世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    カテゴリ: ヨーロッパのニュース

    ループル美術館が予約制へ



     『【AFP=時事】世界的に有名な仏パリのルーブル美術館(Louvre Museum)は2日、今夏の混雑状況を受け、訪問客に対し事前にオンラインで来館予約を取るよう呼び掛けるとともに、年内に予約を義務化する方針を明らかにした。

     レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の絵画「モナリザ(Mona Lisa)」などを所有する同館は世界一の来館者数を誇る美術館で、人気のあまり混雑が問題になってきた。

     今夏は熱波の影響観光客が涼しい美術館内へ避難したことにより、混雑が悪化。

     また、改修工事のために「モナリザ」が別室に移動したことも、さらなる混乱を生んだ。


     ルーブル美術館のバンサン・ポマレード(Vincent Pomarede)副館長補佐は、オンライン予約の義務化により、同館は来館者数に対処しやすくなると説明。

    「(予約の義務化は)10月か11月からになる予定。2020年の年初に開始したかったものを早めた」と説明した。【翻訳編集】 AFPBB News』


     フランスの首都パリにあるルーブル美術館

     あのレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「モナリザ」が見られる美術館としても有名。

     世界中の観光客が訪れるルーブル美術館が、ついに予約制を導入すると言う。 つまり、予約なして行っても美術館へ入れてもらえない。。。

     これは自由旅行をしているバックパッカーなどには痛手だね。

     せっかくパリに行っても、予め準備しておかないとルーブル美術館へ入れないんだから。

     ただあまりに多くの観光客が行っても、ゆっくり美術鑑賞などできないのも事実。

     世界一の集客があるルーブル美術館ならではの悩みかもね。

               

    【フランスのキツネネコ】

    『どうみてもネコ科にしか見えないのだが、従来のネコ科ではないという。
     地中海に浮かぶフランス領の島、コルシカ島で、かねてから地元民の間で姿を見られていた野生生物が調査のために捕獲された。 

     この生物、キツネとネコの両方の特徴を持っており、地元では「キツネネコ」と呼ばれているそうだ。DNAが従来のネコ科とは異なるため、フランス狩猟野生動物保護局では新種であると主張している。

    キツネのような尻尾と長い胴体が特徴の「キツネネコ」】  

     今回、公表された「キツネネコ」と呼ばれているこの野生動物、顔だけを見る限り猫のようだが、大きく広がった耳と尻尾の黒い縞模様を含め、複数の身体的特徴がキツネにも似ているという。

     6月11日、フランス狩猟野生動物保護局スタッフがキツネネコを両手で抱えた写真数点がメディアに公開されたが、脚と胴体がとても長いことがわかる。

     その長さは約90cmもあり、他の特徴と併せて地元の人々からもキツネネコと呼ばれていたそうだ。  
     しかし一方で、柔らかい絹のような毛並みと顔の特徴が飼い猫のそれであることを専門家は指摘している。

    キツネネコ

     











    【当局は「新種」と主張】  
      当局いわく、この生物は長い間コルシカ島に生息していたが、夜行性で活動が非常に目立たなかったことから、島に生息している全てのキツネネコの生態を記録するのは困難だったようだ。

      このキツネネコは、ヨーロッパに生息するヨーロッパヤマネコアフリカのネコ科の動物とは非常に近いものの、異なるDNAを持っていることから、当局は新種と主張し「特別な発見」と話している。  

     今回、16匹のキツネネコを特定し、メスを含む12匹を捕獲。中には首に識別番号が記録されたチップをつけている4~6歳のオスのキツネネコの姿もあった。

     このオスは、既に何度か捕獲されているキツネネコで、他のオスと戦ったのか、緑色と茶色の目が損傷していることが今回の調査でわかったそうだ。

     捕獲された全てのキツネネコは、当局のスタッフにより素早く調査された後、再び自然へ解放されたということだ。  

     コルシカ島の生態系の中で、キツネとネコが交配した?というわけではなさそうだ。

     従来のネコのDNAとは異なるものの、キツネのDNAが発見されたわけでもなさそうだから、外見的な特徴からキツネネコと名付けられたのだろう。

     なのでキツネ関係なしに、ネコの新種である可能性はあるということだ。』

      にしては体長やしっぽが長いみたい。  

      フランスのコルシカ島と言えば、かの有名なナポレオンの生誕地

      地中海に浮かぶ島で、元々はジェノバの支配下で現在のイタリアに属していたが、売却によりフランス所属へ。

      そんな歴史のあるコルシカ島で「キツネネコ」と言われてきた猫が新種ではないかと言う話。

      ヨーロッパヤマネコアフリカのネコ科の動物とは非常に近いものの、異なるDNAを持っていることから新種だと主張しているようだが、正式に猫の新種となるのか。 興味あるな~。

    イギリスのヘイトクライム



     『ロンドン(CNN) 英国で子どもを狙ったヘイトクライム(憎悪犯罪)の件数が急増している。

     学校でいじめに遭ったという10歳の子どもは、自衛のために肌の色を白くしようとしていると告白した。

     児童保護団体のNSPCCによると、人種差別に根差すヘイトクライムで子どもが被害に遭った件数は、2017~18年の警察の統計で1万571件に上った。1日当たりの平均では29件になる。

     発生件数は3年前に比べて5倍になり、年間およそ1000件のペースで増え続けている。

     英国では欧州連合(EU)からの離脱を決めた2016年の国民投票以来、全土で人種差別主義が台頭している。被害者の中にはまだ1歳に満たない子どももいた。

     NSPCCに証言を寄せた10歳の少女は、「友達は、どうして汚い肌のやつと一緒にいるんだと言われるようになって、私と遊んでくれなくなった」と打ち明ける。

     「私は英国で生まれたのに、自分の国へ帰れと言っていじめられる。どうしてだか分からない。うまく溶け込めるよう、顔を白くしようとしたこともある。私はただ、楽しく学校へ行きたいだけなのに」

     英国では国民投票以降、全般的にヘイトクライムが急増し、その傾向は今も収まらない。

     2017~18年にかけてイングランドウェールズで起きた事件は合計で7万1251件と、前年に比べて14%増えた。 被害者の性別や性的指向、宗教、障害に根差すヘイトクライムも急増している。

     しかし人種に根差す犯罪は依然としてヘイトクライムの大多数を占め、平均すると1時間あたり8件の頻度で報告されている。』


     イギリス憎悪犯罪(ヘイトクライム)が増加していると言う。
     しかもそのターゲットは子供だ。

     イギリスは多くの移民を受け入れてきた国で、最近では東欧諸国からの移民も増えている。
     歴史をさかのぼれば、イギリスはかつては多くの植民地を持ち、その関係で多くの移民を受け入れてきた。特にインド系などが多い。

     今回憎悪犯罪(ヘイトクライム)のターゲットになっているのは、肌の色が違う人種の話だ。

     イギリス欧州連合(EU)からの離脱を決めた2016年の国民投票以来、英国全土で人種差別主義が台頭しているのは非常に憂慮する事態だ。

     これってイギリスだけの問題じゃない。 そもそも憎悪犯罪のターゲットだが、多くは国籍上では同じイギリス人でもある点が大きな問題だ。

     生まれたのがイギリスであって、国籍もイギリスであれば、本人はイギリス人として育つ。
     祖先のルーツをたどれば、アジアやアフリカ、カリブに行く着くかもしれないが、ターゲットにされている本人たちは紛れもないイギリス人

     移民の2世、3世でよくみられるが、自分のアイデンティティーがわからなくなり、大きな心の傷となるケースも。 自分には全く非がなく、肌の色は努力で変えられるものでもないしね。

     私もヨーロッパを旅行した時、差別的暴言を吐かれたことがあるが、非常に悲しい気持ちになるね。

     そういう意味で人種差別が蔓延っているというのは、敵対するグループを創生し、放っておくと国の分裂にもつながる非常事態だ。

     最近では過激思想を持つ人達は、テロと言う殺人手段を使うグループも増えてきて、危険度が増している。

     テロと言うのも、自分とは違うものを排除する心から発生しているんじゃないかな?

     そういう人種差別の傾向がイギリスだけでなく、欧州全体に広がっている気がするのは残念。

     イギリスではヘイトクライムが平均すると1時間あたり8件の頻度で報告されているというのは驚くべき数字だよ。

     自分と違うものを受け入れる心の育成が今、一番求められているのかもしれないね。

    黄金ビザ



     『【AFP=時事】ポルトガル外国人富裕層に発給している「投資活動用在留許可」(黄金ビザ)をめぐる汚職疑惑などの裁判で、同国の裁判所は4日、被告の大半に無罪判決を言い渡した。

     論議を呼びつつ欧州で広がっている投資移住ビザ発給に関する懸念が、この裁判を通じて浮き彫りになった。  

     汚職や資金洗浄(マネーロンダリング)、不正なあっせん行為などの罪で17人が起訴されていた。このうち2人には執行猶予付きの判決が言い渡され、中国国籍の2人には罰金が科せられた。

     ただ、賄賂罪と不正なあっせん行為の罪で起訴されたミゲル・マセード(Miguel Macedo)元内相らは無罪となった。

     前の中道右派政権で内相を務めていたマセード氏はこの裁判の被告の中で最も高い地位にあったが、汚職疑惑で2014年12月に辞任に追い込まれていた。

     財政難のポルトガルは2012年後半、50万ユーロ(約6200万円)以上の不動産取得、100万ユーロ(約1億2000万円)以上の資本移転、10人以上の雇用機会創出のいずれかを要件として、外国人富裕層を対象に「黄金ビザ」の発給を開始した。

     外国人投資家への発給数は6800件に上り、その親族にも1万1600件のビザが発給された。

     ポルトガルはこれと引き換えに、不動産投資を中心に41億5000万ユーロ(約5130億円)を獲得。国別発給数の首位は中国で、次いでブラジルだった。


     ■「あるべき姿から外れた制度」  投資の見返りにパスポート居住権を与える制度を政府が設けている国は、欧州に複数ある。

     キプロス、マルタ、ポルトガルの制度に関する調査リポートを最近まとめた非政府組織(NGO)のトランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International)グローバル・ウィットネス(Global Witness)は、「不十分な審査や広い自由裁量権、利益相反により、欧州で汚職の扉が開かれる余地」を注視した。


     ポルトガルの制度を厳しく批判している一人、欧州議会のアナ・ゴメス(Ana Gomes)議員は、4日の判決について「失望したが意外ではない」と述べ、立証が甘かった検察当局に責任があるとの見解を示した。  

     欧州議会会派「欧州社会・進歩同盟(Socialists and Democrats、S&D)」所属のゴメス氏はAFPに対し、「これは本来あるべき姿から外れた制度だ。仲介者のネットワーク全体を養うことによって汚職を助長している、市民権の売り渡しだ」と語るとともに、「移民や難民に絡めた治安談議の後、外国人富裕層の話題になると論調が一変するのを耳にするのは耐え難い」と付け加えた。


     ■投資移住は「成長産業」

     トランスペアレンシー・インターナショナルとグローバル・ウィットネスは昨年10月に公表したリポートで、オーストリア、ブルガリア、キプロス、マルタの欧州連合(EU)加盟4か国富裕層の投資家にパスポートを「売って」おり、その他の12か国が居住権を与えていると指摘した。


       両NGOによると、欧州は過去10年間に市民権を新規取得した6000人と居住権を取得した約10万人から、総額250億ユーロ(約3兆1000億円)の投資資金を集めたとされる。

     リポートは「EUの市民権と居住権は、ぜいたく品と同じように購入できる」とした上で、「買い手が多い上に売り手が不足することもなく、それゆえに投資移住は数十億ユーロ規模の成長産業になっている」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News』


     国にとって同じ外国人でもお金持ちは国を豊かにしてくれる人。難民など貧乏人は国の厄介者扱い。 それが現実。

     ただ金持ちだからいい人間だとは限らない。
     ポルトガルの富裕層対象の「黄金ビザ」は不正の対象ではないかと裁判沙汰になった。

     マネーロンダリング防止は各銀行などでも対策を取られているが、大金持ちは重要顧客であったりするので一般人と同じ扱いではない。

     それが、汚職の温床ではないかと問題になったわけだ。

     要するに金を落としてくれる金持ちの外国人はお客様。だから、優遇するのはわかる。

     だけど、市民権や居住権をお金で買えるというのはメリットもあるだろうが、その一方で審査が厳しくないと治安面などに危機を起こす。

     特にEUは国境がないに等しい部分もあるから、隠れテロリストのような輩が混ざっていたらとんでもないことになる。

     でもヨーロッパでも、オーストリア、ブルガリア、キプロス、マルタの欧州連合(EU)加盟4か国が富裕層の投資家にパスポートを「売って」いるんだね。

     二重国籍となれるってことかな?

     各国それぞれの事情があるとは思うけど、EU加盟の欧州のパスポートを持っていたら行き来は自由だろう。

     ポルトガルの黄金ビザ発給で宗主国で言葉も同じブラジルが多いというのはわかるが、中国が1位というのを聞くと、ちょっと不安な部分もある。

     中国の長期的視野立った戦略には、とても日本は太刀打ちできない。
     国籍や市民権を与えるという事は、その国でそれなりの政治的パワーを与えるということ。
     情報面でも貴重な存在になるだろう。

     本当にその国の発展に貢献しようという人なのか、審査は厳しくしておかないと後でとんでもない目にあうかも。

     
     それは日本も他人事ではない。 条件さえ合えば割と簡単に帰化させて日本のパスポートを与えてはいないだろうか。

     投資国防と両方を考えながら政策を行わないといけない、見本のようなニュースだったね。


    【W杯直前 スペイン監督解任】

      サッカーワールドカップロシアで開幕した。  
      驚かされたのはW杯開幕前日のスペインの代表監督の解任劇。  

      いや~、サッカーって何が起こるかわからないと言うけど、試合だけでなくピッチ外でもそれを証明した形だね~。  

      日本も4月に日本代表の監督であったハリルホジッチ監督が解任されて西野監督になり大騒ぎになった。

      けど、今回の衝撃は世界中のサッカーファンにそれ以上のインパクトを持った出来事だった。

      サッカーW杯が始まる直前にスペインのロペテギ監督の解任
      日本のハリルホジッチ監督の解任と大きく違うのは、ロペテギ監督の実績だ。

      なんと2016年から無敗という圧倒的な力を持った代表監督で、スペインは今ワールドカップでも優勝候補に挙げられていたチームだっただけに衝撃波はメチャクチャ大きい。

      そんな名監督を切ったスペイン・サッカー連盟
      ただ逆切れした理由には納得。

      5月末にスペイン代表監督として2020年まで契約を結んでいたにもかかわらず、なんとリーガ・エスパニョ―ラのレアル・マドリッドの監督を引き受けたという。

      しかもそれを連盟にきちんと伝えていなかったいうから、連盟側はコケにされたと思ったのではないか?

      レアル・マドリッドは世界的な超有名な強豪クラブ。 C.ロナウドを始めスター選手揃いで、現在世界ナンバーワンかもしれない。

      そんなチームの監督であったジダン監督が突然辞任したのだが、レアル・マドリーのやり方もどうなのかなと思う。同じスペインから代表監督を強奪したイメージだからね。

      代表監督よりもクラブの強豪チーム「レアル・マドリッド」の監督の方がいいのかね~。


      ただ、今回はレアル・マドリードもイメージに大きな傷がついたという感じだよね。

      リーガ・エスパニョーラの他のチームサポーターはレアル・マドリッドを目の敵にするんじゃないかな?

      
       それにしてもねー。

       逆切れしてロペテギ監督を切ったスペイン・サッカー連盟

       気持ちはわからなくないけど、突然後任として采配を振るうことになったイエロ氏になってみれば寝耳に水。監督経験もほとんどない。

       しかもスペインの最初の試合は、明日の早朝。
       チームを襲った大激震の動揺を鎮めるための時間もほとんど残されていない。

       更に対戦相手も問題。
       対戦国は、1回戦No1のカードとも言われているポルトガルが相手。

       C.ロナウド率いるポルトガルEuro2016を制し、今ワールドカップ優勝候補の1つに挙げられている強豪国。

      つまりスペインにとってロシアW杯初戦は日程的にも、対戦相手的にも非常にタフな試合。
      そんな中、初采配を振るうイエロ監督の心情やいかに。

      チーム力が競っているチーム相手には、余計采配が大きな比重を占める。
      采配いかんによって、勝敗を決することも珍しくない。

      ロペテギ監督スペイン代表を活躍させ、成績を残してレアル・マドリッドに移ろうと考えていたみたいだけど、スペイン・サッカー連盟がそれを拒否。解任劇へ。

      スペインの主要選手たちはW杯直前のロペテギ監督解任には反対していたようだけど、それも認められず・・・。

      これでロペテギ監督だけじゃなく、支えてきたスタッフ陣の多くもスペイン代表チームから去ってしまったようだね。

      怒りに任せて対抗処置をとった新しく就任したてのルイス・マヌエル・ルビアレス会長

      気持ちは理解できる部分はあるけど、選手の意見を無視した強引なやり方は選手のモチベーションを下げる効果しないだろう。

      ロペテギルビアレスも、スペイン代表スペイン国民のことを考えていない。いや、世界中のサッカーファンも。

      世界中のサッカーファンは無敗を続けていた優勝候補のスペインの集大成を見たかったはずだ。

      かなりの接戦を期待していた好試合だったけど、下手をするとポルトガルが圧倒的大差で勝ってしまうかもしれない状況になってしまったなぁ。

      J1神戸に移籍が決まったイニエスタピケなどの国際経験経験豊富なベテラン勢が、チームを落ち着かせて、どこまで引っ張っていけるか。  

      それにしても4年に一度のワールドカップ直前で、優勝候補の監督が解任。  

      世の中、誰も予想していなかったことが起こるよね。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    世界最強のスペインサッカートレーニングBOOK [ 中嶋亨 ]
    価格:1512円(税込、送料無料) (2018/6/15時点)


    このページのトップヘ