世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    カテゴリ: 日本国内ニュース

    地下鉄ドアの開閉に〇〇



    デンソーウェーブは2019年5月22日(水)、新型のQRコード「tQR」を用いたホームドアの開閉制御システムが初めて都営浅草線で採用されたと発表しました。

     東京都交通局と共同開発したもので、車両にはQRコードラベルを扉に貼るだけ。ホームドア制御のための機器を車両に搭載する必要がないため、安価で、かつ車両の改修工期が短いのが特長といいます。

     QRコードには列車の編成両数や扉数の情報が格納されており、列車が駅ホームに入ると、ホーム上部に設置されたスキャナーが、このQRコードの動きから車両扉の状態を検出します。

     車掌は、車両扉の開閉操作のみでホームドアの連動開閉が可能。そのため、ホームドアを別途操作することで駅停車時間が延びることを抑制するメリットもあるといいます。

     このシステムは、浅草線の大門駅で2017年11月から約1か月間行われたホームドアとの連動検証を経て実用化されました。

     東京都交通局によると、6月8日(土)の終車後、新橋駅2番線ホーム(押上方面)からこのシステムのホームドアが順次設置され、10月ごろから同駅で運用が始まる見込みです。

     その後、2020年の東京オリンピックまでに都営浅草線新橋駅、大門駅、三田駅、泉岳寺駅へ、2023年までに浅草線全駅へ設置される計画です。』  


     新型のQRコード「tQR」を用いたホームドアの開閉制御システムが初めて都営浅草線で採用されたというニュース。

     車掌は、車両扉の開閉操作のみでホームドアの連動開閉が可能になり、時間短縮になると言う。
     これが成功すれば、他の路線にも広がっていくでしょうね。

     QRコードって、そもそも日本の自動車部品メーカー、デンソーが作ったもの。 
     QRコードQRは「Quick Response」の略。  

     最近では、テレビ局が放送画面上にQRコードを提示して、異なるメディアインターネットに誘ったり、雑誌などの紙媒体にQRコードを提示してインターネットに誘う手法がメジャーになってきている。  

     決済にも応用されたりしているのはご存知の通り。

     そのQRコード地下鉄のホームドア開閉に、連動検証を経て実用化されることになったんだから、社会への浸透は速いものがあるね。

     将来はスマホのQRコードがないと生活に困ると言うくらい社会に浸透しているんじゃないかな?      
     QRコードと未来の社会。  

     想像もできないくらい、QRコードの可能性が広がっている気がするね。

    外国人と日本人の観光



       『江戸時代の宿場町の雰囲気が残る長野県南木曽町の妻籠(つまご)宿と、岐阜県中津川市の馬籠(まごめ)宿

       両宿を結ぶ旧中山道の馬籠峠を歩く外国人ハイカーが、近年増加している。

       英国のテレビ放送などで知名度が上昇。2018年度は65の国・地域の人が訪れ、初めて3万人を突破した。

        日本人より多い6割超を占めており、まだまだ増えそうな勢いだ。

     二つの宿場の距離は約9キロあり、徒歩で約3時間の道のり。外国人ハイカーは、交通の便の良いJR中津川駅から馬籠宿に入り、妻籠宿まで歩く人が多いという。

     江戸時代の旅が体験できるとして広まり、急な坂道はあるものの、荷物を有料で運んでもらえるため、身軽に歩けることも人気につながっている。


     妻籠宿の住民らでつくる公益財団法人「妻籠を愛する会」は、両宿のほぼ中間地点にある「一石栃(いちこくとち)立場(たてば)茶屋」を整備。

     無料でお茶を振る舞いながら、通過する人数と国籍を調べている。  

     茶屋は江戸時代後期の民家を改装したもので、いろりや畳の休憩場がある。古い日本の雰囲気が楽しめることから、多くの人が立ち寄っている。

     4月、英国から来たマッチ・ルーヘンさん(31)は「とても美しい宿場町と峠道だ。昔に戻ったよう」と満喫した様子。

     茶屋で出迎える勝野富紀人さん(78)は、今年の秋で10年を迎える。やかんでお湯を沸かしながら、忙しそうに茶わんを洗う。ヒノキの笠をかぶり、簡単な会話で対応する。

     「単語で通じるんですよ。多くなった外国人に、行き届かないこともあるけど、笑顔で迎え、笑顔で送り出しています」

     外国人の峠越えは、09年度は約5850人だった。それが18年度は約3万1400人に増え、5倍を超えた。外国人の増加は、英国のBBC放送の番組で取り上げられた数年前から顕著になったという。


     一方、峠を歩く日本人は年々減っていて、18年度は全体の4割を切った。  18年度の65の国・地域のうち、33カ国は英国のほか、フランス、スペイン、ドイツなどのヨーロッパからだった。

     妻籠を愛する会の調査では、目的は山や風景などの自然を楽しむ人が多く、宿場風景、ウォーキング、と続いている。』


     江戸時代の宿場町の雰囲気が残る長野県南木曽町の妻籠(つまご)宿と、岐阜県中津川市の馬籠(まごめ)宿が、ヨーロッパからの観光客に人気があるという。

     外国人観光客が増えている一方で、日本人観光客は減っている、 外国人が興味があるものと日本人が興味があるものに大きな差があるということだろう。

     ハイキングは欧米人にとって人気だし、3時間ぐらいなので時間的にも適当だ。 欧米人にとって、日本の東京などはヨーロッパと似通っている点がある。せっかく日本へ来たのだから、日本でしか味わえない雰囲気が好まれているのではないかな?


     それに昔の日本の雰囲気を味わえる所となると、そんなに多くないし、日本の自然も堪能できるしね。


      一方、日本人にとっては、そんな昔の雰囲気を味わうより、もっと新しいものの所が人気なのではないかな? 特に若い世代にとっては。

      外国人観光客日本人観光客が求めているものは違うというのは、数字がはっきりと明示しているよね。


      海外の観光客が増えることは悪い事ではない。 外国人日本の歴史に興味を持ってもらえるきっかけにもなるし、地元にはその分、観光収入も期待できる。

     また、外国の新しい文化に触れることで、地方の国際化にも貢献してくれるだろう。


    アンドロイド観音



     『豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)ゆかりの臨済宗建仁寺派の寺院・高台寺(こうだいじ)(京都市東山区)が23日、アンドロイド観音「マインダー」をお披露目した。

     現代人に仏教の教えを分かりやすく説き、心の安らぎを得てもらおうと、寺がアンドロイド研究の第一人者、石黒浩・大阪大教授らに協力を求めて開発した。

     般若心経(はんにゃしんぎょう)について「法話」をするようにプログラミングされている。

     アンドロイド観音は台座を含めて高さ195センチ。重さ約60キロ。首から上と腕、胴が動かせる。左目にはカメラが付いている。

     観音は人々を救うために様々な姿になるとされ、今回は「アンドロイドに変身した」と同寺は説明する。見る人の想像の余地を残すため、胸から上と手以外は機械部分がむき出しになっている。


     2017年9月から制作してきた。総事業費は約1億円。
     法話は約25分。投影されたプロジェクションマッピングの登場人物の質問に答える形で、アンドロイド観音般若心経について解説する。


     アンドロイドは日本語を話すが、英語と中国語の字幕がスクリーンに映し出される。

     同寺の後藤典生(てんしょう)執事長は「仏教仏像の出現で爆発的な広がりを持った。動き、語りかけるアンドロイド観音によって仏教の教えが現代の人々に伝わっていってほしい」と話す。  

     アンドロイド観音の特別開帳は3月8日~5月6日。中学生以上が対象。詳細はホームページ(http://www.kodaiji.com/mindar/)で。問い合わせは同寺(075・561・9966)へ。(大村治郎)』  


      京都の臨済宗建仁寺派の寺院・高台寺(こうだいじ)アンドロイド観音「マインダー」がお披露目された。  

      なんと般若心経を解説するらしい。

      アンドロイド観音「マインダー」は仏教をわかりやすく説き、心の安らぎを得てもらおうという試みみたい。   


      だけどね・・・・。

      体の大部分から機械が見えているアンドロイドから説法されて、有難いと思うかどうか。

      新しいチャレンジ精神は買うけど、個人的な感想で言えば、ロボット仏教を説教されても安らぎは得られそうにないな。

      やはり人間との違いはあると思う。

      観音は人々を救うために様々な姿になるとされ、今回は「アンドロイドに変身した」と高大寺は説明するが、信仰心が篤い信者はそれを受け入れるのか?


      京都でこのアンドロイド観音がどのような扱いを受けるのか、大変興味がある。

      ある意味、日本語より英語で話すようにすれば、目の珍しさから外国人観光客に受けるかも!?

    広島カープ3連覇達成  


     祝砲!!

     広島カープが遂にセ・リーグ3連覇を達成しました。
     25年ぶり優勝から3年続けての優勝

     これは本物の強さの証拠ですね。

     3連覇セ・リーグ巨人以外成し遂げていない快挙です。

     実際、3連覇がかかる年は開幕から他球団からマークされます。
     マークされるとどうなるか。

     たいていエース級をあてられる戦略が取られます。
     いくら打撃のチームでも、毎日エース級が出てきたんじゃなかなか打てない。

     通常はそういう面で苦戦するのですが、今年のカープは去年と同じくセ・リーグ独走でした。

     でも、去年大活躍した薮田投手がいなかったり、打撃面でも安部選手がイマイチだったりと色々あったんですよね。

     丸選手鈴木誠也選手の離脱も経験しました。

     そこをアドゥワ投手フランスア投手、打者だと野間選手など新しい力が躍動して補ってきたのです。

     そういう意味では固定化されたレギュラーで戦ってきたのではなく、全員の力が結集した3連覇でしたね。

     でもリーグ優勝は通過点。

     日本一になった時が本当のお祝い時ですね!       

                         

    Eスポーツの盛り上がり



     『コンピューターの対戦型ゲームで競う「eスポーツ」が、盛り上がり始めている。

     長野県の松本工業高校(松本市)では今夏から、部活動の一つとして、生徒が日々練習に励んでいる。県内の愛好家は団体を立ち上げ、開いた大会も予想以上の参加があったという。

     ■松本工で部活動 

      目標は全国  「松工(まつこう)」の愛称で知られ、今年で創立80年の松本工業高校

      平日の放課後、実習室の片隅で10人ほどの生徒がパソコンに向かっていた。画面上には「リーグ・オブ・レジェンド」というゲーム

      キャラクターを操作し、5人の仲間と協力して敵チームの本拠地に攻め込む。「仲間で話し合い、協力しないと勝てない」。

     2年の前川結冴(ゆいが)君(16)が教えてくれた。
     文化部の一つ、電子工学クラブのなかにeスポーツ班ができたのは7月。

     きっかけは「eスポーツ部をつくりたい」という1年生の声だった。顧問の三澤実先生(52)の働きかけもあって、部内の班というかたちで発足。班には1~3年の17人が所属している。  

     三澤先生はゲームの技術や戦略に詳しいわけではない。ただ、勝つためにコミュニケーションを取り、チームとして一つになっている生徒の姿をみて、プレーできる環境をつくることの大切さに気付いた。

     「たかがゲームだろ」という批判が学校内外からあることは知っている。

     でも、「eスポーツは彼らにとって、野球部が甲子園を目指すのと一緒だと思うんです」  

     練習は平日の放課後と土曜の週6日。公立校ということもあって練習環境が整っているとこ使う。

     練習試合の相手が見つからないのも悩みの種だ。

     チームの最大の目標は、「第1回全国高校eスポーツ選手権」での躍進だ。12月にオンラインで予選が開かれ、来年3月に千葉で決勝大会がある。

     1年の原颯汰君(15)は「戦略の多様さが競技の魅力。練習を重ね、選手権では恥ずかしくないプレーをみせたい」と力を込めた。』


     コンピューターの発達とともに、対戦型競技として注目を集めているEスポーツ
     アジア大会などでも正式競技として徐々に認知されてきている。

     実際、Eスポーツ賞金を稼いだりするようになってくると、職業としても認識されてくるかもしれない。時代と共に新たな職業が生まれてくるからね。

     記事のように高校でも部活としてEスポーツが広がってきている。 パソコンなどに疎い年配世代は「たかがゲームだろ」という主張をするかもしれないけれど、ゲーマーとして立派に大金を稼ぐ時代だ。

     その道のトップになれば、大金を稼げれるようになるかもしれない。

     「第1回全国高校eスポーツ選手権」も始まるようだし、世界に遅れないように頑張ってほしいな。


    このページのトップヘ