世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    カテゴリ: 動植物のニュース

    【フランスのキツネネコ】

    『どうみてもネコ科にしか見えないのだが、従来のネコ科ではないという。
     地中海に浮かぶフランス領の島、コルシカ島で、かねてから地元民の間で姿を見られていた野生生物が調査のために捕獲された。 

     この生物、キツネとネコの両方の特徴を持っており、地元では「キツネネコ」と呼ばれているそうだ。DNAが従来のネコ科とは異なるため、フランス狩猟野生動物保護局では新種であると主張している。

    キツネのような尻尾と長い胴体が特徴の「キツネネコ」】  

     今回、公表された「キツネネコ」と呼ばれているこの野生動物、顔だけを見る限り猫のようだが、大きく広がった耳と尻尾の黒い縞模様を含め、複数の身体的特徴がキツネにも似ているという。

     6月11日、フランス狩猟野生動物保護局スタッフがキツネネコを両手で抱えた写真数点がメディアに公開されたが、脚と胴体がとても長いことがわかる。

     その長さは約90cmもあり、他の特徴と併せて地元の人々からもキツネネコと呼ばれていたそうだ。  
     しかし一方で、柔らかい絹のような毛並みと顔の特徴が飼い猫のそれであることを専門家は指摘している。

    キツネネコ

     











    【当局は「新種」と主張】  
      当局いわく、この生物は長い間コルシカ島に生息していたが、夜行性で活動が非常に目立たなかったことから、島に生息している全てのキツネネコの生態を記録するのは困難だったようだ。

      このキツネネコは、ヨーロッパに生息するヨーロッパヤマネコアフリカのネコ科の動物とは非常に近いものの、異なるDNAを持っていることから、当局は新種と主張し「特別な発見」と話している。  

     今回、16匹のキツネネコを特定し、メスを含む12匹を捕獲。中には首に識別番号が記録されたチップをつけている4~6歳のオスのキツネネコの姿もあった。

     このオスは、既に何度か捕獲されているキツネネコで、他のオスと戦ったのか、緑色と茶色の目が損傷していることが今回の調査でわかったそうだ。

     捕獲された全てのキツネネコは、当局のスタッフにより素早く調査された後、再び自然へ解放されたということだ。  

     コルシカ島の生態系の中で、キツネとネコが交配した?というわけではなさそうだ。

     従来のネコのDNAとは異なるものの、キツネのDNAが発見されたわけでもなさそうだから、外見的な特徴からキツネネコと名付けられたのだろう。

     なのでキツネ関係なしに、ネコの新種である可能性はあるということだ。』

      にしては体長やしっぽが長いみたい。  

      フランスのコルシカ島と言えば、かの有名なナポレオンの生誕地

      地中海に浮かぶ島で、元々はジェノバの支配下で現在のイタリアに属していたが、売却によりフランス所属へ。

      そんな歴史のあるコルシカ島で「キツネネコ」と言われてきた猫が新種ではないかと言う話。

      ヨーロッパヤマネコアフリカのネコ科の動物とは非常に近いものの、異なるDNAを持っていることから新種だと主張しているようだが、正式に猫の新種となるのか。 興味あるな~。

    ハヤブサのミイラ



    『【4月7日 AFP】エジプト中部で、古代エジプトのプトレマイオス朝(Ptolemaic Dynasty)時代(紀元前323~30年ごろ)に造られた墓から人のミイラと一緒にハヤブサやネズミ、猫などのミイラ50体が見つかった。

     エジプト考古省が5日、明らかにした。
     同省の今回の発表には、観光客の呼び込みを図る狙いが込められている。  

     ソハーグ(Sohag)県アフミーム(Akhmim)で発掘された墓は、当時の高官のものとみられる。

     エジプト政府考古学委員会のムスタファ・ワジリ(Mostafa Waziri)委員長は、「この地域では最も刺激的な発見の一つだ」と語っている。


     エジプトでは2011年の革命以降、政情不安と死者を伴う相次ぐ襲撃事件により観光客が減少しているが、ここ数年はわずかに回復している。

     考古省は今回の発表について、「エジプトの文明と古代の遺物に世界中の注目を集める」ことが目的だと述べている。  映像は5日撮影。(c)AFPBB News』


     エジプトの古代遺跡
     ピラミッドスフィンクスはじめ多くの有名な観光資源があるけど、デモなどの政情不安観光客襲撃事件など安全性に問題があった。

     そのイメージで観光地を選ぶときに、エジプトをはずした人って世界中に多いんじゃないかな?

     
     今回公表したプトレマイオス朝(Ptolemaic Dynasty)時代(紀元前323~30年ごろ)に造られた墓から人のミイラと一緒にハヤブサやネズミ、猫などのミイラ50体。

     ハヤブサや猫やネズミのミイラがあるからと言って、どれだけの観光客を呼べるかは、甚だ疑問だけどね。


     それにしても、ハヤブサってそんな古代エジプトにいたんだね。 でも、ミイラだとハヤブサって一般人はわからないと思うな。

     エジプトって観光収入外貨稼ぎでも大きな割合を占めていたから、少しでも改善したいというアピールなんだろうね。

     でもエジプト観光の一番大事なことは、安全性を確保できるかだと思うけどな。

    インドライオン



     『【3月6日 AFP】インド西部の森林にのみ生息する絶滅危惧種のインドライオン(アジアライオン)の生息数が、600頭以上に増加し、危機に歯止めがかかっていることが分かった。

     同国グジャラート(Gujarat)州の州首相が6日、明らかにし、大規模な保護キャンペーンの成果を称賛した。

     かつて西南アジア全体に生息していたインドライオンは現在、同州のギル野生生物保護区(Gir National Park and Sanctuary)にのみ生息。

     狩猟や生息地への人間の進出により数が減少し、2000年には「絶滅危惧種」に分類された。

     だがビジャイ・ルパニ(Vijay Rupani)州首相によると、周辺エリアでは最近の非公式調査で600頭以上を数え、2015年の調査で確認された523頭から増加していたという。

     ルパニ氏は「地元住民の支援もあり、ライオン保護のための私たちの努力が良好な結果を生んだ。グジャラートでのライオンの生息数は現在、600頭に達した」と述べた。

     1960年代後半には、インドライオンの生息数はわずか180頭のみと考えられていた。(c)AFP』


     ライオンと言えば、すぐにアフリカの大地を思い浮かぶ人が多いだろう。

     しかし、地球上にはアフリカだけでなくインドにもライオンが生息している。

     アジアライオンともいわれ、アフリカライオンとは少し違った特徴を持っている。

     インドライオンアフリカライオンに比べ小さめで、オスのたてがみも短い。 生息地も草原ではなく、森や林などで暮らし、狩りも集団ではなく単独で行うとされている。

     かつてはインドだけでなく、イランや中東アジアにも生息していたというアジアライオンだが、今ではインドのグラジャート州など極一部にしか生息していない。

     ただ、野生動物保護の意識が高まった結果、インドライオンの数も少しずつ増えているようである。  昔はベンガルトラとの共存もあったようだけどね。

     野生のライオンと虎が同時に見られる国というのも珍しいよね。
     本当にインド野生動物の宝庫だと思うな。



    逃げ出したニシキヘビ 



      『インドネシア南スマトラ州中部の村で、南米のアナコンダと並んで世界最大級とされるアミメニシキヘビが捕獲された。体長約8メートル。

      ブタや水牛、人を丸のみすることもある「珍客」を村人らは歓迎した。

      第一発見者のサルトノ氏(43)によると、17日夜、村から300メートル先で村道をふさぐ巨大ヘビに遭遇。仲間と6人で縄で縛り、車に載せて村長に献上した。

      200キロ以上の重さがあったという。

      ヘビは村長の庭先につながれ、子供たちが上に乗るなどして触れ合った。

      しかし、20日午前4時ごろ、ヘビがいなくなっているのに村人が気付いた。死なないよう緩めにしておいた縄を抜けだし、逃げたとみられる。

     
       高田爬虫(はちゅう)類研究所(沖縄市)によると、アミメニシキヘビは体長3~4メートルが大半で8メートル超はとても珍しいが、過去には体長10メートル近いアミメニシキヘビが確認されており、アナコンダを擁する南米側と「世界最大」を巡り主張がぶつかっている。(ジャカルタ=野上英文)』  


      アナコンダと並んで世界最大級の蛇アミメニシキヘビ。  

      8mもあるニシキヘビを捕まえた村人も凄いが、そのニシキヘビに子供達が上に乗るなどして触れ合わせたって・・・・。

      このニシキヘビ、ブタや水牛、人を丸のみすることもあるんだろ?  

      それを子供達に遊ばすとは。。。。  
      恐るべし、インドネシアの村の村長。   

      でも、あまりの村人の扱いに、ニシキヘビも逃げ出したみたいだね(笑)。  

      それにしても、日本だったら大騒ぎになって大捜索するところだけど、インドネシアの村人は平然としているみたい。  

      生活環境が違うと、考え方や行動まで全く違うということだねー。



     

    マレーシアの消防士の苦労

        https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000088-jij-asia


       『【クアラルンプールAFP=時事】マレーシアで、毒蛇を扱う「達人」として知られてきた消防士アブザリン・フシンさん(33)が、コブラにかまれて死亡した。当局が17日、明らかにした。

     中部パハン州で12日、「コブラがいる」と通報を受け、出動した際に襲われた。

     クアラルンプール消防庁高官は「優秀な人材を失った。悲劇としか言いようがない」と悲しんでいる。

     マレーシアでは住宅街に出没した毒蛇の処理を消防隊が担うことが少なくない。

     「蛇遣い」とあがめられた父親の特訓を受けたアブザリンさんは、コブラにキスできるほど扱いにたけ、テレビ出演するなど有名だった。

     妻との休日中だったが、通報を受け出動したアブザリンさん。

     消防庁高官は「一度かまれたら象も死ぬというコブラを彼は捕まえた」と語った。かまれた後、病院に搬送されたが、16日に亡くなった。

     後輩にも毒蛇の捕まえ方を伝授し、慕われていた。』  

     消防士がコブラに咬まれて亡くなったニュース。  
     日本ではあまり考えられない殉死。  

     自然豊かなマレーシアでは消防士が毒蛇退治に駆り出されるらしい。

     しかもテレビなどに出てマレーシアの毒蛇の達人という消防士が亡くなったのだ。
     大きな痛手だね。

     コブラにキスできるほど扱いにたけた消防士でも、一度取り扱いを間違えれば死に至るということ。   一瞬のミスも許されないのだ。

     後輩にも毒蛇捕獲法を伝授していたというアブザリンさん。  
     非番の日に出動し、帰らぬ人となった奥さんの気持ちを考えると本当にいたたまれないね。

     お悔やみ申し上げます。

     マレーシアの消防士は、別の意味で大変だね。  
     

         

    このページのトップヘ