世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    カテゴリ: アメリカのニュース

    5Gが世界戦争へ?



      『米中の覇権争いが激しさを増している。

      一時は第二次大戦前と見紛うばかりの報復関税合戦に発展する様相を呈していた米中貿易摩擦は、摩擦解消へ向けた両国の交渉が山場を迎え、早ければ来週にも合意に達する可能性が出てきている。

        しかし、1970年代以降の日米貿易摩擦がそうであったように、これとていつまた再燃してもおかしくない。  安全保障面でも南シナ海などを舞台に両国のつばぜり合いが続いている。

     かと思えば、中国の通信大手ファーウェイの創業者の任正非氏の娘で同社のCFOを務める孟晩舟氏が、アメリカの依頼を受けたカナダ当局によってバンクーバーで逮捕され、これに対して中国が在中のカナダ人を次々と拘束するなど、報復とも思える措置に出たことで、米中間の覇権争いがいよいよ本格化してきたとの印象を持った方も多いだろう。


     いわゆる「帝国」というものがこの世に出現して以来、世界の覇権は圧倒的に軍事力に依拠していた。しかし、21世紀の覇権は意外なところに主戦場が移ってきているようだ。

     それが、次世代通信規格となる5G(第5世代移動通信システム)だ。  

     アメリカは昨年11月の孟晩舟氏の逮捕以前から、政府によるファーウェイの通信機器の利用を制限するなど、警戒感を強めていた。

     その背後に、5G関連の技術開発で世界をリードするファーウェイに基地局を始めとする基幹技術を握られてしまうことが、世界のヘゲモニーに喪失につながる懸念があるのだという。

     これまで1980年代に最初の携帯電話が登場して以来、移動体の通信規格は1Gから4Gへと、概ね10年ごとに次の世代へと進化を遂げてきた。

     当初はアナログで人間同士の通話を可能にするだけだった移動体通信も、2G以降はデータ通信が可能になりドコモのi-modeや携帯メールなどが普及した。

     そして、3Gから写真などより容量の大きなデータのやりとりが可能になったことで、インスタやフェイスブックなどのSNSに写真を投稿するユーザーが一気に増えた。

     かつては光バイバーでした実現できなかった1Mbps以上の通信が提供できるようになった最新の4Gでは、動画の視聴やテレビ電話の利用が可能になり、YouTuberなどを大量に登場させた。

     そして、いよいよ今年、5Gの時代が到来する。

     世代が1Gから5Gへと進化する中で、確かに通信速度は夢のように速くなった。しかし、なぜ突然5Gだけが、これを握った者が世界の覇権を握るというような壮大な話になっているのだろうか。


     「高速大容量」、「超低遅延」、「多数端末接続」の3つの特徴を持つ5GはIoT(Internet of Things=もののインターネット)の柱になると言われ、遠隔で手術が行われるようになったり、自動運転を実現するなど、すべての「モノ」がネットワークでつながれる時代を下支えする技術となることが期待されている。


     しかし、これが覇権の条件となる理由は必ずしも自明ではない。

     アメリカファーウェイにネットワークの基幹技術を握られると、その背後にある中国政府が世界のあらゆる情報を独占するようになってしまうとして、その危険性を喧伝し、同盟国にもファーウェイ製品のボイコットを呼びかけている。

     しかし、それはまさに4Gまでアメリカがやってきたことに他ならないことが、エドワード・スノーデンの内部告発などで明らかになっている。

     今のところアメリカの呼びかけに対して、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの、諜報活動についてUKUSA協定を締結しているいわゆる「ファイブアイズ」のアングロサクソン諸国に加え、日本とドイツがこれにファーウェイ製品の排除に歩調を合わせる姿勢を見ている。

     しかし、低価格で進んだ技術を提供できるファーウェイを排除するということは、より割高なインテルやクアルコムの技術を買わなければならないことを意味しているため、他の国々がアメリカの動きに同調するかどうかは未知数だ。

     元日銀の審議委員で米中の覇権争い問題にも詳しいエコノミストの木内登英氏は、中国はファイブアイズ以外の国々に対して、着実にそのネットワークを拡げており、気がつけば冷戦時代のようなファイブアイズを中心とするアメリカ陣営と、それ以外の中国陣営に世界が2分化される可能性が現実のものとなってきていると指摘する。


     例えば、ファイブアイズ諸国では利用できる携帯電話や家電が、それ以外の国では利用できないなどということが起きても不思議はない状況だというのだ。

     これまでの歴史を見ても、世界の覇権が移行する際に、ある程度の混乱が起きることはやむを得ないことなのかもしれない。

     政治学者グレアム・アリソンは、覇権の移行期には戦争が不可避となる「トゥキディデスの罠」が待ち受けていると言う。

     しかし、そこまでわかっているのであれば、なぜ人間の叡智をもって、不毛な争いを避けることができないのだろうか。

     さて、問題は日本だ。  地政学的に新たな覇権国家となる可能性が高い中国の、ごくごく近隣に位置する日本が、これまでの冷戦時のような発想で無条件でファイブアイズに付いていくことが日本にとって本当に得策なのかどうかは、慎重に考えてみる必要があるだろう。

     日本が2つの陣営の間を取り持つことで、日本にとっても地政学的なメリットがあり、世界にとっても無用な摩擦や不便益を避けることにつながるような、そんな役回りを日本が演じられる可能性はないのだろうか。』

     5G(第5世代移動通信システム)の技術世界覇権のカギを握っていて、戦争まで起こしかねない。  そんなシュミレーションがでてきている。

     実際に戦争に発展する可能性は低いだろうが、米ソ冷戦時代に戻るかのような米中覇権紛争が巻き起こる可能性は高い。

     米中が貿易摩擦で激しく応酬していることを見てもわかる。

     5G技術はIoT(Internet of Things=もののインターネット)の柱になると言われ、遠隔で手術が行われるようになったり、自動運転を実現するなど、すべての「モノ」がネットワークでつながれる時代を下支えする技術となることが期待されているからだ。

     世界のリーダーを自任してきたアメリカは、今世界覇権をもくろむ中国に過敏になっている。

     中国は資本主義の要素を取り入れて急激な発展を遂げたが、実際は共産党一党独裁国家だ。
     表面上は他にも政党があるが、野党の機能は全くない。

     何より中国の政治体制は法律の上に共産党がある状態だ。 アメリカはこれまでケータイ技術で世界をリードしてきていたが、5G技術中国のファーウェイが進んでいると言われている。

     だから、アメリカは焦っている。 これまでアメリカ人が得ていた甘い汁を中国に奪われるから。 いや、5G技術はデータ収集などこれまで以上に簡単になり、ファーウェーに主導権を握られると、バックの中国政府にデータを全部流される危険性がある。

     中国政府李克強首相が否定していたが、西側諸国でそれを真に受ける者はいない。

     なにせ中国企業中国政府のお墨付きがないと、生きていけない社会だから。 実際、資本主義のアメリカだって同じことをやっていたんだよね。

     スノーデン氏がアメリカの裏側を暴露したじゃないか、アメリカの巨大企業が政府の要請によって個人データを流していたって。


     表と裏の顔が違うのは、資本主義も共産主義も関係ない。ただ、共産主義国家の方が簡単にできるというだけの話。

     さて日本だが、どのように対処すればいいのだろう。 5G技術日本企業の名前が挙がらないのが寂しい・・・。

     ファーウェイを拒否すれば、アメリカのインテルなど性能が悪くて割高な技術を買わなくてないけなくなる。


     日本人アメリカは大丈夫だと勝手に妄想している人が多いが、現実にはアメリカ企業個人情報データアメリカ政府に流してきていた事実があり、今後は絶対にないという保証はどこにもない。

     政府関係者はともかく、日本の一般の民間企業はやはり安くて高性能を選ぶんじゃないかな? 

     だって、し烈なビジネス競争社会に生きて、利益を出さなければいけないんだから。
     一番いいのは日本企業ファーウェイに肩を並べるぐらいの5G技術を開発することなんだけどね。

        

    HUAWEI(ファーウェイ)問題


     『【北京・赤間清広】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を締め出す動きが世界で拡大している。

     同社製通信機器を通じ情報が盗まれる恐れがあると訴えるトランプ米政権が関係国への働きかけを強めているためだ。

     中国政府は反発しており、世界経済の新たな火種になりつつある。  

     米国は今年8月、「国防権限法」を作り、ファーウェイや中興通訊(ZTE)など中国通信機器メーカーの製品を政府機関が使うことを禁止した。

     両社の製品を通じて政府機関や軍の情報が中国当局に流れる危険性がある――というのが米国側の主張だ。

     米国同盟国にも同様の対応を迫っており、オーストラリアがいち早く追随したほか、日本も政府や、重要インフラを担う企業・団体の情報通信機器調達先から中国製品を事実上、締め出した。

     世界の通信大手は現在、現行規格である「4G」の約100倍の通信速度を誇る「5G」の導入準備を進めている。

     米メディアによると、これまで特定国の製品排除に慎重だったドイツなど欧州諸国でも5G機器調達先見直しの動きが具体化しており、対中包囲網は狭まっている。  

     こうした動きに、中国は危機感を強めている。

     ファーウェイは「セキュリティー(安全性)は最重要事項であり、自社の利益を優先することはない」と情報漏えい疑惑に反論。

     中国外務省も「(情報漏えいの)証拠を誰も示せないではないか」と援護し「臆測に基づき企業の正常な経営を阻害するのはでたらめだ」と不満を隠さない。

     ファーウェイ幹部がカナダ当局に拘束されるなど、通信分野をめぐる米中の覇権争いは過激化している。

     ファーウェイやZTE中国のハイテク分野のけん引役でもあり、両社の国際競争力低下中国の成長戦略にも影響しかねない。  

     中国共産党機関紙、人民日報系の「環球時報」は17日付の社評で、中国製品排斥の動きを「中国は断固として反撃し、代価を支払わせる」とけん制。

     「米国に追随し中国に損害を与える行為は、高いリスクを伴うことになる」と警告した。』


      アメリカのトランプ大統領が発言した中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を締め出しが国際問題に発展しそうだ。

      アメリカは以前から中国のIT技術やハイテク技術の盗みを疑っていた。 そして、今一番のターゲットになっているのがHuawei(ファーウェイ)だ。

      世界的なグローバル企業に成長したHuaweiは、日本でも安いスマホやタブレット会社としても認識されている。

     しかし、Huaweiはもっと先端的な5G導入でリードしているとも言われている。

     中国尖閣諸島の時もそうだが、漁船と言いながら政府の息がかかった船団を送ったりした前科があるように、民間企業だからという理由は全く当てはまらない。

     Huaweiがここまで急成長した背景には、創業者が人民解放軍出身で、そのコネクションがあったとも言われている。

     中国共産主義一党独裁国家だから、民間企業の生殺権中国政府が握っているのは間違いない。

     中国政府が突然こうだと命令を出せば、一夜にして状況は一変する社会なのだ。

     現在、Huawei(ファーウェイ)製品政府や個人情報を自動的に中国へ送っているのではないかという懸念は西側諸国で広がっている。

     サイバー戦争は、今後の世界覇権に直結するとも言われているから、国家安全上の問題とも相まって非常に注目されることとなった。

     このHuawei(ファーウェイ)の創業者の娘がカナダで逮捕されてから、中国政府はかなり危機感を覚えているように思う。

     彼女は数々のパスポートを持っていたとも言われ、単なる民間企業の重役という以上の関係があると見られている。

     日本政府アメリカ政府に追随する姿勢を見せている。

     こうした中国包囲網中国政府はかなり過敏になっている。
     それは中国政府がこの大企業Huawei(ファーウェイ)に経済的、国家戦略的にかなり依存している部分があるからではないか?

     それだけに大きな国際問題の火種となる可能性があり、1民間企業の話と言うわけにはいかないのである。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ファーウェイの技術と経営 [ 今道 幸夫 ]
    価格:3564円(税込、送料無料) (2018/12/17時点)


    大坂なおみ 全米OP初制覇



     『9月8日(日本時間9月9日)に開催された全米オープン決勝セリーナ・ウィリアムズ選手を破り、日本選手として初の四大大会制覇を果たした、大坂なおみ選手。

     新たに誕生した20歳の王者は、試合後、母の元へ駆け寄った。【BuzzFeed Japan / 伊吹早織】


     ニューヨークタイムズによると、北海道根室市で生まれ育った大坂選手の母・環さんは、札幌でハイチ出身のフランソワさんと出会い、恋に落ちた。

     家族に関係を認めてもらうことができず、大阪へ移り住んだ。そして、二人の娘を授かった。

     娘たちにテニスを習わせようと考えたのは、フランソワさんだった。一家は2006年にアメリカ・フロリダ州に移住し、本格的に選手としての道を歩み始めた。

     大坂選手は2017年のインタビューで、これまでの人生でもっとも影響を受けた女性は?という質問に、迷わず「お母さん」と答えている。

     「お母さんはこれまでずっと頑張ってきて、私もずっとその姿を見てきました。だから私もお母さんが一息つけるよう、結果を出したいと思い続けてきました」

     8日の全米オープン決勝は荒れた。 セリーナ・ウィリアムズが試合中の警告を巡って主審に激しく抗議。表彰式でも、試合結果に不満を募らせたファンからブーイングが飛んだ。

     涙ながらに「みんなセリーナのことを応援していたのはわかっています。こんな結果になってしまってごめんなさい」と語った大坂選手

     家族への思いを問われて、こう続けた。 「お母さんは、私のためにたくさんの犠牲を払ってくれました。母は普段、あまり試合は見に来ないんです。だから私の試合を応援することは、母にとって本当に大きな意味があるんです」』


     大坂なおみテニスの4大大会(全豪、全仏、全英、全米)で日本人として、初めて優勝した。

     最近大坂選手は力をつけてきているなとは思ってはいたけど、まさか今年のうちに4大大会で優勝するとは思わなかった。

     本当、凄いの一言!

     これまでの実績を考えると、とても優勝は予想ができなかったが、そこは20歳の伸び盛り。
     凄まじい進歩を遂げて、一気に階段を駆け上ったね。


     大坂選手日本人ではあるけれど、父親はハイチ人。現在はアメリカ国籍を持っているみたいだけどね。 だからこそ日本人離れしたパワーテニスができる。180Cmの恵まれた体格だ。

     大坂選手は日本語はあまり上手じゃない。アメリカで育ったからか、母語は英語みたいだね。 日米両国の国籍を持っているようだけど、大坂選手はいつも日本人として戦っている。

     テニスにおいて恵まれた体格は利点もあっただろうけど、色黒できっと辛い面もあったと思う。 国際結婚したカップルの子供は自分自身のアイデンティティーに悩むケースもけっこうあるけど、彼女もあったんじゃないかな?


     通常だと、アメリカで暮らしていて、日本語よりも英語の方が流暢で、アメリカ国籍もあるなら、アメリカ人として生きていくことを選ぶ人が多そうだけどね。

     でも、大坂選手は日本を取った。 それは日本人であるお母さんの影響が大きいと思うんだよね。

     もちろん、大坂選手のお母さんだって大変な苦労をしていたに違いない。

     尊敬する女性はと聞かれて、「お母さん」と即答したという大坂選手。 優勝者インタビューでは色々な人に感謝したという心優しい女性に育っている。

     プロテニス選手としての成功だけでなく、精神的にも逞しい人間だと思う。

     まだまだこれからのテニス人生

     是非とも、日本人としてグランドスラムをやってのけてほしいな。



    遺伝子から犯人逮捕 



     『【シリコンバレー時事】米国遺伝子データから家系図を調べるサイトを手掛かりに、過去の凶悪犯罪の容疑者逮捕につながるケースが相次いでいる。

     膨大な遺伝子データの活用により、迷宮入りしていた事件の解決に期待が寄せられる半面、プライバシー侵害への懸念も出ている。

     きっかけは今年4月、カリフォルニア州で1970~80年代に発生した連続殺人・性的暴行事件で、元警官の男が逮捕されたことだ。

     「黄金州の殺人鬼」と称された犯人による一連の事件は30年以上、未解決のままだった。

     捜査当局は、遺伝子データの共有サイト「GEDマッチ」に、犯行現場に残されたDNAを登録し、男の親類にたどり着いた。

     年齢や居住地から対象を絞り込み、男の遺留物から採取したDNAと照合、急転直下の逮捕劇となった。これ以降、各地の未解決事件で同様の手法が試みられ、次々と容疑者の特定に結び付いた。


     移民社会の米国では、自分のルーツへの関心が高く、DNA解析による家系図作成を手掛ける民間サービスが広がりつつある。

     500万人以上が利用する「23アンド・ミー」をはじめ商用サイトの多くは、裁判所の命令などがない限り捜査機関に情報を提供しない方針を掲げる。

     一方、GEDマッチは、誰でも自由にデータを登録して系図を調べられるようにすることを目指した。捜査機関による利用について、創設者の一人は米メディアの取材に「心地悪い」と困惑。

     サイトには、登録したデータが犯罪捜査に使われる可能性があることを明記した。

     潜在的な病気の情報なども含む遺伝子データは、捜査機関だけでなく、製薬企業や保険会社に商業利用される可能性もある。

     遺伝子検査サービス向けに指針を策定した非営利団体「フューチャー・オブ・プライバシー・フォーラム」は「業界が個人のプライバシーに及ぼすリスクを認識し、対処することが不可欠だ」と指摘している。』  


     アメリカで迷宮入りだった殺人事件の犯人が逮捕された。  
     そのきっかけがDNAの遺伝子家系図だった。  

     「黄金州の殺人鬼」と言われて世間を騒がせた事件は30年以上未解決だった。
      それが遺伝子データから家系図を調べるサイトを手掛かりに犯人逮捕までいったのだ。

      警察からしてみれば、この遺伝子データは犯人逮捕だけでなく、今後の犯罪抑止力にも貢献する素晴らしいものに映るに違いない。

      確かに犯罪者を野放しにすることを考えればそれもわかる。
      ただアメリカって30年経っても時効にはならないんだね。

      まあ、それはさておき、怖いのは遺伝子レベルの個人データ

      プライバシーに考慮して秘匿という所もあるようだけど、GEDマッチは、誰でも自由にデータを登録して系図を調べられるようにすることを目指したものだった。

      それを警察が利用したところ、あっという間に犯人を検挙できたのだった。  

      誰でもできるというのが怖いところ。   
      遺伝子を調べれば、なりやすい病気やアレルギーなども他人に簡単に知られてしまうかもしれない。  

      逆にそれが犯罪に繋がらないとも限らないよね。

      技術の進歩とともに、プライバシー保護の観点も考えていかなければならない問題だろう。
      悪用されると非常に怖いよね。  


    キスで新生児死亡

      http://news.livedoor.com/article/detail/13373255/



     『免疫機能が十分に発達していない新生児にとって、外部からのウイルス感染は注意が必要だ。

     このほど米アイオワ州で訪問者により口唇ヘルペスウイルスに感染したとされる赤ちゃんが、髄膜炎を発症し命を落とすという悲劇が起こった。

     両親は「お願いだから新生児にはキスしないで」と訴えている。

     『Fox 5 NY』『CNN』『Mirror』など英米メディアが伝えた。

     可愛いばかりについ頬や口元にキスをしてしまった訪問者によって、新生児がウイルス感染したというニュースはこれまでにも報じられてきたが、そうした軽はずみな行為によって生後18日の新生児の命が奪われるという取り返しのつかない悲劇が米アイオワ州で起こってしまった。

     過去のパートナーとの間にできた3人の子供を持つ母ニコル・シフリットさんは、現在のパートナーのシェーンさんとの間に4人目の子供となるマリアナ・リースちゃんを7月1日に出産した。

     ところがニコルさんとシェーンさんの結婚式が行われた7日、マリアナちゃんの容態が急変した。

     何も口にしなくなり、目を覚まさず呼吸が粗くなった娘を心配した両親は、結婚式を早めに切り上げてデモイン市のブランク子供病院へ連れて行った。

     そこでマリアナちゃんが口唇ヘルペスに感染していることが分かった。

     治療を受けていたものの容態が悪化したマリアナちゃんは10日にアイオワシティ大学病院へとヘリコプターで搬送され、数回にわたる輸血や懸命な治療が試みられたが、生後わずか18日で人生の幕を閉じた。

     ニコルさんは自身のFacebookで数回にわたりマリアナちゃんの様子を更新していたが、18日の朝「娘は父親の腕に抱かれて天使になりました。もう苦しむ必要はありません。サポートしてくれたみなさん、ありがとう」と投稿し、「娘のニュースが拡散して、この世に新しく生まれてくる赤ちゃんたちを守ってくれたら」という願いを綴っている。


     ヘルペスは医学専門サイト『Johns Hopkins Medicine』によると、バクテリア、カビなどあらゆる細菌によって引き起こされ、性行為によっても拡散するが、新生児の場合は出産時に母親から感染することもあるとされる。

     しかしニコルさんとシェーンさんがウイルス感染の検査をしたところ、2人とも陰性だった。

     それゆえにマリアナちゃんは、口唇ヘルペスなどを持つ医療従事者や見舞いに来てくれた人などからキスを通じて感染したのではと疑われている。

     「どのようにしてマリアナが感染したのかを断定することは困難です。でも、生まれたばかりの赤ちゃんに触れる時には十分注意が必要ということをみんなに理解してもらいたい」とニコルさんは話す。


     また、カリフォルニア州カラバサス小児科医院の医師タニア・アルトマンさんは「新生児がウイルスに感染することは一般的であってもそこから髄膜炎を発症するケースは極めて稀です。

     ですが生後2か月までは、ウイルスが体内に素早く広がり深刻な病を引き起こすこともあり得るので、非常に危険です」と述べている。

     
     ニコルさんとシェーンさんは、突然の悲劇に悲しみを堪えながら「どうか、新生児にはむやみやたらに触らないでください。触れたい場合は必ず両親に尋ねてください。新しく親になる人たちへ。どうか我が子を誰にもキスさせないでください」と世間に訴えている。


     現在、ニコルさん一家のために寄付金サイト「GoFundMe」のアカウントが設置され、ニュースを知った人々からはあまりにも早く旅立ってしまったマリアナちゃんの死を悼む声が相次いでいる。』


      新生児は生まれたばかりで免疫力も小さい。

      何気ない訪問者の行為が、新生児にはとんでもない災害をもたらす可能性があるという警笛を鳴らすニュースだった。

      日本人はキスをするという習慣はあまりないけど、海外ではキスやハグは親愛の情を表す手段。

      今回、アメリカで悲劇が起こったのは、訪問者のキスが原因だろうという。
      
      免疫力がない新生児
    をむやみに多くの大人が触らない方がいいということ。 祝福してくれた訪問者で我が子が亡くなると言う悲劇はこれで終わらせないとね。

      日本でも訪問者はないかもしれないけど、お母さんなどは赤ちゃんかわいさのあまり口づけをするかもしれない。

      でも、それは危険かも。 こんな事もあると認識しておくべき事だね。


    このページのトップヘ