世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    カテゴリ: 異文化・カルチャーショックニュース

    外国人と日本人の観光



       『江戸時代の宿場町の雰囲気が残る長野県南木曽町の妻籠(つまご)宿と、岐阜県中津川市の馬籠(まごめ)宿

       両宿を結ぶ旧中山道の馬籠峠を歩く外国人ハイカーが、近年増加している。

       英国のテレビ放送などで知名度が上昇。2018年度は65の国・地域の人が訪れ、初めて3万人を突破した。

        日本人より多い6割超を占めており、まだまだ増えそうな勢いだ。

     二つの宿場の距離は約9キロあり、徒歩で約3時間の道のり。外国人ハイカーは、交通の便の良いJR中津川駅から馬籠宿に入り、妻籠宿まで歩く人が多いという。

     江戸時代の旅が体験できるとして広まり、急な坂道はあるものの、荷物を有料で運んでもらえるため、身軽に歩けることも人気につながっている。


     妻籠宿の住民らでつくる公益財団法人「妻籠を愛する会」は、両宿のほぼ中間地点にある「一石栃(いちこくとち)立場(たてば)茶屋」を整備。

     無料でお茶を振る舞いながら、通過する人数と国籍を調べている。  

     茶屋は江戸時代後期の民家を改装したもので、いろりや畳の休憩場がある。古い日本の雰囲気が楽しめることから、多くの人が立ち寄っている。

     4月、英国から来たマッチ・ルーヘンさん(31)は「とても美しい宿場町と峠道だ。昔に戻ったよう」と満喫した様子。

     茶屋で出迎える勝野富紀人さん(78)は、今年の秋で10年を迎える。やかんでお湯を沸かしながら、忙しそうに茶わんを洗う。ヒノキの笠をかぶり、簡単な会話で対応する。

     「単語で通じるんですよ。多くなった外国人に、行き届かないこともあるけど、笑顔で迎え、笑顔で送り出しています」

     外国人の峠越えは、09年度は約5850人だった。それが18年度は約3万1400人に増え、5倍を超えた。外国人の増加は、英国のBBC放送の番組で取り上げられた数年前から顕著になったという。


     一方、峠を歩く日本人は年々減っていて、18年度は全体の4割を切った。  18年度の65の国・地域のうち、33カ国は英国のほか、フランス、スペイン、ドイツなどのヨーロッパからだった。

     妻籠を愛する会の調査では、目的は山や風景などの自然を楽しむ人が多く、宿場風景、ウォーキング、と続いている。』


     江戸時代の宿場町の雰囲気が残る長野県南木曽町の妻籠(つまご)宿と、岐阜県中津川市の馬籠(まごめ)宿が、ヨーロッパからの観光客に人気があるという。

     外国人観光客が増えている一方で、日本人観光客は減っている、 外国人が興味があるものと日本人が興味があるものに大きな差があるということだろう。

     ハイキングは欧米人にとって人気だし、3時間ぐらいなので時間的にも適当だ。 欧米人にとって、日本の東京などはヨーロッパと似通っている点がある。せっかく日本へ来たのだから、日本でしか味わえない雰囲気が好まれているのではないかな?


     それに昔の日本の雰囲気を味わえる所となると、そんなに多くないし、日本の自然も堪能できるしね。


      一方、日本人にとっては、そんな昔の雰囲気を味わうより、もっと新しいものの所が人気なのではないかな? 特に若い世代にとっては。

      外国人観光客日本人観光客が求めているものは違うというのは、数字がはっきりと明示しているよね。


      海外の観光客が増えることは悪い事ではない。 外国人日本の歴史に興味を持ってもらえるきっかけにもなるし、地元にはその分、観光収入も期待できる。

     また、外国の新しい文化に触れることで、地方の国際化にも貢献してくれるだろう。


    アンドロイド観音



     『豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)ゆかりの臨済宗建仁寺派の寺院・高台寺(こうだいじ)(京都市東山区)が23日、アンドロイド観音「マインダー」をお披露目した。

     現代人に仏教の教えを分かりやすく説き、心の安らぎを得てもらおうと、寺がアンドロイド研究の第一人者、石黒浩・大阪大教授らに協力を求めて開発した。

     般若心経(はんにゃしんぎょう)について「法話」をするようにプログラミングされている。

     アンドロイド観音は台座を含めて高さ195センチ。重さ約60キロ。首から上と腕、胴が動かせる。左目にはカメラが付いている。

     観音は人々を救うために様々な姿になるとされ、今回は「アンドロイドに変身した」と同寺は説明する。見る人の想像の余地を残すため、胸から上と手以外は機械部分がむき出しになっている。


     2017年9月から制作してきた。総事業費は約1億円。
     法話は約25分。投影されたプロジェクションマッピングの登場人物の質問に答える形で、アンドロイド観音般若心経について解説する。


     アンドロイドは日本語を話すが、英語と中国語の字幕がスクリーンに映し出される。

     同寺の後藤典生(てんしょう)執事長は「仏教仏像の出現で爆発的な広がりを持った。動き、語りかけるアンドロイド観音によって仏教の教えが現代の人々に伝わっていってほしい」と話す。  

     アンドロイド観音の特別開帳は3月8日~5月6日。中学生以上が対象。詳細はホームページ(http://www.kodaiji.com/mindar/)で。問い合わせは同寺(075・561・9966)へ。(大村治郎)』  


      京都の臨済宗建仁寺派の寺院・高台寺(こうだいじ)アンドロイド観音「マインダー」がお披露目された。  

      なんと般若心経を解説するらしい。

      アンドロイド観音「マインダー」は仏教をわかりやすく説き、心の安らぎを得てもらおうという試みみたい。   


      だけどね・・・・。

      体の大部分から機械が見えているアンドロイドから説法されて、有難いと思うかどうか。

      新しいチャレンジ精神は買うけど、個人的な感想で言えば、ロボット仏教を説教されても安らぎは得られそうにないな。

      やはり人間との違いはあると思う。

      観音は人々を救うために様々な姿になるとされ、今回は「アンドロイドに変身した」と高大寺は説明するが、信仰心が篤い信者はそれを受け入れるのか?


      京都でこのアンドロイド観音がどのような扱いを受けるのか、大変興味がある。

      ある意味、日本語より英語で話すようにすれば、目の珍しさから外国人観光客に受けるかも!?

    宗教の恐怖



    イスラム教の聖地の一つ、サウジアラビアのメディナで、巡礼に来ていた6歳の男の子が母親の目の前で男に首を切られて殺害される衝撃的な事件が起きました。

     現地メディアなどによりますと、サウジアラビアのメディナで先月、6歳の男の子と母親がモスクを訪れるためタクシーに乗っていたところ、突然、運転手の男が車を止めて男の子を外に連れ出しました。

     男は近くの飲食店にあったグラスを割り、男の子の首を複数回刺して殺害したということです。

     男はその後、逮捕されました。男はイスラム教スンニ派で、客として乗せた親子が自分とは宗派の違うシーア派だと気付き、犯行に及んだということです。

     サウジアラビアではスンニ派のなかでも厳格なワッハーブ派国教とされ、シーア派への敵視政策が長年続いています。』  


     人には守らなければならない名誉というものもあるだろう。

     イスラム教徒にとって、アッラーを信仰することは他宗教の人間が考える以上の大きなものであることは理解できる。

     しかし、今回サウジアラビアで起こった首切り事件は、世界を恐怖へと陥れた。  

     なんとイスラム教徒イスラム教徒の首を切って殺したのだ。

     しかも、聖地メディナに来ていた巡礼の僅か6歳の男の子をだ。  
     更に母親の目の前で殺したというのだから人間のすることではない。

     サウジアラビアスンニー派の中でも厳格なワッハーブ派ではあるけれど、イスラム教の聖地を守る国。   

     イスラム教徒は一生に一度はサウジアラビアのメッカに行くように教えられている。そして、メッカ巡礼を行ったイスラム教徒ハッジとして尊敬されるという背景がある。

     今回悲劇の舞台となったサウジアラビアのメディナは、メッカと共にイスラム教徒の聖地

     世界中のイスラム教徒にとっては、高いお金と時間をかけてたどり着いた聖地なのに・・・。 モスクへ向かおうとして乗ったタクシー運転手が殺人鬼に変身。

     その殺人の理由は自分とは違う宗派だったから・・・。 スンニー派は多数派と言われているが、イランのようにシーア派が多い国もある。

     スンニー派シーア派は時々対立しているニュースを目にするけど、これは大問題に発展する可能性を秘めた爆弾だ。

     今後もサウジアラビア政府シーア派に対してVISAを発給するのか。 恐らく発給するとは思う。 しかし、シーア派教徒聖地サウジアラビアは、聖地ではなく地獄となるかもしれないという恐怖心を植え付けた。

     わざわざ聖地巡礼に行ったのに、無慈悲に愛息を殺されるのを目の前で見るのは地獄そのものだろう。

     サウジアラビア関連のニュースでは、トルコサウジアラビア大使館で記者を殺害したとして全世界にニュースが流れ、アメリカを始め、多くの国から批判の声が上がった。

     今回の事件で、サウジアラビアは更なる評判を落としたね。 イスラム教徒の宗派間の敵対意識を活発化させ、キリスト教徒や仏教徒など他宗教へは、イスラム教徒は怖いという印象を与えた。

     殺したタクシー運転手は単なる狂った殺人鬼だけど、全世界に与えた影響は少なくない。 被害者がどこの国のイスラム教かわからないが、これが仮にイラン人だったら、元々犬猿の仲であるサウジアラビアとイランで大きな国際問題に発展することだろう。 今後も注目していかなければならない事件だろう。
               

    【Vietjet Air ちょっとやりすぎた?】

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000035-reut-asia



      サッカーU23のアジア大会ベトナムチームが準優勝した。  
      そのU23チーム中国からベトナムに帰ってくる時の出来事でちょっと(笑)。

       ベトナムの格安航空会社(LCC)のViet jet Airがちょっとやりすぎたみたい。

     『機内で、ビキニショーを行ったベトナムの格安航空会社に、罰金処分。
       機内を歩く、ビキニ姿の女性たち。 これは、サッカーの23歳以下のアジア選手権で準優勝したベトナムチームの、帰国チャーター便の機内の様子。

      準優勝祝いとして、ビキニ姿の女性モデルがショーを行ったが、これが、わいせつだと批判が殺到。

      便を運航したベトナムのLCC(格安航空会社)「ベトジェットエア」の最高経営責任者は謝罪し、航空当局は「安全を脅かす危険性があった」として、ベトジェットエアに19万円相当の罰金を科した。

      ベトジェットエアは、これまでも、ビキニ姿の客室乗務員をPRで登場させるなど、その過激な演出で議論を呼んでいる。』


     帰国チャーター機にモデルなどを搭乗させて、ビキニ姿でショーを行ったというもの。

      一昔前ならチャーター機の出来事など噂でしかなかっただろうけど、今はスマホで簡単に動画が取れる時代。 撮った写真などが拡散してニュースに。

      狭い機内でビキニ姿のショーは確かに安全を脅かすと言われればその通りだろう。

      ベトジェットのグエン・ティ・フォン・タオ最高経営責任者(CEO)フェイスブックで謝罪して、「これは輸送チームが演出した即興のパフォーマンスで、会社のプログラムには含まれていなかった」と言ったらしい。 でもね。。。 

     これってViet jet Airの戦略だよ。

      U23サッカーのベトナムチームは今や国民的英雄。 東南アジア初のアジア大会決勝まで進んだんだから。 ベトナム国家から勲章授与などの話も出ていたくらい。

      当然注目度も高いわけ。そしてこれは一般の民間機ではなく、チーム専用のチャーター機
     お祝いの意味もあったのかもしれないねー。

      罰金を課されたけど、内心はグエン・ティ・フォン・タオ最高経営責任者はほくほくだったんじゃないかなぁ。 これって広告宣伝費と考えれば、その何倍の価値があるので。

      日本のマスコミにもニュースとして取り上げられて名前を言われているわけだから。

     ナショナルフラッグを背負うような格式高い航空会社だとダメージがあるかもしれないけど、格安航空会社(LCC)は一般庶民がターゲット層だからねー。

      それに元々ベトジェットエアは、ビキニ姿の客室乗務員をPRで登場させたりして話題をさらってきた航空会社

      これって、格安航空会社(LCC)なりの広告戦略だね、きっと。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    格安航空会社の選びかた
    価格:1404円(税込、送料別) (2018/2/10時点)


    市長がワニと結婚

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00010003-reutv-s_ame


     『メキシコの漁業の町サン・ペドロ・ウアメルラで30日、市長がワニの花嫁と結婚式を挙げた。

     地域の平和と繁栄を祈る古くからの伝統儀式だという。  

     オアハカ州のテワンテペク地峡沿いにあるこの町では、先住民のチョンタル族が1789年から、豊漁や豊作を祈ってこの儀式を始めた。

     ワニの花嫁がバンドの音楽に合わせて町を練り歩き、パレードのあと町の集会所で市長のビクター・アギラー氏と「結婚」した。』

     メキシコの市長がワニの花嫁と結婚式を挙げた仰天ニュース。

     ワニと結婚? はぁ?

     これが一般の日本人の反応だろう。
     オアハカ州のテワンテペク地峡沿いのサン・ペドロ・ウアメルラ町で行われたのだ。

     このワニとの結婚式先住民のチョンタル族の儀式らしい。

     動画を見ていると、小さいワニの口を縛って、一緒に儀式をしている。 それを見ると、大の大人が大勢集まって1人の男がワニとキスしている画は頭が狂っているとしか思えない。

     だけど、これは先住民が豊漁や豊作を祈る昔から続いてきた儀式らしい。

     地域の平和と繁栄を祈る古くからの伝統儀式がワニとの結婚

     メキシコのオアハカ州と言えば、先住民族の比率が高い州
     先住民の中にはメキシコの公用語のスペイン語が上手く話せない人もけっこういる。

     そんなオアハカ州での儀式。 いやはや、世界には色々な儀式があるもんだね。


    このページのトップヘ