世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    カテゴリ: アジアのニュース

    日韓関係の益々悪化



    『政府は、韓国への輸出管理の運用を見直し、テレビやスマートフォンの有機ELディスプレー部分に使われるフッ化ポリイミドや、半導体の製造過程で不可欠なレジストエッチングガス(高純度フッ化水素)の計3品目の輸出規制を7月4日から強化する。

       いわゆる徴用工訴訟をめぐり、韓国側が関係改善に向けた具体的な対応を示さないことへの事実上の対抗措置。発動されれば、韓国経済に悪影響が生じる可能性がある。7月1日に発表する。

     政府は同時に、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度ホワイト国」から韓国を除外する。

     7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。除外後は個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づける。

     ホワイト国安全保障日本友好国と認める米国英国など計27カ国あり、韓国は平成16年に指定された。  

     輸出を規制する3品目は、いずれも軍事転用が容易だが、これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を取っていた。

     日本政府はこれを7月4日から契約ごとに輸出許可に切り替える。許可の申請や審査には90日間程度を要することになるという。

     フッ化ポリイミドレジストは世界の全生産量の約9割、エッチングガスは約7割を日本が占める。世界の半導体企業日本からの輸入が多く、急に代替先を確保するのは困難とされる。

     規制が厳しくなれば、半導体大手のサムスン電子や薄型で高精細なテレビで先行するLGエレクトロニクスなど韓国を代表する企業にも波及するとみられる。

     いわゆる徴用工訴訟に関する韓国最高裁判決をめぐり、日本側は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を求めたが、韓国は問題解決に向けた対応策を示さないため、日本政府が事実上の対抗措置に踏み切った。

     経済産業省は一連の輸出規制について「日韓関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で、信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっている」と説明している。』


     日韓関係はここまで悪化したかという感じ。
     隣国である韓国は、歴史を見ると色々な問題を抱えながらもそこそこの関係は保ってきた。
     2002年には日韓でサッカーワールドカップを共同で開催もした。

     一時は韓流ブームで、韓国に親近感を覚えていた日本人も多かった。

     ところが、李明博政権、朴槿恵政権と少しずつ中国寄りになり、それと共に日本軽視が目立つようになってきた。

     そして文政権国際ルールを全く無視した対応が目立ち、交渉相手にもならなくなった。

     従軍慰安婦問題、徴用工訴訟など文政権になって、信じられない対応が続いたからね。
     北朝鮮偏重外交政策をして、米朝の仲介役とか自任していたが、アメリカ、北朝鮮両国からダメ出しを出された文政権

     韓国マスコミも最近ではヤバいと言う論調が少しずつ出てきたが、米朝会談前日本外しでいい気になっていたしね。 それでも深刻度がわかっていない韓国人もまだまだ多いようにみえる。

      大体、これらって最近起こったこと?
     戦時中の話でしょ。

     今年は2019年。終戦は1945年。 既に74年経っている。 年号も昭和から平成、今は令和。

     その間、いくつもの日韓の政府が話し合い、一応の決着を見てきたはずだった。

     それを韓国経済が低調になってお金が手に入るとなると、過去を蒸し返してくる態度には、ほとんどの日本人だけでなく、世界の人からも信用されなくなっている。

     今まで日本人韓国との関係を損なうのを恐れて、ある程度融通してきた面もあるが、それを悪用された感じだね・・・・。

     自己主張だけして、相手を悪く言うだけの姿勢では一向に事態は進展しない。 それさえもわかっていない現在の韓国政府

     今回の制裁は仕方がないのかもね。
     ただ、韓国だけでなく、日本の企業にも影響があるのは事実。

     1民間企業の視点から見れば、顧客サービスが著しく低下し、売り上げも落ちるだろう。
     それでも国際政治的視点から判断したと言うこと。

     個人的には韓国は隣国だけに仲良くしてほしいという気持ちもあるんだけど、今の韓国政府相手では仕方がないんだろうね。 あまりに酷すぎる。 

    ファーウェイの独自OS



     『中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、米国の規制によってグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」へのアクセスを失う可能性があることから、世界各地で独自OS「鴻蒙(Hongmeng)」の商標登録を進めている。

     「脱アンドロイド」を図るファーウェイは、少なくとも9カ国とEUで独自のOSの商標登録を申請した。

      米政府米企業にファーウェイとの取引を禁じたことへの対応だ。

      米国は同社が中国の情報機関と共謀する恐れがあり、国家安全保障上の脅威だと主張するが─ 同社はこれを否定している。

      取引禁止により、ファーウェイグーグルの基本OS「アンドロイド」へのアクセスをすべて失う。 ファーウェイの独自OSは「鴻蒙(Hongmeng)」

      同社がこれを「Ark」と改称する可能性も報じられている。 すでに、カナダ、ニュージーランド、韓国などで、独自OSを登録済み。

      だが、OSの交換は簡単ではない。 ユーザーはアンドロイド用のアプリが「鴻蒙」で機能するかを知りたがる他、将来的にファーウェイの携帯電話が、GmailやYouTubeなどグーグルアプリを搭載できない可能性もある。

      それでもファーウェイは、米国のいかなる規制も回避する準備ができていると強気だ。』  


      米中貿易戦争の大きなきっかけになったファーウェイ問題。  
      ファーウェイ中国政府と通じていて、アメリカの国家機密の漏洩の危機を訴えたトランプ大統領。  

      ファーウェイ次世代の5G特許でリードしている。
      そこでファーウェイのスマホにダメージを与えるため?、GoogleOSであるアンドロイドを使えなくするという噂がある。

      そうなると、ファーウェイのスマホは意味をなさなくなる可能性がある。

      そこで、ファーウェイ独自のOS「鴻蒙」を開発。  
      ファーウェイとしては当然の措置だろう。  

      しかし、独自のOS「鴻蒙」ができたからと言って、問題解決というわけではない。  

      ファーウェイ独自OS鴻蒙(Hongmeng)」が、仮にGmailやYouTubeなどグーグルアプリを搭載できないとなると、中国以外での売り上げは激減するだろう。

      他社のスマホとの競争では大きなデメリットになる。

      そう考えると、2大アプリであるアンドロイドアップルのIphone

      アメリカって、もう1つのOSであるアップルも持っている。

      それって、アメリカの底力を見せつけられたような気がするな。 米中戦争って、プライドとプライドのぶつかり合いだが、世界を巻き込んだ大きな問題だなと思う。

     今後も注目していかないといけないね。

        

    パク・ユチョン逮捕の衝撃



      『韓国の人気グループ「JYJ」の元メンバー、パク・ユチョン容疑者が覚醒剤を使用したとして逮捕されました。  

      韓国の警察によりますと、パク容疑者は2月から3月にかけて元交際相手のファン・ハナ被告とともに購入した覚醒剤1.5グラムを5回にわたって使用した疑いが持たれています。

      パク容疑者はこれまで、記者会見で「決して麻薬を使っていない」と述べるなど、一貫して容疑を否認していました。

      一方で、パク容疑者の体毛からは薬物の反応が検出されていて、裁判所が26日にこれらの証拠をもとに検討した結果、「証拠隠滅や逃亡の恐れがある」として逮捕状の発布を決めました。

      なお、パク容疑者について所属事務所はすでに芸能界を引退すると発表しています。』  


      韓国の人気グループ「JYJ」の元メンバー、パク・ユチョン韓国警察に逮捕された。容疑は覚醒剤使用。  

      パク・ユチョン容疑者は元々5人組アイドルグループ東方神起のメンバーとして芸能界デビューした。  

      東方神起は日本でも大人気の韓国アイドルグループだったので、日本人のファンも多かった。

     そのパク・ユチョン容疑者は、元婚約者であるミルク姫ことファン・ハナ被告と覚醒剤を使用していたとして逮捕されたのだ。  

      このファン・ハナ被告も中堅財閥の孫娘だ。  

      韓国経済は財閥系が仕切っていて、韓国の有名大学生財閥系の会社に入れるかどうかが人生の大きなカギになっている現状がある。


      その一方で、財閥系の家庭に生まれた子供や孫はやりたい放題という韓国国民の反発もある。

      財閥系の子供や孫は、不正に入学したり卒業したり、犯罪を犯しても揉み消せると思っていると思っている人間がけっこういるらしい。  


      実際に大韓航空のバカ娘達は「ナッツ姫」「水かけ姫」として国際社会をにぎわし、最後にはその母親も暴行の疑いの目が向けられていた。  家族揃って、暴行容疑って尋常じゃないよね。


     要するに韓国社会では財閥の要人や家族は絶大な力があるので、陰で揉み消したり、金で解決したりしていたのだろうね。

     実際に韓国財閥の親達は子供や孫を甘やかし、何か問題があると、その人脈を使って揉み消してきたという噂が何度も出てきている。実際、それを公言し、好き勝手な振る舞いをする人間も多いらしい。  

     それと韓国芸能界の闇と言われている薬物汚染。  

     日本もピエール瀧が逮捕されて衝撃を与えたが、韓国芸能界もかなりヤバいみたいだね。  

     パク・ユチョン容疑者は一貫して覚醒剤使用を否定してきたが、体内から薬物反応が出たらしい。それは覚醒剤使用の動かぬ証拠ではないのか・・・。  

     しかし、警察に調べられたらわかると思うが、もう日数的に薬物反応が出ないとでも思ったのか、それとも自分が知らないうちに誰かにはめられたのか?  

     パク・ユチョン芸能界引退を発表しているが、もし嘘を言っていたとしたら、これまで応援してきた日本のファン、韓国のファンに対して不誠実な態度と言わざるを得ない。


     人気芸能人と財閥の孫娘のカップルは一見羨ましいカップルのように思えたが、韓国社会から非情な逆襲を受けた形だね。  


     韓国経済が停滞し、一般の韓国人の財閥への風当たり人気芸能人への妬みもあるのかもしれない。  
     ただ、歌手や俳優として日本でも人気があったパク・ユチョンがこういう形で逮捕され、姿を消していくのは、これまで応援してきたファンにとっては大ショックだろうね・・・。

     せっかく積み上げてきたものが一瞬に吹き飛んだ。
     金も地位も名誉も全部・・・。

     覚醒剤使用とはそういうもの。


     財閥の孫娘「ミルク姫」の失態も、財閥関係のビジネスにも多少は影響してくるだろうね。

     韓国財閥が経済を握っているけど、文大統領財閥解体にも意欲を見せているような気がする。   もしかしたら、そういう韓国政府の意向も働いて、これまで不問にされていたものが厳しく罰せられることになったのかもしれない。

     一般の韓国人の不満のガス抜きとして、2人が見せしめにされた側面もあるのかも?

     もしそうなら、韓国の財閥芸能界は、まだまだ闇を持っているということになり、今後も似たようなニュースが出てくる可能性がある。  

     とにかくパク・ユチョンの逮捕、覚醒剤反応ありというニュースは、日韓の芸能界に衝撃を与えたことだけは確かだ。

     才能がある者がこうして消えていくのは残念だね・・・。

          

    北朝鮮・金正恩委員長 早期帰国



     『【ハノイ=田中洋一郎、ソウル=水野祥】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は2日午前(日本時間2日昼)、滞在していたベトナムの首都ハノイを離れ、帰国の途に就いた。

       ベトナム政府系ニュースサイト「VNエクスプレス」などが伝えた。

      2月末にハノイで行われた米朝首脳会談が物別れに終わったことから、帰国を早めたとの観測が出ている。

     正恩氏は2日午前、ベトナム建国の父ホー・チ・ミン主席の遺体が安置されている「ホー・チ・ミン廟(びょう)」を訪れ、献花した。約10分後、車で現場を離れた。

        北部ランソン省のドンダン駅へ向かい、そこから再び専用列車に乗り、鉄路で中国から北朝鮮に戻るとみられる。

       途中、北京に立ち寄り、中国の習近平(シージンピン)国家主席と会談する可能性も指摘されている。


     複数の米朝越関係筋によると、2日に予定されていたベトナム政府要人と正恩氏の会談は、北朝鮮側の希望により、前日の1日に変更になった。帰国を早めるためだったという。


     韓国の聯合ニュースが、外交消息筋の話として伝えたところによると、正恩氏は当初、2日午後にベトナムを離れる予定だったが、米朝首脳会談の結果に不満を示すため、予定を急に繰り上げたという。』


        米朝会談ベトナムのハノイを訪れていた北朝鮮の金正恩委員長
        物別れに終わった米朝会談の影響か、北朝鮮の帰国予定を早めたらしい。

     それは帰国途中で、急遽中国の習近平国家主席に会う予定になったのか?
     普通に考えれば、それ以外考えられない。


     ベトナム首脳との会談日程を急遽変更するというのは、米朝会談のホストをしてくれたベトナムにかなり失礼ではないか。軽視していると思われても仕方がない。

     北朝鮮としては経済制裁を解かれないと、ベトナムとのビジネス話ができないという点はあったかもしれないが、将来の北朝鮮とベトナムの良好な関係を築くためにも急遽変更というのはかなりのマイナスだったのではないか?


      ベトナム側にしてみれば、それほど魅力な経済話があるわけでもない北朝鮮との会合を、歓迎ムードで演出していたのにね。

     ベトナム首脳だけでなく、警察、軍などセキュリティは大変だったと思う。 なにせ、道路を封鎖して金正恩委員長の車を白バイの先導でVIP待遇をしていたんだから。

     それにこれは中国にも言える。 飛行機で北朝鮮まで一気に帰国するわけではなく、再び列車に乗って中国を縦断して帰るわけだ。

     中国金委員長の列車を優遇するため、通常運行を取りやめたり、警備のため警察をかなり動員するのだ。その時間が変わると、予定していた警察の人員の勤務体系にもかなり影響があるはずだ。


     もし中国の習近平氏との会談もなく、そのまま北朝鮮へ帰国となれば、外交的には金委員長のわがままを見せつけただけ。

     同盟国と思われている国からも不満が噴出し、国際社会での評価はますます下がり、孤立を深める結果にもなりかねない。


     金委員長が、北京習近平氏と会うのか?


     ただ、中国最高国家機関である年1回の全国人民代表大会(全人代)を控えている。

     習近平氏としても多忙だと思うが、米朝会談の詳細を聞くために金委員長に時間を割くのか。 それとも中国国内全人代を優先するのか。

     その辺も米朝会談中国の受け取り方を図るに最適だね。

     予想外の米朝首脳会談の物別れ

     各国の思惑が交差する。

       

    宗教の恐怖



    イスラム教の聖地の一つ、サウジアラビアのメディナで、巡礼に来ていた6歳の男の子が母親の目の前で男に首を切られて殺害される衝撃的な事件が起きました。

     現地メディアなどによりますと、サウジアラビアのメディナで先月、6歳の男の子と母親がモスクを訪れるためタクシーに乗っていたところ、突然、運転手の男が車を止めて男の子を外に連れ出しました。

     男は近くの飲食店にあったグラスを割り、男の子の首を複数回刺して殺害したということです。

     男はその後、逮捕されました。男はイスラム教スンニ派で、客として乗せた親子が自分とは宗派の違うシーア派だと気付き、犯行に及んだということです。

     サウジアラビアではスンニ派のなかでも厳格なワッハーブ派国教とされ、シーア派への敵視政策が長年続いています。』  


     人には守らなければならない名誉というものもあるだろう。

     イスラム教徒にとって、アッラーを信仰することは他宗教の人間が考える以上の大きなものであることは理解できる。

     しかし、今回サウジアラビアで起こった首切り事件は、世界を恐怖へと陥れた。  

     なんとイスラム教徒イスラム教徒の首を切って殺したのだ。

     しかも、聖地メディナに来ていた巡礼の僅か6歳の男の子をだ。  
     更に母親の目の前で殺したというのだから人間のすることではない。

     サウジアラビアスンニー派の中でも厳格なワッハーブ派ではあるけれど、イスラム教の聖地を守る国。   

     イスラム教徒は一生に一度はサウジアラビアのメッカに行くように教えられている。そして、メッカ巡礼を行ったイスラム教徒ハッジとして尊敬されるという背景がある。

     今回悲劇の舞台となったサウジアラビアのメディナは、メッカと共にイスラム教徒の聖地

     世界中のイスラム教徒にとっては、高いお金と時間をかけてたどり着いた聖地なのに・・・。 モスクへ向かおうとして乗ったタクシー運転手が殺人鬼に変身。

     その殺人の理由は自分とは違う宗派だったから・・・。 スンニー派は多数派と言われているが、イランのようにシーア派が多い国もある。

     スンニー派シーア派は時々対立しているニュースを目にするけど、これは大問題に発展する可能性を秘めた爆弾だ。

     今後もサウジアラビア政府シーア派に対してVISAを発給するのか。 恐らく発給するとは思う。 しかし、シーア派教徒聖地サウジアラビアは、聖地ではなく地獄となるかもしれないという恐怖心を植え付けた。

     わざわざ聖地巡礼に行ったのに、無慈悲に愛息を殺されるのを目の前で見るのは地獄そのものだろう。

     サウジアラビア関連のニュースでは、トルコサウジアラビア大使館で記者を殺害したとして全世界にニュースが流れ、アメリカを始め、多くの国から批判の声が上がった。

     今回の事件で、サウジアラビアは更なる評判を落としたね。 イスラム教徒の宗派間の敵対意識を活発化させ、キリスト教徒や仏教徒など他宗教へは、イスラム教徒は怖いという印象を与えた。

     殺したタクシー運転手は単なる狂った殺人鬼だけど、全世界に与えた影響は少なくない。 被害者がどこの国のイスラム教かわからないが、これが仮にイラン人だったら、元々犬猿の仲であるサウジアラビアとイランで大きな国際問題に発展することだろう。 今後も注目していかなければならない事件だろう。
               

    このページのトップヘ