世界のビックリニュースの視点

世界を旅してきたバックパッカーが、気になった世界のニュースを斬ります。自身の異文化体験や新しく得た発想などを交えながら、感想を綴ります。世界のビックリ仰天ニュースからお堅い政治ニュースまであらゆるジャンルを取り上げたいと思います。

    タグ:アイデンティティー

    イギリスのヘイトクライム



     『ロンドン(CNN) 英国で子どもを狙ったヘイトクライム(憎悪犯罪)の件数が急増している。

     学校でいじめに遭ったという10歳の子どもは、自衛のために肌の色を白くしようとしていると告白した。

     児童保護団体のNSPCCによると、人種差別に根差すヘイトクライムで子どもが被害に遭った件数は、2017~18年の警察の統計で1万571件に上った。1日当たりの平均では29件になる。

     発生件数は3年前に比べて5倍になり、年間およそ1000件のペースで増え続けている。

     英国では欧州連合(EU)からの離脱を決めた2016年の国民投票以来、全土で人種差別主義が台頭している。被害者の中にはまだ1歳に満たない子どももいた。

     NSPCCに証言を寄せた10歳の少女は、「友達は、どうして汚い肌のやつと一緒にいるんだと言われるようになって、私と遊んでくれなくなった」と打ち明ける。

     「私は英国で生まれたのに、自分の国へ帰れと言っていじめられる。どうしてだか分からない。うまく溶け込めるよう、顔を白くしようとしたこともある。私はただ、楽しく学校へ行きたいだけなのに」

     英国では国民投票以降、全般的にヘイトクライムが急増し、その傾向は今も収まらない。

     2017~18年にかけてイングランドウェールズで起きた事件は合計で7万1251件と、前年に比べて14%増えた。 被害者の性別や性的指向、宗教、障害に根差すヘイトクライムも急増している。

     しかし人種に根差す犯罪は依然としてヘイトクライムの大多数を占め、平均すると1時間あたり8件の頻度で報告されている。』


     イギリス憎悪犯罪(ヘイトクライム)が増加していると言う。
     しかもそのターゲットは子供だ。

     イギリスは多くの移民を受け入れてきた国で、最近では東欧諸国からの移民も増えている。
     歴史をさかのぼれば、イギリスはかつては多くの植民地を持ち、その関係で多くの移民を受け入れてきた。特にインド系などが多い。

     今回憎悪犯罪(ヘイトクライム)のターゲットになっているのは、肌の色が違う人種の話だ。

     イギリス欧州連合(EU)からの離脱を決めた2016年の国民投票以来、英国全土で人種差別主義が台頭しているのは非常に憂慮する事態だ。

     これってイギリスだけの問題じゃない。 そもそも憎悪犯罪のターゲットだが、多くは国籍上では同じイギリス人でもある点が大きな問題だ。

     生まれたのがイギリスであって、国籍もイギリスであれば、本人はイギリス人として育つ。
     祖先のルーツをたどれば、アジアやアフリカ、カリブに行く着くかもしれないが、ターゲットにされている本人たちは紛れもないイギリス人

     移民の2世、3世でよくみられるが、自分のアイデンティティーがわからなくなり、大きな心の傷となるケースも。 自分には全く非がなく、肌の色は努力で変えられるものでもないしね。

     私もヨーロッパを旅行した時、差別的暴言を吐かれたことがあるが、非常に悲しい気持ちになるね。

     そういう意味で人種差別が蔓延っているというのは、敵対するグループを創生し、放っておくと国の分裂にもつながる非常事態だ。

     最近では過激思想を持つ人達は、テロと言う殺人手段を使うグループも増えてきて、危険度が増している。

     テロと言うのも、自分とは違うものを排除する心から発生しているんじゃないかな?

     そういう人種差別の傾向がイギリスだけでなく、欧州全体に広がっている気がするのは残念。

     イギリスではヘイトクライムが平均すると1時間あたり8件の頻度で報告されているというのは驚くべき数字だよ。

     自分と違うものを受け入れる心の育成が今、一番求められているのかもしれないね。

    大坂なおみ 全米OP初制覇



     『9月8日(日本時間9月9日)に開催された全米オープン決勝セリーナ・ウィリアムズ選手を破り、日本選手として初の四大大会制覇を果たした、大坂なおみ選手。

     新たに誕生した20歳の王者は、試合後、母の元へ駆け寄った。【BuzzFeed Japan / 伊吹早織】


     ニューヨークタイムズによると、北海道根室市で生まれ育った大坂選手の母・環さんは、札幌でハイチ出身のフランソワさんと出会い、恋に落ちた。

     家族に関係を認めてもらうことができず、大阪へ移り住んだ。そして、二人の娘を授かった。

     娘たちにテニスを習わせようと考えたのは、フランソワさんだった。一家は2006年にアメリカ・フロリダ州に移住し、本格的に選手としての道を歩み始めた。

     大坂選手は2017年のインタビューで、これまでの人生でもっとも影響を受けた女性は?という質問に、迷わず「お母さん」と答えている。

     「お母さんはこれまでずっと頑張ってきて、私もずっとその姿を見てきました。だから私もお母さんが一息つけるよう、結果を出したいと思い続けてきました」

     8日の全米オープン決勝は荒れた。 セリーナ・ウィリアムズが試合中の警告を巡って主審に激しく抗議。表彰式でも、試合結果に不満を募らせたファンからブーイングが飛んだ。

     涙ながらに「みんなセリーナのことを応援していたのはわかっています。こんな結果になってしまってごめんなさい」と語った大坂選手

     家族への思いを問われて、こう続けた。 「お母さんは、私のためにたくさんの犠牲を払ってくれました。母は普段、あまり試合は見に来ないんです。だから私の試合を応援することは、母にとって本当に大きな意味があるんです」』


     大坂なおみテニスの4大大会(全豪、全仏、全英、全米)で日本人として、初めて優勝した。

     最近大坂選手は力をつけてきているなとは思ってはいたけど、まさか今年のうちに4大大会で優勝するとは思わなかった。

     本当、凄いの一言!

     これまでの実績を考えると、とても優勝は予想ができなかったが、そこは20歳の伸び盛り。
     凄まじい進歩を遂げて、一気に階段を駆け上ったね。


     大坂選手日本人ではあるけれど、父親はハイチ人。現在はアメリカ国籍を持っているみたいだけどね。 だからこそ日本人離れしたパワーテニスができる。180Cmの恵まれた体格だ。

     大坂選手は日本語はあまり上手じゃない。アメリカで育ったからか、母語は英語みたいだね。 日米両国の国籍を持っているようだけど、大坂選手はいつも日本人として戦っている。

     テニスにおいて恵まれた体格は利点もあっただろうけど、色黒できっと辛い面もあったと思う。 国際結婚したカップルの子供は自分自身のアイデンティティーに悩むケースもけっこうあるけど、彼女もあったんじゃないかな?


     通常だと、アメリカで暮らしていて、日本語よりも英語の方が流暢で、アメリカ国籍もあるなら、アメリカ人として生きていくことを選ぶ人が多そうだけどね。

     でも、大坂選手は日本を取った。 それは日本人であるお母さんの影響が大きいと思うんだよね。

     もちろん、大坂選手のお母さんだって大変な苦労をしていたに違いない。

     尊敬する女性はと聞かれて、「お母さん」と即答したという大坂選手。 優勝者インタビューでは色々な人に感謝したという心優しい女性に育っている。

     プロテニス選手としての成功だけでなく、精神的にも逞しい人間だと思う。

     まだまだこれからのテニス人生

     是非とも、日本人としてグランドスラムをやってのけてほしいな。



    このページのトップヘ