドニーのボンダイ(Bondi)で暮らす40代の男性は、5月7日に102万487オーストラリアドル(約8400万円)を引き当て、そのわずか5日後の5月12日、145万7834オーストラリアドル(約1億2000万円)の賞金を手にした。【翻訳編集】 AFPBB News』  

     
      運のいい人っているんだなぁってニュース。  

      フランス人が同じ宝くじで1年半で、2度も高額が当たったって。
      その確率なんと16兆分の1。   

      今、世界の人口が76億人と言われている。  
      単純に割ったとして、世界人口の210倍もの人のうち1人だけという感じ。

      もう天文学的数字になって、全然ピンとこないレベル。  
      おまけに人生で2回というんじゃなくて1年半のうちに2回だからね。


      メチャ凄いと思っていたら、更に運のいい人がいた。

      運がいいというより、人生の運を全て使い切っちゃったんじゃないかというレベル。  

      なんとオーストラリアの男性が1週間で2回も高額当選を果たし、約2億円ゲット!  

      一気に億万長者の仲間入り。  

      1週間でこれだけ人生が変わった人も少ないだろうね。


      競馬や競輪、ボートなどと違って、自分の経験や読みは宝くじには活かせない。  
     
      宝くじって本当に運だけだと思うんだけど、確率的に言ってほぼ不可能な出来事を呼び寄せているこの事実。    

      世の中運がいい人っているんだね~。  
      羨ましい!

      でも、こんな本も出ているだけど・・・。
       どういうこと?


    このページのトップヘ