世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    カテゴリ: アーティストのニュース

    【最悪の眺めのホテルだけど魅力的】

     http://news.yahoo.co.jp/pickup/6232030



     パレスチナとイスラエルを隔てる壁。 長年、中東の紛争問題となってきた場所。
     そんなパレスチナとイスラエルの分離の壁の前に、最悪の眺めのホテルがオープンした。

     ただ、ホテルからの眺めより、バンクシーの絵の方が気になっているんだけど。


     『【AFP=時事】英国の覆面グラフィティアーティスト、バンクシー(Banksy)が3日、パレスチナ自治区ベツレヘム(Bethlehem)で、イスラエルが建設した分離壁の目と鼻の先に、ホテルをオープンした。

     パレスチナ自治区におけるバンクシーの最新作となる。

     「ウォールド・オフ・ホテル(The Walled Off Hotel)」と、イスラエルとパレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)を分断する壁の距離はわずか4メートルで、ホテルの全室から分離壁を見渡すことができる。

     バンクシーは声明で「世界のあらゆるホテルの中でも最悪の眺めだ」と語っている。  

     ホテルにはバンクシー本人こそいないものの、その新作数十点が建物内の壁を飾っている。ホテルの広報担当者によると、ここ数年でバンクシー最大の新作コレクションだという。

     またこの広報担当者は、4日の開業式典では英ミュージシャンのエルトン・ジョン(Elton John)がライブパフォーマンスを披露することになっていると話したが、現地でのパフォーマンスなのかビデオリンクを介してのパフォーマンスなのかは明らかにしなかった。

     ホテルのウィサム・サルサー(Wissam Salsaa)支配人によると、客室は20日から利用可能で、1泊30ドル(約3400円)からとなっている。【翻訳編集】 AFPBB News』


     バンクシーって知ってる?

     僕が一番会ってみたい芸術家。だけど、先ず無理。なぜなら、バンクシーはイギリスの覆面アーティストだから。

     バンクシーは街中の壁にあっと驚く絵を描く事が多いストリートアーティストとして有名だけど、顔はもちろん、プロフィールも一切公表していない。

     そのほとんどが謎につつまれている芸術家。だから余計惹かれるのかもしれない。 絵は街の壁に描かれる事が多いけど、管理をしている市役所に単なる「落書き」とみなされ、消去される事も多いと言われている。

     なぜ、そこまでして描くのか?

     バンクシーの絵はオークションで何千万という値がつくほど評価されていて、ソニーやナイキなど超有名企業がオファーをしても、断ったという逸話もある。

     なのに、正体を隠して、いつ消されるかわからない運命の絵を壁などに描いていく。

     一夜にして、街角に素晴らしい絵が突如出現する。 そんな芸当ができるストリートアーティストが「バンクシー」だ。

     そんなミステリアスな芸術家だからこそ、本物のバンクシーの画を見てみたいー。そう、自分の目で。

     記事では、ホテルにはバンクシーの最新作があるとのこと。一体、どんな絵が画かれてるのだろう?

     中東の最悪の眺めとしてのホテルより、バンクシーの絵があるホテルとして注目している。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Wall and Piece [ バンクシー ]
    価格:3024円(税込、送料無料) (2017/3/5時点)


    こち亀「両さん」40年で幕

      http://news.livedoor.com/article/detail/11972201/


      『連載40周年を迎えた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が17日発売の「週刊少年ジャンプ42号」(集英社)で最終回を迎えることが3日発表され、主人公の両津勘吉が公式HPで激怒のコメントを発して大暴れした。

     集英社広報部はデイリースポーツの取材に、この両さんコメントは、過去に漫画本編で使用されたカットをつなぎ合わせ、吹きだし部分のセリフを今回用にアレンジしたことを説明した。

     この日、作者の秋本治氏(63)が東京・神田明神で、絵巻奉納式後に会見して発表。1976年9月に連載がスタートした物語の幕を閉じることになった。

     これを受け「こち亀」の公式HPでは、連載終了決定を受けての4コマ漫画が掲載され、主人公・両津勘吉が激怒コメントを発した。

     「そして前人未到の連載40周年。200巻へ。ご愛読ありがとうございました」と記され、両津勘吉が「またどこかでお会いしましょう」と帽子を掲げるイラストが掲載され、綺麗に別れを告げるかと思いきや。  

    「待て!!」と両さんが、イラストを破ってカットイン。怒りの形相で「まだ終わりじゃないぞ!!」「こういうときだけ『最近読んでないけど好きだった』とか、『もっと続いて欲しかった』とか言いやがって」と抗議をはじめた。

     小さくコマの隅で「うれしいけど」と本音も漏らしつつ、続けて「9月17日のジャンプこち亀40周年記念号をみんな読んでくれ!!」「読んでから言ってくれ!!」「200巻も発売するから買ってくれ!!!」と求めて大暴れをはじめた。

     同僚の中川らが羽交い締めにして制止するも、怒りが止まらない様子だ。

     しかし最後は大原部長が登場。「うるさい!!」と一喝し「ちょっとはしんみりせんか!!」と両さんの頭をはたく、お約束のシーンが展開された。』


     少年ジャンプの人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、通称「こち亀」
     両津勘吉というハチャメチャな警官が巻き起こすギャグマンガだが、ついに40年で幕を下ろす。

     しかし、本当に凄いと思う。 40年と一言で言うが、人気漫画雑誌である少年ジャンプで10年でも続けばメチャ凄いレベル。作者がいくら続けたいと言っても、読者の支持がないと打ち切りになる世界。

     そんな漫画界で40年も同じ漫画を描いていられるのは、作者の秋本治氏の才能だよな。 普通はネタ切れになりそうだけど。

    こち亀」が連載を始めた年に生れたばかりの子が、今は40才。 そう考えると、いかに「こち亀」が凄いかがよくわかる。 三世代に渡って読まれていた漫画ということになるよね。

     発売された人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の漫画はなんと200巻100巻と言う数字もめったに見ないのに倍の200巻。 ある意味、怪物だよ。

     世代を超えて、ずっと支持されてきたということがわかる。
     ここまで長い連載をして漫画って世界でも初めてじゃぁ??

     寂しい反面、改めて「こち亀」の凄さを思い知らされたニュースだった。


    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    唇の芸術

       http://news.livedoor.com/article/detail/9468159/


      『アルゼンチンサイト「Infobae」の12日付報道によると、アメリカ・テキサス州に住むナタリさんは自分の唇で絵を描く独特な画家だ。

      彼女の作品の中にはマリリン・モンロー、ジミ・ヘンドリックスなど有名人の肖像画が多い。

       ナタリさんは自身のサイトに「中学校の時に拇印を押すようにして絵を描き始めた。2001年に、ある楽団の公演を見て帰宅し、化粧を落とした時にティッシュ・ペーパーに付いた口紅を見て唇で絵を描くことをひらめいた」と書いた。』


        自分の唇で絵を描く独特な画家がアメリカ・テキサス州にいるという。 その人はナタリさん。

       「2001年に、ある楽団の公演を見て帰宅し、化粧を落とした時にティッシュ・ペーパーに付いた口紅を見て唇で絵を描くことをひらめいた」というから、発想が凄いよね。

        中学校時代にも拇印を押して絵を描いていたということ自体、凄い!
        他の人とは発想が違う。


      最近では完成された絵もさることながら、その描く手法に注目が集まることがけっこうあるね。

       普通の人が口びるでマリリン・モンローなどの肖像画を描くのは先ず無理だから、画家としての芸術的才能はあったのは確かだろうね。

    ブログネタ
    AKB48/SKE48/NMB48/乃木坂46_01 に参加中!
    AKB総選挙の裏

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140608-00000026-rcdc-cn


     『2014年6月7日、第6回AKB選抜総選挙の結果が公表された。
     初の1位を手にしたのは渡辺麻友さん。

     前年1位の指原莉乃さんは2位に後退した。

     投票総数268万9427票で史上最多の激戦となったが、中国人AKBファンは自分たちの投票が勝利を決めたとわき立っている。

      SNSでは以下のつぶやきが注目を集めた。

     「渡辺麻友は15万9854票、指原莉乃は14万1954票。差は1万7900票です。中国ネット掲示板のまゆゆ板は180万元(約2950万円)を集め3万5000票を投票。

     まゆゆの勝利を決定づけました!これぞわれらが大中華砲の威力!」

      コメント欄には喜ぶファンの声もある一方で、「お金のむだ遣い」「バカだな」というツッコミも見られる。

     AKB選抜総選挙での「中華砲」は昨年も話題になっている。中国から指原さんに9000票が投じられたとして注目を集めた。

     今年5月、テレビ番組で「中国の富裕層の方が(票を)買ってくれますよ」と言われた指原さんは「私だけじゃない。他のメンバーの票も中国の富裕層の方が買ってくれています」と発言していたが、まさにその通りの結果となった。

     ただし投票権を購入したのは富裕層ばかりではない。大手ネット掲示板などを通じてファンが資金を集め、代表者が購入するという仕組みがとられている。

     ごく一部では代理購入するとの名目で資金を集めた上で持ち逃げするという詐欺もあったようだ。

      昨年の1位で満足したのか指原莉乃板の購入数は若干減少したようだが、必勝を期したまゆゆ板は約2950万円という途方もない金額を集めることに成功したという。

     指原莉乃板では「私たちの力が足りなかった……来年に捲土重来を」とお通夜モード。まゆゆ板は「まゆゆ皇帝万歳万歳万々歳」と喜びにあふれ返っていた。』


      今や民放のゴールデンタイムで生中継をするくらいの一大イベントになったAKB48の選抜総選挙

     年々投票総数が伸びていて、今年は投票総数268万9427票。凄いよね。これって都道府県別人口13位の京都とほぼ同じ。最下位の鳥取県の人口の約4.5倍だよ。

     今の芸能界で、それだけ注目を浴びているイベントなんだよ、AKB総選挙は。

     そして、今年の第6回AKB選抜総選挙は「まゆゆ」こと、渡辺麻友が一位をとった。「まゆゆ」は毎回AKB総選挙で上位に顔を出しながら、いつも後もうちょっとで1位を逃していた。

     今回「まゆゆ」は、連覇を狙った指原莉乃をかわして、初の栄冠に輝いた。そして「まゆゆ」の1位の裏には、中国人票が大きく影響していた!

     中国ネット掲示板のまゆゆ板は180万元(約2950万円)を集め3万5000票を投票したんだって!もうビックリ!この数字って、ちょっとした市の人口だよ。金額にして約2950万円。

     それだけのお金を集め、「まゆゆ」の一位のサポートをしていたなんて・・・。

     いくら中国の経済力が上がったとはいえ、一般的な中国人の給与は日本より低いんだ。数の力だね。

     確かに、AKB選抜総選挙での「中華砲」の威力って凄いかも!


     中国人AKBファンがここまで多いとも知らなかったけど、ネットで資金を集め代表者が購入というシステム化されているのにも驚きだ。

     そこまでして中国からAKB総選挙に参加しているなんて。日中が険悪なムードの中でも、AKB48の関心は日本人、中国人とも変わらないんだという事もよくわかった。

     AKB人気は日本だけでなく、アジアを中心に確実に広がっているようだ。そして今回のAKB総選挙では、「まゆゆ」人気が爆発した感じだね。

     これからのAKB総選挙必勝法。それはAKB48のメンバーは日本人だけでなく、中国語など勉強して中国人向けにもメッセージを発信できることかもね。

     中国語だと中国だけでなく、台湾香港などにもメッセージが伝わるしね。もっと裾野を広げたければ、他の外国語でもメッセージを発信するといいんじゃないかな?

     何も最初から完璧である必要はない。そういう努力を見せることで、中華圏では好意的に見られるんじゃないかな?

     自分達の応援に対してもAKBメンバーが反応してくれているとね。

     AKBメンバー自身、AKB総選挙での順位にも貢献できるし、国際派としてアイドルという側面以外にも人間として成長できると思うんだよね。

     他のメンバーとちょっと違う戦略で頑張る。

     そんな別の視野を持ったAKBメンバーが活躍する時代がすぐそこまで来ているのかも!?

     

    ブログネタ
    世界のビックリ面白事件 に参加中!
    1人スターウォーズ演奏

       http://news.livedoor.com/article/detail/8891226/


        『楽器とともにあれ! スターウォーズのテーマ曲といったら、ロンドン交響楽団による壮大なオーケストラが印象的ですよね。

      様々な楽器、音楽家が集まるからこそ演奏できる名曲...かと思いきやスウェーデン、ストックホルムのパフォ―マーAnders Flanderzさんがまさかの1人プレイ。

     ややドロイドっぽい、ぎこちない動きで演奏しきる姿にフォースを感じずにはいられません。』


       スウェーデンの首都ストックホルムの路上で、1人オーケストラを披露する路上パフォーマー

       様々な楽器を使ってこそできるスターウォーズのテーマ曲をたった一人で演奏している。

       その格好はまるでスターウォーズそのもの?

       様々な楽器を組み合わせ、両手をうまく使い、時には設置してあった楽器の所に行って演奏。

      音楽としての価値というより、人を集める集客能力に多大な価値がありそう。

       スウェーデンのちんどん屋

      こちらで動画が見られるよ。
        スターウォーズちんどん屋


      世界には色々なパフォーマンスをする芸人がいるね。

       日本ではそうでもないけど、海外では路上パフォーマーってけっこう稼いでいる人もいるようだしね。

    このページのトップヘ